HOME > K-TEN SECOND GENERATION
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。

K2F142 10年目

 






 来年はK2F142の発売から10年目にあたります。市場に溢れるルアー群に埋もれることなく今日も在るのは皆様の変わらぬご支持のおかげです。ありがとうございます。
(写真は発表した年に生まれた関係者のお子さんシュウ君に持ってもらい、最近また成長したシュウ君本人に持ってもらったものです。)





 



 10年前、ブログ内で開発初期から説明してきたルアーですが、あえて時期が来るまで詳細を伏せていた事があります。

 それは当時一番時間を割いて辿り着いた事、サイドピークストレートシェイプという訳のわからないwデザインコンセプトのことです。
 

 このルアーには制作にあたってとても厳しい条件を課しました。本来飛びにくい魚型で必要最低限の移動錘(水に浮くことを前提に錘を重くすればその分使えるフック、ボディ強度が下がる。)でパワーを掛ければ掛けるほどに遠くへ飛ぶこと、です。
 

 この課題をクリアするために、ルアーに拘らず最先端の空気力学でできたとされるものを研究してみました。短い時間ですがルアーの初速はF1や新幹線を超えるわけですから。
 

 ところが当時・・・

 F1は前年のグランプリ覇者チームのデザインが新シーズンを席巻する傾向があり、結局早いドライバーの乗った車を真似していたこと。それと、空気の乱流を抑えるためにやたら細かい羽根を追加して試行錯誤していて参考にはなりませんでした。
 

 新幹線は、ようやく格好優先の飛行機みたいなデザインから、列車特有の条件、例えばすれ違う列車間の衝撃波を考慮してきた段階で、これも発展途上と判断しました。


 ここはやはり同じ空気中を飛ぶ飛行機なのかと見て回りました。空力についての進化は軍需産業の戦闘機が頭抜けていて色々考えさせられました。

 前面投影面積しか思いつかなかったらしいミサイル型のF104(元自衛隊納入機。後の有名な汚職事件に絡む人物が関わる。)からの機体デザインの変遷は特に興味を引きました。
 

 戦闘機は旅客機より製造諸条件が複雑です。飛行の安定性と旋回性。積載量増に伴うハイパワー化と軽量化、高強度化等、矛盾しているものを合一しなければならない。ここにスケールこそ違うもののルアーの飛びと泳ぎ、強度と軽量化の両立等の矛盾と通じるものがあります。
 

 飛行機、新幹線、F1のいずれも設計初期には試作品を風洞実験しています。当時はその設備を羨ましいと思ったものですが、よくよく見てみると、一定方向から強風を吹かせるだけのものでした。これでは肝心のものが足りません。

 自然は都合よく一定方向から安定した風が吹くとかありませんから、これでデザインを詰めると勘違いします。ごく最近の国産機の格好がこれの呪縛によるのかまではわかりませんが。

 

  K2Fマニアックス

 風洞実験で欲しいのは強大なパワーの風の中で気圧、温度、多方向からの突風や乱流を制御できることです。風洞の壁自体にフラップ(角度調節羽根)を付けるとかアメリカの軍需産業以外ではできないでしょう。

 ルアーだけのためにこうした実験室を貸し出してはくれないでしょうから自分で考えました。w

 それがオープンカーから腹に細い棒を串刺しにしたルアーを空に突き出すことでした。振動、圧力センサーはそれを持つ指になります。風のパワーは右足で調整、乱流はフロントウインドウを活用します。これにより本当の自然条件下での実験ができました。(注、相当の準備と安全に配慮してやらないと危険です。)

 こうして荒ぶる風に刻まれた形ができたわけです。

 飛行方向、このルアーの場合、フロントアイと尾のアイを結ぶ直線の延長になります。この線とルアーを上から見たとき一番太い部分(輪郭)とをかなり強引な手法(カッコいいとか悪いとか先入観を持たずに)で合わせます。








 そうすると、ロケットやミサイルのような単純な形ではなくとも、空気を切り裂くルアーの表面を流れる空気が飛行軸線上にあるリーダーラインに沿うように整流されるのです。 我が指センサーは暴風の中フッと風が凪いだように抵抗が軽くなることを感知しました。乱流に触れても調子がいい。


 





 これ以降、私の設計したものは、ほとんどこのデザイン方法を採用しています。最新のTKP135TTも横から見ると輪郭が畝っていますが、前部アイと尾のアイを結ぶ直線はくっきりと見えるはずです。(限定側線カラーがまさにその位置)

 しかし、できなかったものもあります。K2RP122はリップルポッパーに似ていますが、この手法でデザインすると水中でも安定しすぎて動かなくなってしまうのです。飛びはある程度確保できているのでこのタイプには採用していません。
 

 今年発表された次期航空機のコンセプトモデルの幾つかを見るとK2Fのデザイン方法は当分古びることはないと思います。高額な戦闘機は100億円、ルアーは2500円ぐらい。格安で飛行をお楽しみください。ついでに魚も釣れます。

 

 追記、K2F142が飛ばないという方はこちら(アンケートより…飛びを中心に)を参考にしてください。よろしくお願いします。今年もあとわずか、どうか良い魚に巡り合いますように。


| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=376 |
| K-TEN SECOND GENERATION | 04:29 PM | comments (4) | trackback (0) |
K2F162 T3 にシーバスバージョン追加
シリーズ最新アイテムのK2F162 T3にシーバスバージョンを追加します。











青物や大物に特化したK2F162ですが、ユーザー様からのご要望でフック、リングを1段階下げ、シーバス定番カラーにして発売します。(中身は同じです。)

総重量が軽くなる分、浮き姿勢はノーマルのお尻下げから、ほぼ水平浮きになります。また、より低速から泳ぎ、動きも大きくなります。

全6色
K2F162T3 for SEABASS
162mm/43g
FLOATING ST56#1 RING#6

12月中旬頃出荷開始予定です。

よろしくお願いします。



















比較用にノーマルの淡水における浮き姿勢も。 純海水ではここまではお尻を下げません。












| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=363 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F162 | 07:21 PM | comments (2) | trackback (0) |
K2F162 T3 発売予定
 K2Fシリーズ久々のnewアイテム、K2F162 T3 
(45グラム、フック1/0)の発売日がほぼ決まったので、お知らせします。
問題無く制作が進めば、今月20日前後には全国のK2F取扱店様に発送できそうです。









 このルアーのコンセプトは明確です。何十年もルアーシーンを見聞きしてくると、何が進歩し、何がむしろ停滞しているのか見えてくるものがあります。
確かに道具の進歩で巨魚は掛かれば取れる可能性は向上していますが、そこに至るまでのハードルが年々上がり過ぎています。
巨魚に夢を馳せる方が多くなるほどに、そのちょい下のサイズ、つまり大多数の魚をヒットに持ち込めるチャンスが減っているように見えます。

 162はそれを幾分でも和らげようと作りました。それは

 ルアーがポイントに届くのであれば、上ずった魚群には軽さが武器に、ということ。

 

 眼前に待望のナブラが沸いたとき、あるいは小魚が海面に追われているのを見て大物の気配を察したとき、期待を込めてルアーを投入!

 この先が問題です。ヒットに持ち込めれば良いのですが、ルアーの着水後、リトリーブを始めるとにわかに海面が静まり返ったことを経験された方も多いと思います。せっかく万全の準備をし、遠くから駆けつけた磯場や船上でやっと大型青物に近づけたというのに。

 

 何が起きたのでしょう? 余程エサを追うことに狂っている魚群でない限り、不自然な着水音とアクションやラインが海中に入る事で一気に警戒されてしまったのです。

 こうしてせっかくの稀なチャンスを自ら潰していることがあります。 また単独釣行と多人数でする釣りではプレッシャーが違うものです。

 

 これを改善する方法は、一見大物狙いのセオリーから外れるようですが、ルアーは軽く、ラインは細くして、対象と間合いを取ってポイントに投入することになります。

 しかし、狙う魚の上限に合わせたルアーを選ぶとなると、必要な飛距離や強度、アッピール力を求めるので、どうしても飛びそうな重さを持ち、強そうなルアーを選びがちです。アクションもそれに準じて繊細とは言い難いものになります。 流行りのタックルというのもあります。

 

 毎日のようにポイントに日参できる環境にあるルアーマンなら、今日一日一度のチャンスを失っても明日がありますが、サンデーアングラーならそうもいかないと思います。 ルアーマンがお互い助け合うには何ができるか、です。

 

 K2F162の目的は、対大物に必要な要件を満たしながらも、できるだけ軽く、多様で繊細なアクション能力を得ることです。これがポイントに無用なプレッシャーを与えずに少しでもチャンスタイムを延長することに継がるのです。
 たった45グラムのルアーですが、このためにボディの各部位の厚さ、パーツ類の寸法を徹底的に見直し、適正化しました。













カラーリングの予定は

B101 イワシ
B102 イワシ/レッドべりー
B103 コノシロ
B104 マリングリーン
B105 ピンク
B106 カタクチイワシ 
B107 トビウオ
B108 ソウダガツオ
B109 ツナ
B110 クリアHG

MN1 SOKUSEN

になります。よろしくお願いします。

フックとリングは推奨のものがついていますが、スズキ狙いなどではワンランク下げたものが使えます。




なお、ルアーパッケージ内の説明書はシオリとして使えるデザインにしました。できれば長く使ってやってください。



| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=361 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F162 | 09:39 PM | comments (13) | trackback (0) |
K2F162 始動
 今秋、K2Fシリーズに最大サイズの162ミリが誕生します。

