HOME
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。

宇宙論 膨張加速だって
 今年は新作二本を予定しています。いつも、設計を始める前にはヘプタモンドパズル等をして頭の回転具合を確かめてから取り掛かるのですが、どうも調子が悪い。

 そこでこの数年抱えていたモヤっとした問題を片付けることにしました。(釣りとは関係無いです。)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 宇宙モデルで遊ぶ


 

 以前、この宇宙が生まれてから138億年とかいう数字の短さ、何かの負債額のような俗っぽさに違和感があると書いたことがあります。ごく最近までそれは続いていました。
 地球ができたのは46億年前だといいます。これは身近な事だから数値はまだ納得できます。しかし、全宇宙が現在の状態になるまで僅か3倍の時間(46×3=138.偶然ピッタリというのも?)で済むとか、誰も疑わないのが不思議です。物量と領域は地球の1に対してこのページのほとんどを0で埋めるぐらいの気の遠くなる差があるのに、たったの3倍であの大規模構造まで行き着くらしい。
 太陽系の成立すら諸説あってまだ結論が出ないのに・・・

 

 この宇宙は限りなく凝縮した一点で超爆発が起こり、そこから全ての物質が生成されたという所謂ビッグバンモデルは未だに主流の理論です。学力テストで正しいモデルは?と質問があればこれを書かないと○は貰えません。

 宇宙が今尚膨張しているからには時間を遡ればある一点に行き着くはず。それが138億年前の爆発の論拠になりました。星々が地球から遠ざかっているというハッブルの観測結果にも整合するので強固なモデルになったようです。
 

 膨張はやがて物質間の重力が作用して、いづれ止まり、そこから収縮に転じて最後はまた一点に押し潰されるという説もありました。そのまま膨張し続けるという説もあります。
 

 ただ宇宙モデルというのは、実際の観測や計算結果と符合しないと認められませんから、理論に矛盾が生じると新たにパッチ(補助理論)を当てないとならなくなります。

 そしてこのパッチが凄いことになっています。インフレーション、真空エネルギー、マルチバース等々、ビッグバン理論の援護のため本体より賑やかなアイデアが次々と現れました。

 近年(たぶん2011年ノーベル賞)宇宙は膨張しているどころか加速膨張しているとの観測が成されて、ますます混沌としてきました。

 新たな発見は新たな謎を産みます。何で加速できるの?という問い掛けに答えるには、全宇宙にあるべき物質密度は何割も足りず、穴埋めにダークマターなる未知の物質を想定し、また138億年前から膨張し続けるエネルギーも桁違いに足りず、ダークエネルギーというこれまた未知の力の存在を仮定してまで、強引に現象(自然)と一致させようとしています。
 

 これ、理論として破綻しかけているのでは?というのが率直な感想です。爆発による宇宙膨張モデルに拘りすぎるとこの先も苦しい展開が続きそうです。それに加速膨張にダークエネルギーなぞ持ち出したら終いに空間は光速を超えて広がり、全物質が引き裂かれてしまうのでは。

 

 そこで、せめて生きている間はもっと美しい世界に居たいので、自分で考えることにしました。w ここから先は私の宇宙観になります。有りもしない都合のよいエネルギーと物質は排除して 現時点で証明されている観測と実験結果から、分かっているのは

 ○見える宇宙が成立するためにあるべき物質量が全銀河をかき集めても1割に満たず、9割以上は未知なもの。

 ○見える宇宙は膨張している。しかも加速中。

 ○見える宇宙の大規模構造はバブル状。 銀河は膜状に集まろうとし、内側に空虚な空間を形成するのは宇宙において常態であること。

 ○見える宇宙空間には大局での歪みが無い。

 ○全天から宇宙背景放射がある。遠い昔にあった爆発の名残りにしては温度に若干ムラがあるものの極めて均一。 光速を超えた膨張からは光が届かないため、減速したから届いているとか。

 ○銀河系の回転速度は内側と外側でほぼ同じ。ダークマターを想定するか、新たな重力理論がないと説明できない。

 ○真空の中からでも素粒子が生まれる。

 ○重力によって空間は変形する。弱い力だが遠くまで届き、極大の影響を及ぼす。

 もちろんもっと色々とありますが、当面これらだけでもあるイメージが沸いてきます。
 

 まずダークエネルギーとか不明のものを持ち出さなくても加速膨張は有り得ます。見える宇宙の外側に大質量の重力源があればよいのです。それは不完全でも球体の外皮膜のような星々の集合で、見えている宇宙はその中にあるとします。大規模構造の外側にさらに大きい大規模構造がある感じです。 ほぼ9割の物質は見えない外側にあるとしたほうが、無理やり自分たちの見える範囲に押し込めるより、自然。

 つまり得体の知れないエネルギーで膨張加速しているのではなく、反対に外皮の大質量に引っ張られているとするわけです。重力源に近くなるほど引っ張る力は強くなっていきますから、こちらから見ると加速膨張しているように見えます。 時間差で外皮に集合していく物質は、地球から見れば適度な熱を発生するかもしれない。ちょうど宇宙背景放射の微かな熱程に。

 ビッグバンの高熱の名残りであるとされる宇宙背景放射の観測を続ければ熱は下がり続けるはずですが、もしも上がるようなら素晴らしい。

 これなら空間が光速を超えて拡張しなくても良いし、物質が光速を越えられないことを無視しなくて済むので重力源である膜の形成にも都合がいい。

 もうひとつの可能性として、宇宙自体が自転していれば、足りない力を補えるかもしれません。回転と渦は宇宙においてありふれた現象です。大小、原子も銀河系も回転を伴うのに、それらを包むものだけが回転してない、と言い切れるのかしら。


 そして膨張が加速しているのなら、過去の 星々はもっとゆっくり動いていたと考えるのが自然でしょう。ということは宇宙が生まれてからの年齢は138億年より伸びることになります。それもかなり。スピンしているスローバース・・・

 これは美しいモデルだと思います。少なくとも以前の違和感はなくなりました。スッキリ、これで新しいルアーの設計に取り掛かることができそうです。

 

 追記 現在、加速膨張の度合いを全天で観測しているとのこと。数年から遅くとも十年ぐらいで結果がでるそうなので宇宙論の新たな展開があるはずです。楽しみ。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=366 |
| コラム | 01:24 AM | comments (2) | trackback (0) |
冬、河川、トップのアカメ
 浜田様より「思い出の一匹」に投稿いただきました。

 釣れた状況を知ると、多くの方の励みになる一匹になるのでは。
 ありがとうございました。

以下、ほぼ原文のままです。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



・・・略・・・
『冬、河川、トップ、アカメ』という忘れられない思い出が出来たので報告します。










当日はヒラスズキ狙いでの釣行、ここ数ヶ月せっせと通い込んでいるのもあって、この日もこのタイミングでココという自信がある中、表層系のミノーで流れの強弱とブレイクが絡むエリアを入念にチェック…
が、期待をよそに反応がなく、半ば諦め半分で最後はやっぱりトップだと手にとったK2RP122を張らず緩めずのテンションで流れに乗せ漂わせること1投目にドカン!
大きなヒラスズキだと思い懸命に寄せてくると、アカメ!笑
今期は既に数尾のアカメをキャッチしていたが、その中でも特に嬉しい1本となりました。

ご一緒させて頂いた、大先輩の方々、今期は大変お世話になりましたm(__)m







名前、浜田力
地域、高知県
釣果ポイント、高知河川
釣行日、12月上旬
タックル、
ルアー リップルポッパー K-TEN K2RP122
ロッド ufm cps 96ex ti
リール DAIWA セルテート3012
ハンドル studiocomposite RC-SS 60mm

| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=365 |
| 思い出の一匹 | 11:19 PM | comments (0) | trackback (0) |
新年
 あけましておめでとうございます。

 今年、会心の一匹に巡り会えますように。

 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=364 |
| お知らせ | 10:56 PM | comments (1) | trackback (0) |
K2F162 T3 にシーバスバージョン追加
シリーズ最新アイテムのK2F162 T3にシーバスバージョンを追加します。











青物や大物に特化したK2F162ですが、ユーザー様からのご要望でフック、リングを1段階下げ、シーバス定番カラーにして発売します。(中身は同じです。)

総重量が軽くなる分、浮き姿勢はノーマルのお尻下げから、ほぼ水平浮きになります。また、より低速から泳ぎ、動きも大きくなります。

全6色
K2F162T3 for SEABASS
162mm/43g
FLOATING ST56#1 RING#6

12月中旬頃出荷開始予定です。

よろしくお願いします。



















比較用にノーマルの淡水における浮き姿勢も。 純海水ではここまではお尻を下げません。












| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=363 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F162 | 07:21 PM | comments (2) | trackback (0) |
プロモーショントレイル日程
プロモーショントレイルのお知らせです。

時間内は店内か希に喫煙所にいますので、気楽にお声を掛けてください。



「プロモーショントレイル2016 東京」
場所:アングラーズショップmaniac’s(マニアックス)
〒123-0861 東京都足立区加賀1-19-6
TEL:03-6807-1191
日時:2016年11月27日(日)14時~19時



「プロモーショントレイル2016 高知」
場所:フィッシングハヤシ
〒780-8011 高知県高知市梅の辻5-1
TEL:088-831-8888
日時:
2016年12月3日(土) 15:00~20:00
2016年12月4日(日) 14:00~18:00

お会いできることを楽しみにしています。
よろしくお願いします。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=362 |
| イベント等::トレイル | 11:26 PM | comments (4) | trackback (0) |
K2F162 T3 発売予定
 K2Fシリーズ久々のnewアイテム、K2F162 T3 
(45グラム、フック1/0)の発売日がほぼ決まったので、お知らせします。
問題無く制作が進めば、今月20日前後には全国のK2F取扱店様に発送できそうです。









 このルアーのコンセプトは明確です。何十年もルアーシーンを見聞きしてくると、何が進歩し、何がむしろ停滞しているのか見えてくるものがあります。
確かに道具の進歩で巨魚は掛かれば取れる可能性は向上していますが、そこに至るまでのハードルが年々上がり過ぎています。
巨魚に夢を馳せる方が多くなるほどに、そのちょい下のサイズ、つまり大多数の魚をヒットに持ち込めるチャンスが減っているように見えます。

 162はそれを幾分でも和らげようと作りました。それは

 ルアーがポイントに届くのであれば、上ずった魚群には軽さが武器に、ということ。

 

 眼前に待望のナブラが沸いたとき、あるいは小魚が海面に追われているのを見て大物の気配を察したとき、期待を込めてルアーを投入!

 この先が問題です。ヒットに持ち込めれば良いのですが、ルアーの着水後、リトリーブを始めるとにわかに海面が静まり返ったことを経験された方も多いと思います。せっかく万全の準備をし、遠くから駆けつけた磯場や船上でやっと大型青物に近づけたというのに。

 

 何が起きたのでしょう? 余程エサを追うことに狂っている魚群でない限り、不自然な着水音とアクションやラインが海中に入る事で一気に警戒されてしまったのです。

 こうしてせっかくの稀なチャンスを自ら潰していることがあります。 また単独釣行と多人数でする釣りではプレッシャーが違うものです。

 

 これを改善する方法は、一見大物狙いのセオリーから外れるようですが、ルアーは軽く、ラインは細くして、対象と間合いを取ってポイントに投入することになります。

 しかし、狙う魚の上限に合わせたルアーを選ぶとなると、必要な飛距離や強度、アッピール力を求めるので、どうしても飛びそうな重さを持ち、強そうなルアーを選びがちです。アクションもそれに準じて繊細とは言い難いものになります。 流行りのタックルというのもあります。

 

 毎日のようにポイントに日参できる環境にあるルアーマンなら、今日一日一度のチャンスを失っても明日がありますが、サンデーアングラーならそうもいかないと思います。 ルアーマンがお互い助け合うには何ができるか、です。

 

 K2F162の目的は、対大物に必要な要件を満たしながらも、できるだけ軽く、多様で繊細なアクション能力を得ることです。これがポイントに無用なプレッシャーを与えずに少しでもチャンスタイムを延長することに継がるのです。
 たった45グラムのルアーですが、このためにボディの各部位の厚さ、パーツ類の寸法を徹底的に見直し、適正化しました。













カラーリングの予定は

B101 イワシ
B102 イワシ/レッドべりー
B103 コノシロ
B104 マリングリーン
B105 ピンク
B106 カタクチイワシ 
B107 トビウオ
B108 ソウダガツオ
B109 ツナ
B110 クリアHG

MN1 SOKUSEN

になります。よろしくお願いします。

フックとリングは推奨のものがついていますが、スズキ狙いなどではワンランク下げたものが使えます。




なお、ルアーパッケージ内の説明書はシオリとして使えるデザインにしました。できれば長く使ってやってください。



| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=361 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F162 | 09:39 PM | comments (6) | trackback (0) |
K2F162 始動
 今秋、K2Fシリーズに最大サイズの162ミリが誕生します。

 サイズに相応しい能力を発揮すべく鋭意開発中です。







 

 名称はK2F162、T3になる予定ですが、”ある理由”から今まで有りそうで無かったルアーとなります。詳しい内容は発売日近くになりましたら説明させてください。

 

 

 現在、142で青物等の大型魚を狙っている方には多方面で余裕が生まれます。また、キャスティングによる大型魚狙いで弊社ルアーに関わらず様々なルアーをお試しの方々にも朗報となるでしょう。

 

 写真はまだ参考程度のものですが、よろしくお願いします。






























| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=360 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2F162 | 02:22 PM | comments (8) | trackback (0) |
K2F142・T2  ファクトリーモデル追加
 K2F142、T2にヘッドアイ内径を2.7ミリ(ノーマル内径2ミリ)に拡げたファクトリーモデルを追加します。

 

 青物等、大物狙いに使用するとき、ハイパースプリットリングの6番、7番を使いたいとのご要望にお応えしました。







 

 

 巨魚を相手にすると、できるだけ丈夫な接続具を付けたくなりますが、その周辺はファイト中に捻じれやテコの作用が加わるところなので、一部分だけ強化しても総合的には弱くなる場合があります。

 

 このルアーが持つ一体成型レーザーカットワイヤーの安心さと、繊細なアクションを生かすためにも、できればハイパーリングの6番までをお勧めします。

 

 リップ形状はT2、定番カラーのみの発売になります。

初回生産カラー

108 SH・セグロカタクチ

109 S・イワシ

110 SH・イワシ/レッドベリー

111 S・コノシロ

113 S・マリングリーン

以上の5色です。


 よろしくご愛用ください。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=359 |
| K-TEN SECOND GENERATION | 01:53 AM | comments (0) | trackback (0) |
TKLM80 出荷開始
 お待たせしました。新製品TKLM80は、この数日内にご注文を頂いた弊社製品取扱店様に順次出荷を開始します。

 

 TKLM80は小型軽量ルアーらしくない爽快な投入感があり、またテクニックを駆使出来る操作性とチューニングによる可能性に富み、加えて魚を取り込む際の安心感といった、ルアーにとっての根本を重視して作りました。

 

 長くご愛用頂きたく思います。









 

 以下、新発売初回限定カラーとノーマルカラーのご案内になります。

【初回出荷限定カラー3色】
MN-1.MNブラック
MN-2.PHGクリア
MN-3.ステイルフィッシュ

【TKLM80.90.120共通カラーチャート】
101.パール・レッドヘッド
102.SH・レッドヘッド
103.パール・チャート
104.SH・チャート/オレンジベリー
105.SH・ピンク
106.SH・ゴールドレッド
107.SH・イエロー/グリーン
108.パール・レインボー
109.HG・レインボー
110.SH・セグロカタクチ
111.SH・イワシ
112.SH・イワシ/レッドベリー
113.S・コノシロ
114.HGアユ
115.クリアHG・ピンクヘッド














 TKLM80には塗装密着のために物理的な表面処理をしてあります。






 TKLM"8/9.5"に装着のリング「h#2.5」は特注品で現在市販されていないため、直接販売(15個入り)となります。既存の前後サイズのリングでも代用できますが、ご希望の方はお手数ですが、 82円切手4枚(328円分)を同封の上、

〒194-0035 東京都町田市忠生1-29-1 タックルハウス 「h#2.5リング」係宛

にお送り下さい。早急に写真のリングセットをお届けします。














| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=358 |
| K-TEN::TKLM | 02:22 PM | comments (0) | trackback (0) |
TKLM80 について
 今月中旬を発売予定とするTKLM80に関して、幾つかのお問合せがありました。それらについてお答えします。

 

 80のご購入を検討されている方の多くは既に90をお持ちでした。1cmという小型化は、性質上ただでさえ呑み込まれやすいTKLMなのでそれを心配する声も頂いています。

 

 呑まれ易い原因の大半は、リップが無くてリトリーブ中のラインテンションが低く、抵抗が少なく水と一緒にルアーが吸い込まれることにあります。それに対処するため、せめて90並みのテンションに近づけてあります。使用した感覚でいうと、暗闇ではどちらを引いているのか判らないこともあるぐらいです。 

 その場合、困るのがルアー交換時、見た目、シルエットが似ている点です。表面の質感が違うので、二つを並べて比較すれば一目瞭然ですが、実地では別々に使うことからはっきりしないかもしれません。

 

 そこで、暗い中でも一瞬で判別できるようにそれぞれの特徴を示しておきます。

 それは反射光の違いになります。(写真)























 わずかでも光源があれば、ペイントの眼から尾に向かって伸びるラインを反射で光らせて、その光のラインの形で見分けるわけです。  

 90が柔らかな一筋の光の曲線を描くのに比べて、80は尾の近くまで光が一直線に伸び、尾の直前で急に曲がります。(曲がっているのは光だけで、尾が曲がっているわけではありません)

 それと、尾部のアイの付き出し具合もかなり違います。

 これらを参考にすればルアー交換に手間取らないと思います。

 

 

 もうひとつ、新たな特注サイズのスプリットリングを採用するにあたり、その入手方法ですが、検討した結果、当初は切手で相当分の販売をすることになりました。

 お店ではルアーと小物売り場は離れていますし、一つだけを見つけにくいだろうことと、全国で確実に入手できる方法として選びました。詳細については発売日が近づきましたらお知らせしたいと思います。

 

 また、ニューサイズのリングの採用に至ったわけは、ルアーが先鋭化する中、小さいリングのサイズ分けが大雑把と感じたからでした。いずれ専門メーカーさんからの発売も期待してのことです。

 

 以下、通常のリングサイズに代用したときのルアーの水中姿勢を写真にしました。 (市販品は塗装の種類やフックの製品重量差で、微差が出ることが予想されます。その点はご容赦ください。)
















元々チューンドの名のとおり、積極的に換えてみるのもあり、という考えで設計しています。こちらも参考にしていただけたら幸いです。

 

 なお、ノーマルに付いているリングは小さくとも固く強いです。怪我のないようスプリットリングプライヤーをお使いください。







  
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=357 |
| K-TEN::TKLM | 05:27 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑


 
合計: 3731360
今日: 549
昨日: 691
あなたの良き思い出のために