HOME > OTHER-2
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

干潮が昼間の磯
 これから初夏にかけては明るい時間帯に潮が大きく引きます。冬期とは逆。
 この時期、特に大潮周りは満潮の朝から刻々と変わる海況を、予め頭に描いておかないと釣りになりません。磯初心者には最初の難関です。
 
 ポイントを聞いたり、調べて行っても磯に立つことすら出来ず、あるいは既にそこに海水が無かったりします。浅い房総ではよくあることです。渡礁やサラシの出具合に丁度良い潮位が、それぞれのポイントにあります。
 
 しかし初心者を自覚する方ならば、この時期にこそベテランから聞いた潮位にだけ行くよりも、朝から干潮まで通して磯を観察するべきなのです。
 例えベタ凪で魚ッ気が無くても、その間の変化や干潮時の地形や海草の状態をよく覚えておくのです。
 
 冬場の暗いときに釣れたポイントや先日誰かが釣ったポイントが、この時期は海底まで露わになって、自ずと釣れた理由を知るでしょう。凡百の解説を読むことより先々必ず役に立つ知識を得られます。
 
 とは言っても、日本全土に目を向ければ、この話は主に太平洋側でしか通用しないようです。
 この仕事に就く以前、日本海の天橋立近辺から越前海岸、能登半島を抜けて、新潟北部まで釣り行脚したとき、潮位差が予想以上に少なく唖然としたことがありました。
 ただその場合も潮流の方向や地形を昼間充分観察することで、何とか初見の所でも釣果を得ることが出来ました。だから、たとえ夜間の釣りがメインだとしても、昼間ポイントを見ておくことはとても大切。観察に適した季節は丁度、今頃。出来れば大潮周りが良いでしょう。
 
 余談…日本だと潮位差は、あっても2メートル弱。(特殊な場所は別)ところがカナダでは干満の差が10メートルを超えるところがあるそうです。見てみたいですね。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=170 |
| OTHER-2 | 03:28 PM | comments (2) | trackback (0) |
車と房総小旅行
 先週、普段は三カ所に別々に暮らしている母と姉と小旅行に行って来ました。 とは言え、場所はいつも釣りやルアーテストで通い慣れた所に近く、目新しいことは何も無い筈なのですが、意外にも驚くことが多くて楽しめました。
 房総勝浦の雛祭りなんて、見る気もないときは国道が渋滞するだけで、釣りの往復には障害とすら思っていたのですが、女性陣の希望で初めて中心地を歩いてみることになりました。男一人、ドサッとお土産を持たされるのは覚悟の上です。
 
 祭り会場の駐車場へ行くにも私の車では人数が乗れないので、レンタカーです。それもハイブリットカーのプリウス。
 この車、低速で人混みをかき分けるとき、ほとんどエンジン音がしないようで、人が気付かず避けてくれません。不意の飛び出しもあります。クラクションは鳴らしたくないし、危ないです。
 こうゆう場合、私の車のエンジン音なら避けまくってくれる?ので、えらい違いです。
 
 プリウス自体は思いのほかトルクがあって、扱いやすく、燃費は謳い文句通り、私の車の二倍は走りました。
 これで、通い慣れたいつもの道を走ると、目線の高さや、尻に感じる路面の感触が全く違うので、何処か遠くの初めて通る道のように思えました。
 
 宿泊は、これまた自宅から真夜中に飛ばせば四十分ぐらいの所にあり、小さな半島の根元に一軒だけ、戦前からある由緒ある旅館です。
 この辺一帯の海は常時禁漁区なので、あまり縁がなく、以前から興味がありました。今回のようにロッドを持たないときにこそ相応しい、と選びました。
 旅館のサービス内容も料金からすれば満点です。食事時まで広い和室からゆったりと穏やかな海を、陽が沈むまで眺めることが出来ました。
 
 旅中、海沿いの国道を走っていると、いつも自分が如何に海側ばかり見ていたのか気付かされます。山側一面には春を告げる花畑が連なっているというのに。
これも飛ばす気になれないプリウスのおかげでしょう。八日ぶりの雲一つ無い晴天の下、たっぷりと水を吸った花々が嬉しそうでした。  
 