 サイズに相応しい能力を発揮すべく鋭意開発中です。







 

 名称はK2F162、T3になる予定ですが、”ある理由”から今まで有りそうで無かったルアーとなります。詳しい内容は発売日近くになりましたら説明させてください。

 

 

 現在、142で青物等の大型魚を狙っている方には多方面で余裕が生まれます。また、キャスティングによる大型魚狙いで弊社ルアーに関わらず様々なルアーをお試しの方々にも朗報となるでしょう。

 

 写真はまだ参考程度のものですが、よろしくお願いします。






























| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=360 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F162 | 02:22 PM | comments (8) | trackback (0) |
K2F142・T2  ファクトリーモデル追加
 K2F142、T2にヘッドアイ内径を2.7ミリ(ノーマル内径2ミリ)に拡げたファクトリーモデルを追加します。

 

 青物等、大物狙いに使用するとき、ハイパースプリットリングの6番、7番を使いたいとのご要望にお応えしました。







 

 

 巨魚を相手にすると、できるだけ丈夫な接続具を付けたくなりますが、その周辺はファイト中に捻じれやテコの作用が加わるところなので、一部分だけ強化しても総合的には弱くなる場合があります。

 

 このルアーが持つ一体成型レーザーカットワイヤーの安心さと、繊細なアクションを生かすためにも、できればハイパーリングの6番までをお勧めします。

 

 リップ形状はT2、定番カラーのみの発売になります。

初回生産カラー

108 SH・セグロカタクチ

109 S・イワシ

110 SH・イワシ/レッドベリー

111 S・コノシロ

113 S・マリングリーン

以上の5色です。


 よろしくご愛用ください。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=359 |
| K-TEN SECOND GENERATION | 01:53 AM | comments (0) | trackback (0) |
TKW140 カラーチャート
 お客様からのお問い合わせで、TKW140のカラーリングを見たいということなので、予定カラーと品番を掲載します。

【初回出荷限定カラー】

MN1.MNブラック


MN2.ブロンド


【レギュラーカラー】

101.パール・レッドヘッド


102.SH・レッドヘッド


103.パール・チャート


104.SH・チャート/オレンジベリー


105.SH・ピンク


106.SH・ゴールドレッド


107.SH・イエロー/グリーン


108.パール・レインボー


109.HG・レインボー


110.SH・セグロカタクチ


111.SH・イワシ


112.SH・イワシ/レッドベリー


113.S・コノシロ


114.HGアユ


115.クリアHG・ピンクヘッド
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=350 |
| K-TEN SECOND GENERATION | 03:18 PM | comments (0) | trackback (0) |
K2R112限定カラー BOURBON(バーボン)発売
 K2R112 夏の限定カラーBOURBON(バーボン)を発売しました。
ご注文いただいたK2R112取扱店様には本日までにお送りできました。









 新作開発中の多忙な中でも何気に使用頻度の高いルアーで、それは魚の出方が楽しいから。そこで、どうせ釣れるなら少し遊んでみようというカラーを作ってみました。写真ではわかりづらいですが、文字通りお酒のバーボンカラーにBOURBONのロゴを着けてあります。

 以前、同じ趣旨で葉巻カラーを出したとき、数日後には葉巻を咥えているスズキの写真が送られてきて、釣ったご本人の満面の笑みが忘れられません。今回も期待したいです。

 たしかストレートバーボンを名乗るには2年以上の熟成が必要とか。K2R112も味わいのあるルアーになりたいものです。


--------------

 奈良様から早速ご報告いただきました。↓ ありがとうございました。






日時:8/16~17の夜
ポイント:青森県十三湖
天気:晴れ
風:東風5m程度
ヒットルアー:K2R122バーボン

60cmちょいくらいでしたが、K2R122バーボンでやっと釣り上げることが出来ました。このカラーで釣りたいと思い使い続けて、ようやくキャッチ!水面炸裂のバイトは何度経験しても興奮します!!!

実は前日に、バーボンカラーでかけたのですが、痛恨のバラシ…
さらにはライントラブルによって、バーボンカラーをロスト。探しても見つからず(泣)
仕方なく、予備用に買っておいた、もう一本のバーボンカラーで翌日リベンジに行き、何とかリベンジ成功することが出来ました!

