TKR

All posts tagged TKR

大分県のKxSx910様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年11月上旬頃
釣行エリア: 大分県エリア 大河川上流域
情報提供者: KxSx910様
釣果:シーバス
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN<TKR-130H Hi-Fi Lipless>
ロッド :ダイワ モアザンブランジーノアーバンサイドカスタム77ML シルバーテラス
リール :シマノ10ステラ3000HG
ライン:TORAY シーバスPE 1号
リーダー:morethan エクストリーム ナイロン 20lb

AF9112C8-5F3F-4AA1-A8C7-C470BA677A47

3C80092E-EDEB-40F3-809F-C9C09753B1C8

CFBB6B0E-7533-4FFB-8AF6-095B38DA72FD

「いつもk-tenシリーズが好きで使わせて頂いています。
先日TKR130で落ち鮎パターンにてランカーシーバスが釣れたので報告してみました!
魚とルアーがいい感じに撮れたので一応写真送らせて頂きました。
これからも良いルアー期待しています^ ^

ルアー使用方法
僕は主にただ巻きで時折トゥイッチを混ぜる使い方をさせていただいてます。

心がけた点、アプローチについては、
堰から落ちて流されてくる鮎をイメージして、流れの上にキャストして流してドリフトさせてます。

ルアーにつきましては、どれも素晴らしいと思います!
特にTKLM90はどの場所でも素晴らしい釣果叩き出してくれます^ ^」

KxSx910様様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の玉井様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年7月初旬頃
釣行エリア: 沖縄県 鳩間島リーフエッジエリア
情報提供者: 玉井敬浩様
ターゲット:アカナーバ(バラフエダイ)
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.SINKING SLIDER<シンキングスライダー>
ロッド:ONE OCEAN 7ft
リール:13ステラSW 6000HG
ライン:ウルトラキャストマンBS 2号
リーダー:サンラインフロロ40lb

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「八重山諸島へ短期遠征行ってきました。

いつもはTKR130Hで表層をストロングに攻めるのですが、

今回は喰いが浅くフッキングまで持ち込めない状況でした。

SINKING SLIDERへルアーチェンジ、10秒カウントダウンを入れ軽くトゥイッチで誘うと

強烈なバイト。根に突っ込むスピードが半端ない8lbのバラフエダイをキャッチ。

様々な泳層で誘うことができるSINKING SLIDER。

遠征には欠かせないルアーになりました。」

玉井様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.SINKING SLIDER、スイム動画、製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の安定のボウズ様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア 紀中の地磯
情報提供者: 安定のボウズ様
ターゲット:青物
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN <TKR-130H Hi-Fi Lipless>
ロッド:がまかつ LUXXEチータRR110MH
リール:ツインパワー5000HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ30.5ポンド
フック:がまかつSP-MH#3

IMG_6606

「平日休みが取れたのでヒラスズキを狙いに行ったのですが、
天気予報通りのベタ凪で青物狙いに変更しました。

到着した地磯にはベイトが多かったので、朝からブリットペンシル170を投げるも無反応。

そこでK2F142に変えると青物がチェイスするもヒットせず・・・。

さらにTKR130Hに変えて5投目、フルキャストからの中速リトリーブ中に74cmのメジロがヒットしました。

シーバスタックルには十分な引きで、苦戦しながらなんとか取り込めました。

サラシがあれば他のルアーでもヒットしたのでしょうが、ベタ凪ではルアーの泳ぎ方に対する違和感に敏感だったのかと思います。

いまいち使い方の分からないルアーでしたが、これからは常に持っていこうと思います。」

とのことです。
安定のボウズ様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

まもなく発売開始「スチールミノー18g」
今回の釣果報告は31gモデルですが、18gモデルの登場でシーバスゲームの可能性が更に広がります。

↓↓
大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県 紀ノ川エリア
情報提供者: 吉田裕彦様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー31g>
Tuned K-TEN TKR130H Hi-Fi Lipless

B6572A02-E5F9-44C7-BF97-B9C29C68D0B8

1FC0EB26-D998-440F-801D-D6121E7D3776

92F770D3-A9A9-4EFE-8682-0D2150D0DC2D

66D4DADA-8020-4FFB-B5F9-76BFC2463659

4F2CFC94-374C-496F-A651-AE946E1F9062

「この季節、まとまった雨が降り河川に適度な濁りが入ればワクワクしますね!
そう、僕の大好きなスズキがデイゲームで狙いやすくなります(^。^)!
このポイントは遠浅で川の流れの筋が遠くにあるので飛距離の出るルアーが有利なことが多いです^_^!
そこで僕が選んだルアーはスチールミノー31!フルキャストしてロッドを立てて、あまり潜らせないように流れの筋を横切るようにリトリーブします。そして…
流れの筋からルアーが出たところで「ガッシーン!!」とヒット!

シャローエリアを広く探るのにスチールミノーはとても効率がいいですね!!」

とのことです。
吉田様、釣果情報ありがとうございました!

スチールミノー18gの発売は間も無くです。
ご期待ください。
アップのコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

愛媛県の阿部様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月~2018年2月頃
釣行エリア: 愛媛県エリア
情報提供者: 阿部忠志様
ターゲット:磯マルスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN BLUEOCEAN BKF BKLM
K-TEN SECOND GENERATION K2F
Tuned K-TEN <TKR-130H Hi-Fi Lipless>等

ロッド:11ft ヒラスズキ用
リール:3000番〜3500番
ライン:PE 1.5〜2号
リーダー:フロロ35lb

27711114_364132797395742_2007893646_o

27746759_364132764062412_229611412_o

27711611_364132794062409_543217491_o

27711472_364132757395746_652345363_o

27661769_364132744062414_1539980444_n

27744464_364132767395745_958445535_o

27711208_364132814062407_1561745601_o

「愛媛県今治市の阿部です。
毎年 11月〜2月頃までは 磯マルをメインターゲットにしているのですが… 今シーズンも沢山のナイスフィッシュ! と出逢うことが出来ました。
これも偏にタックルハウス様のお陰! と感謝しております。m(_ _)m
BKF K2F BKLM TKR等 磯マルには抜群の威力を発揮してくれますね^_^
ほんの一部ではありますが(笑) 釣果写真を送らせて頂きます。」

とのことです。
阿部様、釣果情報ありがとうございました!

K-TENシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

更新したばかりの、タックルハウスデザイナー二宮正樹のブログ「K-TEN Lab」でも触れていますが、

K-TEN30周年記念Tシャツの販売をタックルハウスWEBショップにて開始しました。

グレー

ライトブルー

ネイビー

以上の3色になります。
K-TENユーザーの方々、この機会に是非!
タックルハウスオフィシャルWEBショップはこちら

熊本県の黒田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月上旬頃
釣行エリア: 熊本県 天草エリア
情報提供者: 黒田 武様
使用タックル
ルアー:
Tuned K-TEN TKR-130H Hi-Fi Lipless
CONTACT FEED.SHALLOW<フィードシャロー128プラス>(SPMH#4装着)
ロッド:ヤマガブランクス100M
リール:3000(D社)
ライン:PE30lb
リーダー:フロロ30lb

!cid_15c82a0bd6f3baa5f312のコピー

!cid_15c82a0dc21d7644b303のコピー

!cid_15c82a3344e8c5ffc2c5のコピー

!cid_15c82a184b81f5bce2a4のコピー

「こんにちは。

熊本の黒田です。

今回初めてTKR130で魚が釣れたので嬉しくて投稿させて頂きます。

天草は梅雨入りと同時に久々の時化となり、土砂降りを覚悟してヒラスズキ釣行へと参りました。

前回はヒラフィードで良い思いができたので、今回はフィードシャロープラスに色を塗ってみて投げていました。

当日は朝から潮位が高いせいかサラシも薄く渋い状況でしたが潮が引くにつれてバイトも多くなっていきました。

やっとでフィードシャローでショートバイトを得るものの乗らす、その後続けて2投しましたが反応が無く、TKR130に変えると一撃でした。

見た目によらず荒れてても水噛みが良く、突風が吹かない限りはすぐに頭が入り水面下で良い泳ぎをしていました。

あと極端に早巻きしても飛び出さないしびっくりするぐらい安定していました。

その後も自分で塗ったフィードシャロープラスでも良型をキャッチする事が出来て、土砂降りの中でしたが満足いく釣行となりました。

全く使い方の分からないままだったTKR130が少しずつ頼りになる武器になろうとしています。

平行姿勢が効いたのかもしれませんが

Rユニットの魅力に惹かれ、次はTKWで挑戦したいと思います。」

とのことです。
黒田様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら
CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

落ちアユカラー

秋の落ちアユパターンで人気の3モデルに、落ちアユ、サビアユカラーの登場です!

今回は完全受注生産となります。

受注締め切りは、7/20とさせて頂きます。

限定生産につき、購入を希望されるユーザー様は、7/20までに釣具屋さんに客注(取り寄せ)依頼をお願いします。

K-TEN BLUEOCEAN リップルポッパー製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKW140製品ページはこちら

kten-_st%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

11009080_421028244725804_290042706_n

欠品していた「K-TEN BLUEOCEAN」ステッカーが再入荷しました。

タックルハウスオフィシャルWEBショップにて取り扱い中です。

縦(サイズ) 30mm
横(サイズ) 300mm
カラー ミラーブルー

タックルハウスオフィシャルWEBショップはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年11月中旬頃
釣行エリア 大分市内河口域エリア
情報提供者 :塩月和樹様
タックル
ルアー:TKR-130H Hi-Fi Lipless
ロッド:turara グリッサンド90
リール:DAIWA セルテート2508PE
ライン:(DUEL)
リーダー:DAIWA 船ハリス フロロ 4号

15302557_1142754415838558_1863894126_o%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

大分県の塩月様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「水温もまだまだ高くベタ凪でタフコンディションの中でTKRをチョイス。
水面直下を意識してトゥイッチングを軽く2回後「ガバッ!」少し痩せ気味でしたがグッドコンディションな84cmを釣らせていただいたTKRにただただ感謝。

です😅
ちなみにタックルボックスにはTKRかk2Rしか入っていなくてヘビロテで使用させていただいてます✊今後ともよろしくお願いします。」

とのことです。
塩月様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

201612p%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e9%ab%98%e7%9f%a5a4%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc1

イベントの告知です。
「プロモーショントレイル2016 高知」

K-TENの生みの親、タックルハウス専属ルアーデザイナー二宮正樹が直接皆様のご質問にお答えします。
グッズの販売もあります。
この機会に是非ご来店ください。

場所:フィッシングハヤシ
〒780-8011
高知県高知市梅の辻5-1
電話:088-831-8888

日時:
2016年12月3日(土) 15:00~20:00
2016年12月4日(日) 14:00~18:00

フィッシングハヤシ様ホームページはこちら

201510p%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91-pdf

イベントの告知です。
「プロモーショントレイル2016 東京」
東京都内では久々の開催となります。
今回はタックルハウス専属ルアーデザイナー二宮正樹と大阪よりタックルハウスエリアプロモーションスタッフでGoPhish代表の武田栄氏も来店。
簡単なトークショーも予定していますが、基本的にはご来店頂いたユーザー様へのフリー接客がメインのカジュアルなイベントで、二人が直接様々なご質問にお答えします。
関東近郊のタックルハウス、K-TEN,GoPhishファンの皆様、この機会に是非ご来店ください。

場所:アングラーズショップmaniac’s(マニアックス)
〒123-0861 東京都足立区加賀1-19-6
TEL03-6807-1191
日時:2016年11月27日(日)14時~19時

アングラーズショップmaniac’s様ホームページはこちら

IMG_9698のコピー

Tuned K-TEN TKR130H新色のシーバスカラーの出荷を順次開始しました。

「通常、ダートの出来るルアーは、上から見ると横に動いているようですが、実はかなりの深度変化を伴っています。しかしTKR-130Hのダートは深度変化が少なく、極めて自然。上層を意識している疑い深いビックサイズの青物やシイラに抜群の効果を発揮します。また、青物や磯スズキの他に、リバーシーバスでも使い易いという報告が増えてきました。特に浅い急流域のあるダウンストリームで引くには最適ということです。(元々純海水設定なので、フック、リングを一番手、下げて比重を淡水に合わせると更に有効です。)

また、リップレスミノーとしての機能はもちろん、形態はペンシルベイトでもありますから、それに準じた使い方も効果的です。テクニック重視派のあなたに、ぜひ、未知のルアー体験を。」

名称未設定 2のコピー

週末頃にはご注文いただいている各小売店様の店頭に並ぶと思います。
よろしくお願いします。

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

今月の中旬にシーバスカラーの発売が決まったTuned K-TEN TKR130Hの構造解説動画です。

現状ラインナップしているカラーチャートにはクリア系がないため、ボディ内を見ることができませんが、初代R-Unitを搭載したTKR130Hはなかなか凝った作りをしています。

TKR130Hのシーバスカラーの発売は今月8月中旬頃となっています。

この秋、大型のリバーシーバスを狙っているアングラーの皆様、是非お試しください。

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

シーバスカラーのコピー2

今月の新製品情報です。
Tuned K-TEN TKR130Hにシーバスカラーを発売します。

発売から14年、今なお各地のエキスパートアングラーの皆様からご支持を頂く、初代R-Unit搭載ルアーです。

TKR130Hの定番色には、どちらかというと青物、磯スズキに寄せたカラーラインナップを展開しているのですが、リバーシーバスでも使い易いという報告が増えてきました。
特に浅い急流域のあるダウンストリームで引くには最適ということです。
増水時の河川や、大河川での下げ潮のタイミングなど、通常のミノーでは歯が立たないような状況でも、ボディ全体で程よく水を掴み、水面直下を軽快に泳ぎます。
ボリュームのあるボディサイズは、アピール力も抜群です。
ご存知の方もいるかもしれませんが、K-TEN SECOND GENERATION シリーズ「K2R112」はTKR130Hを小型化した弟分です。

TKR130H(リップ付きのTKR130M)はタックルハウスのルアーで初めてR-Unitを搭載したルアーになります。
初代R-Unitは、おむすび型をしたウェイトの上部に軸を通した回転型のウェイトシステムで、TKR130Hに水面とほぼ平行にスライドダートをする性質を与えています。
深度変化の少ないダートアクションは、疑い深い大型のシイラや青物に効果的な他、シャローエリアでも積極的にロッドアクションを加えることができます。
(ユニークなアクションを創造するR-Unitは、TKR130H(TKR130M)の発売以降、ウェイトボールを用いた簡易型R-Unitとして、
K-TEN SECOND GENERATIONシリーズや、コンタクトブリット、フィードポッパーなどのプラグに受け継がれていきます。)

Tuned K-TEN TKR130H シーバスカラーの発売は、今月2016年8月中旬頃となっております。
ぜひ、夏から秋のリバーシーバス攻略に使ってみてください。

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

ブログ用

名称未設定 1のコピー

イベントで先行販売を行っていた「K-TENステッカー」「SHORES DRY Tシャツ」の販売をタックルハウスオフィシャルWEBショップにて開始しました。

ステッカーはシンプルなK-TENロゴにカラーはシルバー。
ルアーケースなんかにもちょうど良いサイズです。
デザイン部分だけが張り付くカッティングステッカーになります。

SHORES DRY Tシャツはネイビーとグレーの2色。
吸水速乾性に優れたドライTシャツでありながら、まるでコットン素材を使用したかのような心地よい肌触りです。

タックルハウスオフィシャルWEBショップはこちら

Tuned K-TENシリーズの新作「TKW140」発売間もなく!
そこで、これまでに発売してきたTuned K-TENシリーズのルアーたちをご紹介します。
Tuned K-TENのコンセプトは”オンリーワン”
どれも個性あふれるルアーたちです。

2001年発売、記念すべきシリーズ第一弾。
<TKLM”9/11″Lipless Minoow>
TKLM”9/11″は浅場の大型シーバスをターゲットに据え、それを目標に生まれたモデルです。このモデル最大の特徴は、従来のリップレスミノーが高速域で起こしていた特有のスライドアクションを極低速から中速域で起こすようにチューニングした点。連続したソフトトウィッチで、小型ルアーながら、ビッグプラグに負けない強烈、且つ自然なアピール力を発揮します。

