HOME > OTHER-4
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

今シーズン初風呂
 このところタックルハウスの新作として準備を進めている小ぶりのルアーを投げています。もちろん次作K2も。
 
 この時期は、例年だと東京湾奥から大きめの魚は落ちてしまっているのですが、今年はまだ居残っている個体がいるようです。
 外洋のほうは、水温降下中特有のムラはありますが、全体としてはまだこれからという雰囲気があります。毎年この時期に極めつけの一発を獲る方がいるので、結果が楽しみです。
 
 
 ところで今日は海から帰宅して、風呂でも入るか、と湯栓をしようとして気付きました。
 そういえば春の終わりから初めてかも。今シーズン初風呂ってことです。もっともシャワーはよく浴びていますから汚くはありません。自宅の湯船に入ることが無かったというだけです。
 
 久しぶりに湯船に浸かると、とろけそうになるほど気持ちがよい。そこでまた気付きました。たぶんこれを避けていたんだろうな、と。
 
 自宅仕事なので、いったん気を緩めると止めどが無くなります。だからそれを避けるために、不必要に朝早く起きたり、たまに寒さに震えながら薄着で過ごしているのですが、無意識に湯船に浸からなかったことも同じ理由からなのでしょう。
 
 そしてもうひとつ不足の効用があります。やせ我慢と言われようと、何故かこうしていると、若かりし時の情熱や夢を未だ傍らに置いておけるような気がするのです。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 写真は強風下、ボートで行きたい所に行けず、しかも反応が激シブのとき、風裏でやっと出てくれた嬉しい一匹。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=262 |
| OTHER-4 | 10:15 PM | comments (2) | trackback (0) |
プレゼント
 これは、お礼と記念に写真をアップしておきましょう。
 手作りの灰皿を(釣友の)彼女からいただきました。
 真ん中には簡単に消火できるように窪みが付いています。大きさも充分で、アイとリカイを感じます。
 喫煙者への風当たりが厳しい昨今、とても嬉しいプレゼントでした。
 
 
 ところで、これまで釣友の彼女や奥様方には、私は煙たがられていること(名実共に)を自覚してきました。
 ダンナや彼氏を妙な世界に誘っている家庭の敵、あるいはデート日の邪魔をする張本人として認知されているらしく、たまに交わす無難な挨拶の中にも微妙な棘があることを感じているわけです。(笑)
 もちろん、全てのカップルに当てはまる話ではありませんが、奥様からすると、仕事で疲れていると言いながら夜な夜な魚も持ち帰らずに釣りに行くダンナや、天候が荒れるとソワソワし始める彼氏を見ていれば、不審を抱くのも無理はありません。
 
 実際はともかく、イヤがるダンナを私が無理やり誘ったことにしたほうが、平和なことは確かなようです。
 
 いただいた灰皿は、こうした複雑な思いを吹き飛ばしてもくれたのです。
 ありがとう。一生、大切に使います。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=259 |
| OTHER-4 | 04:13 PM | comments (2) | trackback (0) |
echo
 echo。これエコーと読みます。流行のエコではありません。フィルター付きとしては最も安価なタバコの名です。
 
 発売されたのは1968年8月。42年も前。私がタバコに初めて触れたときには既に店の傍らにあったということですから、超ロングセラーです。
 
 当時から残っているものといえば、そう多くはありません。調べてみると、日本初のスナック菓子「カール」発売。未だに歳をとらずに活躍している「ゴルゴ13」の連載開始。ブームの元になった司馬遼太郎「龍馬がゆく」もこの年でした。
 
 マイルドになったタバコからすると、ちょっとキツイ味のエコー。申し分のない量のタール、ニコチン入り。
 何故こんなお話をするのかというと、今月、喫煙者にとっての大問題、タバコ大幅値上げがあったからです。私はストックしてあるタバコが尽きたら、エコーにしようと思っています。
 値上げ後でも240円。現在吸っているものより安価です。
 
 値段のことだけでこれにしようというわけではないのです。どうもそのヤリクチというか経緯が気に入らない。
 増税すれば巨額な税収アップになる、としながら一方で喫煙者が減ることを見越して、ちゃっかり税金以外に利益を水増ししています。
 これ、自分たちも発表したほどには税収アップしないと判っているということです。タバコ産業が完全に衰退する前に、誰かが旨い汁を吸い尽くそうとしているみたいです。これではタバコ農家やタバコ会社の若い人達も気の毒です。
 
 また、値上げの度に事前に高めの金額が噂としてリークされるのですが、今回は700円になるとか、1000円になるとかでした。そうすると、実際に500円にしたときに文句が少なくなることを知っている人達がいるのです。
 
 
 巨額の利権が発生するところには、頭のヨイ人達がいて、巧妙なことをします。たしか、JR民営化のときもタバコ税に頼ったことから、今後も喫煙者には配慮するとしていたはずなのに、今度は非喫煙者に配慮するとかで全面禁煙になりました。これ、一見多数の正統な要望に従ったようですが、やり方はエゲツナイです。 それに浮いた予算はどこに行っているのでしょう。
 ホームのどんな端っこに追いやられようとマナーを守ろうとしていたのに。いつのまにか金さえ貰ったら後は知らん顔。
 
 そういえば似たようなことを次々思い出します。
 首都高速だって建設当初、いづれタダにするからしばらく高い通行料を我慢してくれ、ということだったのに、都合良く約束した人はいなくなり、担当が変わり、以後の当事者が権益ばかり守ろうとするから、いつのまにかナシ崩しです。
 それは私のように覚えている人はやがて死んでくれるとでも思ってやっているかのようです。
 最近では50年後のCO2削減目標などもそう。相当な予算を使って試算したはずですが、誰も責任など感じないように何重にも逃げ道が用意されています。
 
 エコ繋がりでもうひとつ。エコのためにといい、~の買い換えを勧めるところが多くなりました。
 電気でさえ、差出人の大元は同じなのに、別便で節電の案内と、オール電化の勧めの案内が来ます。
 エコを声高に訴えるところは儲かるからやっているのが大半かもしれません。本当のエコって、儲からないと思うのですが。
 
 いけない、次から次と不満が出てきます。このへんにしておきましょう。
 少し長く生きていると、約束不履行とか、世の中のイイカゲンさをたくさん見ることになります。年齢的にそれを面白がることもできますが、それではいけないという気持ちもあるのです。
 この先に続く若い人には、負けないで監視していって、といいたいです。
 
 
 それにしてもタバコのエコー、過剰包装も無いし、ささやかなエコ。慣れれば美味しいです。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=252 |
| OTHER-4 | 06:01 PM | comments (12) | trackback (0) |
飛び魚の気持ち
 晩夏の海。シイラ、マグロ狙いで、保険はカツオでいこうと、期待に胸を膨らませるのは毎度のこと。
 存外な釣果に恵まれることもありますが、たいていは期待より下回ることが常でした。まあ、だからこそまた行こうとするのですが。
 早朝、魚を探す我々の見開いていた目も、次第に眠気に押されてウツロになることもしばしば。
 
 そんなとき、揺れる船首に陣取っていると、軽い浮遊感の中で様々な生き物を目にします。狙う魚以外の。
 イルカに鯨、マンボウに鮫、等々。
 ポピュラーなのは飛び魚でしょうか。この季節は成魚に混じって当歳魚の群れもよく見掛けますが、小さいながらも船に追い立てられると、なかなかの飛行を見せてくれます。
 
 正確には飛ぶというより、海面ギリギリを滑空しているのですが、見る度に不思議に思います。
 太古に鳥でもないのに飛ぼうとする意志が生まれ、いつしか数百メートルを滑空できるようになったのだと思いますが、これは進化の途上にあるのか、この先さらに上空を舞うことがあるのか。 
 もしかしたら、反対に今我々が見ているのは、着水を待ち構えている執拗な捕食者に諦めて、退化の途上にあるのかもしれません。
 あの能力からすれば、その気になれば10メートルは上空に行けるはずなのですが、未だ見たことがありません。
 
 高等生物以外は、無駄なことをしないと言えばそれまでですが、たぶん、他にも海面ギリギリで滑空することが、揚力の関係などから余程都合が良いのだと思われます。
 だから風が無く、起伏の無い海面だと、滑空距離が伸びないわけです。
 
 K2Fも海面に近いところを飛ぶのが好きです。ケツからだけど。
 山ナリキャストとは相性が悪いです。
 低弾道ライナーキャストが基本。失速と同時に着水。
 風を味方に、静かに、飛び魚のごとく。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=249 |
| OTHER-4 | 03:36 PM | comments (0) | trackback (0) |
熱帯夜
 今夜0時に(今)気温が25度を下回らないと、熱帯夜日数の(東京)記録更新だそうです。どうやら誰も経験したことない夏になっています。
 
 ただのクソ暑い夏にはしたくなかったので、ちょっと無理をして新しいことを始めたら、いつもの日課に気が回らなくなってしまったのでしょうか。
 その代償として、絶対枯れないはずの庭木が二本枯れ、メダカが数匹、煮魚になってしまいました。いずれもお気に入りだったのに。
 
 気象のほうは、これから必ずと言っていい、揺り戻しが待っているはずなので覚悟はしています。いつからかそういうものだと思い込んでいるのです。
 
 でも心配なのはやはり海の中。
 地上の季節より遅れて推移するのが常ですが、これから迎える本シーズンにどう影響していくのか、じっくり観察していくつもりでいます。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=248 |
| OTHER-4 | 11:30 PM | comments (2) | trackback (0) |
ファイナルファンタジー13
 正月とこの連休中、久しぶりにPS3ファイナルファンタジー13をやってみました。シリーズ4と7はやったことがあり、人並みにはクリアー出来るはず、と取り掛かったのが正月前。
 遊びに来た友人からは50過ぎの大人がやるもんじゃないよ、とか言われながら、また、時には酔っぱらいながら何とかクリアー。
 慣れないゲームシステムに悪戦苦闘しましたが、言うまでもなく最新のグラフィックスは綺麗だし、音楽も良い。FFに期待した物語ではなかったけれど、満足しました。私の指もまだまだ動きます。 
 TVゲームの黎明期から見てきた身としては、その表現手法の変化には隔世の感があります。20年を経て変わり過ぎたものと不変なものがある。この感じは海のルアーも同じです。
 
 ところでゲームの本編はクリアーしたものの、どうもクリアー後にやり残しがあることが判明。最近のRPGゲームの特徴で、本編より裏のやり込み要素のほうが、時間的な分量が勝るものまであるそうです。サービスと言えば聞こえはよいのですが、穿った見方をすれば、中古市場に早々と流れるのを防ぐためでもあるのでしょう。
 
 これFF13だと、本編ストーリーには直接関係のない64の課題ミッションとかがあり、それも本編ラストボスより数倍強い相手を制限時間内に倒せという条件付きなのです。
 それらをクリアーしないと各課題解決のトロフィーが解除されず、壁紙のような隠れテーマ画像が見れないのだそうです。
 う~ん、オジサンにできるのだろーか?で……仕事は一段落付いたところだし突っ込むことに。
 ……で……夜間が主とはいえ、その後10日もかかって全トロフィーをやっと解除。プラチナトロフィーには「究極への幻想」と文字が。そして7枚の壁紙。
 それだけなのですが私チョット嬉しかったです。本編のほうを忘れてしまったほど困難だったので。それと自分の反射神経の老化具合がよく判りました(苦笑)
 FFに90センチ級の称号を進呈しましょう。
 
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
 K2F122はABS用本型製作へと行程が進んでいます。ABS樹脂は試作型の材質とはほんの少し比重が違うので、いったんリップ無しの状態に戻し、最終調整に入ります。
 それが手許に届けば、また海に入り浸ることになります。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=212 |
| OTHER-4 | 02:21 PM | comments (2) | trackback (0) |
新年
 あけまして おめでとうございます。

 旧年中は、たくさんのご教示をいただき、ありがとうございました。
 スタッフ一同、本年もより良いルアーを作り続けていきますので、応援よろしくお願い致します。

 皆様には、健康と釣運に恵まれる年となりますよう、お祈り申し上げます。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=210 |
| OTHER-4 | 02:33 AM | comments (2) | trackback (0) |
光回線、開通…やっと!
 昨日、待望の光ケーブルが我が家にも施設されました。
 何をいまさら、と思われる方も多いでしょう。しかし、何年も前から光回線にするよう頼んでいたのですが、その度にこの地区には伸ばす予定は無い、と断れてきました。
 
 それというのも、今までの名ばかりのADSL12M回線は、中継局から5キロ離れているとかで減衰が酷く、実質はISDN並み、しかも安定しないから頻繁に通信エラーになりました。
 余りに酷いので、ADSLを勧めてくれた会社の人が自宅まで来てくれたぐらいなのです。
 最近のサイト、特に映像の絡むコンテンツがあるページは呼び出すことすら出来ないという有様でした。ネットサーフィンというイメージからはほど遠く、イカダで漂流というのが相応しい。
 
