青物

All posts tagged 青物

青物のキャスティングゲームで人気のヘビーシンキングミノー
「CONTACT FLITZ.<コンタクト・フリッツ24g&42g>」「CONTACT BEZEL.<コンタクト・ベゼル36g&48G>」
に限定生産アピールカラーが登場です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

濁り潮の中でも目立つビビットな配色にアピール力の高いレンズホログラムを採用した定番色とは一味違うカラーリングの4色。

AP.1 ダブルピンク
AP.2 レインボーイワシ/オレンジベリー 
AP.3 ゴールドグリーン/ピンクベリー
AP.4 ゴールドレッド/オレンジベリー

EBF2D3CB-5BCE-4DB5-B94F-72320F5C0E20
↑写真は事前サンプル配布での釣果。千葉県船橋港「フレンド★シップ」様ご提供。

日本は勿論、海外でも長年高い釣果実績を誇るフリッツ&ベゼルの限定生産アピールカラー。
ご注文を頂いている小売店様へは順次出荷を開始しております。
お見逃しなく!

<コンタクト・フリッツ>製品ページ
<コンタクト・ベゼル>製品ページ

近畿エリアのユーザー様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年11月上旬頃
釣行エリア: 和歌山県 中紀、紀北エリア
情報提供者: 匿名
釣果:ハマチ(ブリ)
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKW140
ロッド:MCワークス レイジングブル104XF -2
リール:ソルティガ 5000H
ライン:YGK ジグマンX8 #3
リーダー:よつあみ DMV 70lb 2m
フック:カルティバ STX -58 #1

BEB18291-EA34-4E5C-96C7-250D64EBA1FE

「夕べ、ルアーを選んでいるとふと目に留まったのが、
Tuned K-TEN TKW140。
これやったらダブルRユニットで瀕死のベイトが演出できるんちゃうかなーと妄想が膨らんだので、ノーマルからフックをちょっと強くして、早速夜明け前からキャスト!
少し動きがスポイルされるけど、まあ許容範囲かなあと想いながら投げていると、左端のアングラーにヒット!
足元を見ると投げてるルアーと同じサイズの鰯がへばりついてるー。
激しいアクションで誘いたいのを我慢して、ちどーり、ちどーり、と呟きながら巻いているとガツーン!とヒットー

おもろい!ほんまおもろい!

ハマチを絞めてたらドバドバっと磯際でナブラー!
タックル持ち替えて2本追加!どれもええ魚ー。」

釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKW140製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

千葉県船橋港の遊漁船 フレンド★シップの田岡船長様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年11月上旬頃
釣行エリア: 東京湾エリア
情報提供者: 遊漁船 フレンド★シップの田岡船長様
釣果:サゴシ(サワラ)
使用タックル
ルアー:CONTACT FLITZ.<コンタクト・フリッツ>24g
(間も無く一般発売開始の2018リミテッドカラー #ダブルピンク)

EBF2D3CB-5BCE-4DB5-B94F-72320F5C0E20

BBF77998-721A-4897-9266-7A38AC448528

E27A676B-1FAD-4A65-AE12-9E5D31BFE2C0

922FC830-C4E2-48FA-A067-5712481D8F1C

「今朝はベイトが6cmと小さいためか、フリッツ24gピンクシルバーにヒット集中してます。」

田岡船長様、釣果情報ありがとうございました!

フレンド★シップ様ホームページはこちら

CONTACT FLITZ.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

近畿地方のぶらっくふぃん様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年10月下旬頃
釣行エリア: 大阪湾エリア
情報提供者: ぶらっくふぃん様
釣果:サワラ
使用タックル
ルアー:<M168>
ロッド :ザウルスブラックフィン116
リール: シマノツインパワー6000HG
ライン:PE2号
リーダー :50ポンド

336381F1-CDC3-4FAB-A4B3-0B6F537DD62F

40CF8296-8826-4E5A-BED3-379CD40284F1

「昔から青物狙いでタックルハウスのルアーを良く使用させてもらっています!
この日は、シブい状況のなか、ルアーをローテするも当らず…。
M168mmに変えた3投目でサワラ95cmを獲る事が出来ました!
今では、タックルハウスの青物狙いのルアーも増えましたが、昔からMシリーズには、何度も助けてもらってます。」

ぶらっくふぃん様、釣果情報ありがとうございました!

M シリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

千葉県船橋港の遊漁船 フレンド★シップの田岡船長様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年11月上旬頃
釣行エリア: 東京湾エリア
情報提供者: 遊漁船 フレンド★シップの田岡船長様
釣果:サゴシ(サワラ)
使用タックル
ルアー:CONTACT FLITZ.<コンタクト・フリッツ>24g
(間も無く一般発売開始の2018リミテッドカラー #レインボーイワシオレンジベリー)

0980D150-2908-4FA4-9716-71017D0802D0

7A529161-1926-4E8E-A876-71F31F02FBCA

「今朝フリッツの24gを試したところ、すこぶる良くヒットしました。
水面から飛び出さない程度の早巻きでした。
また一番は ワイヤー貫通してるのがグッドな事です。」

田岡船長様、釣果情報ありがとうございました!

フレンド★シップ様ホームページはこちら

CONTACT FLITZ.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年10月中旬頃
釣行エリア: 高知県 土佐沖エリア
情報提供者: 上杉一巨様
釣果:カツオ、キメジ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー120>ナローリフレクトカラー
CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット145>
ロッド:ゼナック:Tobizo TC80-50G
リール:シマノ:ステラSW6000HG
ライン:モーリス:VARIVASアバニキャスティングPEマックスパワー3号
リーダー:VARIVASショックリーダー オーシャンレコード60LB
フック:オーナー:カルティバSTX-58#1

44136699_2212649332312634_2647287330083176448_n

44265622_555495298236432_2402469070315192320_n

44198846_334593414013224_1244520181934325760_n

44302768_191920851703261_3134681679122137088_n

「先日、キハダ、カツオのキャスティングゲームで良い釣果に恵まれました。
ご報告致します。

カツオ、キメジのキャスティングゲームに不可欠なコンタクトフィードポッパー120mm
中でもナローリフレクトカラーには絶大な信頼を寄せている。
30gとウェイトがしっかりとあり、PE3号、60LBのショックリーダーでも十分な飛距離を出し、不意の大物にも対応する耐久性の高さに加えあらゆる気象状況下でも的確なアクションを繰り出す性能の高さが自ずと釣果を導き出す。
実際のルアーサイズよりも細身に錯覚させるナローリフレクトカラーが相乗効果を生み、知能の高い大物には特に効果的である。

この日、フィードポッパーを中心に、コンタクトブリットペンシル145mmナローリフレクトカラーとのローテーションで、14㎏のキメジ、6㎏のカツオを筆頭に5~8㎏ほどのキメジ多数、2㎏クラスのカツオの数釣りを楽しめた。
大海原を疾走するスプリンターを虜にするこのルアーたちは、これからも強い味方となり続けることだろう。」

上杉様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年10月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県 中紀、紀北エリア
情報提供者: 吉田裕彦様
釣果:ブリ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー100シンキングワークス>

写真 2018-10-17 16 26 16

写真 2018-10-17 16 26 24

写真 2018-10-17 16 26 11

「斜めからの向い風で海面がザワついており、水噛みの良さと飛距離を考えて100SWをチョイス。チョボ、チョボ、チョボと短いピッチでポッピングしていると…
ルアーの後ろで、一度モワッと水面が盛り上がり、直後に魚が反転してドッパーンと水柱が!

