K-TEN SECOND GENERATION

All posts tagged K-TEN SECOND GENERATION

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年3月中旬頃
釣行エリア 長野県 奈良井川エリア
情報提供者 Hiroyuki Kawai様
タックル
ルアー:K-TENフレッシュウォーター KF90
ロッド:Jackson Kawasemi Rhapsody TULN-432L
リール:ストラディックcl4 2000HGS
ライン:0.4PE フロロ5lb
ネット:自作ラバーネット

17309030_1811113052484525_1049552890806937719_nのコピー

17309134_1811113039151193_2369883454072605497_nのコピー

17155557_1811113019151195_1647814836798460891_nのコピー

17309615_1811113029151194_6657621929564992976_nのコピー

17264226_1811113009151196_2794872190736065029_nのコピー

長野県のKawai様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「解禁より12連敗救ってくれたのがKーTENでした。
自己記録の62cm ありがとうタックルハウス‼︎

ーーー60との出会いーーー
解禁よりもうすぐ1ヶ月
仕事の都合をつけつつ、睡眠時間を削り、奥様の目を盗み今日まで12釣行その間釣果は目の前でのミノーから外れ逃げて行くイワナ…魚影を見たのも2回、いくら寒いからと言っても去年の解禁尺3連発、その後も調子よく続いた事を考えるとあり得ない状況。
奥様からの制限もあり、時間が取れる時はいくら気温がー10度を下回り、敗北濃厚でも川に行き寒くても動ける奴はデカイ奴!
を信じルアーを投げ続ける日々。
源流域から下流域へと場所を変え、一投一投試行錯誤を行なって来たけど一向に結果は得られなかった。
仕事が忙しく顧客の無茶振りもありイラっと来る日々が続きふと、いつもの釣具店店員の話を思い出し、地元以上の厳しい奈良井川へ向かい出勤前にロッドを振るった。
相変わらず厳しいなーと思いつつ、釣れなくても癒されていると不意に足元まで40は簡単に越す奴が追ってきがその後は何をやっても出て来ることは無かった。
その後は地元で順調に連敗記録を重ねたまに出勤前に奈良井川へ行き連敗記録をさらに伸ばす日々、顧客からの要求で夜遅くまで仕事が続く…気温が高い釣りに行きたい
天気予報を見ると明日は雪…今日しかない、
昨日は夜中まで仕事、午前中なら寝る時間を削れば釣りに行ける!ここ数日の暖かさで氷も溶け穴が空いているはずイケる、今日こそは連敗回避だ‼︎…ポイントに人が居る。
しょうがない上流だ‼︎今日はポチャんしないぞ!とフックチェック
結果は惨敗。
既に時間は10時半、午後から会社だから行かねばと思いつつ上川のポイントでラスト10分と行ってみたらカモが2羽…
諦めて会社へ向かう。
インターを降り時計を見ると11:15分いけるな…
奴を攻略するには5cmじゃ食わない63が必要だ、通り道だし買って行くかと思い△△へ…臨時休業…でしたね。
どうする?…師匠からもらった9cmミノーがあるでは無いか‼︎フローティング…〇〇さん!
いける気がする。
ただロッドは4.3ft渓流用、どうなんだ?と考えている間到着
早速師よりもらった9cmミノーをつけ投げてみる。
いける‼︎
アップクロスでポイントを探りつつ本命の場所へ
落とす場所、見せる場所、食わせる場所をイメージしつつキャスト、イメージ通りに落としトゥイッチ、ドリフト、食わせる場でジャーク一発
ガッ!ジィジィ〜
やり取りをしつつ姿を確認…ベリーフック完璧‼️
ランディングネットで掬おうにもでかくて掬えないため、ずり上げに変更し釣り揚げました。
釣り方、ベリーフック食わせ忘れて無くて良かったです。
さて解禁と同時に目標である50オーバー釣るを飛び越して60とは…次は犀川70レインボー狙い?目指せ師匠越え犀川72?
リール買わなきゃだな…

(タックルハウススタッフより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
改善点、リップの強度でしょうか?今回壊されてしまったので、個人的に色がお気に入りです。」

とのことです。
Kawai様、釣果情報ありがとうございました!

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月中旬頃
釣行エリア 愛媛県 武者泊エリア
情報提供者 上杉 一臣様
タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2R112
ロッド:ゼナック:デフィーバーンブラックフィン126
リール:ダイワ:セルテート4000SH
ライン:モーリス:アバニキャスティングPEMAXpower2号
リーダー:バリバスショックリーダー30ポンド(フロロ)

16731597_1013198135491798_104453047_o

16736453_1013198008825144_591593220_nのコピー

16731773_1013197985491813_1611333922_oのコピー

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「昨日、愛媛県の武者泊へ行ってきました。
朝イチ、サラシが弱くベストな状況ではありませんでしたが、武者泊のポテンシャルは高く見事なヒラスズキをキャッチすることが出来ました!
ヒラスズキを誘惑する絶妙なレンジをトレースできるK2R122は、私の一軍ルアーです(^-^)」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN K2R112製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年秋~2017年2月中旬頃
釣行エリア 利根川エリア
情報提供者 竹山修二様
タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2RP122
ロッド:フージンZ95ML
リール:セルテート3012
ライン:PE1.5リーダー40Lb

IMG_20170211_191611のコピー

竹山様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「k2RP122、河川だと浮力が低いためか塩分濃度が低いためk2Rのように水面直下を泳いできます、夕マズメのボイルを狙っての1本を取ることができました 。
去年の秋からこのサイズがでており3本取ることができました。」

とのことです。
竹山様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN K2RP122製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

毎月21日発売、 株式会社内外出版様より刊行されている「ルアーマガジンソルト」最新4月号内、
特集記事「春シーバス特集 実績!オレ達の推しルアー100」にタックルハウスのルアーデザイナー二宮正樹が少しルアー紹介をさせていただいています。

最近こういった雑誌記事から遠ざかっていた二宮ですが、独自の視点からのルアー紹介は、初心者の方から、玄人の方まで楽しめる内容ではないかと思います。

ルアマガ2

ルアマガ4月

ルアマガ4月3
上写真は内外出版様HPより

「ルアーマガジンソルト」最新4月号は、全国の書店、釣具店で絶賛発売中です。

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月初旬頃
釣行エリア 静岡県エリア
情報提供者 八木様
タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2R112SP
ロッド:Gcraft MMS-982-SR
リール:twinpower4000hg

16522855_282413085509523_639530957_nのコピー

16522896_282412975509534_40107248_n (1)のコピー

静岡県の八木様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「初めまして。
先日の釣果報告をさせていただきます。

河口付近のダウンの流れとブレイクが絡むポイントで、他のルアーでは流れを受けすぎてコントロールできない状況でした。
そこで、K2Rのsuspendを選び流れの中を漂わせて捕れた一匹です。
年が明けてから良い魚に出会えずにいましたが、非常に嬉しい一匹に出会う事ができてK2Rには感謝です。」

とのことです。
八木様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN K2R112製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら