FS38

All posts tagged FS38

4月も下旬に差し掛かり、春らしい暖かい日和が続いています。
渓魚達の活性も、日を追うごとに高まっているのではないでしょうか。
新緑に囲まれた渓を心ゆくまで楽しみたいですね。
今年は、バフェットFS38でゆっくりと釣りあがってみませんか?

Buffet(バフェット)シリーズ製品ページはこちら

先日発売されたばかりの、渓流用トラウトミノー「Buffetシリーズ」2017年の新作【FS38】。
使い方のイメージが掴みやすいようにアクション動画を作りました。
是非参考にしてみてください。

Buffet(バフェット)シリーズ製品ページはこちら

Buffet_FS38_210_297表4_0310のコピー

渓流用トラウトミノー「Buffetシリーズ」の新作「FS38」の出荷を本日より順次開始しました。

早いところでは連休中に店頭でお目にかかれるかもしれません。
出荷作業の都合上、地域によって入荷日が前後する可能性もあります。
予めご了承ください。

以下開発担当高橋より商品説明です。
「極めて立ったワイドリップは素早く泳ぎだし、微低速でも安定したアクションで
魚を誘います。
特にアップストリームでは威力を発揮し、忙しいロッドワークから解放されます。

このワイドリップは川の流れでも飛び出さないようにファインチューンしてあり、
ダウンクロスにおいても適度な泳層を保ち足元までリトリーブ出来ます。

少々足場の高いポジションでも大丈夫です。

小型で軽量なボディーは、ソフトプレゼンテーションを可能にします。

30cmの潜行深度は流心下にいる活性の高い魚を誘い出し、川底いにいる魚に対して
はプレッシャーを最小限に留めます。
これは、チャンスを残すことになるでしょう。

今日はゆっくりと釣り上がってみませんか。」

開発担当 高橋正之

Buffet(バフェット)シリーズ製品ページはこちら

スローのコピー

渓流用トラウトミノー「Buffetシリーズ」の新作「FS38」
アップストリーム専用シャローミノーとして開発された今作。
コアコンセプトに「スローフィッシング」を掲げ、様々な場面で、渓流のトラウトフィッシングをユックリと、快適に楽しめるルアーとなっています。

初めに「FS38」の大きな特徴を書き出してみると

・アップストリーム専用設計
・潜行深度 約30cmのフローティングシャローミノー
・瞬時に泳ぎだし、デッドスローリトリーブを可能にする直立リップ
・スローフローティングで水絡み抜群
・ソフトプレゼンテーションを可能にする、38mm/2.8gの小型軽量ボディ
・当然ダウンクロスも大丈夫

まず「FS38」は、渓流ミノーイングの中で一番多い場面「アップストリームの瀬釣り」を簡単に、快適に行うことが可能です。
アップストリームを攻める場合、流れよりも早くリールを巻く必要があり、それを補うように小刻みなロッドワークでミノーをヒラ打ちさせることも多く、昨今渓流ミノーイングの主流となっているヘヴィーシンキング系ではその傾向が顕著です。
その為、攻め方自体が少し雑になり、初心者の方の中には上手く泳がすことが出来ていない場合も多いようです。

浮き姿勢2

アップストリームでの使いやすさを突き詰めて設定した、スローフローティングの絶妙な浮力と、水噛みの良い特徴的なリップ、そして泳ぎだしに寄与する前傾姿勢のウェイトバランスのFS38は、誰にでも扱いやすく、一日を通して忙しいアップストリームの釣りから解放してくれます。
※基本性能としてダウンクロスでも飛び出さない泳ぎを兼ね備えています。

そして「FS38」には、フローティングミノーならではのトラウトフィッシングの楽しみ方を”もう一度”見直して頂きたいという思いも込められています。
まずは視覚で楽しむこと。
「活性の高いトラウトを水面に誘い出す興奮。」
その為に、できるだけ警戒心を与えないソフトプレゼンテーションが必要であり、軽量、極小ボディの「FS38」はそれを可能にします。
さらに、中層以下のトラウトへのプレッシャーを最小限に留めるため、その先にある、フローティングディープ、シンキング、ヘヴィーシンキング等へのルアーローテーションへの可能性を残し、自分自身(又は後行者)へのチャンスを残します。
効率を求めすぎると単調になりがちな渓流ミノーイングですが、ルアーセレクトの幅を広げることで、先を急がずとも、一つ一つのポイントをじっくりと深く味わい、渓流のトラウトフィッシングをユックリと楽しむことが可能です。

ヤマトのコピー

2017/3月中旬頃発売予定
スペック
【FS38】
Floating
38mm
2.4g 
潜行深度 約30cm
フック/SBL-55M #8
リング/#1
¥1400