無題1

2002年発売<TKR-130M with S.B.L.>
通常のルアーは、スピードを増す毎にその振幅は大きく、泳ぎが激しくなって行きます。しかし、TKR-130Mは、まるで本物の小魚が止まっている状態から泳ぎ出し、そしてスピードに乗って泳ぐ状態を再現するかのごとく、低速域では細かい振幅のウォブンロール、スピードに乗ってくると、無駄な振幅を抑えたウェーブアクションへと変化します。自らの泳ぎ、そして様々な外的な力によりウェイトの回転する、R-unit(PAT.P)が引き起こす、他に類を見ないこの魅惑的なアクションを、お楽しみ下さい。
無題7

2002年発売<TKR-130H Hi-Fi Lipless>
通常、ダートの出来るルアーは、上から見ると横に動いているようですが、実はかなりの深度変化を伴っています。しかしTKR-130Hのダートは深度変化が少なく、極めて自然。上層を意識している疑い深いビックサイズの青物やシイラに抜群の効果を発揮します。また、リップレスミノーとしての機能はもちろん、形態はペンシルベイトでもありますから、それに準じた使い方も効果的です。テクニック重視派のあなたに、ぜひ、未知のルアー体験を。
無題8

2003年発売<TKF-130 Force>
外観で最大の特徴となる超扁平リップは、これまでの「泳ぎ」の役割に加え、飛距離にまで積極的に作用します。リトリーブ時には左右に張り出したリップの両端が常に水の抵抗を受け、全速度域において絶妙なウォブンロールアクションを発揮。低速域では5〜20cm。中速域では最大40〜60cmまで潜行し、ロッド角度による幅広い深度コントロールが可能になります。高速域での深度は5〜20cm。水面から飛び出すことなく、トップガイド目指して突進します。
無題9

2003年発売<TKLM “12/18″>
“9/11″からボディの大型化に伴い、適度なアピール力に調整したモデルが”12/18″。スライドアクションのスライド幅の割合をショートに。そして浮力を下げ、浮き上がり速度を遅くして、一定泳層に長くとどまるように調整。低速から中速域のレスポンス&能力アップとラトル音をマイルドに抑えるモーション&サウンドエフェクトサブシステムを搭載しています。
無題4

2005年発売<TKLM “9/14″SINKING WORKS>
小粒でピリリと辛いTKLM9/11の激辛モデル、それがTKLM”9/14” SINKING WORKS。ぎりぎりまで浮力を抑えた9/11に対し、+3gのウェイトを備えシンキングチューン。そのアドバンテージは、飛距離、操作性、吸い込み抵抗の少なさ、まさにWORKSを語るにふさわしい高性能を発揮します。
無題2

2005年発売<TKRP “9/12″Swiming Ripple Popper>
わずかにヘッド先端を沈める浮き姿勢は水面直下のミノーアクションを重視したため。セルフスイムコントロールと名付けたアクションは、静水時に、海面上でのアクションとミノー状態との比率を1:9に設定。波立つにつれ海面に顔を出す比率を上げ、必要に応じたアピール力を発揮するというもの。ステディリトリーブ時のこの特性を前提に、アングラー側からの操作をプラスすることで、トップで釣れる状況の拡大を狙いました。
無題5

2007年発売<TKRP “9/14″SINKING WORKS>
フィッシュイーターが、水面までベイトを追いつめて捕食するのは、よくあること。その時のベイトは、まさにピックアップ寸前のルアーの動きと同様、「上」を目指して泳ぎます。通常、ミノーに動きを加えると下に潜りますが、TKRPは上を目指します。さらに、このTKRP “9/14” SINKING WORKSは、+3gのウエイトで飛距離を稼ぎ、沖合でも、魅力的な「上」へのアクションを起こします。いわゆるベイトのパニックアクション、この爆発的なパワーを、ぜひ体感してください。
無題6

2012年発売<TKLM “9/12.5″SUSPEND>
吸い込まれやすさのため、発売を見送っていたオリジナル・サスペンドモデル。純正でバーブレスフックを装着してはいますが、改めて、丸呑みにはご注意ください。低速域での繊細な演出は他モデル同様。ストップ&ゴーのようなスピーディーな使い方にも対応します。フローティング、シンキングワークスとの魚の反応の違いをぜひ、お楽しみください。
無題3

そして、2015年のTuned K-TEN 新作TKW140について少しご紹介します。
Tuned K-TEN
Concept = ONLY ONE
TKWのオンリーワン = 生命感
水に漂うものは、大きく分けて2つ。水の動きに同調するものと、しないもの。前者は植物や無生物、そして、いわゆるゴミなど。後者は、魚をはじめとする動物。仮に静止しているように見えたとしても、決して水の動きに同調することはなく、わずかに動きがある。
TKWではこの点に着目し、超低速域リトリーブや流れに漂わせた時にも、水の動きと同調しない生命感のある動きを手に入れた。
※リップに頼らない泳ぎは「K-TENブルーオーシャン」から引き継いだ性質です。以前、開発者の二宮正樹がリップチューンについてユーザー様からの質問に答えています。
新作のTKWにも役立つ内容ですので良ければ以下よりどうぞ↓↓
「質問…リップが無くても」

12002230_876794495730220_3419394039171668267_n

TKWふち無L版のコピー
※ノーマルの状態とリップを取り去った後では泳ぎの質は変わります,予めご了承ください。
全てのルアーに言えますが、同じルアーでも、使う場所、タックル、釣り人の使い方によって泳層や挙動は僅かに違います、リップチューンを行う際は、少しずつ現場で調整することをお勧めします。
TKWふち無L版のコピー2

夏の風物詩シイラゲームが各地で盛り上がり始めているようです。
最近フェイスブックで投稿をシェアさせて頂いてましたが、関西方面ではショアから。
タックルハウス社屋に近い相模湾でも、オフショアゲームは既に絶好調のようです。
南紀の中瀬さん、大阪の吉田さん、神奈川の小町さん、写真ありがとうございます!
11652065_485034604991834_2029182293_n
11180320_1655667351362853_75996582466602870_n11651319_687950981336137_941779044_n
そこでシイラゲームにおススメしたい、タックルハウスのルアーを5つご紹介します。(順不同)
ポップ用L版のコピー
NO.1 K-TEN BLUEOCEAN リップレスミノーBKLM140
高速域でのトゥイッチからのスライドダートアクションでシイラを魅了。

No.2 K-TEN BLUEOCEAN リップルポッパーBKRP140R3
トップとサブサーフェイスを自由自在に。

No.3 Tuned K-TEN TKR-130H Hi-Fi Lipless
深度変化の少ないパラレルダートで、上層を意識している疑い深いビックサイズシイラに抜群の効果。

No.4 CONTACT BRITT CBP120
シイラをスレさせないR-UNITが生み出す生命感。

No.5 CONTACT BEZEL.36&48
トゥイッチでスライドもこなすハイスペックジグミノー。

フィードポッパー等も人気ですがあえて外し、最近ルアーを始めた方には馴染みの薄いであろう、シイラに効果抜群のNo.1や少しマニアックなNo.3など
5つ選んでみました。
勿論すべてレーザーカット貫通ワイヤーを備えて強度も抜群です。
特にオフショアでは、ここ数年のマグロ人気に押されて下火になっている感もあるシイラゲームですが、
仲間とワイワイ楽しめる絶好のターゲットですので、ぜひおススメしたいと思います!

西表島のフィッシングガイドショップ”マリンボックス”さんのパラオツアーでの釣果写真を頂きましたのでご紹介します。

10378136_869924213054477_8874581445659794323_nのコピー

11039091_869924003054498_335014021035111773_nのコピー

14621_869924103054488_7147771153084937018_nのコピー

11041809_869924336387798_7424109359000474419_nのコピー

11044569_869923683054530_430715307137932752_nのコピー

11049616_869924529721112_9085582118019174696_nのコピー

CONTACT BRITT製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら

Shibuki製品ページはこちら

ユーザーの方より、CONTACT BRITT.で、マーリンの釣果報告をいただきました。公開の許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます。


-釣行報告- Y.ISONO

2013年7月3日外房にてキャスティングゲームに行ってきました。
その一週間前から地元漁師さんの情報で、沖に5~6kgクラスのホンメジやキメジ、カジキの新芽がいるとの情報をもらっていました。そこでメインは、カツオ、シイラ狙いで、もしかしたらとメジやカジキをと計画をしておりました。

午前4時出港。メンバーは、友人二人といつもお世話になっている釣竿工房月さんの4名です。

Continue Reading