ジャスト90センチのブリ!!」

吉高様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.POPPER製品ページ、アクション動画はこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

静岡県のヒロ様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年10月中旬頃
釣行エリア: 静岡県エリア サーフ
情報提供者: ヒロ様
釣果:ヒラメ、イナダ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION <K2F 142WL T:2.2> #MN2.デイライトゴースト(初回限定カラー)
ロッド:ダイコー レガーロ
リール:シマノ ツインパワーSW 4000XG
ライン:PE1号
リーダー:6号

44104979_548682902243224_4528354788072488960_n

44057206_304369470398461_6630877077740453888_n

44250823_533132233765402_7699416717092454400_n

「釣果報告をさせていただきます。
K-TEN のルアーは、職場の上司から紹介してもらってから、ずっと愛用させていただいております。
先日、釣具店に並んでいる K2F 142WL を見つけ、即購入しました。

実際に使ってみると、ルアーの名の通り、引いた時良い感じにテンションがかかります。
潮の流れの向きや、流れの強さがよくわかり、自分が今どのような場所を狙っているのか、推測しやすいと感じました。
ボディの太さなどバランスの関係かウォブリングが比較的ナチュラルな印象で、強く引いても水噛みがよく、暴れすぎず使用感も気に入っています。

潮の流れは数メートルずれると大きく違うため、特に流れが強い場所を探り狙っていたところ、良型のヒラメが釣れました。
56cm 1.65kg とまだまだですが、ショアからのサイズとしては何気に自己新記録で、とても嬉しかったです。
これから、より大型のヒラメやスズキを狙って行きたいと思います。

二宮先生のルアー作りにかける情熱には、いつも感激しております。これからも大切に使わせていただきます。」

ヒロ様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年10月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県 中紀、紀北エリア
情報提供者: 吉田裕彦様
釣果:メジロ(ブリの若魚)、サワラ
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>41g、31g
Tuned K-TEN TKW140
CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー>
フック:スチールミノー41=オーナーばり ST66#4
スチールミノー31=ST56#6
TKW140=ST56#2

写真 2018-10-19 10 05 08

写真 2018-10-19 10 05 06

写真 2018-10-19 10 04 48

写真 2018-10-19 10 04 57

写真 2018-10-19 10 05 01

写真 2018-10-19 10 04 30

写真 2018-10-19 10 04 37

「朝マズメにメジロ、サワラをスチールミノーの早巻きで。
スチールミノーですが、青物アングラーに本当にお勧めです。
ブリ系は勿論ですが、サワラ、サゴシの集魚効果も凄いです。明らかに周りが釣れていないときにスチールミノーに釣果が集中することがよくあります。
また、浅場も引けて、泳層の調整も簡単なので磯場での使用にも適しています。
この日、同じく鉛製のルアーの大型の鉄板バイブを磯で投げている釣り人を見ましたが、数投で根掛かりしていました。

日が昇ってからは、ベイトのサヨリについたメジロにTKW140のただ巻きがハマりました。
ダブルRユニットの効果なのか時折ふらつきを見せる千鳥アクションが青物にも効いているのかもしれません。
青物狙いで定番のミノーK2Fとはまた違う効果がありそうです。

フィードポッパーでの釣果写真は近くで釣っていた方で、タックルハウスが好きだそうです。」

吉田様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら
Tuned K-TEN TKW140製品ページはこちら
CONTACT FEED.POPPERシリーズ製品ページはこちら

スチールミノーキャンペーン開催中、詳細ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

神奈川県の長山様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年9月下旬頃
釣行エリア: 東京湾エリア
情報提供者: 長山陽太様
釣果:ワラサ(ブリ若魚)
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>41g
ロッド:ヤマガブランクス バリスティック 73ML TZ/NANO
リール:シマノ 10ステラ4000XG
ライン:よつあみ g-soulupgraepeX8 1.2号
リーダー:よつあみ DMV ナイロンショックリーダー 25lb.

2018-09-26-09-41-23-145_1

「先日ですが良いワラサが釣れたので釣果報告の方したいと思います。

ナブラが出ていたですがレンジに凄くシビアでトップでは反応なく、20㎝以上レンジを入れると反応しない状態でした。
そこで迷わずスチールミノー41gを選択!!
ナブラの進行方向の先にキャストし、ロッドを立てて高速リトリーブで水面直下を狙うとすぐにヒット!!

スチールミノーの飛距離、アクション、そしてレンジキープ力が優れているので取れた一本でした

同じやり方でもう一本掛けましたがそちらはバラシてしまいました。」

長山様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

スチールミノーキャンペーン開催中、詳細ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年9月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県 紀北エリア 地磯
情報提供者: 吉田裕彦様
釣果:ブリ、マダイ、サワラ
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>41g
フック:オーナーばり ST66#4

BB25736F-472F-49AC-8BCB-3E06ECD6487A

BD3701B3-8ABF-4CFB-8B60-1F45EF94E09F

5A694D6D-C20E-41BA-933F-07B2DA79980C

399E57BA-78FB-48D9-A6E4-CA7A853D948B

45E2F42E-BDD9-4BF6-BF74-80B389D8A4B9

787BCF06-4E96-484A-B9E0-3B7BC8D9FCBD

8DA8C993-0091-4F10-88AB-FFAC4D82D66E

「ブリ94cm、マダイ57cm筆頭に全てスチールミノー41での釣果。
フックはST66#4に変更。
11人が横並びで釣りする中、スチールミノーで圧倒的釣果!
周りの人驚いてました(笑)すぐにスチールミノー買いますって言ってました!」

吉田様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

スチールミノーキャンペーン開催中、詳細ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

島根県の伊津様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年9月下旬頃
釣行エリア: 島根県エリア 地磯
情報提供者: 伊津 通様
釣果:ヒラマサ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー150>
ロッド:マンビカ110XXH
リール:10ソルティガ5000H
ライン:PE4号
リーダー:ナイロン90lb

42362285_562551150841756_4590604798520197120_n

42321880_324161821473868_7166936713367912448_n

「念願のメーターオーバーでした!
フィードポッパー、ブリット両方愛用してます!
この日はもう1本60センチを追加しました!

ヒットルアーはフィードポッパーの150で、フックをシングルに交換してました。
アクションはポッピングと言うよりダイビングペンシルを使う感じで潜らせる使い方が魚からの反応がある気がしてるので、ヒットさせた時も潜らせてのロングジャークでした。
音と泡でハイアピールさせる時はフィードポッパー、ナチュラルに誘いたい時はブリットペンシルって感じで使い分けてます。
タックルハウスのルアーお気に入りです!」

伊津様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.POPPERシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

徳島県の森本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年9月上旬頃
釣行エリア: 徳島県南エリア 地磯
情報提供者: 森本 健太郎様
釣果:ヒラスズキ、ツバス
使用タックル
ルアー:K-TEN BLUEOCEAN BKF115 eclipse custom
Tuned K-TEN <TKLM “12/18″>
CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー100>
ロッド: ripple fisher avarice 106mh nano
リール: stella 4000xg
ライン: sunline career high 35lb
リーダー: system shock fc40lb
フック:gamakatsu spmh#2 、#4

41500292_315005862618218_2530251640225660928_n

41589687_465885670487621_2735367467122556928_n

41616306_1021155801422230_2906059547753840640_n

41550013_515502002258823_5587397945495388160_n

41669916_245714799471043_7005400407795040256_n

「釣果報告です。

朝早く起きて、徳島県南地磯に久々に出撃してきました。
開始早々にBKF115エクリプスカスタムでヒラスズキをキャッチしました。
会社の先輩から誕生日プレゼントに貰った物だっただけに、とても嬉しい1本になりました。
その後も、陽が上がるタイミングにTKLM120で1本キャッチしました。
その後、程よくバイトがありましたが乗せる事が出来ず、ランガンを繰り返しました。このランガンがまた辛いッ‼️
でも、着けば沖のシモリにサラシが広がり、流れもかなり効いてきたので、CFP100!これしかない!と、思い選択しました。
着水し…バホッ‼️バホッ‼️ドババ〜‼️っと大きく出ました。
何故かブルブル震えながら下へ下へ潜って行くので、正体がわからず無我夢中でファイトして上がって来たのが…ツバスのダブル笑笑
こんな事あるんですね⁉️笑
また良き思い出が出来ました。」

森本様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN BLUEOCEAN製品ページはこちら
Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら
CONTACT FEED.POPPERシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

