BRITT.

All posts tagged BRITT.

三重県の川北様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月中旬頃
釣行エリア: トカラ列島エリア 某島
情報提供者: 川北雅之様
ターゲット:GT
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット170SW>
ロッド:レイジングブル106XX
リール:ソルティガエクスペディション8000

45C4C303-3A25-43D5-BCA7-7A9F3133BF57

49384804-66C9-41A0-BB4D-3205039F5F45

「堤防のトビウオについたGTを狙っての釣行に行ってきました。

通常、150グラム前後のルアーを軸にゲームを組み立てており、この日も運良く30キロちょいのGTを手にする事が出来ました。ヘビータックル、ヘビールアー故、投げ続けるというのは体力的にかなりの負担となるため、シブい時間帯には箸休め的なルアーも必要となってきます。ここぞというタイミングで勝負をかけるためにも。

それで、今回ブリット170シンキングワークスを投入してみました。以前から、フォール姿勢がとても良く、GTに効くのでは?とたくらんで居りました。

いざ、投げ始めるとふり抜けが抜群でやはり、体力的とてもらくでした。

そして、当たりが頻発。最初はサメの歯型が付いて戻ってきました。ヒラアジ系の当たりも何度か。先程まで、シブかった海とは別のようにかんじました。

そして、ヒット。

予想に反して軽々と上がってきたのはギンガメアジでしたが、同時にコレは使える!といった確信も生まれました。
次こそは!と意気込んでおります。」

とのことです。
川北様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

三重県の川北様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月頃
釣行エリア: 長崎県対馬エリア
情報提供者: 川北雅之様
ターゲット:ヒラマサ、ヒラスズキ
使用タックル
ヒラマサ
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット145SW>
ロッド:mcワークスレイジングブル104XF-2
リール:ツインパワーSW14000XG
スプール:オーシャンマーク 8000
ライン:ヨツアミGソウルX8の4号
リーダー:バリバス220ポンド1m

ヒラスズキ
ルアー:Resistance Morkyn<モーキン>
ロッド:リップルフィッシャートラディション96
リール:エクスセンスci4+4000XG
ライン:デュエルX4 1.2号
リーダー:クレハシーガー7号

A7BC13A7-FE8F-41CC-BA85-6EE9D147293D

D28F5412-54C2-4DBD-A34E-79CC9CB53BE0

CB33B559-0385-4578-90ED-A62944AE9593

「こんにちは。
いつもタックルハウス様のルアーを愛用させて頂いて居ります川北と申します。

ちょっとウレシイ釣果がありましたのでぜひ見て頂きたくメールさせて頂きました。

先日、対馬にショア釣行した際、ブリット145シンキングワークスでヒラマサ101センチ8キロを含む2本。

ヒラスズキ79センチ、5.4キロをMorkynでゲットできました。ヒラスズキも他のルアーで2本ととてもタックルハウス様のルアー無しではなし得なかった結果に満足しております。ありがとうございます!

今後もよろしくお願いします。

ヒラスズキ狙いで浜に降りると波のせり上がりで魚影を見つけ慌てて波打ち際まで走り、ヒラスズキタックルのままキャスト。着水と同時にヒット。シモリを2つ超え足元まで寄せました。が、自重が重すぎババ荒れのゴロタで魚を持ち上げ切れずブレイク。推定6キロ

その後、ダッシュでクルマに戻り青物タックルでチャレンジ。

ルアーは暴風に煽られないしかも、水面でアピールしてフォールで喰わせられるブリットシンキングワークスを使用。

まずはキャスト。
狙いの位置に入るが糸はやはり流され回収してからのスイープ。水面でダイペン的な使い方でツーアクション。と、ヒット。

軽々寄るのでチッコいな!と思ったら3~4キロの小マサでした。

明らかにジアイなので、撮影もせず次のキャスト。

先ほどは水面で出てしまい、元気な小型が乗ったのですが、一発目の良型のイメージが抜けず、フォールで喰わせるためのスイープでアクション後にロッドを倒しフォール。
ヌシッっと重い感じ。
さっきまでの2匹とは明らかに違う重量感なので、全力ファイト。ファイトタイム30秒以内で回収した的に確保しました。嬉しすぎてテンション上がりすぎて後々気持ち悪くなりました。101センチ約8キロちょっと(グリップ計測)

ヒラスズキに関してはこの時期対馬の魚が産卵で出払っているらしくローカルさんに聞いても、釣具店さんに聞いても、みんな諦めているとのおはなしでした。

ですが、滞在中狙ってみましたが昼間4日間でワンバイト、途中2日間は3人あとは友人と2人でこの結果でした。確かにコンディション良いポイントでも、反応無くで大苦戦。

なんとしてでも対馬のヒラスズキに逢いたかったので夜ヒラに託す感じでシモリの間の水道を釣る方法で狙いました。

流れの中を釣るヒラスズキを得意としている私ですが、選んだポイントには水道内に捕食のきっかけとなるストラクチャーがなく、やみくもに投げても喰わない状態。上潮と底の水塊の境目が水深6m辺りのディープにあるのを突き止めましたが、バイブレーションなどの活発なルアーでは喰わず、流し込む、そして上っ面のカレントより深く、水塊を引っかきながら釣る必要がありました。目いっぱいアップでキャストし流しながらレンジに到達させ潮がかなり緩んだタイミングにヒット。

状況を読み切った充足感のある一本になりました。

過去にも愛媛や五島などで、ショアラインにヒラスズキが居ないと言われたタイミングでこの手法でヒラスズキを手にしていて自信がありましたが、やはり実際釣れるとサイズ如何に関わらず、本当にウレシイものです。」

・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください。
「モーキンのフロントフックのアイがガタガタになったことが3回ほどありました。幸い、すっぽ抜け等はありません。少し気になるので。それ以外はあらゆるタックルハウスさんのルアーを使わさせて居りますが、本当に信用して、大事に使っています。今後もいいルアー作りよろしくお願いします。

あと、個人的な希望なんですが、ブリットの220くらいのGTに使えるサイズがリリースされるとウレシイです。毎年、ロックショア、堤防とショアGTに出掛けておりまして、毎年、行くたびに、デカブリット欲しいなーと。F,Sどちらも興味あります。シンキングワークスはウエイト的に200グラムとかになっちゃいそうできびしいですよね?

それでは長々と失礼いたしました。また、よろしくお願いします。」

とのことです。
川北様、釣果情報、ご意見、ご要望ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

Resistance Morkyn製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

高知県の辻本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年1月初旬頃
釣行エリア: 愛媛県エリア
情報提供者: 辻本 隆様
ターゲット:青物
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP145
ロッド:GoPhish テイクバッカ―106S
リール:シマノ バイオマスター8000

26638035_2076441672592812_1743386159_n

「初釣りは愛媛県へ。
ラッキーにも90センチに少し足りなかったけどブリが釣れました。」

とのことです。
辻本様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年12月中旬頃
釣行エリア: 四国西部 宇和海エリア
情報提供者: 上杉 一臣様
ターゲット:青物
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP170
Tuned K-TEN TKP135TT
ロッド:DEFI MUTHOS Accura100H RG
リール:ステラSW8000HG
ライン:アバニ キャスティングPE MAXPOWER 8BRAID 4号
リーダー:バリバスショックリーダー80ポンド(フロロ)
フック:カルティバ STX-58 #3/0 #1

26234386_1231824570295819_828929629_n

「12月中旬、北西風が吹き荒れる宇和海へ。
青物のトップゲームを満喫してきました。
サイズには恵まれませんでしたが、ブリットペンシルCBP170に果敢にアタックするヤズの活性の高さは、ヒットパターンをいろいろ試すには申し分ない好条件でした🎵
中でも、TKP135TTで釣りたかったので、満足出来た良い日となりました❗
向かい風爆風で、PE4号、リーダー80ポンドのセッティングにもかかわらず、十分な飛距離を出し、しっかりアクションをする性能の高さを実感しました。」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら
TKP135TT製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年12月上旬頃
釣行エリア: 鹿児島県南さつま市エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:ブリ 85cm
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>145 カラー NRクリア
ロッド:ゼスタレーザービーム10H
リール:ステラ5000HG
ライン:PE 2.5号
リーダー:ナイロン50ポンド

DSC_0878

「沖磯釣行で、ボイルはあるがマイクロパターンでクリアパターンだと思ったが、なかなかルアーを見切られ、ボイルがでた場所を直撃パターンでかけれました。」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

2017年の年の瀬もあっという間に過ぎ、早くも大晦日となりました。
間もなく2018年を迎えるわけですが、2017年のタックルハウスは、節目の数字が二つありました。
一つはタックルハウス創業35周年。
もう一つは、弊社を代表するブランド「K-TEN」発売から30周年。
無事にこの年数を積み上げてくることが出来たのは、ひとえに皆様のご愛顧とご支援のお陰です。
改めて心から感謝申し上げます。

そして今年も皆様のおかげで、いくつかの新作ルアーを世に送り出すことができました。
今年発売してきた新製品を振り返ってみたいと思います。

名称未設定 1のコピー

冬~春
2017年1月発売マイクロシケイダーシンキング
エリアトラウト向けプラグの定番アイテム、シケイダーシリーズ最小サイズのマイクロシケイダーにシンキングモデルが追加。
極小ボディで、大きくアピール。
冬場の沈んだトラウト攻略の新たな一手となるハズです。

2017年2月発売タイジグ
攻め方は、縦、横、斜め、自由自在。
マダイジギング専用開発「タイジグ」
かわいい見た目と、長期の開発期間に裏打ちされた実釣性能で、発売以来、全国各地から大きな反響を頂きました。

2017年3月発売Buffet(バフェット)FS38
着水後の素早い泳ぎ出しを追求した‘アップストリーム専用‘フローティングミノー。
水面下30cm程度の泳層で、表層を意識した活性の高いトラウトにアピールします。
「スローフィッシング」をコアコンセプトに掲げて開発されたFS38と一緒に、たまにはゆっくりと釣り上がってみませんか?

名称未設定 2のコピー

春~夏
2017年4月発売CONTACT BRITT 170シンキングワークス
一撃必中が求められるオフショアでのナブラ撃ちや、ショアから大型の青物を追うアングラーに支持して頂いている、
ブリットペンシルのヘヴィーシンキングモデル。
120.145サイズに続く170mmモデルは、あらゆるタフな状況下でアングラーにアドバンテージを与えます。

2017年5月発売CONTACT FEED.POPPER 175
手軽なクロダイゲームからオフショアの青物ゲームまで、長年高い支持を頂いているフィードポッパーシリーズに待望の175mmサイズを追加。
幅広いラインナップでアングラーのニーズにお応えします。

2017年6月発売CONTACT FEED.POPPE 100シンキングワークス
CONTACT初のシンキングポッパー。
ウェイトを増した10cmのコンパクトボディは飛距離抜群。
ポッパー形状ながら、沈めた際はスイミングアクションもこなすユニークな性能を備え、水面で、水中で、多彩な攻め方を可能にします。

2017年8月発売CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER 175
フィードポッパー175mmに続き、ダイビングウォブラーにも175mmサイズを追加。
ポッパーとダイビングペンシルの中間的な性質を持ち、ロングジャークで水面下を泡をまといウォブリング。
ヒラマサ等の大型フィッシュイーターの誘い出しに新たな一手。

名称未設定のコピー

夏~秋
2017年9月発売Tuned K-TEN TKP135TT
今年30周年を迎えたK-TENシリーズの最新作。
同シリーズとしては、ジャンピングポッパー以来26年ぶりになる水受けカップを持った純ポッパー。
小型ポッパーのような軽快なアクションに加え、大型の鱸も視野に入れた低速リトリーブでの挙動にも拘って開発。

2017年9月発売CONTACT スチールミノー
リップの付いた金属ミノーという、
これまでに無かったニューコンセプトルアー「スチールミノー」
安定した飛距離、軽やかな巻き心地、艶めかしいアクション、タックルハウスが提案する新しい形のミノー。
是非、体感してみてください。

