TKW

All posts tagged TKW

現在オフィシャルWEBショップに掲載中の「K-TEN30th記念ポスター」ですが、
来週の2/20 17時にWEBでの受注を締め切りたいと思います。

WEB販売、再生産の予定は未定となっておりますので、よろしくお願い致します。

既にご購入のユーザー様から、「入金案内メールが届かない」「商品の発送はいつですか?」とのお問合せを何件か頂いておりますが、
入金案内メールは、受注締め切りの2/20以降2~3日中にお送りいたします。
入金を確認できた方へのポスターの発送は3/1以降数日中に開始できる予定です。
※ご注文時、備考欄に「サイン希望」と書かれた方は、3月下旬頃の発送予定とさせて頂きます。

ポスター580_841 (1)

ポスター580_841 (1)

「K-TEN30周年記念ポスター」WEBショップでの取り扱いを開始しました。
小売店様経由では既に無料でお配りしていますが、WEBショップでは発送に伴う送料、梱包資材費、最低限の手数料を頂戴します。
よろしくお願いします。

WEBページはこちら

愛知県の金子様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年12月初旬頃
釣行エリア: 愛知県田原市 伊良湖岬エリア
情報提供者: 金子様
ターゲット:磯マル
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKW140 カラー:恋路コノシロ(ヒグチ釣具店オリカラ)
ロッド:G-CRAFT MOSS HOKUSEI LIMITED MLS-1102HS-TR
リール:DAIWA 04CERTATE 3000
ライン:IRGフロロ 10LB(ヒグチ釣具店オリジナル)
リーダー:VARIVAS VEP SHOCK LEADER ナイロン 22lb.
フック:Shout! CURVE POINT TREBLE11 #2
グリップ:BogaGrip 15lb
ザック:サーフ・磯バッグ
ライト:ZEXUS ZX-B340 “STEALTH”

26853584_907066036116219_1697643112_o

26909293_907066046116218_916484260_oのコピー

26854090_907066039449552_1944640253_o

「愛知県の金子と申します。

ここ数年10月初旬〜1月年明けのこの期間において、『伊良湖シーバス』を狙うことがライフワークになりつつあります。

12月上旬に御社のルアーを使い、グッドコンディションの伊良湖シーバスに出会えたので写真をお送りさせて頂きます。

この日は満月の大潮でルアー交換時にライトも要らないほどで、おまけに無風のベタ凪。

そんな状況だったので、あまりレンジも入らない、アクションも大人しめなホロ系のTKW140を選択。

ルアーに内蔵されている『ダブルR-Unit』を特性を活かすために、ロッドを立ててデッドスローで、『漂わす』ことを意識しているとヒットしました。

ルアーを頭から丸呑み、伊良湖シーバスらしい筋肉質ないいサカナでした。」

とのことです。
金子様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKW140製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

ネイビー

グレー

再入荷後も瞬く間に完売してしまった、K-TEN30周年記念Tシャツのネイビーカラー「XL」「L」の2サイズが少量再々入荷しました。

同じく欠品してしまっていたグレーの「XL」も再入荷しました。

タックルハウスWEBショップにてお取り扱い中です。

タックルハウスオフィシャルWEBショップはこちら

こんにちは。
南関東エリア営業担当の古賀です。

先週のことですが、神奈川エリアの沖堤防へフィールド調査に行ってきました。

今回は地元の釣具店「キャスティング 横浜磯子店」のソルトルアー担当 奈良さんにご同行いただき、ガイドを務めて頂きました。

風景3

風景1

風景2

ルアー

当日は強い南風が吹きつけ、大きなうねりと白波が立つ中での実釣となりました。

ご同行頂いた奈良さんには、話題の新製品「スチールミノー31」をメインに使って頂きました。

まず「スチールミノー31」の特徴を簡単に説明し、釣り開始。
一通りキャストを重ねた後、使用感を聞いてみたところ、引き重りの少ない軽快な巻き心地と、見た目からは想像がつかないミノーアクションに驚かれているのが印象的でした。
また、この日は終始、強い向かい風の中でのキャストを強いられましたが、そのタフな状況が金属ボディならではのキャスタビリティの高さを感じて頂くにはうってつけでした。
「ジグの飛距離とミノーの泳ぎ。」ありふれた謳い文句ですが、実釣を通して実感して頂けたようでした。

肝心の釣果ですが、ここ最近東京湾で好調の青物の回遊に当たり「スチールミノー31」の表層巻きでイナダ(ブリ)を複数釣って頂きました。

低速から中速リトリーブが主となるサーフでのフラットフィッシュ狙いだけでなく、早巻きにも対応するアクション性能で、対青物への適応力も感じて頂けたようです。

私は、Tuned K-TEN<TKW140>のタダ巻き→トゥイッチでのスライドアクションで同サイズのイナダ(ブリ)。
この界隈の沖堤防では、ロングミノーのジャーキングでシーバスを狙うスタイルが流行しているとのことで、シーバスのシーズンにも<TKW140>で試してみたいと思いました。

!cid_A65D7097-C066-40E2-B9A9-530B5AAF36B4のコピー

!cid_C50473BF-D90D-4182-B5C5-DF7EBD0BF738のコピー

!cid_7667BAFD-8C7D-407F-8347-4386E58F4ED1のコピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて「スチールミノー31」ですが、初回出荷分は全国の釣具店様で絶賛発売中です。
そして、今月10月中旬には、さらに遠投性能が増す41gモデル「スチールミノー41」が発売されます。
タックルが合えば、31gモデル以上に広範囲を探れるため、フラットフィッシュ、回遊魚、青物との出会いのチャンスは増えるはずです。
ご期待ください。

ご同行頂いた「キャスティング 横浜磯子店」のソルトルアー担当 奈良さん、ご協力ありがとうございました。

「キャスティング 横浜磯子店」ホームページはこちら

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

スチールミノー関連記事はこちら

アクション動画も是非ご覧ください。↓↓