TKRP

All posts tagged TKRP

新潟県の神津様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年8月下旬頃
釣行エリア: 新潟県 河川エリア
情報提供者: 神津様
釣果:シーバス
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN <TKRP “9/12″Swiming Ripple Popper>
ライン: PE2号
リーダー: ナイロン30ポンド

Image180

untitled

「開始早々にBKRP115(旧)で反応があり、フォローでTKRP90をスピードに変化をつけながらトレースしたら一撃でした!」

神津様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

再販のコピー

昨年の夏に発売したTuned K-TEN 3モデルの限定生産カラー、大好評につき今年も再販が決定しました。

8月の中旬頃にかけて順次出荷を開始していく予定です。
少量生産アイテムの為、購入を希望されるユーザー様は、事前に釣具屋さんに客注(取り寄せ)依頼しておく事をお勧めします!

発売後にユーザー様から釣果報告も頂いておりましたので、一部を再掲載します。
image3のコピー

21586414_1294924800635312_970641857_nのコピー

21553213_1294924780635314_818819917_nのコピー

1513256575053-768x1024

2776503_1

お買い逃がしの無いよう、よろしくお願いします。

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

現在オフィシャルWEBショップに掲載中の「K-TEN30th記念ポスター」ですが、
来週の2/20 17時にWEBでの受注を締め切りたいと思います。

WEB販売、再生産の予定は未定となっておりますので、よろしくお願い致します。

既にご購入のユーザー様から、「入金案内メールが届かない」「商品の発送はいつですか?」とのお問合せを何件か頂いておりますが、
入金案内メールは、受注締め切りの2/20以降2~3日中にお送りいたします。
入金を確認できた方へのポスターの発送は3/1以降数日中に開始できる予定です。
※ご注文時、備考欄に「サイン希望」と書かれた方は、3月下旬頃の発送予定とさせて頂きます。

ポスター580_841 (1)

ポスター580_841 (1)

「K-TEN30周年記念ポスター」の入手方法を追加します。(2月1日10時より)

既に釣具店様経由でポスターの配布を始めていますが、近くに釣具店が無い等の理由で入手が困難な方向けに、
WEBショップでの販売を開始します。

販売価格は一枚¥324(税込み)(梱包資材費¥200+手数料¥100含む)
別途、送料全国一律¥305の 計629円頂戴します。

サイズ、縦約81cm×横約58cm
日本郵便 ゆうメールでのお届けになります。

お支払方法は、銀行振込のみになっています。

※専用の梱包資材に入れるため、この商品は他の商品と同時購入出来ません。
よろしくお願いします。

WEBショップはこちらからご覧いただけます。(2月1日10時より)
↓↓
https://www.tacklehouse-fanshop.jp/

ネイビー

グレー

再入荷後も瞬く間に完売してしまった、K-TEN30周年記念Tシャツのネイビーカラー「XL」「L」の2サイズが少量再々入荷しました。

同じく欠品してしまっていたグレーの「XL」も再入荷しました。

タックルハウスWEBショップにてお取り扱い中です。

タックルハウスオフィシャルWEBショップはこちら

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月中旬頃
釣行エリア: 高知県エリア
情報提供者: 上杉 一臣様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKRP “9/12″
Tuned K-TEN TKLM”8/9.5″
Tuned K-TEN TKLM”9/11”
ロッド:パープルヘイズデザイン×ハヤシ カスタムロッド: ICHOS (イクオス)PHC-S830EXプロトモデル
リール:シマノ:ツインパワーXDC3000HG
ライン:モーリス:アバニ シーバスPE スーパーセンシティブLS8 1.5号
リーダー:バリバスショックリーダーVEP25LB
フック:オーナー:ST46-#4

21845407_1169060149905595_1205597734_oのコピー

21875718_1169060156572261_1377304211_oのコピー

21868280_1169060176572259_648850657_oのコピー

21845667_1169060189905591_1147537027_oのコピー

「ヒラスズキのサーフゲームのご報告です(^-^)

台風一過、幸いにも大きな被害もなく、北よりの強風が波を押さえた様子なので、雨後の河川がらみのサーフゲームに出かけました。
ターゲットは、ヒラスズキ。
増水によって押し流されたベイトを求め集まってきた、ヤル気満々の奴を期待しての釣行です。
時折吹く、強い巻き込みの風を受けながら釣りを始めてみると、期待と裏腹にアタリ少なくシビアな状況。
はじめにBKRP-115で表層をチェックするが反応無し。
簡単にはヒットしそうにないので、TKRP-90mmで攻めたところ激しく食って来ました。まずは1匹目をキャッチ!
その後アタリが遠退き、ルアーをTKLM-90mm SA customにチェンジ、レンジを下げてアプローチすると2匹目がヒット!
その後再び反応無し。
ルアーをTKLM-80mmにサイズダウンさせると勢い良くバイト!
3匹目を追加することが出来ました。
この日同行した、釣友のパープルヘイズデザインの近森氏もあの手この手でシビアなヒラスズキをヒットさせていました🎵
いつ見ても美しいヒラスズキ❗
釣れる条件が揃った時にしか出会えない魚だけに、今回の釣行は非常に楽しいものとなりました。」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

更新したばかりの、タックルハウスデザイナー二宮正樹のブログ「K-TEN Lab」でも触れていますが、

K-TEN30周年記念Tシャツの販売をタックルハウスWEBショップにて開始しました。

グレー

ライトブルー

ネイビー

以上の3色になります。
K-TENユーザーの方々、この機会に是非!
タックルハウスオフィシャルWEBショップはこちら

商品出荷情報です。

TK限定

名称未設定 1のコピー2

Tuned K-TENシリーズ、TKLM90,TKLM120,TKRP90の限定カラー5色、
そしてコンタクトシリーズより、ブリットペンシル、フィードポッパー限定アピールカラーの出荷を順次開始しました!

Tuned K-TENシリーズ限定カラーにつきましては、予想を上回る数量のご注文を頂いた為、生産予定数を大幅にオーバーしてしまいました。
既にご注文を頂いていて全数お納め出来なかったものに関しては、9月中旬頃を目標に分納させて頂きますのでご了承ください。

出荷作業の都合上、地域や店舗によって到着が前後する場合がございます。
早いところでは今日から店頭に並ぶお店もあるかと思います。
お急ぎの方は、小売店様への入荷確認後、取り置き依頼などを行ったうえでお買い求め頂くのが確実かもしれません。

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら
Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら
CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら
CONTACT BRITT製品ページはこちら

TK限定

Tuned K-TENシリーズ、TKLM90,TKLM120,TKRP90に久々の限定カラーの登場です!

初夏のリバーシーバスや、高温期に濁りの入りやすい港湾部等で活躍するカラーを厳選しました。
小売店様への納期は7月中旬ごろの予定です。
限定生産につき、購入を希望されるユーザー様は、事前に釣具屋さんに客注(取り寄せ)依頼しておく事をお勧めします!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら
Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

毎月21日発売、 株式会社内外出版様より刊行されている「ルアーマガジンソルト」最新4月号内、
特集記事「春シーバス特集 実績!オレ達の推しルアー100」にタックルハウスのルアーデザイナー二宮正樹が少しルアー紹介をさせていただいています。

最近こういった雑誌記事から遠ざかっていた二宮ですが、独自の視点からのルアー紹介は、初心者の方から、玄人の方まで楽しめる内容ではないかと思います。

ルアマガ2

ルアマガ4月

ルアマガ4月3
上写真は内外出版様HPより

「ルアーマガジンソルト」最新4月号は、全国の書店、釣具店で絶賛発売中です。

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年12月下旬頃
釣行エリア 伊豆方面エリア
情報提供者 伊藤様
タックル
ルアー:
Tuned K-TEN TKLM90
K-TEN BLUEOCEAN BKF115
ロッド:ゼナック・プレジールアンサーPA89テクニカルサーファー
リール:シマノ・ステラC3000HG
ライン:バリバス・プレミアムPE1.2号
リーダー:バリバス・VEPナイロンリーダー20lbs

!cid_DF4A7A0D-F7A4-42C0-B890-049A94F0F4E8のコピー

!cid_99D5C0C8-BF6E-4C4F-AF82-1B82696F7310のコピー

!cid_B5117057-0480-4E75-9DA7-8C037EF93E6Bのコピー

!cid_97ACFA6A-49F7-4B34-A3C1-451D1701434Bのコピー

!cid_A21FC98E-E642-4489-8F15-1EF16EEB4056のコピー

2!cid_D56D1B4E-121A-4905-AE46-50664FB2A86Eのコピー

関東地方の伊藤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「初めまして、普段は埼玉の河川にてシーバスをメインにして釣りをしています。
12月の中旬を過ぎ、埼玉県内もシーズンもオフになったようなので、今年の釣り納めを兼ね、伊豆方面に足を伸ばしてみました。
釣行日は小潮で潮回りは良くないのですが、港湾部をメインに狙ってみました。ベイトフィッシュにイナ・ボラがチラホラと見えていたので、まずはTKLM90をキャスト。
数投で63cmのシーバス(マルスズキ)をゲット。上げ潮でベイトフィッシュについてきたシーバスのようです。幸先の良いスタートを切りました。
その後、ルアーはそのまま対岸のエリアに移動し数投。ピックアップ寸前のTKLMにバコン!と炸裂。1本目より明らかにデカい銀色がジャンプしまくる。ジャンプを抑えて何とかランディングするとヒラスズキでした。メジャーをあてると80cm。今までの実績がマルスズキばかりだったので嬉しい予想外でした。
ヒラスズキ後、また対岸に移動して61cmのシーバス(マル)を追加。上げ潮の釣りを終了です。
休憩をとり、日付も変わり、下げ潮の釣りを開始します。見えるベイトフィッシュは増えましたが、反応はなし。移動しながらキャストを続けます。
ベイトフィッシュが増えたのでルアーをK-TENブルーオーシャンBKF115にチェンジ。
先ほどのヒラスズキのポイントに再びキャスト。
するとそろそろピックアップという距離でドスン!とバイト。
64cmのシーバス(マル)を追加です。
時合開始のノロシか?と意気込みましたが、3発喰わせて1発フックアウトに2発のフッキングミスで終了しました。
結果的にヒラスズキ1本(80cm)、マルスズキ3本(63・61・64cm)。
2016年の釣り納めとしては、またお気に入りのチューンドK-TEN、K-TENブルーオーシャンでのゲットで満足の結果でした。
また、2017年も、これ以上の報告ができると幸いです。」

とのことです。
伊藤様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら
K-TEN BLUEOCEAN製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

kten-_st%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

11009080_421028244725804_290042706_n

欠品していた「K-TEN BLUEOCEAN」ステッカーが再入荷しました。

タックルハウスオフィシャルWEBショップにて取り扱い中です。

縦(サイズ) 30mm
横(サイズ) 300mm
カラー ミラーブルー

タックルハウスオフィシャルWEBショップはこちら

201612p%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e9%ab%98%e7%9f%a5a4%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc1

イベントの告知です。
「プロモーショントレイル2016 高知」

K-TENの生みの親、タックルハウス専属ルアーデザイナー二宮正樹が直接皆様のご質問にお答えします。
グッズの販売もあります。
この機会に是非ご来店ください。

場所:フィッシングハヤシ
〒780-8011
高知県高知市梅の辻5-1
電話:088-831-8888

日時:
2016年12月3日(土) 15:00~20:00
2016年12月4日(日) 14:00~18:00

フィッシングハヤシ様ホームページはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年6月後半頃
釣行エリア 高知県エリア
情報提供者 長野 博光様
タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKRP “9/12”
    K-TEN SECOND GENERATION K2F 142

16.6.21hiratabemono

16.6.21hiratabemono2

16.6.21hira3のコピー

16.6.29hiraのコピー

高知県の長野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「6月〇〇日と△△日,両日とも雨で増水した河川の河口域でヒラスズキを釣りまし
た。
 〇〇日には他に波打ち際でヒットした際、思いきりアワセを入れたところアワセ
切れしました。
大きな波のなかでやっていたので巻き上がった石でラインが傷ついていたようです。
時々こういうポカをやります。
スズキは切れた後も何度も大きなエラ洗いをしていました。
何とか早くルアーが外れることを祈ったことでした。

 △△日のヒラスズキを料理していたら胃が大きくふくらんでいたので中を確かめ
ました。
17センチと12センチのアユを食べていました、それから画像下部の黒い
ものは木の枝です。
アユと一緒に飲み込んだようです。
四月中旬に食べていたアユは4~7センチでしたので、倍近くに成長しています。
年魚とはいえ成長が早いですね。」

とのことです。
長野様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

K-TEN K2F製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

四国エリアの営業担当より、現地での釣果写真と簡単なレポートが届いたのでご紹介します。
↓↓
IMGP2817

DSC_0003のコピー

DSC_0008のコピー

「少し前、四国営業の合間を縫って現地で釣行してきました。
新製品クロナッツにてチヌ狙いで、各地で釣りをしてみましたが、時期が少し早いのと梅雨のために雨の影響が大きく、数回チェイスがあるのみでした。
最終日、あまりの厳しさにガイドをお願いしていたレジスタンスシリーズ・デザイナー築山氏、地元のご友人から、堰下なら雨の増水で餌待ちのシーバスがトップで狙えるかもとのことで、最後にポイント移動。
TKRP90を堰下にキャストすると、予想通り1投目からバイト!! ヒットに至らないものの、2投目でしっかりフッキング。
足場が高いポイントのため、ネットをお借りして無事ランディングできました。
その後、数投するも反応がなく、K2R112にチェンジ。TKRP90では届かない先のポイントに着水。流れに乗せ流し始めるとすぐ、水面直下でヒット!! 浅いポイントのため、通常のミノーでは根掛かりの恐れがありますが、K2R112は、水面直下をトレースでき、トップ気味にも使えるため非常に効果がありました。
K2R112は、まだまだ使い方が難しいとのご意見も伺いますが、これからの時期、河川などでも非常に有効ですので、是非使ってみて下さい。
 チヌ関しては、梅雨明け前後から本格シーズンとのことなので、ぜひリベンジしたいと思っております。
以上、四国営業担当からでした。」
タックル
ロッド・Go-Phish ST-96
リール・ステラC3000S
ライン・VARIVAS Avani SeaBass MAX POWER 1.2号
リーダー・VARIVAS フロロ25lb
ルアー・TKRP90、K2R112

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

K2R112製品ページはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年4月
釣行エリア 四国高知エリア
情報提供者 辻本様
タックル
ルアー
:Tuned K-TEN TKRP”9/12″(リップルポッパー)
:Buffet(バフェット)S43
:CONTACT フィードシャロー128プラス

12404658_1762521317318184_794700371_nのコピー

12919203_1762522370651412_100344393_nのコピー

名称未設定 1のコピー

高知県の辻本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「近所の湾内でスズキ釣れだしました。今年はトップで楽しんでます。
リップルポッパー9センチ!
飛距離抜群で良く釣れます。

次の写真は今年から始めた渓流のアマゴです。バフェットS43は非常に使いやすいルアーです。]

 最後の写真は小学6年生と小学4年生のお孫さんが釣り上げたそうです!!
右側の小学4年生のお孫さんはまだ投げることができないため、奥様が投げて、お孫さんが巻いてきて釣り上げたそうです。
「ヒットルアーはフイードシャロープラス128ピンクとイワシでした。
飛距離も出ますし、スズキ類にはどんな場面でも活躍してくれるルアーです。」

とのことです。
辻本様、釣果情報ありがとうございました!
今後もお孫さんとルアーフィッシングを楽しんでください!

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

Buffet(バフェット)製品ページはこちら

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

ブログ用

名称未設定 1のコピー

イベントで先行販売を行っていた「K-TENステッカー」「SHORES DRY Tシャツ」の販売をタックルハウスオフィシャルWEBショップにて開始しました。

ステッカーはシンプルなK-TENロゴにカラーはシルバー。
ルアーケースなんかにもちょうど良いサイズです。
デザイン部分だけが張り付くカッティングステッカーになります。

SHORES DRY Tシャツはネイビーとグレーの2色。
吸水速乾性に優れたドライTシャツでありながら、まるでコットン素材を使用したかのような心地よい肌触りです。

タックルハウスオフィシャルWEBショップはこちら

Tuned K-TENシリーズの新作「TKW140」発売間もなく!
そこで、これまでに発売してきたTuned K-TENシリーズのルアーたちをご紹介します。
Tuned K-TENのコンセプトは”オンリーワン”
どれも個性あふれるルアーたちです。

2001年発売、記念すべきシリーズ第一弾。
<TKLM”9/11″Lipless Minoow>
TKLM”9/11″は浅場の大型シーバスをターゲットに据え、それを目標に生まれたモデルです。このモデル最大の特徴は、従来のリップレスミノーが高速域で起こしていた特有のスライドアクションを極低速から中速域で起こすようにチューニングした点。連続したソフトトウィッチで、小型ルアーながら、ビッグプラグに負けない強烈、且つ自然なアピール力を発揮します。

無題1

2002年発売<TKR-130M with S.B.L.>
通常のルアーは、スピードを増す毎にその振幅は大きく、泳ぎが激しくなって行きます。しかし、TKR-130Mは、まるで本物の小魚が止まっている状態から泳ぎ出し、そしてスピードに乗って泳ぐ状態を再現するかのごとく、低速域では細かい振幅のウォブンロール、スピードに乗ってくると、無駄な振幅を抑えたウェーブアクションへと変化します。自らの泳ぎ、そして様々な外的な力によりウェイトの回転する、R-unit(PAT.P)が引き起こす、他に類を見ないこの魅惑的なアクションを、お楽しみ下さい。
無題7

2002年発売<TKR-130H Hi-Fi Lipless>
通常、ダートの出来るルアーは、上から見ると横に動いているようですが、実はかなりの深度変化を伴っています。しかしTKR-130Hのダートは深度変化が少なく、極めて自然。上層を意識している疑い深いビックサイズの青物やシイラに抜群の効果を発揮します。また、リップレスミノーとしての機能はもちろん、形態はペンシルベイトでもありますから、それに準じた使い方も効果的です。テクニック重視派のあなたに、ぜひ、未知のルアー体験を。
無題8

2003年発売<TKF-130 Force>
外観で最大の特徴となる超扁平リップは、これまでの「泳ぎ」の役割に加え、飛距離にまで積極的に作用します。リトリーブ時には左右に張り出したリップの両端が常に水の抵抗を受け、全速度域において絶妙なウォブンロールアクションを発揮。低速域では5〜20cm。中速域では最大40〜60cmまで潜行し、ロッド角度による幅広い深度コントロールが可能になります。高速域での深度は5〜20cm。水面から飛び出すことなく、トップガイド目指して突進します。
無題9

2003年発売<TKLM “12/18″>
“9/11″からボディの大型化に伴い、適度なアピール力に調整したモデルが”12/18″。スライドアクションのスライド幅の割合をショートに。そして浮力を下げ、浮き上がり速度を遅くして、一定泳層に長くとどまるように調整。低速から中速域のレスポンス&能力アップとラトル音をマイルドに抑えるモーション&サウンドエフェクトサブシステムを搭載しています。
無題4

2005年発売<TKLM “9/14″SINKING WORKS>
小粒でピリリと辛いTKLM9/11の激辛モデル、それがTKLM”9/14” SINKING WORKS。ぎりぎりまで浮力を抑えた9/11に対し、+3gのウェイトを備えシンキングチューン。そのアドバンテージは、飛距離、操作性、吸い込み抵抗の少なさ、まさにWORKSを語るにふさわしい高性能を発揮します。
無題2

2005年発売<TKRP “9/12″Swiming Ripple Popper>
わずかにヘッド先端を沈める浮き姿勢は水面直下のミノーアクションを重視したため。セルフスイムコントロールと名付けたアクションは、静水時に、海面上でのアクションとミノー状態との比率を1:9に設定。波立つにつれ海面に顔を出す比率を上げ、必要に応じたアピール力を発揮するというもの。ステディリトリーブ時のこの特性を前提に、アングラー側からの操作をプラスすることで、トップで釣れる状況の拡大を狙いました。
無題5

2007年発売<TKRP “9/14″SINKING WORKS>
フィッシュイーターが、水面までベイトを追いつめて捕食するのは、よくあること。その時のベイトは、まさにピックアップ寸前のルアーの動きと同様、「上」を目指して泳ぎます。通常、ミノーに動きを加えると下に潜りますが、TKRPは上を目指します。さらに、このTKRP “9/14” SINKING WORKSは、+3gのウエイトで飛距離を稼ぎ、沖合でも、魅力的な「上」へのアクションを起こします。いわゆるベイトのパニックアクション、この爆発的なパワーを、ぜひ体感してください。
無題6

2012年発売<TKLM “9/12.5″SUSPEND>
吸い込まれやすさのため、発売を見送っていたオリジナル・サスペンドモデル。純正でバーブレスフックを装着してはいますが、改めて、丸呑みにはご注意ください。低速域での繊細な演出は他モデル同様。ストップ&ゴーのようなスピーディーな使い方にも対応します。フローティング、シンキングワークスとの魚の反応の違いをぜひ、お楽しみください。
無題3

そして、2015年のTuned K-TEN 新作TKW140について少しご紹介します。
Tuned K-TEN
Concept = ONLY ONE
TKWのオンリーワン = 生命感
水に漂うものは、大きく分けて2つ。水の動きに同調するものと、しないもの。前者は植物や無生物、そして、いわゆるゴミなど。後者は、魚をはじめとする動物。仮に静止しているように見えたとしても、決して水の動きに同調することはなく、わずかに動きがある。
TKWではこの点に着目し、超低速域リトリーブや流れに漂わせた時にも、水の動きと同調しない生命感のある動きを手に入れた。
※リップに頼らない泳ぎは「K-TENブルーオーシャン」から引き継いだ性質です。以前、開発者の二宮正樹がリップチューンについてユーザー様からの質問に答えています。
新作のTKWにも役立つ内容ですので良ければ以下よりどうぞ↓↓
「質問…リップが無くても」

12002230_876794495730220_3419394039171668267_n

TKWふち無L版のコピー
※ノーマルの状態とリップを取り去った後では泳ぎの質は変わります,予めご了承ください。
全てのルアーに言えますが、同じルアーでも、使う場所、タックル、釣り人の使い方によって泳層や挙動は僅かに違います、リップチューンを行う際は、少しずつ現場で調整することをお勧めします。
TKWふち無L版のコピー2