2017年12月発売SHORESオルガリップレス50
ショアーズシリーズの人気アイテム、オルガリップレスに新サイズのSOL50が登場。
特に、メバル狙いでは高い支持を頂いているオルガリップレス。
新サイズ50は、遠投性能、アピール力を増し、大型メバルや従来のサイズでは攻めきれなかったポイントの攻略を可能にします。

以上が2017年に発売させて頂いた新製品になります。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

2018年も皆様に喜ばれるような、ワクワクして頂けるようなルアーを届けられるよう努力して参ります。
宜しくお願い致します。

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年8月下旬頃
釣行エリア: 鹿児島県南さつま市エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:シイラ 120cm
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>145 カラー NR-1.NRピンクバック
ロッド:ゼスタ ランウェイVR96MH
リール:ステラ4000XG
ライン:PE 2号
リーダー:ナイロン50ポンド

IMG_20170826_094317

「夏恒例のシイラ開幕でしたが今年は、沖からなかなか接岸せずランガンしていく釣行でした。
潮目付近を狙い、ルアーが飛ばされにくいよう板ナマリで少し重くして、ペンペンサイズのチェイスは避けて、メーターオーバーがきたらスキッピングからのチェイスがあったら間をいれて食わせるイメージで釣りました。」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

徳島県の勢古様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月中旬頃
釣行エリア: 四国エリア ゴロタ浜
情報提供者: 勢古昇司様
ターゲット:ブリ
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP145

23772229_1553901474738566_664573762_n

80cm鰤

「信頼しているタックルハウスのダイペンには何時もお世話になっております。

他社のダイペンの動きでは魚に見切られ口を使わせれない時でもブリットはしっかり泳ぎ激流の中でもアクションが付けれるため、魚のバイトが集中しました。

浮き上がりも良く、水絡みも良いのでシングルフックとの相性が抜群に良いです。」

とのことです。
勢古様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

高知県の上杉様より、ご友人の横山様の釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月上旬頃
釣行エリア: 高知県 室戸沖エリア 遊漁船 安芸 神栄丸
情報提供者: 上杉 一臣様
アングラー:横山智英様
ターゲット:キハダマグロ
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP145
ロッド:ゼナック DIFFUSER Long cast DC78-2
リール:ダイワ ソルティガ4000HG
ライン:モーリス アバニキャスティングPE MAXPOWER 3号
リーダー:バリバスショックリーダー 50ポンド

21754314_1167785443366399_666949612_nのコピー

21769460_1167785450033065_220875295_oのコピー

「先日、釣り友達が30㎏のキハダをキャッチしましたので、ご報告致します。

9月上旬、室戸沖で鳥山を発見。
接近中に鳥山の下にニタリクジラ3頭を確認しました。
カツオかキハダの群れが着いている可能性があり、私はシブキV187dpを、釣友の横山氏はブリットペンシルCBP-145をキャスト。
直後、横山氏のブリットペンシルに強烈なバイト❗
ラインがどんどん引き出されていきます。
良型のキハダと確信し、慎重にファイトします。
リーダーが細いこともあり、巻いては出されの攻防の末に、30㎏のキハダマグロをキャッチしました。
キハダ狙いで頼りになる、ブリットペンシルの性能の高さに改めて感心する釣行となりました。 」

とのことです。
上杉様、横山様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

鹿児島県の上宮様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年8月中旬頃
釣行エリア: 鹿児島県大隅半島エリア
情報提供者: 上宮則幸様
ターゲット:シイラ
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP 145 11.サンマ
ロッド:Fishman BRIST 103XH proto
リール: ABU Bigshooter WM 60
ライン:山豊テグス FAMELL ジギングPE 4号
リーダー:山豊テグスフロロショックリーダー同18号

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

EffectPlus_20170822_163700のコピー

「鹿児島県大隅半島でも毎年盛夏にシイラが釣れ盛りますが、今年は沿岸への接岸が遅れ気味。

漸く7月後半になり釣果も安定し始め、メーターオーバーのシイラが上がりはじめました。

わたしも時間を作り、磯へシイラ狙いで集中釣行。

連日メーターオーバーを多数キャッチしていました。

ベイトは磯際に無数に群れるキビナゴ。

メソッドはシンキングペンシルの遠投からのスキッピング。

面白いように次々ヒット!

しかし、その群れの少し沖側にはより大型の個体が時折姿を見せますが、同じメソッドでは全く反応せず。

磯に近いところに2~3m程のサメがシイラを追い回していたため、それを嫌ってより賢い大型は岸に寄らないものと思われます。

ただし、全く反応しないのは腑に落ちない。

シンペンからポッパー、ポッパーからミノー、ミノーからペンシルベイト…とルアーチェンジ。

ブリット145をフルキャストすると、磯上がりの時間を知らせるタイマーがスマホから聞こえたのでスマホに手を伸ばしタイマーをOFFにした途端、沖で大きな水柱が上がり、ロッドに衝撃が!

フックアップこそしませんでしたが、さっきまで釣れていたサイズより明らかに大きな個体のバイトでした。

それにヒントを得て、あと30分だけチャレンジしてみようと思い、それまで振っていた磯平鱸タックルから大型青物対応のゴツいタックルに持ち替えました。

確かにさっきは巻かない時に食ってきた…

ブリットをフルキャストして巻かずに沖の流れに乗せドリフトで探ります。

もちろん確信などなく、半信半疑。

メインベイトのキビナゴ以外を飛びきりデカいシイラ達が食っているのか?はたまた、さっきまでのスキッピングにスレて見切っているだけなのか?

バイトはすぐに出ました!

さっきと同じく大きな水柱が上がりました!

今度は慌てずスラッグをキャンセルした後、フルパワーでフッキング!

これまでヒットしていたサイズとは明らかに違うサイズのシイラが凄まじいジャンプ!

全身を水面から1m以上も跳ね上がらせたかと思うと、水面を切り裂く稲妻のような怒濤のランを展開しますが、こちらもタックルに抜かりはなく、サメのアタックを考慮して強引にポンピング、ゴリ巻き、一気に磯にズリ上げランディング!

会心の一本は120cmを超える見事な魚体。(嗚呼、デコッパチのオスなら完璧だったが…)

ヒットさせ、キャッチしても半信半疑でしたが、キャッチしたシイラを持ち帰り胃の内容物をチェックすると謎は解けました。

アベレージサイズにはキビナゴが、最大サイズの個体にはコウイカの骨や半固形の身が入っていました。

つまり、デカいシイラ達は大量に湧いたキビナゴを食いに来たコウイカを効率良く食らっていたわけです。

なるほど、だからスキッピングではなくドリフトだったのか…と納得。

投げて流したルアーはブリットCBP 145。

R-UNIT 2.0を搭載しています。

そのR-UNIT 2.0とは、ステイ時には水の動きと完全に同調する事のない生命感を与える為の内部構造。

巨大なシイラにとっては、波間に不自然に揺らぐブリットはそのシステムにより生命を与えられ、コウイカに見えたのでしょう。

魚に、ルアーに、わたしはまた「魚釣りって何?」のエッセンスを教えて貰った気分です。

釣れるだけではない。

優れたルアーは、それを作り出すクリエイターの魚釣りへの思いの丈を示し、それを使う者に魚釣りの釣果以上の面白さを諭す教材だと思っています。」

とのことです。
上宮様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

鹿児島県の上宮様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月初旬頃
釣行エリア: 鹿児島県大隅半島東岸エリア
情報提供者: 上宮則幸様
ターゲット:ブリ、カンパチ。
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP170 カラー#07・イワシ
ロッド:Fishman BRIST 103 XH proto
リール:Abu ビッグシューターWM 60
ライン:山豊テグス FAMELL ジギングPE x8 4号
リーダー:山豊テグスフロロショックリーダー18号 25m

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「初夏を迎え海面も輝きを一層増す頃、チラホラと大型青物の釣果情報が耳に入り始めました。

