HOME > K-TEN SECOND GENERATION > OTHER-2
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

現況、余談。
 桜満開の現在、今秋発表予定のK2☆に没頭中です。と言っても時間を掛けさえすれば良くなるような部分はとうに終え、あとは微妙な部分が残るのみなのですが。
 造形もこれ以外の形には成り得ないというところまで持って行きたいし、機能的な小さな欠点をひとつひとつ潰していかなければなりません。キツイ段階ですがもっとも楽しい時でもあります。
 
 こうした時に先に進むには昔からやってきた方法が一番。釣り以外に映画を見まくり、本を読みまくり、ゲームとパズルをすること。
 つい先日もパズルで頭の調子を確認してから車を飛ばして映画クラウドアトラスを見に行き、合間にクラークのSFと昭和を背景にしたベストセラーを読み、ついでに高校生が400ページ歩くだけの眠くなるような小説も読みました。それから対戦ゲー、レースゲーも。
 これでお分かりのようにそれぞれの内容から何かを得ようなんて望んでいません。ただ頭脳をシャッフルしたいだけ。素材をミキサーに掛けて未知なる味になるのを期待するようなものです。
 おかげで帰りの車の中で設計上の課題を一つ解決できました。
 
 それとここからは長い余談になりそうですが、その日の夕刻日課になっているメダカの観察をすると、昼中流れ込んできた情報の渦の影響からか自分がまるでカミサマ視点でメダカを見下ろしていることに気付きました。
 庭にある8つの大きな睡蓮鉢と水槽はすっかりビオトープ化して、ここ数年はほぼ放置状態です。それでも勝手に季節ごとに稚魚が生まれ育ち、何か事が起こらない限り一定数を維持していたのです。
 しかし今年は冬を越せずに全滅した鉢が三個。この時の現象だけ見れば単純に張った氷が厚すぎたからと言いたくなりますが、継続している観察からするとそれ以前の偶然な出来事のほうに原因があると思われます。
 
 全滅したのは野鳥が葦の種を運んで来て昨秋に生命体が溢れるように湧いた鉢でした。誰もが見慣れている川辺にある葦ですが、これはパスカルの言うような弱い植物ではありません。細く華奢な葉なのにその根は太く全ての水分を吸い尽くすまで増殖し続けるのです。最後には鉢を割るぐらい根を増やしました。
 そしてカエルやトンボ等を呼び過ぎるので一時的には絢爛たる生態系となり、もっともメダカが増えた鉢でした。そこからは下降一直線、成体はヤゴやカエルに食われて、稚魚は親に食われて全滅しました。もうひとつ全滅したのは晩秋の後期産卵期に元気すぎるメダカが多数いたものでした。
 
 残ったのは適度に老体と若体が混生して、はたして来年までもつか危ぶまれる数しかいなかった鉢なのでした。これ等は今春の日光を浴びて自然発生したプランクトン類を元気に追い回して早くも卵を産んでいる親がいます。
 
 メダカの生活になるべく干渉しないようにしてから、以前によく世話をしていた時より却ってたくさんの興味深い事象を目撃できるようになりました。支配しているのは残酷な偶然ですが、儚い命の輝きはいっそう増すかのようです。
 クラークのSFにはより高位の知性から見下ろされている人類の話がよく登場しますが、睡蓮鉢を一つの生態系、一つの世界とすれば、その生活場の創造主は私になります。メダカよりは知性の高いはずの私が今していることはスケールこそ違えど(違いすぎるが)似ているのかもしれません。命の明滅を見守ること、余程の事がない限りそれだけです。
 
 現実世界を見るとおそらく本物のカミサマも人類にあまり干渉することは控えているのだと思われます。メダカはメダカで、人は人で頑張らないと。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=320 |
| K-TEN SECOND GENERATION::OTHER-2 | 09:34 PM | comments (0) | trackback (0) |
あの線について
 右写真や現物をご覧頂くと判りますが、K2F142には、仕上げ後も頭部近辺に縦ラインが残っています。(特にT2) 見栄えしない線なので、これが気になる方もおられると思います。そこで、言い訳になりますが、説明させて下さい。
 
 細かい格子状の線の中に、頭部に一カ所、強めの線があり、それは金型を分断した痕跡なのです。
 始めから二種のリップを設定し、頭部諸共交換する方式を採用した結果とも言えます。
 
 リップだけ替える方法は色々あり、昔からポピュラーなのは、予めボディ側に取り付け穴を開けておくことでした。
 そのほうが圧倒的に簡単で安くリップ交換が出来ます。部品としてのリップ片を接着剤で固定するだけで、幾つものバリエーションを持つルアーになります。
 
 しかし、よく検討してみると、その方法だと組み立て後にK2Fが要求する絶対的な精度を確保出来そうにありませんでした。
 そこで頭部ごと大きな塊として交換する方法にしたわけです。
 
 しかし、いったん金型を分離するので、若干その跡が残ってしまいました。
 ここで普通のルアーなら、仕上げの紙ヤスリ一発で跡ぐらい消せるのですが、K2FはPSTボディという表面の細工を施してあるため、削れず、誤魔化しがききません。利点を失うより、そのままのほうが良いと判断しました。
 どうかご理解下さい。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
 最近の私は、大きめのルアーが効果的な季節ゆえ、開発中の122は当然としても、再びT1、T2、それぞれのK2F142を交互に投げ続けています。
 知り抜いて作ったつもりのルアーでしたが、使用時間が伸びてゆくと、何と未だに新しい発見や疑問、それと確信があったりして驚きます。それがやたらと楽しいのです。
 そういうときは釣果も自然に付いてくるものです。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=203 |
| K-TEN SECOND GENERATION::OTHER-2 | 08:29 AM | comments (2) | trackback (0) |
実は…
 まあ、過ぎ去った事なので笑い話としてお読み下さい。
 2008年に開催された横浜でのフィッシングショー当日の、朝の出来事です。
 
 前夜までに、初出品となるK2F142プロト及びディスプレイ用品を車に積み終え、あとは渋滞に巻き込まれないように早起きするだけでした。
 目を醒ましてからコーヒーを煎れ、新聞を拡げたたとき、いきなり咳き込みました。その時、新聞が真っ赤になったのです。それも一瞬、綺麗だなと思った程の鮮血でした。尋常ではありません。
 次に様々なことが頭の中を駆け巡りました。ついに来たか(ヘビースモーカー故の覚悟)、それにしても何という悪いタイミング。
 何しろ肝心の展示物を持っているのは私なのです。こんな状態では横浜まで(一時間半かかる)行けないし、担当が取りに来るには遠すぎる。夜の会合もキャンセルしなければならない。
 
 救急車を呼ぶことを考えましたが、このまま直ぐに死ぬとは思えなかったのと、近所を騒がせたくありません。それに横浜に行けなくなってしまいます。
 そこで、まずインターネットで症状を調べてみました。すると、症状をチェックしていくと対処方法が判るというサイトを見付けたので、指示通りにやってみました。
 チェックをクリックしていって、最後に血を吐きながらエンターキーをポン。目の前に、「早急に気道を確保すること、致死率50パーセント」なんて表示が!お先真っ暗、落ち込みます。見なきゃよかったと思いました。
 
 そして、直ぐさま社のショー担当へ、遅れるかもしれないと連絡して病院に急ぎました。テッシュBOXを抱えながら…。ここで正直に言うと、タバコを一服したのです。(イヤ正確には三服ぐらいか。しばらくは吸えそうにないのと、ヤケクソで。) そしたら、アラッ、血が止まったではありませんか。
 タバコが血管を収縮させるというのは本当なのだな、と妙なところで感心しました。……
( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=195 |
| K-TEN SECOND GENERATION::OTHER-2 | 01:26 PM | comments (2) | trackback (0) |
不思議
 K-TENセカンドジェネレーションの第一弾、K2F142の発表時、本発売前に先行して限定モニター販売という方法を採用してみました。
 今思い返すと、全て順調だったわけではなく、不慣れなこともあり、ご迷惑をお掛けしたりもしましたが、いつもモニターさんの暖かい応援に助けられました。
 何より、普段はお会いできない皆さんとメールやTELでお話できたことは、非常に貴重な経験でした。
 
 最近は大型ルアーのシーズンに入ったらしく、また当時のモニターさんからの釣果報告が増えて来ました。とても励みになります。
 
 そして、ますます思いを新たにしたことがあります。
 モニターさんやユーザーさんから、かつて何かしらのご報告を受けている場合、どうやってその一匹に辿り着いたのか、身近な仲間内同様に、ある程度わかるので、とても不思議な気持ちになるのです。
 
 先日もモニター期間中には釣れなかったけれども、ついに142で自己記録を更新したという詳しい内容のメールが届いた時、私も思わず机をコブシで叩いていました。彼の長かったそこに至る過程が想像できるからでした。
 
 ルアーフィッシングを続けていると、必ずいつか特別の一匹にめぐり逢います。 先に不思議だと言ったのは、その一匹から時間をさかのぼってみると判ります。 選んだルアーと対象魚が遭遇した座標はただの一点。しかも当然、何月の何日、何時、何分、何秒ピッタリにです。この瞬間までは魚も人も互いに動いているわけですから、そこにジャスト双方が、居た、ということは、かなりの部分で偶然の重なりによるものです。
 狙って戦略的に選んだ場所にルアーを流したからといえばそれまでですが、そもそもその日に釣行できた理由は?
 それに車で信号に何度も捕まり、着いてから友人と話したり、一服したり、ため息を漏らしたりして時間はズレていきます。絶対のタイミングなんてありません。
 また、先週バラシたから意地で来た、それではそのバラシが無かったら?
 また、やっと取れた休みだから、たまたまというのもあるでしょう…。
 
 一匹が釣れた結果から見れば必然ですが、それは別名、奇跡、とも言えるのです。
 皆さんからメール等を頂くようになってからは、それが平等に、多くの場合で突然に、誰にでも起こり得るということが実感できるようになりました。
 
 いずれK2F122でも、また皆さんのモニタリングに頼ることになるでしょう。そこでの出会いや再会を楽しみにしつつ、今秋冬シーズンの皆さんのキセキを願っています。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=194 |
| K-TEN SECOND GENERATION::OTHER-2 | 08:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
K2F142 フック換装
 ゴールデンウィーク中は、ご無沙汰していたモニターさん達から釣果報告を頂き、励まされました。ありがとうございました。
 それと適応フックのご質問が相次いだので、ここに記しておきます。ご不明の点があればまたメールお願いします。


 K2F142の浮き姿勢は、フックを(0,1グラム単位で)重くするだけで、その分量に応じて少しづつテールが下がってゆきます。
 この性質を利用すれば、より繊細なチューニングが簡単に行えます。
 例えば純正指定は、大型魚に的を絞っていますが、フッコクラスのフッキングも改善したい場合は、少し細めでその分大きめのフックに換装してみて下さい。
 またドリフト系の釣法では、テールを若干下げるとナチュラルなアクションをします。(K2Fの場合)ただし、泳ぎ出しは僅かに遅れます。
 

 そこで142特有の重心移動システムを正確に作動させるために以下の例を参考にして下さい。


推奨フック(スプリットリング#5)

◇オーナー製 ST56#2 ……実物計量1,417グラム(純正指定、大型ヒラ、青物対応、バーブレス有り)

◇オーナー製 ST46#1 ……実物計量1,793グラム(重量の許容範囲、バーブレス有り)

◇がまかつ製 RB―H#2 ……実物計量1,710グラム(大型ヒラ、青物対応)

◇がまかつ製 RB―MH#1 …実物計量1,578グラム(純正に近い重量、中大型ヒラ、バーブレス有り)

 
 要はフック一個あたり1,4グラムから1,8グラムの間であれば、前後同一銘柄でも
フローティングルアーとして使えます。
 
 中大型の青物狙いの場合は、太軸タイプのST56、RBーHをお勧めします。

 特殊なセッティングとして、上にあげた例よりフックを強く(重く)したい場合は、フロントフックをテールより重くして、ルアーの姿勢をほぼ水平になるように調整して下さい。
 また、より強力なリング、フックに換装する場合は、ルアー本体に多大な負荷が掛かるため、変形、破損が予想されます。自己判断でお願いします。



  注意!
 強く大きいフックの交換、装着は思わぬ怪我をすることがあります。
スプリットリングプライヤー等、専用道具のご使用をお勧めします。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=169 |
| K-TEN SECOND GENERATION::OTHER-2 | 03:25 PM | comments (3) | trackback (0) |
3分14秒
 例えば波や天候のように、自分からはどうしようもなく、しかも悪意の無い大きな力に翻弄されることは、一種の快感でもあります。一部の釣りやサーフィンが息の長い趣味に成り得ている一因かと思われます。
 自然任せで釣れたり、釣れなかったり、その案配がとても心地良い。釣果までもが、まるで波の様です。
 
 以前はアブレを避けるために、日並みを選んで確率を上げていたようなところがありましたが、この頃は少し違います。若干怪しい日でも気が向けば釣行するようになりました。
 そして変わってきたことがもう一つ。目前の大きな波が怖くなってきました。あの波に飲まれたら、今の自分では耐えられないだろうと想像してしまうからです。
 
 私は過去に一度だけ溺れた事がありますが、その場所は海やプールではないのです。水泳をやっていたとき、当時の個人メドレー世界記録を持つ女性選手が、3分14秒間、息を止めていられると聞きました。そこで仲間と、女に負けられん、と大きな洗面器に顔を浸けて競ったときのことです。
 バカげていますが本気で超えるつもりでした。…で、3分越えの合図があり、気絶一歩手前で堪らず顔を上げようとしたのですが、その寸前で水を盛大に吸い込んでしまい、また洗面器中に突っ伏してしまったのです。人間は洗面器一杯の水があればシねます…。
( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=167 |
| K-TEN SECOND GENERATION::OTHER-2 | 04:22 PM | comments (8) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3969077
今日: 625
昨日: 1300
あなたの良き思い出のために