K-TEN SECOND GENERATION

All posts tagged K-TEN SECOND GENERATION

宮城県の渡辺様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年7月下旬頃
釣行エリア: 宮城県サーフエリア
情報提供者: 渡辺卓野様
ターゲット:ヒラメ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION <K2F 142 T:2>
ロッド:ヤマガブランクス アーリープラス96M
リール:13セルテート2500
ライン:pe0.8
リーダー:フロロ16

IMG_2396のコピー

IMG_2397のコピー

「そこそこ荒れ気味の中、K2F142を信じて横へ流れる潮流がないエリアを手探りで探り、
案の定シャローエリアに入ってきてました!
ドンッ!と引ったくられるバイトに何事かと思ってたらそこそこサイズのヒラメでした。
ヒラメを本格的に狙い始めて2年目、自己記録更新できました^_^
素敵な出会いに感謝です!」

とのことです。
渡辺様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

栃木県のワタナベ様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月下旬頃
釣行エリア: 阿賀野川エリア
情報提供者: ワタナベ様
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2R112
ロッド:リップルフィッシャーREDEYE93
リール:ツインパワー4000XD
ライン:よつあみX8 2号
リーダー:フロロ30lb

19531536_836878773117406_1007303019_oのコピー

「瀬〜流れ込みを流しきった後ドスンと心地よい衝撃!
一瞬鱸かと思いましたが嬉しいまさかの真鯰の良型!!

K2Rの艶めかしい動き、Rユニットからでる微弱な音が鯰を刺激したのでしょうか?

兎に角
K2Rで鱸以外の魚が釣れて大満足でした♩
また予想外の魚が釣れた時はメッセージさせて頂きますね★」

とのことです。
ワタナベ様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2R112製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

岩手県の畠山様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日:2017年6月上旬頃
釣行エリア:秋田県男鹿半島エリア
情報提供者:畠山 忍様
ターゲット:磯鱸、真鯛
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION k2f142 T1
ロッド:FCLLABO UC11ft 2S
リール:ツインパワー4000XG
ライン:ヨツアミ G-soul x8 アップグレード1.2号
リーダー:ヨツアミガリスDSVショアリーダーナイロン30lb

19496515_2125110554382629_774452204_oのコピー

19496256_2125110851049266_1557926768_oのコピー

19495818_2125110404382644_2134403799_oのコピー

19532806_2125110457715972_598043080_oのコピー

19532727_2125110564382628_2110119268_oのコピー

19449661_2125110481049303_635720932_oのコピー

「春の磯鱸を狙って磯を駆け回りました。

ベイトの影響からか、例年よりも良い釣果に恵まれました。
オマケの70センチの真鯛にも驚きました。
信頼のおけるルアーで、しっかり釣ることが出来たことで、私は幸せな時間を過ごすことが出来ました。

スリットや、藻等のストラクチャーの上に濃いサラシが伸びるポイントに、馴染ませるようにスローに引くことで、魚にしっかりルアーを見せつつ、受ける波によって発生するRユニット特有のユラギで食わせました。」

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
「k2fシリーズが少し弱い気がします。磯で使うと特にランディング時に背中にヒビが入ってしまうので、もう少し強くても良いかと思います。

畠山 忍」

とのことです。
畠山様、釣果情報及び、ご指摘、ご要望ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

徳島県の橘様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年5月下旬頃
釣行エリア 徳島県南エリア
情報提供者 橘 和泰様
タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2R112
ロッド:ディアルーナ 1006m
リール:ツインパワー5000XD
ライン:カルティバ 激闘pe 2号
リーダー:サンライン 30ポンド

18745211_1190359591093261_1168662767_oのコピー

18742624_1190359584426595_45071814_oのコピー

「ナイト 初めてのポイント 橋脚が絡んだエリア 藪を漕ぎ漕ぎ エントリー最初に結んだK2R112
まずは 正面 明暗 の明 早めのリトリーブ ジャークで誘う いきなりモワッ!
何か出たがバイトまでいかず 数投 今度は 明暗の 暗 誘いは同じくジャーク 水面直下を パニックアクション ピックアップ寸前でガボっ!
ミスバイト
友人のアドバイスを貰い 立ち位置を変更 橋脚の 脚と脚の間にフルキャストで打ち込む着水直後 一発ジャーク K2Rがヒラを打つ
ジャッ!ジャッ!ドンっ!!!!
ジリリリリリ…
たまりません K2R最高!!!」

「僕はまず 現場付いて始めにトップウォータールアーを結びます
橋脚の中にk2Rを通して水面直下でのダートアクションでガツンとバイトでした!
このルアーの魅力はズバリ水面直下のジャーク ヒラを打って シーバスにアピールします 思わず口を使ってしまうのでしょうね いいルアーだと思います!」

とのことです。
橘様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2R112製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

熊本県の山田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年5月中旬頃
釣行エリア 熊本県天草エリア
情報提供者 山田秀樹様
タックル
ルアー:Shibuki(シブキ)V186ms
    K-TEN SECOND GENERATION K2F162 T:3
ロッド:ブルースナイパー95MMH(ヤマガブランクス)
リール:4500番(D社)
ライン:ファメルPEジギング8 3号(山豊テグス)
リーダー:ファメルスーパーショックリーダー 70lb(山豊テグス)
ウェア:RBBロックショアベスト、RBBロックショアフェルトスパイクシューズ(共にリバレイ)

FullSizeRenderのコピー

FullSizeRender3のコピー

FullSizeRender2のコピー

IMG_7500のコピー

IMG_7499のコピー

「今回は、上天草市〇〇〇の地磯のショアブリです。
コノシロについたブリが連日釣れておりましたが、そのサイズの大半が10キロオーバーとサイズに恵まれておりました。
そしてこの時期に釣れるルアーはミノーだけ。
何故か?トップやジグには無反応なのです。
またみんなタックルハウスのBKF175で抜群の釣果を上げていて「生餌」とまで言われるほどでしたが、僕自身悲しいコトにBKF175を切らしていた為、K2F162T:3を代わりに使っておりましたが、自己記録のヒラメは釣るものの、本命のブリに振り向いてもらえませんでした。
(釣友はK2F162T:3でちゃんと釣っておりますが)
苦肉の策として「こうなったらアピール力重視だ!」と言うコトで本来ツナ用の飛沫186msをキャスト。
すると、、、ナント!30分もしないウチに自己記録の108cm12kgのブリをキャッチするコトが出来ました。」

とのことです。
山田様、釣果情報ありがとうございました!

Shibuki製品ページはこちら

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら