HOME > K-TEN SECOND GENERATION > K2F122開発状況
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

K2F122MS(T08) 発売予定
 お待たせしました。
 K2F122MSは順調に仕上がり、今月20日前後には出荷できる運びとなりました。
 
 仕様は現行の20グラム(2番フックを装着)より1グラム軽い19グラム。3番フックが標準で付いています。
 それでいて飛距離の低下がないように工夫してあります。
 
 そもそも、122のモニター販売のときに3番フックを同梱してアンケートを集計した際、好評をいただいたことから始めた企画です。

 
 泳層をわかりやすくイメージすると、
 
 トップの      TKRP
 
 次に        TKLM
 
 今回の      K2F122MS
 
 現行の      K2F122
 
            K2F142
 
            K2F142T2

            BKF系(125だけは浅目です。)
 
 と、なっています。
 
 度々このラボ内でご説明してきたように、この泳層はラインの水面との角度や太さ、スピード、海水濃度、流れ等により、互いにクロスする場合があります。
 全体的に現行122より少し上をトレースできると思って下さい。
 
 さらに泳層を浅くしたいときは、一ミリ程度リップを削っていただいても問題ありません。調整は角度の浅い現行のリップより、こちらのほうが簡単です。
 寝かせてあるリップ(現行)の場合は、よほど左右対称に削らないと、片方向に逃げやすいものです。
 
 
 フックの標準を3番にしたわけは、泳層を上げることもありますが、このサイズで強気の2番フックだとオーバースペックの場合があることからです。
 さすがに2番フックは掛かってしまえば安心ですが、タックル強度やフィールドの状況で、そこまで強引なやり取りを要求しないとき、またフッコクラスが多数混じるときには、細軸のほうがフックアップ率が向上します。
 
 今まではそうしたとき、現行品にそのまま3番フックを換装していたのですが、ローリング系の動きが必要以上に強まってしまいました。
 今回のMSはリップを立てたことにより、ウォブリング系の動きが強まっています。そして3番フックにフィットするよう調整してあります。
 (反対にMSに2番フックを付けると動きは抑えられます。好みでお試しください。)
 
 引いた感じ(テンション)は142の約80パーセントです。それは現行、今回のどちらも同じ設定です。
 どうぞこの秋はその性能をぜひお楽しみ下さい。


 なおリップの背面に小さくMSと浮彫して、夜間手探りでも区別できるようになっています。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=284 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F122開発状況 | 04:17 PM | comments (4) | trackback (0) |
秋の K2F122  MS〔仮称〕
 写真はこの秋に発売を予定している、K2F122のニュータイプです。 

 現在、詰めの段階ですが、滞りなく進行しています。
 現行122の潜行能力を抑えて、よりシャローを攻略しやすいように設定しました。 

 これは以前行った、アンケートテスト販売のときのご要望に沿うように作り、洗練させたものです。
主に、河川や浅海といった水域での使用向きですが、波が低い状況下の外洋も良い感じです。

 詳細は今後進行に合わせてここでお話ししていきます。
 いつものように、静かに発進します。


| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=281 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F122開発状況 | 12:53 PM | comments (3) | trackback (0) |
K2F122―β
 K2F122―βが皆さんのお手元に届く日も近くなりました。予定では幾分前後するかもしれませんが、来週初めぐらいには出荷できそうです。
 取扱店リストは月曜日のお昼に掲示します。

 …訂正……今日(17日午後)ほとんど全て、出荷できることになりました。配送状況で前後があると思われますが、18日か19日には取扱店様にお届けできる見込みです。
 すぐ下にリストのリンクを張りました。よろしくお願いします。
【K2F122β取扱店リスト】 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
 前記事の写真を目にされた方から、あの背中にあるデザイン線のことを聞かれましたので、説明します。
 
 私は昔からルアーをスイミングテストするときに、手書きで中心線を入れていました。こうすると泳ぎの質が解りやすいからです。
 また、今回122のA、Bタイプの違いは微小ですが、あのラインがあると浮き姿勢の差が上からでも良く見えるのです。(横からなら簡単に判りますが、水槽が無いのが普通。)
 
 泳ぎのほうも、当たり前ですが普段はルアーを引いている本人に向かって来る姿しか見えないはずです。両タイプは本質的な部分は同じですから、このアングルからの判別は難しいでしょう。
 制御型Rユニット(増幅型も有り)の質量を上げていくと、スピードアップするほどジャイロ効果が発生して、動きを抑えようとします。しかし、K2Fはメインウエイト二個目の球のブレとの相性で決めた質量なので、とても微妙です。
 
 強いて言えばリズムです。Rユニット無しならば、規則正しい周期でウォブンロールするだけです。タタタタタタ…という感じです。それが例えばタングステンボールのような高比重のものを使うと、タタ…タタタ……タタ…という感じでリズムに乱れが生じてきます。(最終的には大きなリップを付けても泳がなくすることも、反対に暴れさせることもできます)
 122は、タ・タ・タ‐タ・タ…と一見普通ですが、タとタの間、一振り毎に微かに変調する感じです。
 私はこれを喫水の低いボートを走らせ、顔を能う限り水面に近づけて、目前30センチ先の泳ぐ122を観察してチューニングしました。(写真上、これはクリアータイプ)
 
 それと、K2Fを適当に手に持って振ると、カタカタと大きな音が出ますが、これを(写真下)実際の水中にあるように重心位置で摘み、そこを中心としてウォブリングのように揺らしてみて下さい。
 そうすると、音は抑えられ、主にフックとリングが触れる音と、Rユニット作動音、メインのタングステン球2個目のブレ音しか聞こえなくなります。
 
 142のときからRユニットの材質の違いが、そのまま音質の違いになることから色々試してきました。また、音の発生そのものをスレるから嫌う方がいるのも承知しています。
 しかし、大半のルアーが発する音は、ラトル打音とリングフックの金属どうしの打音です。こうした形でルアー内部から発する回転音(正確にはこうゆう呼び名はない。)というのは、たぶん魚は聞いたことがないと思います。
 それがプラスに働くのか?と聞かれれば、私の実感として無いものより良かったから、とだけ答えられます。
 私にも本当はどんな音質が、より良いのか掴み切れていないのです。今回の122モニタリングは、その辺もちょっと楽しみなんです。大袈裟な宣伝を躊躇わないメーカーならば、集魚器効果があるとか、魚の好む音を解析したとか書くのかもしれませんが、私はそういうのはニガテです。
 
 アンケートでは、何となくでも良いので、好みのタイプを教えて頂ければ幸いです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
下の写真、バックの壁紙はヒマラヤのK2。憧れ。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=229 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F122開発状況 | 07:01 PM | comments (2) | trackback (0) |
K2F122β発売予定
 製作中のK2F122‐β、モニターモデルは、今月下旬までには取扱店様に発送できる予定です。(当日別ページにリスト)
 発送開始日にここでまたお知らせします。
 
 決定仕様は、
 
◆K2F122β タイプA/B(2本一組、Rユニットの材質ウエイト違い) 目に見える動きの差は極小ですが、回転音はかなり違います。
 
◆フローティング
 
◆カラー、シルバーホワイトベース(サラシホワイトに近い)背にテストラインの一色のみ
 
◆質量、20グラム。(0、2グラム単位の違いあり)
 
◆フック、ST46♯2(標準)ST46♯3(同梱、汽水、淡水等用)
 
◆特別価格、2本一組セット、2800円
 
 となりました。
 
 カラーは視認性重視であることと、色の差による影響を避けるため一色のみになりました。
 こうしたカラーに馴染みのない方もご安心下さい。昼間でも充分に実績を詰んでいます。

 なお前回142モニター販売の際、ご協力頂いた皆様には感謝を込めてメールを送信させて頂きました。ご確認よろしくお願いします。
 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=227 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F122開発状況 | 11:12 AM | comments (8) | trackback (0) |
K2F122、パーツ
 写真はようやくできた122ーA用構成パーツです。ウエイト類、マグネット、ワイヤー等は市販されていない別注品ばかり。各部品が必要数揃うには、もう少し時間が掛かるようです。
 
 一見すると、後はプラモデルのように組み立てるだけではないの?と思われるかもしれませんが、122はここからが大変なんです。左右を組み付ける際、強力なネオジュウム磁石が悪戯して、周りの部品にすぐくっつくのでコツがいります。レーザーカットワイヤーもひとつずつ微調整して組み込みます。
 それにプラモデルは優しい環境で飾られるだけですが、ルアーは最悪の環境で使われますから要求されるものが全く違うのです。
 
 そして、組み立て後はマル秘処理をしてから、全品、水槽で水漏れ検査をします。
 また、カラーリングはほぼハンドメイドと同じ行程になりますから、これも相応の日数を要します。今のところは予定通り進行していますが、製作時には予測不能のトラブルも付き物なので油断は出来ません。。
 
 142の時は、モニターモデルをネットのみで販売しましたが、今回の122は、お店売りで販売することになりました。
 全パーツの調達の目途が立ってから、主に142の取り扱い店に案内書(3月下旬予定)を送らせて頂きます。
 事故無くこのペースでいくと、4月下旬頃にはモニターモデルをお店にお送りできそうです。はっきりした日時が判り次第、ここラボでお知らせします。なお142モニタリングでお世話になった皆さんには、お知らせメールをお届けします。 
 予定仕様は、
◇K2F122モニターモデル、2本セット。A、Bタイプ。
◇純正ST46#2装着済み。#3フック2本も同梱します。
◇カラーは視認性に秀でる一色のみ、となります。
◇価格は未だ未定ですが、出来るだけ安価になるようガンバッテみます。
 
 そして、夏頃の本発売まで、このラボにて122の詳細を明らかにしていきます。AタイプBタイプの決着と、使用フィールドとの相性、タックルバランス、実地での数値的なこと等を、皆さんとご一緒に突き詰めていきたいと願っています。
 また期間中、アンケートや直メールで得られたルアーに役立つ情報を皆さんと共有して、より良いルアーに育てていこうと思います。
 よろしくお願いいたします。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
 近所のHさんからヒラフッコの写真です。天気の良い日に釣れると気持ちいいですよね。これは142で。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=223 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F122開発状況 | 11:49 AM | comments (0) | trackback (0) |
K2F122…ABS成型品
 小出しで申し訳ないのですが、K2F122は、現在、製品版と同じABS樹脂の成型品で実地テスト中です。かつて弊社ではABS以外に幾つかの樹脂を試していますが、どれも本採用には至りませんでした。
 例えば、ガラスのような透明度で硬質なアクリル系は、本当にガラスのような壊れ方をしましたし、ポリカーボネイトも板状の成型品は強いのですが、厚みの異なる複雑な形状になると意外に脆いのでした。だから今のところ総合的に判断してABSを採用しています。

 試作型実験を終え、初めて最終型を組み立て水に浮かべるときは、毎回間違いないという自信はあるものの、設定通りの比重になっているかドキドキするものです。きっと、ハンドメイドを作る方も同じだと思います。
 海で浮力を確かめるのはもちろんですが、完全静止水域でゆっくりと浮力等を計ったりすることも大切なので、今回もいつもの儀式のように一緒に風呂に入りました。そして海水に入った時を想像しながら、突っついたり(可動部分の動作確認)して小一時間遊びます。その間、相当難しい顔をして風呂にいるはずですから、人には見せられない光景です。

 予定では後二週間程、実地テストをしてから、量産に向けての準備をすることになります。他のルアーの生産予定が空かなければならないので、できるだけマメに進行状況をお知らせしたいと思います。


 ところで、写真(背中ホワイト、リップは取ってある)をご覧頂くと判るのですが、水中から見ると、水面が空気との境界になり、鏡面になるのでルアーの背側が良く見えています。たまに質問の中で、ルアーの背なんて魚から見えないのでは?というのがありますが、少なくとも静水で水面直下の場合は、魚から見えているし、自身の姿も魚眼であることもあり認識できていることになります。
 ただし、静水でははっきりした映像でも、波立ったりするとモザイク状に色や形が拡散していく感じになります。実釣にそれがどのように関わるのかは明確に示すことはできませんが、外界に馴染ませたり、アッピールするには背中側も役に立つことがあるということです。(ninoカラー、青物対応カラーの中にはこの辺りのことを考慮して設定したものがあります。) 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=217 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F122開発状況 | 04:38 PM | comments (0) | trackback (0) |
K2F122…アタリ針、共振?
 `ルアー´という言葉、とっくに日本語になっているようなものですが、特許関係などお堅い表現を好むところでは、分類上擬餌針と表記されています。
 現在のハードプラグを一様に擬餌針と呼ぶことには抵抗があるのですが、古来、実用として在った擬餌針、つまり骨や貝、羽等を材料にしたバケには、未だに教えられるところがあります。
 そうした擬餌針には外見は同じものなのに稀にアタリ針と呼ばれるものがあります。親しい漁師に頼むと、妙に恭しく勿体ぶった素振りで見せてくれました。そして主に引き釣りのヘッドについて、その輝きや形状の僅かな違いを語ってくれました。
 漁師(真面目な)が日常で数限りない試行を繰り返し、その中で厳選したものをアタリ針と呼ぶとき、それは私たちの使う多様化したルアーのように、明白に判る泳層、色、動き等の違いより、もう少し微妙なところに焦点があたっています。
 
 漁師の道具を見ると、遊びで多種多様な擬餌針を持つ私たちよりも品数が極端に少なく、擬餌針の淘汰の末か、一見どれも似たようなものばかり、そこにあるのは実質のみ、です。
 ルアーマンはこうした考えから距離を保つ宿命にありますが、その実質へ向かう追求心は見習いたいものです。
 
 
 以前、TKLMの欄に少し書いたのですが、私はハンドメイドを量産してみるまで、自分自身の設計したルアーの中に、稀にアタリ針が発生することに気付きませんでした。
 商品としては製品間に違いがあることは出来るだけ避けねばならないのですが、ウッドハンドメ唯一の重心移動システム入りルアーだった故、重心の位置と遊びが三次元で微妙に異なっていたのです。
 長い時間、その現象の解析に費やしたように思いますが、それは主に共振とか共鳴といった性質から来るものでした。 水中でルアーが動くとき、ある条件が重なると鋼球錘が生き物のようにブレ動くのです。だからといって、大袈裟にこれが釣果を飛躍的に向上させるなんて言うつもりはありません。魚に対する効果からすれば、その形状や泳層、アッピール力等、明らかに差のある性質のほうが優先されるはずです。 
 この微妙な違いによる効果は、10パーセント向上するのが精一杯かもしれない。でも悪い方向には行かないことは確信しているのです。どんな小魚も定位しているときですら完全に静止することはありません。
 
 だからK-TEN系全て、メインウエイトを横方向には固定していないので、何かしらの音がします。これは音が良いというからではなく、音を消すことより(簡単、球を二本のレールの上に乗せるだけ)総合的に考えて優先することがあったからです。
 
 また、共振を応用出来るようになっても、実釣上ではルアーの抵抗となる太さの異なるラインやフック換装があり、こちらの思惑通りにはなりません。そこである程度強引に制御しようとRユニットを考えたわけです。
 これも初期~TKR~現在まで、少しずつ変化してきました。K2FのRユニットでは、それで動かすというより、メインウエイトの横方向の動きを補助するという役目になっています。
 今度の122は二個目のタングステンウエイト球を、ある周期で動かすためにユニットの配置を工夫しました。図の上下を比較して見て頂くと、ユニット、メインウエイト、それと腹フックの位置関係に違いがあることが判ります。この間に目指すものがあるのです。(あった)
 
 
 ★ここで提案なのですが、予定通り春(初夏より早い)頃先行発売できるとして(本発売は夏以降)、この10パーセントの詰めの部分を、ここをご覧頂いている皆さんと一緒にやるというのは如何でしょう?
 例えばRユニットと??をブラックボックスとして、その質量を変えたものを数種、先行して発売(店舗販売)し、ご意見を集約した後、本発表~通常販売に移行できれば、と考えています。
 もちろん未完成品をお渡しするわけではありません。既に充分以上の能力を有しているルアーなので、その上を目指すわけです。ただし、結果、本発売時に採用見送りの仕様が出るはずです。その場合はレア品としてご愛用頂ければ幸いです。ご容赦下さい。
 あまたのルアーが世に溢れる昨今、142モニター販売の時、皆さんにお世話になったことが忘れられません。122も142を応援頂いた故に製作出来ました。また密なお付き合いをお願いしたいのです。
 
 いずれにせよ122の発売二週間前には此処でお知らせできると思います。此処を毎日見ることを強要したくはないので、たまにご覧頂ければ入手できるように充分な数量は作るつもりです。
 ご意見等、お待ちしています。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=214 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F122開発状況 | 02:12 PM | comments (4) | trackback (0) |
K2F122…2.29ミリ
 年初はまず、K2F122の進行具合をご報告します。
 予想されるとおり、外見のイメージは142を踏襲しますので、目新しさはありません(笑)。BKFの後継として、あくまで中身で勝負です。
 
 今回は実験等に時間の掛かった尾部についてです。
 採用決定したのは下のほう。2ミリほどタングステン球をより後ろにしただけのようですが、事はそう単純ではないのです。
 むしろ錘を重くして良いのなら不採用の位置にしたほうが、飛行姿勢が安定するぐらいなのです。しかしそうすると、3番相当のフックしか背負えなくなります。
 122は、2番フックを付けて、なおフローティングであることが目標なので、軽い錘でも飛ぶようにするには決定案の位置までズラす必要がありました。
 
 ここで、アイがもしも8カン仕様ならば、チョイと図面をいじれば済むことなのですが、特殊な貫通ワイヤーゆえ、そのまま球の当たる位置を後方にズラすと、肝心の内部空気室を守る、接着部分が薄くなってしまいます。(オレンジ丸のところ)
 
 内壁の接着面積と厚みは、死守しなければならないので、今回も悪影響の無い限り、ワイヤーを外へ逃がす設計(エスケープワイヤー)を採用しました。微妙なカーブになるのでワイヤー成形や嵌め込みに気を使います。 このようにたった2.29ミリ、ズラすことでワイヤー室、ワイヤーそのものも変更を強いられることになります。

 結果、フィールドでどのような違いがあるかといえば、ルアー自体の変化は小さくとも、純正で2番フックが使えることで、人間側の行動は大きく変わります。例えば、荒れた日並みの魚とのやり取り中、多少の無理が利くので主導し易いことと、それに弱いフックでヒヤヒヤするよりも安全にもなりました。

 
 図は試作品のものです。実物はもっと複雑な処理をしていますが、それはヒミツということで、ヨロシクお願いします。 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 Mさんよりメール頂きました。↓

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 今日(10日)はK2F大爆発の日でした。
 1枚目の写真…房総◇◇◇◇でのマルスズキ。朝5時~。82センチ、4,7キロ。他にヒラフッコ。

 2枚目の写真…◇◇◇で昼の14時にヒット。マル92センチ、6,4キロ。他。

 3枚目の写真…92を捕ったK2F142。ST46―1番が伸びてます! M。

| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=211 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F122開発状況 | 06:28 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3780569
今日: 496
昨日: 810
あなたの良き思い出のために