 それでもパソコンの設定を工夫したりして、せめて私の関わるページぐらいはスムーズに動くようにしてきたのです。
 
 待望の光回線を繋いでネットを開くと………我慢と諦めから解放されました。ページが一瞬で開きます。通信速度を測ってみると、いままでの50倍、最悪の状態からは100倍!になっています。
 これ、私が初めて作ったルアーから、いきなりK2Fになったようなもんです。
 
 すぐ慣れてしまうということも判っているのですが、クルシミが長かった分、ありがたさが身に染みます。
 やっとサーフィンができます。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 写真は、電信柱を伝わってきた光ケーブル。細い光ファイバーを保護するため4本構成になっていました。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=208 |
| OTHER-4 | 06:24 PM | comments (0) | trackback (0) |
リスベットサランデル
 この一週間は、早い忘年会があった他は、ほぼ規則正しい毎日でした。
 晴れていれば122プロトを投げに海へ。主に変更箇所の確認といった地味な作業です。そして空がぐずついていれば、読書。いわゆる晴耕雨読というやつです。
 一見気ままなようですが、設計途中のルアーというのは次から次へとナヤミを発生させるものですから、バランス良く別の事をして頭をカラッポにすることも必要になります。
 
 そこで今回選んだ、別の事というのが、評判を知って買ってはあったものの、全六冊、しかも聞き慣れない固有名詞と登場人物の多さに怯んでしまい、しばらく放っておいた、スウェーデン発ミステリ、スティーグラーソン著、「ミレニアム」全編を読むことでした。
 
 一週間前に手を着けたときは、数十ページ読んでは閉じたりして、遅々として進まなかったのですが、リスベットサランデルという特異なキャラクターが登場するあたりから、物語も読むスピードも徐々に加速して行きました。進むほどに期待以上の展開が待っていて、飽きさせません。
 
 昨夜、最後の六冊目後半を残しておいたのは、そのまま深夜に終えることが惜しいような気持ちになったからです。出来れば今日のテスト釣行に持参して、残りを海で静かに読みたいと思いました。
 昼間中に122の課題をひとつ突破したので、そのまま海岸で、気兼ね無くゆっくりとページをめくることが出来ました。夕刻、読了。間違いなくメーター級です。
 いつのまにか目の前に、いつも朝陽が昇るところに、淡い満月がひとつ、遠慮がちに浮いていました。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=204 |
| OTHER-4 | 11:25 PM | comments (6) | trackback (0) |
イイダコ
 連休中は何処もいっぱいなようなので、東京湾で友人達とイイダコ釣り。ついでにイナダ君も(ツバス、ハマチ)。
 イイダコは昔から確立されている釣りなので、専用のテンヤ仕掛けが一般的。また、小型のイカスッテを着底出来るようにすれば、それでも充分釣れます。
 
 しかし、そこはせっかくのルアーマンの集い。もう少しルアーらしくできないものかとあれこれ試してみました。
 今のところ、専門仕掛けやイカスッテ改に対抗して互角か、それ以上と言えるかもしれないプラグ改造仕掛けが写真のものです。
 小さめの、丸っこく白っぽいフローティングプラグなら、何でもいけますが、特に調子が良かったのが、適度にリップカットしてイカ針を装着したラージシケイダー改でした。
 
 使い方は簡単。着底させて(もちろんイイダコのいるところで)、ラインを軽く張って、イイダコのノリを待つだけです。あとは活性に応じて適当に小移動を兼ねたカラアワセをすればいいのです。 錘の上でプラグが勝手に踊り、誘ってくれるので何もしなくてもノッテくれます。絡み等のトラブルも少ないです。またプラグが若干浮いている状態なので、ノリの感知能力が他の仕掛けより優れています。
 もう少し研究すれば、もっとイイダコに相応しいルアーが出来ると思います。
 
 
 そして、イイダコ釣りの合間にやったイナダ。この頃の東京湾イナダは、ジグやバイブ、ミノーにスレ気味なせいか、ポッパー系の反応がすこぶる良いです。
 ほぼTKRPの早引きで事足りますが、できればM・サウンドがあると心強いです。このルアーは小魚のシルエットを保った、珍しいサイドカップを持つポッパーでもあるので、これの早引きによる適度なスプラッシュが効いてくれます。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=196 |
| OTHER-4 | 01:17 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3730060
今日: 633
昨日: 651
あなたの良き思い出のために