また、前日の釣行から、いろいろ思う所がありバス用ベイトタックルでの挑戦。初ベイトタックルでのシーバスともなり、ダブルでうれしいキャッチとなりました。

今は大学の長い長い夏休みなので、釣り三昧の夏休みにしたいと思っています。
ーー略ーー


 
 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=346 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2R112 | 01:58 PM | comments (1) | trackback (0) |
質問、相談、レポート等について


 現在、ご質問やご要望等はこのページのメニュー左下のメールアドレスから常時受け付けています。
しかし、このアドレスは、私の自宅直通のためか不在も含めて幾つかの条件下で送受信に不具合があるようです。

 アドレスは一般的に数字とアルファベット混合が勧められていますが、自宅のは今更変更もしにくい古い4文字アドレスのままなのです。そのために後付けで加えたセキュリティが厳しすぎるのかもしれません。
 また、直リンクさせると凄まじい数の迷惑メールが届くので、お手数ですがアドレスのコピペをお願いしています。

 
 いただいたメールには数日かかるときもありますが、必ずお返事しているので、もしも一週間経っても届かないときは、申し訳ありませんが、弊社までTEL 0427-93ー3029 連絡ください。よろしくお願いします。


| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=344 |
| K-TEN SECOND GENERATION | 08:04 PM | comments (2) | trackback (0) |
南房総シーバスチャレンジ
 写真(上)は「南房総シーバスチャレンジ」という、主にヒラスズキを狙う催しを二十年近く主催してきたサーフショップオーナーの岡田さん。歳も私と同じ。海から得られる手の平から感じる何かと、足の裏から感じる何かを信じてこられたことに共感します。

 お馴染みのカラーリングを施された鮮やかなボードは、ルアーマンでもある徳島のシェイパーの手によるもの。こんなボードが波間に見えたら、ちょっと幸せになります。

 

 参加させて頂いた恒例の納会では、今シーズン釣れたり逃げたりしたヒラスズキの話等で相変わらずの盛り上がりでした。

 年々、気心の知れた人が増えていくのはこの上ない楽しみで、中には三十年を越えた仲間もいます。

 

 こうしたローカルの大会が全国で催され、それが長く続くことを心底願います。




 長く、というのが重要で、自然に仲間たちの青年→中年→老年の流れを目にし、何かを感じることになります。こればかりは実際経験しないと味わえないのです。

 また、当然ローカルの釣り事情に精通することになるし、先輩諸氏からの伝承も、それに応えた若者からのフィードバックも貴重なものになるでしょう。

 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=343 |
| K-TEN SECOND GENERATION | 03:39 PM | comments (0) | trackback (0) |
BKRP140 リップルポッパー R3
 BKRP140リップルポッパーをリファインしました。二十数年前の初代から改良を重ねて、金型を作り直すこと三回目になります。(写真上が新型、比較のため下が現行旧型)

 
 既に好評な能力はそのままに構造全体を高精度化して耐久性の向上と飛距離の安定化を図り、またK2シリーズから数種の高機能をフィードバックしました。



 さらにR3から初採用する左右非対称レールによって、着水後のスチールボールの戻りまでコントロールしています。僅かにですが自動的にボディが動くことで初動を助けます。

 

 現在、9月中旬の発売に向けて制作中です。

 


 

 リップルポッパーは歴史の長いルアーで固定ファンも多いことから、本質的な挙動を変えずに改良することが難題でした。

 鉄球は同数同重量、角度をつけた磁石前に鉄板挿入で磁石割れ、磁力調整を。

 ワイヤーのアイ近くには補強ピンを追加。 ABSボディの適所を肉厚にするなど、通常の新製品以上に中身を変えながらも外見はほとんど変わらないというルアーになりました。

 

 また改善のため肉厚部分が増え2グラムほど重く42グラムになりました。重心移動するオモリ重量は同じなので、これだけなら飛び姿勢には不利になりますが、K2シリーズで培ったノウハウで飛距離の安定化にも成功しています。

 

 しかし本当の問題は他にありました。

 金型が高精度になったことで左右差が無くなり、当初アクション初めの切っ掛けを得にくくなってしまいました。 左右どちらから動こうか迷いがある感じでした。

 ハンドメイドや細身のルアーとかは、いくら真面目に作っても微妙に歪んでいたり、どちらかに反っていたりして完全対称形にはならず、それがかえって泳ぎ出しには有利に働きます。例えばリップレスのBKLM140では最小の水受け面でも動くように、外部をわざわざ左右非対称にしたぐらいです。

 また人が歩き出すとき、どちらの足から踏み出すのか、癖付いていることもスムーズに歩き始めるには重要です。左右完全対称だと困ることもあるのです。

 

 今作では内蔵した二つの構造を持って、高精度、重量増でありながらも動き出しを鋭くすることができました。一つはメインウエイトが着水後戻るときの力を利用して強制的に二個目のウエイトをブレさせることで。(写真、上から見たウエイトルーム。S字状) もうひとつの方法は内緒にさせてください。






 

 三代目リップルポッパーをよろしくお願いします。












  
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=337 |
| K-TEN SECOND GENERATION | 03:56 PM | comments (2) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑


 
合計: 4012301
今日: 218
昨日: 1510
あなたの良き思い出のために