情報によるとブリの泳層は40m前後とのことなので、まだ薄暗い早朝、急斜面を降りてドン深の磯にわたしもFishman社のテストロッドを手に立ちました。

期待は空しく海は凪。

アングラーも多数。

朝イチのトップも陽が登ってからのジグにも反応は無し。

昼を過ぎて、他のアングラー達がゾロゾロと磯を上がる頃、沖に飛び魚の姿が目に入り、ジグから再びトップに狙いを変え、ダイビングウォブラーCFDW 150の強烈なバブルと波動で誘うと、2度水面ルアー後方の水面がモワンと揺らぎました。

ルアーをコンタクト・ブリット CBP 170にチェンジ。

ただし、フックはメーカー推奨より1番手落とした#3/0に。

理由は、25mもの長いフロロリーダーを使用している事によるダイブ特性の変化を今日の凪の水面にアジャストするため。

激しくショートダイブさせ続けると水面が炸裂し、嬉しいヒット!

大型のブリと、久し振りに味わうカンパチの引きを堪能できました。

海面の状況と、魚の活性に柔軟に対応できるブリットの性能と、自らの粘り腰が呼び込んだ釣果に心が踊る釣行となりました。」

とのことです。
上宮様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

高知県の上杉様より奥様の釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年7月中旬頃
釣行エリア: 高知県土佐沖エリア
情報提供者: 上杉 一臣様
ターゲット:
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT CBP120
ロッド:ゼナック:FOKEETO twitch FC63-2
リール:シマノ:ツインパワーXD C5000XG
ライン:モーリス:AvaniCastingPE Maxpower 8BRAID 2号
リーダー:VARIVASshockleader40LB
フック:オーナー STX-58 #1

20182259_1129194127225531_150592240_o

20148637_1129194150558862_686861267_oのコピー

「嫁と甥っ子連れてシイラ行ってました。
今年の土佐沖はシイラの回遊が少なく、厳しいゲームを強いられる状況です。
ブリットペンシルCBP120mmで数少ないチャンスをモノにしました!
アングラー
上杉 桜」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

商品出荷情報です。

TK限定

名称未設定 1のコピー2

Tuned K-TENシリーズ、TKLM90,TKLM120,TKRP90の限定カラー5色、
そしてコンタクトシリーズより、ブリットペンシル、フィードポッパー限定アピールカラーの出荷を順次開始しました!

Tuned K-TENシリーズ限定カラーにつきましては、予想を上回る数量のご注文を頂いた為、生産予定数を大幅にオーバーしてしまいました。
既にご注文を頂いていて全数お納め出来なかったものに関しては、9月中旬頃を目標に分納させて頂きますのでご了承ください。

出荷作業の都合上、地域や店舗によって到着が前後する場合がございます。
早いところでは今日から店頭に並ぶお店もあるかと思います。
お急ぎの方は、小売店様への入荷確認後、取り置き依頼などを行ったうえでお買い求め頂くのが確実かもしれません。

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら
Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら
CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら
CONTACT BRITT製品ページはこちら

鹿児島県の上宮様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月初旬頃
釣行エリア: 鹿児島県大隅半島東岸エリア
情報提供者: 上宮則幸様
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT CBP170
ロッド:Fishman BRIST 103 XH proto
リーフ:Abu ビッグシューターWM 60
ライン:山豊テグス FAMELL ジギングPE x8 4号
リーダー:山豊テグスフロロショックリーダー18号 25m

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「最近好調の青物狙いでホームの磯に釣行しました。

日の出前から磯に降り、あの手この手尽くしますが、全くバイトは無し。

ただ、先日からの好調と回遊を信じて休憩を挟みながらノンビリと続けました。

状況が変わり始めたのは16:00頃から。

にわかに沖からの風が強まり、海面に波気が出てきました。

すると、沖の潮目付近にドビウオが何かに追われる姿が!

潮目が近付くのを祈っていると、強まる風に押されるように潮目が岸に接近。

ベイトタックルユーザーの私は、飛距離に優れるジグミノーを投げ続けていましたが、反応は無し。

ならば同じく飛距離に優れるダイビングペンシルで…と言う事でわたしがセレクトしたのはコンタクト・ブリットCBP 170 03・ピンクバック。

フックは凪ぎ時のアピール仕様で装着していた#3/0から、#4/0にチェンジして、波気のある海面でのダイビングのエラーを防ぎます。

ベイトタックルでのフロロの#60ld 25mと言うロングリーダー仕様のタックルであっても、ブリットは飛距離と飛行姿勢に優れ、徐々に近付くとは言え、まだ70m程沖の潮目を確実に超えてくれます。

潮目に差し掛かるまではロングで、潮目に到達してから10m程をショートでダイブさせていると、ちょうどショートに移行直後に遂にヒット!

首振りの大きさから間違いなくブリサイズと確信。

右手の根を交わすためにドラグは全く出さずにショートポンプで寄せ続けると、痛恨のフックアウト…

思わず情けない悲鳴が漏れてしまいましたが、浮上してきたルアーの後方にギラリと魚影が反転!

即ルアーを回収して、キャストをするとまたもやショートダイブにヒット!

バイトの水飛沫がド派手で、今回も相当な大物!

先程の悔しいバラシはありましたが、今回もドラグは1㍉も出さずにショートポンプでガシガシ寄せます。

最後の瀬際に強烈な突っ込みもありましたが、強引に竿を繰り頭の向きをコントロールしてランディングポイントの潮溜まりまでズリ上げ。

サイズは116cm 13kg と、立派なブリ!

粘った末の、自身久し振りの10kg upに喜びもひとしおでした!」

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
「CBPとCFDWの中間的バブル量で多少スリムなペンシルが欲しいです。」

とのことです。
上宮様、釣果情報及び、ご要望ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

年々過熱していく青物等をターゲットにした、ビッグフィッシュゲーム。
その中で多くのアングラーの皆様にご愛用頂いている「コンタクトシリーズ」に、新たな可能性を期待させる、ハイアピールカラーの登場です。
リアルカラーに偏りがちなカラーセレクトに一石を投じるカラーラインナップは、青物は勿論、ツナ、シイラ、トレバリーetc海外遠征等にもお供いたします。
ブリットペンシルに2サイズ
CBP145
CBP170
フィードポッパーに3サイズ
CFP135
CFP150
CFP175
計5アイテムです。

発売は2017年7月中旬頃の予定です。
限定生産につき、購入を希望されるユーザー様は、事前に釣具屋さんに客注(取り寄せ)依頼しておく事をお勧めします!

CONTACT BRITT製品ページはこちら
CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら

名称未設定 1のコピー2

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年5月下旬頃
釣行エリア 高知県 鵜来島エリア
情報提供者 上杉 一臣様
タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット170>NR-3 NRセグロカタクチ
ロッド:ゼナック:デフィーミュートス アキュラ100H RG
リール:シマノ:ステラSW8000HG
ライン:モーリス:アバニキャスティングPEMAXPOWER4号
リーダー:バリバスショックリーダー80ポンド(フロロ)
フック:オーナーばり:STX-58 3/0

18741835_1089316364546641_1463517220_nのコピー

18721532_1089316404546637_438178138_oのコピー

「先日、鵜来島で青物釣ってきました。

安定の釣果をもたらしてくれるコンタクトブリットペンシル。
今回も、170MMが良い仕事をしてくれました。
潮色悪く、青物の活性がイマイチな状況でメジロ、小型のカンパチをキャッチ出来ました🎵」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

<コンタクト・ブリット170SW(シンキングワークス)>の出荷を順次開始しました!

CBP170SWのコピー
↑画像はイメージです。

一撃必中が求められるオフショアでのナブラ撃ちや、ショアから大型の青物を追うアングラーに支持して頂いている、
ブリットペンシルのヘヴィーシンキングモデル、<コンタクト・ブリットSW(シンキングワークス)>
既存の「CBP120SW」「CBP145SW」に続き、NEWサイズ17cm/130g(推奨フック装着時)のCBP170SWの登場です。
さらなる飛距離、そしてアピール力が必要な場面でそのポテンシャルを発揮し、特に強風や高波時のタフな状況下では、切り札として活躍します。
専用の板状ウェイトは飛距離のみならず、フォール時の姿勢やリトリーブ時の動きにも拘り設計し配置。
フォール中は、やや前傾の姿勢を保った状態でユックリとロールを伴いながら沈下し、対象魚にアピール。
リトリーブでは弱ったベイトさながらに、ヨタヨタと蛇行しながら泳ぎます。
マグロ、GT、ヒラマサetc 大型魚を追い続ける全てのアングラーに「CBP170SW」。

CBP170SW /Sinking/170mm/115g Hook/別売 Ring/H#9 ¥3,300
推奨フック:オーナーST66 #3/0または、がまかつトレブルSP-XH #4/0

CONTACT BRITT製品ページはこちら

昨日はエイプリルフールに合わせて、架空の製品(純金製ブリット)をご紹介させて頂きました。
冗談にお付き合いいただき、ありがとうございました。
驚かせてしまった方々失礼しましたm(_ _)m

さて、昨日の架空の製品ページにも書きましたが、「タックルハウス創立35周年」と「ブリット170SW発売」は事実です。

まず、これまで35年間支えてくださいました皆様、本当にありがとうございました。
これからも、更なる品質と技術の向上、皆様に喜んで頂ける製品開発に努めて参ります。
今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

次に「ブリット170SW発売」について、

CBP170SWのコピー
↑画像はイメージです。

一撃必中が求められるオフショアでのナブラ撃ちや、ショアから大型の青物を追うアングラーに支持して頂いている、
ブリットペンシルのヘヴィーシンキングモデル、<コンタクト・ブリットSW(シンキングワークス)>
既存の「CBP120SW」「CBP145SW」に続き、NEWサイズ17cm/130g(推奨フック装着時)のCBP170SWの登場です。
さらなる飛距離、そしてアピール力が必要な場面でそのポテンシャルを発揮し、特に強風や高波時のタフな状況下では、切り札として活躍します。
専用の板状ウェイトは飛距離のみならず、フォール時の姿勢やリトリーブ時の動きにも拘り設計し配置。
フォール中は、やや前傾の姿勢を保った状態でユックリとロールを伴いながら沈下し、対象魚にアピール。
リトリーブでは弱ったベイトさながらに、ヨタヨタと蛇行しながら泳ぎます。
マグロ、GT、ヒラマサetc 大型魚を追い続ける全てのアングラーに「CBP170SW」。

発売は今月、4月中旬を予定しています。

CONTACT BRITT製品ページはこちら

170401cbp170

今月の新製品と記念モデル発売のご案内です。
ブリットペンシル170SW(シンキングワークス)を4月中旬に発売します!
そこで発売に合わせて、タックルハウス誕生35周年記念モデルとして、ブリット
の特別仕様、純金ウェイトを採用した
<コンタクト・ブリット170シンキングワークス ゴールド>
を発売します!

詳細はこちら

#エイプリルフール
#April fool’s day

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月初旬頃
釣行エリア  長崎県対馬市上県町沖エリア
情報提供者 中村 康介様
タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット145>
ロッド:クロスボウ CBS-80 トルク(ゴールデンミーン)
リール:ソルティガZ5000 (ダイワ)
ライン:PE x-wire8 4号(DUEL)
リーダー:ガリス キャストマンアブソーバー 130lb(ヨツアミ)

16523562_1735851363396166_1544391191_oのコピー

16491485_1735851356729500_1095631051_oのコピー

長崎県対馬市の中村様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「オフショア(ジギング、キャスティング)で釣果がありましたので報告させていただきます(^ ^)
沈み瀬が点在するエリアで突如発生したボイル。
すかさずエースルアー。ブリットを投入。
その1投目着水後、ショートジャークで見切られないようにしステイもなるべく短めにし見せると言うより、アピールを中心にしました。
水面を割るというよりもそっとしたバイト後、合わせを入れファイト。
サイズはそこまでありませんでしたが、さすがブルーランナー。無事に捕獲完了。元気で楽しませていただきました。」

とのことです。
中村様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら