静岡県

All posts tagged 静岡県

愛知県の高橋様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年1月中旬頃
釣行エリア: 静岡県 御前崎エリア
情報提供者: 高橋 誠様
ターゲット:ハマチ(ブリ)
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>41g

image101

「2018年明け。
ホームグラウンドは沈黙続きで全く釣果を聞かず、気分転換にプチ遠征。
たまたま通り掛かった港湾で、エサ釣りの方達がイワシをサビキで珠洲なりに釣り上げているのを見かけました。
更に沖には鳥山が!
まだ日も高かったので、マッチザベイトとばかりにスチールミノー41のイワシカラーをチョイス。
エサ釣りの方達を邪魔しない様に避けつつ、潮通しの良いポイントを選びました。
表層~中層を色々なスピードでスチールミノーを引き倒すも・・・
フックに掛かるのはイワシばかりで、何の反応も無し・・・
ならば、イワシの群れを避ける様に泳層を下げ、ボトムから中層をリフト&フォールで探って来ると・・・
コンコン・・・ドン!!
まずまずの青物が遊んでくれました!
表層~ボトムまで、自在に探れるスチールミノーに今回も感謝です!」

とのことです。
高橋様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

先日の新製品テスト釣行の模様を少しご紹介します。

テストアイテムは、マダイジギング専用開発「タイジグ」の新サイズ150gプロトモデル。

既存のサイズラインナップは、40g.60g.80g.100g.120gの5サイズを展開中ですが、水深の深いエリアや潮流の早いエリアのユーザー様からのご要望もあり、来年2月の発売を目指して150gモデルの開発を進めております。

今回、お邪魔したのは、昨年からテスト釣行で何度かお世話になっている静岡県御前崎の遊漁船 伊達丸様。
ちょうどこの時期、水深100m前後を狙う「ディープタイラバ」をメインに出船中とのことでしたので、タイジグ150gをテストするフィールドとしては最適でした。

当日、プロトモデルの150gのほかに、既存のタイジグ120gや他社タングステンジグ、タイラバ等も織り交ぜながら、実際の使用感、魚からの反応を確認しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

R0018369のコピー

R0018373のコピー

この日、プロトモデルのタイジグ150gにはマダイ以外の魚種も良く反応し、
イサキ、サワラ、ワラサ(タイジグ120gでの釣果)、メジ、写真は撮りませんでしたが、ウッカリカサゴや沖メバル等のマダイ狙いでお馴染みの魚達。
さらに、10kg近いマハタも登場し船内を盛り上げました。

R0018309のコピー

R0018320のコピー

R0018396のコピー

R0018393のコピー

R0018391のコピー

本命のマダイも終始好反応で、タダ巻き、タイジグ定番のふわふわジャーク、中層早巻き等、ヒットパターンも様々。
最後には、プロトモデル150gのイワシカラーに81cmの大鯛も飛び出し、この日のクライマックスを飾りました。

来年の2018年2月発売を目指し進行中のタイジグ150g。
既に最終調整段階に入っていますが、残りの期間もベストなセッティングを模索して調整を進めていきます。

ご協力頂いた伊達丸様、ありがとうございました。
釣り船 伊達丸ホームページはこちら

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

愛知県の高橋様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年10月初旬頃
遠州灘サーフエリア
情報提供者: 高橋 誠様
ターゲット:フラットフィッシュ
使用タックル
ルアー:スチールミノー31
ロッド:SOULS Diffuser 96MH
リール:SHIMANO STELLA SW5000 HG
ライン:PE#1.0+20lb
リーダー:Nylon Leader

image111のコピー

image222のコピー

「10月の三連休は海が悪くて全く釣りにならず・・・(*_*;
今日は、会社帰りの日没までの30分サーフに出向きました。
まだまだウネリがキツくて、サーフは貸し切り!
スチールミノーで3バイト2キャッチでした!
あのウネリで、ボトムがしっかりトレース出来るのがわかりました!
スゲーっすよ、スチールミノー!」

とのことです。
高橋様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

静岡県の釣具店 上州屋浜松駅西店のルアー担当斉藤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年10月上旬頃
釣行エリア: 磐田サーフエリア
情報提供者: 斉藤様
ターゲット:ヒラメ
使用タックル
ルアー:スチールミノー31
ロッド:フウジンX10thサーフサミット10M
リール:ツインパワーXD4000XG
ライン:UPグレードX8 1.2号
リーダー:Fリーダー20lb

2706041_1のコピー

2706041_3のコピー

「磐田サーフへヒラメ狙いに行って来ました!波予報は3mでしたが、思うほど高くない感じの中釣り開始!
ポイントを探りながら移動していくと生命反応!釣れて来たのはヒラメでした。その後もヒラメを追加!短時間でしたが楽しめました。

(スチールミノーを使用した感想)気持ち良く遠投出来、巻きスピードと竿の角度でミノーのように使える使用感でした!」

とのことです。
斉藤様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

イワシカラー

今回も前回に引き続き「スチールミノー」の特徴とサーフでの釣りについて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前回、サーフでのフラットフィッシュを想定した解説の中で、「魅力的なフォール」というワードを出しましたが、この「スチールミノー」タダ巻き時のスイムアクション同様に、フォールアクションにもかなりこだわり、設計、開発しています。

下の解説イラストにも示した通り、主に2種類のフォールパターンに対応しています。

フォールのコピー

まず、一つ目は、フリーフォール時のスパイラルフォール。
ラインにテンションを掛けない状態でフォールさせた場合、やや頭を下げた水平姿勢でスパイラルフォールするよう設定しています。
狙いとしては、高比重ボディ特有の素早い沈下速度を保ちつつ、魚へのアピール効果も兼ね備えています。
また、水平に近い姿勢はフックとリーダーの不用意な糸絡みを防止します。

二つ目は、テンションフォール(カーブフォール)時のスローなアクション。
ラインテンションを掛けた状態では、気持ち頭を上向きに、ヒラヒラと小刻みにボディをロールさせながらゆっくりと沈下し、ターゲットの食性を刺激します。

沈下速度の違いを念頭に置いて、フィールドの水深に合わせて使い分けて頂くのは勿論、タダ巻き時のスイムアクションと組み合わせることでフラットフィッシュ攻略のバリエーションが増します。
例えば、リトリーブの合間にラインテンションを抜き、スパイラルフォールを織り交ぜることで、メリハリの利いたアクションを発生させ、ターゲットからのリアクションバイトを誘発したり、テンションフォールとの組み合わせでは、ボトム付近を「ゆっくり」「ネチネチ」と探るのに効果的だったりします。
特に、ヒラメと並んで人気の高い「マゴチ」はボトム付近での捕食がメイン。
リトリーブとフォールを織り交ぜたボトム狙いがマゴチ狙いの時は有効になる場面が多いかもしれません。

遠州灘のサーフにてマゴチ。
リトリーブからのテンションフォールで着底直後にバイト。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前回、今回と解説したように、スチールミノーとサーフエリアの相性はとても高いです。
秋はヒラメやマゴチの最盛期を迎える地域も多いかと思います。
スチールミノーの発売は31gが9月、40gが10月と秋のベストシーズンに合わせて市場に投入できる予定です。
ご期待ください!

次回はユニークな内部構造を解説します。

スチールミノー関連記事はこちら

アクション動画も是非ご覧ください。↓↓