 私の車、車高を下げた十年前の超初期型S2000は、現行のマイナーチェンジ後のマイルドさも、トラクションコントロールの類も付いていないので、未だに緊張を強いられるのです。
 家族を最寄りの駅まで送り、再びレンタカーから自分の車に乗り換えると、尻から四十センチぐらいしか離れていない駆動輪から伝わる振動が、私の日常は、此方にあるのだと容赦なく語り掛けてくるのでした。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=162 |
| OTHER-2 | 06:02 PM | comments (2) | trackback (0) |
二月七日夜
 帰ってきました。久しぶりに会えたヒラ仲間や友人も多かったので、とても楽しい会合でした。すぐ仕事なのに珍しく深酒してしまいました。
 
 其処で、大型のヒラをタグリリースした友人と、後日同魚を再捕した方に会えました。特に大型の、貴重な再捕例の現場の状況と方法を、直接本人達から聞けることは参考になります。
 二人ともお互い喜んでいました。生きていたことを確認できたこと、可能性、知り合いが釣るということが意味するところ、など諸々の事を含んで興味深い話でした。
 特に大型は、普通、つい撮影などが長引いたりするものですが、今回は、ベテランで慣れているので、触らず、極めて速やかに放したそうです。再捕された方も私も感心しました。
 年月が重なり熟練してくると、多少の困難な方法も、釣りの一つの技能や作法としても楽しめるようになるのではないか、そう思いました。
 
 また、初顔合わせの若手とお話しできたこと、幹事さんに感謝します。まだ一匹も上げたことのない方もいましたが、今年の状況からすると心配はいりません。必ずや近く釣れることを約束します。諦めなければですが。
 
 そして、こうしたヒラ好き、海好きの仲間、サーファー、初心者、ベテラン、リリース派、たまにイート派、(いなかったのは女性だけ)様々な方々が一堂に会して和やかなのは気持ちの良いものです。少々の二日酔いはヨシとしましよう。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
写真はこの日の海。全員アブレ。それもまたヨシ。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=157 |
| OTHER-2 | 11:11 PM | comments (2) | trackback (0) |
理系のライン切れ
 本日から仕事始めの方が多かったと思います。正月中、我が家を訪れてくれた仲間も連休疲れのせいか、なかなかエンジン全開とはいかないようです。
 社長さんから、フリーター、リストラ組まで、相変わらず釣り仲間は、社会に文句を言いつつも明るいし、それぞれの立場も釣りに関しては逆転していたりするので平和なものです。
 それに初釣りにトライしていたユーザーさんからのメールには、早くもデカデカとした羨ましいスズキのことが…。
 初物ゲット、おめでとうございます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
 新年始めの記事は、宴会中に話題になったことからラインのことを少々。
 
 ラインシステムについて語るには、もう私は相応しくないでしょう。36まで2,0だった眼は、今や老眼。遠くしか見えません。
 だから現場では複雑なシステムを組むより、80パーセント強度ぐらいしかなくても確実で慣れた方法を採用しています。結束は、漁師結びアルファです。
 
 また、ちょっと弱めのノットに切り替えてからは、完璧なシステムを組んでPEラインの途中から切れるということが無くなり、切れて欲しい部分から切れるので良い面もあるのです。海の中に長いラインを残したくはないですから。
 老眼万歳です。(んっ、まだアルコールが切れていないかも)…
( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=149 |
| OTHER-2 | 05:52 PM | comments (0) | trackback (0) |
新年
 あけまして おめでとうございます。

 我々のフィールドが、いつまでも美しいままでありますように。
 今年こそ、夢の一匹にめぐり逢いますように。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=148 |
| OTHER-2 | 12:21 AM | comments (4) | trackback (0) |
ボタン(イノシシ)鍋
 来客の多い週末でした。前々から予定を入れていたので釣りは無し。ひたすら飲み食い、談笑です。
 釣り人同士の集まりというのは、職種様々。この不況と言われる世の中で、全く影響を受けない人もいれば、リストラに怯える人もいます。でも、いつでもなんとかなるという雰囲気があるのはいいもんです。
 
 主役の食材は、高知の長野さんに送って頂いたもので、イノシシ。
 野生らしく、変な脂が無くて胃に貯めてももたれないし、処理が良いので臭いが0。大好評でした。特に年長組は、身体が温まってビンビン、と喜んでいました。
 長野さん、おかげさまで盛り上がった忘年会となりました。ミカン共々、ありがとうございました。
 
 
 そんな中、頭の中のアルコールを早く切らないとなりません。例のヘプタモンドをやって頭の調子をみると、大丈夫そう。
 あのMNカラー出荷に同封する、オウギショを書き上げ、今一息ついているところです。
 今日は休肝日としましょう。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=145 |
| OTHER-2 | 03:13 PM | comments (2) | trackback (0) |
答えられない質問とネット情報
 房総の磯では先週末の大荒れ前、いつもの場所で、そこかしこで調子よく釣れていました。それまで単発が多かっただけに、今年も期待できるという安心感に浸れました。
 寒い地域と違って、有り難いことに房総は、この時期釣れれば、条件次第ですが一月いっぱいチャンスは継続します。だからこの時期外すと、数年に一度ある不調年をつい心配してしまうのです。
 その後は毎年異なりますが、他の地域よりメリハリが無いのが房総の特徴といえます。
 大きくは、本州の地勢、曲がり具合と、列島にとっては最後の黒潮接岸の影響下にあるからだと思います。
 
 釣り仲間との交友や仕事柄、私は皆さんより今現在釣れている所の情報を知りやすい立場にあり、また遠征などでも案内してくれる地元の友人達がいるので、恵まれていると自覚しています。
 しかし、それだけに詳しく情報を寄せてくれた人達に関わる御当地ポイント情報だけは、このブログには公表できないものなのです。
 かつて、私も余りに情報不足と感じていた時代は、ある程度たくさん人が入れるところに限って、雑誌等にポイントを書いたことがありました。
 このサーフなら二百人は出来るから大丈夫などと、二ヶ月ぐらいをタイドグラフ付きで、釣れた時間まで明示しました。 記事としては好評でしたが、地元組には迷惑を掛けてしまいました。まさかあんな影響があるとは思えなかったのですが、彼等が心配したとおり翌年同時期、二百人ではすまない人数にサーフが埋まってしまい、驚きました。
 
 ヒラのほうでも、詳しく書き過ぎた時期があり、これは別の意味で人の楽しみを奪ってしまったと反省しました。こういう場合は此処、とやってしまい、もちろん釣れたのですが、どうもその後が釣果も熱意も続かない人を、何人か見てしまいました。
 そうした幾つかの経験から、何処でも通用する全般的な話に留めるようになりました。あのサーフ周辺には、その後、有志を集って釣り人からのヒラメ放流活動として、一万三千匹の稚魚を放すことになったのも、少しばかり責任を感じていたからかもしれません。
 
 というわけで、このブログには先々もポイント紹介はありません。お答えできる範囲があることをご理解下さい。
 ただ、既に何十件とそうした質問にも答えてはいるのです。通い込んでいるけどヒラが何年も釣れない、とかそれなりの努力が垣間見られる場合、個人的に真剣にお答えしてきました。… ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=141 |
| OTHER-2 | 08:23 PM | comments (3) | trackback (0) |
ケン君、帰郷
 日曜日。前日の木枯らし一号が彼方に吹き去って、時折無風になるような、穏やかな東京湾でした。Oさんのボートで木更津から富津周辺を遊んできました。
 東京湾ルアーFは今年二度目。年々少なくなってきました。タックルボックスの中にいつもあるK2Fが入っていない日も今年二度目です。(後で、少し後悔するのですが…)
 
 友人のOさんの息子、ケン君が、沖縄~北海道のバイト放浪生活に見切りをつけて帰って来るというので計画した釣行でした。TさんSさん、いつものオヤジ連も一緒です。
 青年期には色々あります。オヤ心としては心配だったのですが、無事で何より。久しぶりに揃った顔ぶれにフッコが歓迎してくれるでしょう。
 
 さて、釣りの方ですが、基本ポイントやストラクチャー周りの魚は、連休中とあって、朝から相当攻められている様子。かなり細かいことをしないと食ってきません。
 バイブを使ってなんとか40~50クラスを数本上げますが、どうも今イチ。通り掛かるボートのルアーマンもほとんどバイブ系ワーム系をセットしています。…   ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=131 |
| OTHER-2 | 11:00 AM | comments (2) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3756129
今日: 686
昨日: 774
あなたの良き思い出のために