HOME > リクエスト
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

ベイトリールについて
 熊本のMさんからのリクエストです。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
…略…僕はベイトリールが好きで不利な部分はわかっていますが、使用しております。…略…ラボにてベイトリールの見解を書いていただけると嬉しく思います。…略…
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇Mさん撮影
 
 Mさん、お待たせしました。思い出たっぷりの写真数点もありがとうございました。
 始めにお断りしておかなければならないのですが、私はこの十年、ショアーからだとほとんどスピニングを使用しています。だから、最近のベイトリール事情には詳しくないのです。それでよろしければ、ということでお応えさせて頂きます。
 
 私が海でベイトリール(ABU等)を度々使用していたのはK-TEN誕生以前のことです。まだ外洋で使える専用のロッドも、満足できるドラグ性能をもつスピニングも無いに等しく、リーダーすら知りませんでした。
 愛機ロディの交換部品が尽き、やがてスピニングのペンや旧ダイワSSシリーズ等を手にしてからは徐々に使用頻度が減っていきました。
 大きな理由は外洋での風速十メートル以上の逆風を、当時の私の技術では克服できなかったことと、毎回の分解整備が面倒なためでした。それ以外は特に問題はなく、優れたスピニングがでるまで使っていました。
 そもそも、ベイトリール(以後ベイト)にしたのは、外洋の、あるヒラスズキポイントを攻略するためでした。其処では魚がヒットしたとしても手前にハエ根があるため、たまに根を覆う波に乗せて強引に取り込む必要がありました。5、4メートルの振り出し石鯛竿を使った事もあるぐらいのところでした。これは5キロのヒラを抜き上げたとき、釣趣に疑問を抱き一度で止めましたが。
 
 私にとってベイトのメリットは指ひとつでイザというときに瞬間フルロック、あるいは解放ができることだったのです。これは指で直にというところが重要で、鈍いロッドを介さないので魚の力をダイレクトに感じることが出来ます。スプールを手で押さえるとか、レバーブレーキでは味わえない感覚です。
 ときには強風下だと糸鳴りが凄いことも相まって、切れる寸前のラインの悲鳴まで指から聞こえてくるかのようでした

 また古いABUはドラグが作動すると、良質なクリック音が小気味良く響くので独特の使用感がありました。後年、予備として買った6500Cからこの音が消えていたので如何にガッカリしたことか。 あのような精度の裏付けがある音なら現在のスピニングにも欲しい機能だと思っています。中途半端なチリチリ音とか、節度のないズリーッとかより、もっと快感を増幅できて、夜間の釣技を補助できる程カッチリした音を発生できれば需要があるはずです。
 
 その他、両軸の特性として、コンパクトであること、ドラグ作動時に糸ヨレが出来にくいこと(絶対の優位性)、ライン径が太くなっても飛距離に影響が出づらいこと、ロッド側ではなくリール側で小技ができること等が挙げられます。それはそのままスピニングに足りないことでもあるわけです。
 
 このように、たった二つのデメリットを除けば、キャスティング用ベイトリールは充分に実用的だと思います。聞いたところでは、最近のリールは海水に強いものもあるし、古めのABUにも改造パーツがあるそうです。となると残る大きな課題は唯ひとつ。誰もが悩むバックラッシュです。 ……
( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=222 |
| リクエスト | 12:52 PM | comments (0) | trackback (0) |
ヒラメの釣り方
 1996年、週間釣りニュースさんの発行した媒体(業界向け)に掲載されたものです。
 ルアーによるヒラメ釣りも定着した昨今、あえて古い記事を載せてみます。
 途中、〔20分云々~〕とか、決め付けに近い、今なら避ける表現もあります。それは、書いた内容にいたるまで、毎日のようにサーフを2キロ、6キロ、時には24キロも釣り歩いてきた自信がそうさせたのでしょう。今の私にはとても真似できません。
 現在の雑誌のヒラメ関連の記事と比較して、それぞれの良い所を参考にして下さい。では。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
   ヒラメの釣り方
 
 晴天の下、のんびりとナギの海にルアーを投げるのは気持ちの良いものだ。スズキには不適の静かな海のほうがヒラメは釣りやすい。
 天候に合わせて、ヒラメ、スズキどちらを選べばせっかくの休日を有意義に過ごせるか考えて出掛けよう。
 
 ヒラメ釣りには、他の魚種相手の釣りとは違う点があって、それがそのまま釣果を左右するコツを示している。
 まず、当たり前だが、よほど活性が高くならない限り、砂地に張り付いている。 ただし、常に動いてはいないが、イメージ以上に移動もする。沖合とは異なり、岸辺では(私の経験では)ほぼ20分以内に居場所を移動する。
 以前、3シーズンにわたって、(稚魚放流に向けての実地調査を兼ねて)月二十日以上のペースでヒラメ中心に狙ったことがある。同行者数人と同じポイントを何度もしつこく時間を空けてルアーを通してみると、初投者にヒットするとは限らなかった。
 数百の事例から、目的を持って接岸してきた一匹はだいたい二十分を限度に移動するが、それはつまり、固定された良いポイントは、粘って釣る方法もあるということだ。
 
 次に、その生態から視覚に頼って捕食していることは確実だが、他の魚とは違って、たいていの場合、ベイトフィッシュが頭上を通り掛かるまで砂に潜って待機していると思ってよい。
 ちなみにこの時、たとえ足下に50センチのヒラメがいようと我々には決して見えない。ルアーが通ると、まるで砂そのものがルアーを喰うような錯覚を起こすほどだ。
 特に遠浅の海岸では、不注意にウエーディングするとヒラメを追っ払ってしまいかねない。
 以上を念頭に、‘効率’中心にヒラメ釣りのコツを伝授しよう。
( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=202 |
| リクエスト | 09:05 AM | comments (4) | trackback (0) |
磯スズキ攻略、6カ条
 Kさんからリクエストを頂きました。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 ……略……ところで、以前、アングリング誌に掲載された「仕事は激務または不調、できれば失業中」の文章はラボに掲載できないでしょうか?あの文章、一番自分の心に残っています。……略……
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
 Kさん、お待たせしました。以前書いた文章を覚えていて頂いて恐縮です。今読み返すと、口述が元になっているせいか、また若かったせいなのか、間違いは無いものの断言が目立ちます。其処の所、割り引いて参考にして下さい。(廣済堂出版1994年10月号より)
 では…
 
   ◆磯スズキ攻略、6カ条
 アングリング誌を読むシーバスアングラーなら、磯スズキを狙う時、サラシや風、潮位、イワシの追い込み等の自然条件がいかに重要なことか、もうご存じだろう。
 磯のスズキ釣りは、船や泳いで沖根に渡らない限り、他のどんな魚種や釣法にもまして、自然条件に左右される釣りである。
 居付きの黒いヒラスズキが釣り尽くされてから、外房では月にいったい何日、ルアーの射程範囲に彼等が来るのか?
 ここ10年を平均すれば、月の内10日もあれば良いほうだ。つまり、彼等との出会いは日並み次第とも言える。
 言い換えれば、法律だのを作らなくても、自然の禁漁日があるということだ。実は、私は、案外これが気に入っているのだ。ちなみに、船から沖根のヒラスズキを狙う方法は、日並みに幅が出来るが、その筋の知識を蓄えたルアーマン、たった一人でその周辺のヒラスズキを全滅できることを知ってから、私は止めた。
 
 怒られそうな例えだが、100万円あれば初心者でも、海外で3回位はガイドを雇って、カジキでも、ヒラアジでも小さなものなら釣れるだろう。
 ところが、屈強な男が、昼間のヒラスズキを100万円で50回トライしてアブレたケースだってある。些細な勘違いでの10回以上のアブレはざら。つまりお金の力だけでは釣れないのである。実はこれも気に入っている点の一つだ。
 さらに釣れる時には、これ以上無いぐらい、どんな魚より簡単なのである。身近でありながら遠い魚、それがヒラスズキである。この振幅の度合いにこの釣りの要旨がある。
 コンスタントに釣る方法、それは、かつて誌上に書いたように、あるにはあるが、日を選ぶことになり、実生活上のリスクを負うことになる。
 そこで今回は、基本的な釣法は入門書に譲って、日頃、よく質問を受ける釣るための攻略、注意点について語ろう。
 
◇磯の構造を知る
 どうしても釣果が上がらない時は、ワンパターンに陥っているので、深追いせず、次回にダメージが残らないように諦め時を心得ること。(いきなり、ここから始まるとは!)
 釣りを中止して、磯の構造を知ることに全力を尽くす。特に、4、5、6月の大潮の干潮時はチャンス。歩き回れば、スズキの道が見えるはずだ。これを徹底的に記憶する。そうすれば、自分だけのルアーの引き方が出来るようになる。
 こうして次回に釣ったスズキは、漫然として釣れたスズキより数倍の知識と快感を与えてくれる。そして、釣れた場所を再度、干潮時にチェックすれば、また意外な発見があるはずだ。面倒だとは思うが、あれだけの大きさの魚が、こちらから船で近寄ることなく、コマセも打たず、足下まで来てくれるのだから。もちろん管理釣り場ではないのだから。
 
◇ルアーを見る
 これは、シイラでも青物でも同じことなのだが、初心者がベテランの手許を見て、リールを巻くスピードや、ロッドの煽り方を見て真似てみても、ルアーそのものは、全く別の動きをしている場合が多い。
 ジギングであれば、ベールをオープンにしつつロッドを煽って糸フケを作り、ジグを落とし込むこともあり、見た目とは真逆になる。スウーッと軽く煽っているだけに見えても、実は、同時にリールを回転させて高速でルアーを動かしている場合もある。
 ジグの落とし込みでは、僅かな糸フケを利用して、ルアーに命を与えることがコツであるように、ロッドの動きだけでは判らない。いかにハイスピードでシャクッても、段差でジグが死んでいる場合も多い。ミノーでも同様で、手許に気を取られると、ルアーの動きが死んでしまう。
 ロッドが違い、リールのスプール径やギヤ比も違うのに、人間側の動作だけ同じにしても、ルアーそのものは全く別の動きをする。
 
 磯スズキでアブレやバラシが続いたら、具体的には、次のようにすれば良い。サラシの中では、ルアーが泳ぐ限りゆっくりと、そしてサラシの切れ目からは高速で回収するごとくリトリーブ。そのまま足下でロッドの先から1メートル残したラインで丁寧に、横にルアーを走らせる。こうすると、サラシの中の複雑な流れの中で、実際の小魚の動きに近くなるし、スレにくい。
 サラシの中を始めから高速で引いても、ヒットはするが、喰い損ねが多くなる。こうなると、「スズキは喰い方が下手だ」となる。ここ2~3年はシイラ経験者にこうしたケースが多いようだ。
 ただし、遅く引くから喰いやすいのではない。スズキの反転食いは、彼等の長い経験から、小魚が複雑な流れに玩ばれても、確実に喰えるように、微妙に先回りしているものなのだ。それは、例え5センチでも、口一つ分でもズレていたら小魚を捕らえられない、波や流れを本能的に計算していないと喰えない喰い方なのである。
 それなのに、強く巻かれるルアーは、流れなどお構いなしに、ポイントを弾丸のように突っ切ってしまう。だから、小魚本来の動きを考えた引き方が必要となる。
 ちなみに、食い込みといったことだけを取り上げてみると、5、4メートル2号の磯竿のようなペナペナのロッドを使えば、スズキは遙かに高確率で食い込む。これは、ルアーが海水と共に動くからであり、ロッドの抵抗が掛からず、食い込む間を与えるからだ。
 また、異常にスズキの活性が高く、何尾もヒットする時に、バラシも非常に多くなりがちなのは、魚側の都合を別にすれば、全ての動作が速く、固くなっているからである。
 硬調ロッドを使用する場合では、波に押されるようなら速く、波に引かれるようならゆっくりと、生きた小魚がそう動くように柔らかく使うと良い。
 中途半端なベテランにバラシが多く、根掛かりかヒットか判らないような初心者のほうに、ルアーが飲み込まれる程ガッチリ掛かるのも、心許ないリトリーブが、かえって高度なリトリーブに近づいたためである。…… ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=190 |
| リクエスト | 09:13 AM | comments (2) | trackback (0) |
感想と返答
 前記事「続リリ…」について、たくさんのご意見メールを頂きました。昨日で全てお返事できたはずですが、稀に、写真以外の添付ファイルや特殊な文字列があると、別ボックスに隔離されるメールがあり、見落としてしまう場合がありました。
 もしも、メールを発信したのに、まだ返事が無い場合、お手数ですが、もう一度発信してみて下さい。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
 コメント欄にチラッと書きましたが、全く同じ文章を発表した9~14年前とは、比較できないほど好意的なご意見が多かったです。勿論書ききれないこともありますし、疑問や矛盾を指摘された方もいます。でも、ホッとしました。この先もガンバレます。
 
 その中で気になったことが幾つかあります。
 「~ではないから、あるいは何々だから言えるんだ」という話があったので、もう少し、私の立ち位置について明示しておきます。
 このブログがメーカー内にあるように、私は業界サイドにいます。でも、その前に釣り好きで何とか息子に、自分と同じ楽しみを味わって欲しい(子供はいませんが)と願う者です。
 また、JGFAの会員です。会員NO二桁台だから相当古くからそうです。ただ、個人会員(今年からクラブ会員)で、最近は若い会員とお会いする機会を逃していたと反省しています。
 
 大人なら判って頂けると思いますが、組織というのは会社であれ何であれ多少の矛盾は抱えているものです。私は会社や所属する内部から、制約やリスクがあることを承知で意見を発信することを選びました。
 当時の状況を放っては於けませんでした。すぐには無理でも、やがて真意は伝わると信じることにしました。
 今だから話せますが、あれを発表して会社にも迷惑を掛けました。嘘つき呼ばわりには我慢しましたが、K-TENは二度と買わないという人まで現れたのです。売り上げを落としてでも語るべきことでした。
 直接私に会いに来た方々には、充分な説明と実証をお見せして、全員に納得して貰いましたが、お会いできない方の頑なな心を融かすことは難しいのです。
 
 完全な証拠を見せろ、という言葉を何度も聞きました。そこで何人かには手伝ってもらいました。外洋の荒磯から酸素入り大型クーラーを運んでいるうちに頑なな心は融けていきます。体力不足の方は参加すら困難な作業でした。完璧な水槽まで運び終え、数週間後の結果を知り、あのことを疑う人はひとりもいませんでした。
 
 水槽は何処にある?見せて。これは勝手ながら熱意ある方に限り、ご一緒しました。誰でも自由に出入り出来るところではなかったからです。雑誌の取材も一度だけ入りましたが、地味で小さい扱いでした。
 水槽の使用は、たまたま知人の研究者の興味と目的が、私のそれと被る部分があったからできたのです。数年に渡って、沖合の海水を常時引いて、殺菌循環させ、水温管理できる設備なんて、最近の水族館でも恵まれた立地でないと出来ません。そういう水槽を作るには億単位の金が掛かります。 個人どころかメーカー数社ぐらいでは出来る話ではないので、大きなところへ協力を仰ぐことになりました。
 だから、今同じことをやろうとするなら、海岸沿いにある設備の整った水族館の自然環境を再現できる水槽を長期間、借り切るぐらいの覚悟が必要です。
 同じ実験を潮通しの良い生け簀で試す事も出来ますが、問題が多すぎて、望んだ観察が困難でした。たまに涼しい季節での数日の実験で結論を出す方がいますが、その判断を誤らないように願うばかりです。…  ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=156 |
| リクエスト | 08:45 PM | comments (2) | trackback (0) |
リクエスト…続リリース方法の確立を願って
 静岡県の玉手箱さんからのリクエストです。
 はじめに。
 2000年の夏に、(株)岳洋社さんから、シーバステクニカルノートテイク2という別冊が発刊されました。
 その中に、題の内容の記事を発表させて頂きました。実は96年に旧アングリング誌の記事へのアンサーという形にもなっています。
 どちらも古い記事ですが、内容は今でも充分通用します。

 昨今は、◇◇グリップ等、道具の普及や、多くの方々の努力で、当時より確実に良い方向へ向かっていると感じています。そのかわり、急激なソルトルアー界の変化もあり、この件について、各世代間や経験度合いを越えて落ちついた意見交換ができる場が、案外少ないようにも思えます。
 ちょうどよい機会ですので、ベテランの方には確認をお願いして、そして、これから長くソルトルアーを楽しむ若手には、ここに至った経緯を知って欲しいと思います。
 これらの知識と意見を得るには、志ある者が、労力と金と熱意をもって、何年もかかりました。私でも、証拠が足りないからもっと、と言われても、そう簡単には繰り返せないのです。
 しかし、ただの一意見としても我々だけの知識にするのは、もったいないので、批判なり、反論なりを含めて、皆さんの考察の一助になればと思います。
 では下に、訂正無しで、全文掲載します。(長い文章なので覚悟してネ。)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 ☆続リリース方法の確立を願って

 リリース全般についての私の考えは、以前SW誌の方で話したとおり(エッセイ3の【23】リリースと食べること)なので、ここでは確実に生かすための魚の扱い方を考えてみたい。
 先日、インターネット上で魚の低温火傷(?)について話題が上がり、若いルアーマンに魚の扱いに迷いがあることを知った。中には勘違いの意見もあったが、それぞれが心優しいルアーマンであることは疑いようがなかった。
 話題の発端は、どうも私が某A誌96年10月号に書いた「リリース方法…」の一文にあるらしく、それが4年半を経て一人歩きして様々な曲解を生んでいるようだ。責任を感じると共に、そのことを真剣に考える人が増えたことは嬉しくもある。
 甘いと言われようと、私には当時よりは現場での魚の扱い方は改善方向にあるように見える。できることなら、現在も続行中の研究が目標とした成果を得てから発表したかったのだが、5年たってもまだ試行錯誤の状態である。せめて、この間に解った事だけでも参考になればと思う。
   ◇要約
 まず、あの記事を読んだ事のある人はもうベテランと呼ばれる年齢であろう。一応次ぎに要約してみるが、この話題が初めてという方は、できれば先輩に頼むなどして、なんとかあの雑誌のバックナンバーを読んでみて欲しい。(なんと別会社の本を読んでというわけだが、本誌の編集長は太っ腹だから大丈夫だろう)
 5ページ分を要約すると、こうなる。
 ヒラスズキの生態を知るために、仲間や専門研究者と共に、魚の捕獲から始まった。準備に数年かけ、方々で釣った魚を無傷で研究所の水槽に移した。
 ところが、安心したのもつかの間、傷ひとつない魚体に翌日から数日後に、捕獲時に触った手の跡が浮かび上がり、日にちがたつにつれウロコがとれ、血がにじみ、やがて一月もすると皮まで溶けて無惨な状態になってしまった。生態研究以前の問題である。
 また、腹部分を持ったり、押さえたりした魚体は当日元気でも、その後急速に弱る。解剖すると内蔵に出血が見られた。 問題は主に触った手の温度と魚との温度差にあるらしく、春から初夏とはいえほんの一秒程で影響の現れたものもいた。捕獲後しばらくは綺麗なので、当事者も信じたくない結果であった。今までの自分のリリース方法を省みて愕然とした。 そこで、全く触らずに、口の薄皮に大型ストリンガーで穴を開けて捕獲してみるとダメージが少なかった。
 それらの結果を写真数点と共に、生かそうとリリースするなら、各自再考し、方法を確立しなければならない、と書いた。
   ◇反響、その後
 発売日になると、早速、質問と反論が相次いだ。匿名の者からは夜中の2時まで電話が鳴り続いた。
 実は、発表前に、せっかく定着してきたタグアンドリリース活動に、水を差すことになりはしないか心配し、有識者と相談していた。それで行き過ぎのないように内容をヒラスズキに限定し、まだ少ないデータと寄生虫の話は誤解をまねきそうなので伏せた。生々しいカラー写真は白黒にして発表したのだった。
 それでも反論は続いた。ある程度予想はしていた。なにしろ、あの結果に最初にショックを受けたのは、私や関わった仲間なのである。自分たちの今までのリリース方法を否定されたような気がして、魚を大事に扱ってきたと思っていた人ほど認めたがらなかったのである。
 仲間の内の一人は本気で悩んでしまい、何時間もありのままを知ることの大事さを話し合った。
 応援してくれる方々も多かったが、反論は私の筆力不足ということで、できるだけ答えてきた。幾つか例をあげると、 たまたま釣った魚がそうなったからといって、全部がそうなるとは限らない。 自然環境と水槽とは違う。そのまま放していれば生きているかもしれない。
 理由はともかく、とにかく放していればよいのだ。少なくとも生きる可能性はある。
 データが少ない。もっと証拠を見せて。といったものがあった。
 これらの疑問は研究初期に私も感じていたことなので気持ちは解る。もう一度、又聞きではなく、私の書いたものを落ち着いて読んでくれとお願いして、真意を理解してもらった。リリースすることが無駄なんて、けっして言っていないのだ。 また、実際に見てみようと、手伝ってくれた人の中では、優しく取り込んだつもりのヒラスズキが数日後死んでしまい、自分で納得するために、数ヶ月後再び重いクーラーを1㎞も運んで捕獲してきた。触らずに水槽に運ぶことの大変さを知るだけに、この人には頭が下がった。 
 このヒラスズキは捕獲時52㎝1.57㎏で、現在は65㎝3.48㎏になって今も元気に生きている。体型も申し分ない。自然海水を循環させている水槽は完璧に働いている。…
( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=155 |
| リクエスト | 12:35 AM | comments (22) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3730060
今日: 633
昨日: 651
あなたの良き思い出のために