K2F

All posts tagged K2F

新潟県の神津様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年1月初旬頃
釣行エリア: 新潟市沿岸エリア
情報提供者: 神津様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F122MS カラー#SH・チャート/オレンジベリー
フック: ST-X45ZN#3

untitled

「産卵絡みのセレクティブな状況・強風でしたが、K2F122MSの優れたキャスタビリティとMSレンジが上手くハマリ、
貴重なバイトを出せました。
これからもK2F、TKLMをメインにスズキ釣りを楽しみたいです。」

とのことです。
神津様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大分県の釣具のイヴ春日店の園田様より、お客様からの釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年12月下旬頃
釣行エリア: 長崎県平戸市 沖磯エリア
情報提供者: 園田様 
釣行者:利田様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F142 T:1
ロッド:モアザンブルーバッカー107MH
リール:セルテート3012H
ライン:PE2号
リーダー:フロロカーボン32ポンド

26176222_1952309208378596_521063009_n

26179158_1952309211711929_11040934_o

「最近釣果に伸び悩んでおり、このままじゃ年が越せないので何か得意な釣りで最後を締めくくりたくヒラスズキに行ってきました!

この時期は北西風が強く吹くので、それに乗じて長崎の平戸市の沖磯にポイントを決めました!

当日は寒波の影響で風速15~19メートルという爆風で風表には立てず、風裏のサラシを丁寧に叩いていくという釣りを強いられました。

それでも開始早々、朝まずめの時間で難なくヒラスズキをキャッチ!

平戸の魚影はやはり濃いな!と思ってましたが後が続かず残念ながら1匹で終わり!

しかしアウェイのポイントで1匹出せたのはすごく嬉しく、また風が落ち着いたときに行きたい!と思いました!

でも1人で長崎まではちとキツイので次は誰かと行くとして

単独弾丸大遠征(TDD)は今回限りにしたいです!笑」

とのことです。
園田様、利田様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

徳島県の森本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年12月下旬頃
釣行エリア: 徳島県桑野川エリア
情報提供者: 森本 健太郎様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:K2F162T3 リップカットチューン カラー#SOKUSEN(初回生産限定)
ロッド:TULALA glissand90
リール :バンキッシュSW4000XG
ライン :SUNLINE PE JIGGER ULT4 35lb
リーダー :SUNLINE SYSTEM SHOCK FC 30lb
フック:ガマカツRBH#3#2
ベスト:RBBウェーデングベスト
グリップ:som OG2510

26142362_2029415550639215_1152296959_o

26178145_2029415553972548_2009445212_o

「今年最後に1本だけ!
欲を言わないので1本釣りたいっ!!!
そんな時に、タックルボックスを開けると僕と目を合わしてくるヤツ…
K2F162T3(リップカットチューン)SOKUSEN
今日はこいつだと思い迷わずこれ1本だけ持ってエントリーしました。
干潮上げ始め極寒爆風リバーウェーディング。
僕の最も得意で好きなシャローリバー。
今年最後の1本を獲りに行くならここと決めていました。
水深1M以内が永遠と続き少しワンドがあり川の真ん中には瀬が入り込み、その瀬から遥か沖のブレイクをコンコンと撃って行く。
震える体に鞭を打ちフルキャスト!!!
削り込んだリップがこのシャローリバーによく馴染む。
このリップだとデッドスローで流していても少しの変化を教えてくれる。

スー….コッ…コッ

コンコン….ゴッ…

そろそろブレイクから登り切る…

ゴリゴリ…ゴッ…

ゴンッ!!!

よっし!!!フッキングは完璧。後はゆっくり慎重にファイト。ゆっくり瀬にずり上げました。
今年の〆の1本!!!
頂きました!!!
サイズ関係無しにこれだけシビれるとは、思いませんでした。
今年一年間、本当にタックルハウスさんにはお世話になりました。来年度もよろしくお願いします!」

とのことです。
森本様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

ポスター580_841 (1)

2017年も残り僅かとなりましたが、今年、2017年はKーTENシリーズ発売30周年の年でした。

そこで、1987年発売のファーストモデルから今年の最新作「TKP135 TT」までを発売年ごとに並べた「K-TEN30周年記念ポスター」を作成しました。
(A1サイズ 594mm×841mm程)

販売目的というわけではなく、これまで支えてくださったファンの方々や、小売店様への感謝の気持ちを込めてお配りしたいと思っています。

K-TENを取り扱っている小売店様へは、タックルハウススタッフが営業でお邪魔した際に数枚ずつですが、直接配布を始めています。
数に限りがあるのと、送付方法の問題等から、基本的には手配りでお渡しすることになると思いますので、残念ですが、全てのお店への配布は困難かと思われます。
是非欲しいという小売店様は、担当の営業スタッフにご連絡ください。
すぐに届けることは出来ないかもしれませんが、何かしらの方法を考え、出来る限り対応いたします。

ユーザーの方々への配布も、基本的には小売店様を経由してお渡しできればと考えています。
最寄りのK-TEN、もしくはタックルハウス製品を取り扱っている小売店様へ、取り寄せてほしい旨お伝えください。
こちらも時間が掛かるもしれませんが、出来る限り対応させて頂きます。

数に限りがありますので、お一人様一枚程度でお願い致します。

お近くにタックルハウス製品を取り扱うお店が無い等、どうしても上記の方法で入手が困難な方への対応は追ってお知らせします。

岩手県の畠山様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月上旬頃
釣行エリア: 秋田県男鹿半島エリア
情報提供者: 畠山 忍様
ターゲット:磯鱸
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F142 T1&T2
ロッド: FCLLABO UC11ft 2S
リール:ツインパワーSW5000XG
ライン:ヨツアミ G-soul x8 アップグレード2号
リーダー:サンヨーナノダックスショックリーダー8号

23998192_2206453852914965_222253359_o

23998495_2206453879581629_1517115769_o

23998192_2206453929581624_62139165_o

23998245_2206453966248287_832459012_o

「アプローチ方法:サラシの中に馴染ませるパターンまた、スリットや磯際での軽めのトゥイッチをするパターン。
サラシの少し沖から引き、サラシの中で止めRユニットの揺らぎで食わせるパターンに反応が良好でした。」

とのことです。
畠山様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら