All posts tagged 鯛

タイジグA1パネル小2018

2月の新製品情報です。
昨年の発売開始から丸一年。
マダイジギング専用開発「タイジグ」に新サイズ150gの登場です。
深場の釣り、潮の早い時も安心のシリーズ最大モデル。
攻めの幅がこれまで以上に、深く、広くなります。

さらに、全サイズに新色を3色追加します。
昨シーズンのリクエストとテストから生まれた、期待大のラインナップです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご注文頂いている小売店様への納品予定は以下のようになっています。
↓↓
2月中旬頃
新サイズ150g
120g新色
100g新色

3月中旬頃
80g新色
60g新色
40g新色

ジグで狙ってマダイを釣る。
シンプルなタックル、こだわりと遊び心、そしてルアーフィッシングらしく少しだけスタイリッシュに。
今年もマダイジギングを盛り上げていきたいと思います。

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

関東にお住いの鈴木様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月下旬頃
釣行エリア: 茨城県日立沖エリア
情報提供者: 鈴木 智史様
ターゲット:真鯛
使用タックル
ルアー:タイジグ 40g
ロッド:天龍 オフ ショア ライト デル ソル OL632S-DFML
リール : ツインパワー4000PG

ライン:G-soul SUPER JIGMAN X8 20lb
リーダ:シーガー Grandmax FX 3号

写真 2017-11-29 16 17 23

「知り合いのプレジャーボートにて4名で出船。
朝から一日風が強く、ドテラ流しでは80g100gのタイジグではラインの出が激しく釣りづらく、パラシュートアンカーを投入。
流石にブレーキが掛かり、今度はラインがたってしまうので、ジグを40gに替えて、ちょい遠投。
着底からフワフワと巻き上げ5m辺りでショートバイト、合わせ入れるも乗らず、再度落し込み。
着底後、直ぐのリーリングでしっかりとした強いアタリ。アワセを入れると、まあまあの重量感!上がって来たのは、2キロ後半の良い鯛でした!同船のタイラバ組には、数こそ負けましたが、型では勝てたのでよしと致します。
タイジグは、まだまだ、メソッドが確立してない釣りで、色々と試しながら、楽しんでおります。
自分だけのオリジナルメソッドを見つけて、タイラバに勝ちたいと思います!」

とのことです。
鈴木様、釣果情報ありがとうございました!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

先日の新製品テスト釣行の模様を少しご紹介します。

テストアイテムは、マダイジギング専用開発「タイジグ」の新サイズ150gプロトモデル。

既存のサイズラインナップは、40g.60g.80g.100g.120gの5サイズを展開中ですが、水深の深いエリアや潮流の早いエリアのユーザー様からのご要望もあり、来年2月の発売を目指して150gモデルの開発を進めております。

今回、お邪魔したのは、昨年からテスト釣行で何度かお世話になっている静岡県御前崎の遊漁船 伊達丸様。
ちょうどこの時期、水深100m前後を狙う「ディープタイラバ」をメインに出船中とのことでしたので、タイジグ150gをテストするフィールドとしては最適でした。

当日、プロトモデルの150gのほかに、既存のタイジグ120gや他社タングステンジグ、タイラバ等も織り交ぜながら、実際の使用感、魚からの反応を確認しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

R0018369のコピー

R0018373のコピー

この日、プロトモデルのタイジグ150gにはマダイ以外の魚種も良く反応し、
イサキ、サワラ、ワラサ(タイジグ120gでの釣果)、メジ、写真は撮りませんでしたが、ウッカリカサゴや沖メバル等のマダイ狙いでお馴染みの魚達。
さらに、10kg近いマハタも登場し船内を盛り上げました。

R0018309のコピー

R0018320のコピー

R0018396のコピー

R0018393のコピー

R0018391のコピー

本命のマダイも終始好反応で、タダ巻き、タイジグ定番のふわふわジャーク、中層早巻き等、ヒットパターンも様々。
最後には、プロトモデル150gのイワシカラーに81cmの大鯛も飛び出し、この日のクライマックスを飾りました。

来年の2018年2月発売を目指し進行中のタイジグ150g。
既に最終調整段階に入っていますが、残りの期間もベストなセッティングを模索して調整を進めていきます。

ご協力頂いた伊達丸様、ありがとうございました。
釣り船 伊達丸ホームページはこちら

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

一昨日ですが、先月末にもお邪魔した、和歌山県海南市海南港の釣り船「海竜」様にて、マダイジギングのリベンジ釣行に行ってきました。

メンバーは、タックルハウススタッフ、GoPhishの武田栄氏、地元アングラー角井氏。
カサゴ、キジハタ、ホウボウ、ブリ、そして最後に79cmの大鯛で締めくくり。
タイジグで夏の近海オフショア五目釣り達成でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_0957のコピー

名称未設定 1のコピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日の模様は、後日、某雑誌でご紹介させて頂くかもしれません。

釣り船「海竜」中井船長様、ありがとうございました!

釣り船「海竜」HPはこちら

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

釣行日:6月下旬頃
釣行エリア:茨城県 日立沖 会瀬港(プレジャーボート)
ターゲット:マダイ
タックル
ルアー:タイジグ


ロッド:ソウルズ TAIBREAK F-S70L(タイジギングスピニングプロトロッド7ft )
リール:ダイワ セルテート3012
ライン:モーリス VARIVAS アバニジギング10×10マックスパワー 1.2号
モーリス VARIVAS アバニジギング パワーブレイド×8 1.2号
リーダー:モーリス VARIVASショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
リア   オーナーばり ジガーライトマダイ早掛 9~11号 (自作アシストフック) 
② 
ロッド:ソウルズ SF-TB60LC
リール:シマノ オシアコンクエスト201HG
ライン:モーリス VARIVAS アバニジギング10×10マックスパワー 1号
    モーリス VARIVAS アバニジギングパワーブレイド×8 1号
リーダー:モーリス VARIVASショックリーダー フロロカーボン 12LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   オーナーばり ジガーライトマダイ早掛 9~11号 (自作アシストフック)

DSC_0239のコピー

DSC_0232のコピー

・晴れ 風あり 波1~1.5m位 潮ちょい濁り
・前日の波が残り、ゆっくりと9時頃出船
・水深20m~30mのポイント

「魚探は真赤、青物の鳥山ナブラ、シラスの漁船と何かしらの反応が続く賑やかな海況でした。
シラス付きの真鯛は、難しいと思いつつも、あっけなく中層で一枚。
青物が食い荒らしたベイト下の真鯛を狙うが不発。魚探に映るベイトの中を通して2枚追加。真鯛は時合で反応する感じでした。
パターンは、絞り込めませんでしたが、釣れた魚は、すべてタイジグ40gのゴールドレッドでした。
釣り方は、潮下にフルキャスト。水深が浅いので底を優しく誘って巻いてくるのと、底を取ってから、斜めに引いてくるただ巻きが有効でした。」

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら