HOME > Discontinued > K-TEN WOOD
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

手作り穴開け道具
 ウッドK-TENが廃番になって五年近くが経ちました。そのまた一年ぐらい前までは数あるシリーズ全部の穴開けという行程だけは、直接私が作業していました。
 四十行程以上ある作業のうち、重心移動システムの要である穴開けだけをするために、成形したルアーを自宅まで送って貰っていました。
 組み上げると外からは見えないため、人任せに出来ない箇所だったからです。
 
 今のABS製ミノーには、当然のごとく組み込まれているシステムでも、相変わらずウッド製量産品では見かけません。とても採算が取れないからでしょう。
 たまにハンドメイドを楽しむ方がトライしていますが、多くは木を二枚貼り合わせる方式のせいか量産には苦労しているようです。
 私も個人的に作っていたときは、二枚の板それぞれに球が移動する部分を、あらかじめ掘っておき、貼り合わせる方法でした。
 しかし、この方式は左右のズレが生じやすく、満足のいく精度で量産するには相当の機械設備を用意する必要があります。そこで、考えた結果、成形したルアーの頭部と胴体をいったん二分して、胴体に縦方向の長い穴を開けることにしました。
 これなら設備にお金を掛けなくても、工夫と技術とアイジョウがあれば可能な作業です。
 
 しかし、始めた当時、ミノーは元々細いうえ、尾に行くに従って更に細くなるのですから、そこにドリルの長さいっぱいまで縦穴を開けることは非常に難しく、笑えない数の不良品が出ました。
 せっかく成形したウッドを壊しての失敗ですから二重のロスになります。ウッド本体が設計より僅かでも細いと、最大で50パーセントの廃棄率が出たときもありました。
 
 写真の装置は、これらの失敗をクリアーするために、ありとあらゆる工夫をして出来上がったものです。
 機械精度そのものは最初に使っていたもののほうが高く大柄で、カッチリ固定ができ、ドリルもブレず、完璧に近いものでした。ただし、削る相手が細くはなく、木目の無い均質な材料に、短い穴を開けるだけならば、です。
 実際は、細くて均質でもなく、手作業で成形したウッドのサイズ自体が厳密にはバラバラなうえ、木目があるので深い穴の途中でドリルがたわみ、逃げてしまうのです。一瞬で横からドリルが飛び出しオジャンです。…
( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=153 |
| Discontinued::K-TEN WOOD | 08:50 PM | comments (12) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3864938
今日: 335
昨日: 1006
あなたの良き思い出のために