ポップ 原画のコピー

9月の新製品「CONTACT Steelminnow(スチールミノー)57g」
初回分をご注文頂いていた小売店様への納品がほとんど完了し、全国の釣具店の店頭でお買い求めいただけるようになっているようです。

「全身メタル素材で、泳ぎはミノー。それがスチールミノー。
昨シーズンのデビュー以来、その飛距離と、アクションで、サーフや堤防ゲームで活躍中。そして今シーズンは、オフショア、本格青物ゲーム完全対応の57gが登場。
この自重は、PEライン1.5号~5号を用いるタックルに対応。
全長はベイトのサイズにシビアな時にも心強い110mm。
コンパクト&ヘヴィーウェイトで、ナブラ攻略も楽々。
自然なフォール姿勢、スロー~ファストまで安定したミノーアクション、軽い引き抵抗で、多彩なレンジで活躍します。
パイロットルアーに、ローテーションのかなめに、きっと力になります。」

例年以上に長く、過酷に感じられた夏の酷暑も落ち着きを見せはじめ、全国各地で甚大な被害を及ぼした数々の台風もひとまずは去りました。
秋の釣りシーズンがいよいよ始まります。
青物アングラーの皆様、この秋、スチールミノー57gを是非一度お試しください。
きっと欠かせない存在になります。

「スチールミノーチャレンジ」本日より開催。キャンペーン詳細ページはこちら

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

出荷を順次開始したばかりの新製品「スチールミノー57g」
間も無く全国の釣具店様に並ぶ予定です。
発売前の製品モニタリング時の釣果写真をご紹介します。

釣行エリア: 和歌山県紀北エリア 地磯
情報提供者: 吉田裕彦様
釣果:ハガツオ
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>57g
フック:オーナーばり ST66#1
ライン:PE3号
リーダー:フロロ14号

8C0D3DAB-9C1C-48A3-80E1-AAF2452F5EB0

44111FDC-F896-4361-99F4-1AAE88326234

「PE3号、リーダーはフロロ14号の青物タックルです。
良い感じで使えました!
飛ぶし、巻き抵抗も丁度いいです!」

とのことです。
吉田様、ご協力ありがとうございました!

スチールミノー製品ページこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

2018年9月発売
本格青物仕様「スチールミノー57g」
タックルハウスの既存の青物向けアイテムとのサイズ、スペックの比較画像です。
比較ルアーの選定は、青物向けアイテムの中でも同系統に分類されるヘヴィーシンキング系ルアー。
その中でも、今回のスチールミノー57gと同等の50g前後のアイテムです。

50g 比較2のコピー2

比重の高いメタルボディを採用したスチールミノーは、10g程軽い40g代のプラグと同等のシルエットに抑えられています。
その恩恵として、ターゲットにプレッシャーを与えにくいと共に、ひとたびロッドを振り抜けば、鉛のボディは瞬く間にラインを引き出し、プラグでは届けられないその先へと、メタルジグ並みの射程で広範囲を素早くサーチすることが可能です。

着水後、すぐにリトリーブを開始すれば、表層を。反応が得られなければ、ジグ並みの沈下速度で素早くボトムをタッチ。リトリーブ開始後はベイトライクなウォブンロールアクションで極めてナチュラルに捕食を促し、テンションフォール時、フリーフォール時も常に生命感を失うことなく、ピックアップまでターゲットにアピールし続けます。
勿論ハイギアリールでの高速リトリーブにも対応。
青物狙いで定番とされているトッププラグ、ミノー、シンキングペンシル、メタルジグ、etcこれらのどれとも違う個性を備え、これまでカバーできなかった距離、泳層、シチュエーションで新たなアプローチを可能にします。

P.S
前回のスチールミノー57g発売告知時にリップ部の強度に関する質問をお受けしていました。
下の画像は31gモデル発売時に使った解説画像ですが、全サイズ同様の内部構造で、青物仕様の57gモデルは1.5mm厚の肉厚ステンレスプレートを使用しています。
リップとメインプレートは鉛の内部で接続されており、魚とのファイト時、キャスト時等にすっぽ抜けてしまうようなことはまずありません。(キャストミス等による岩などへの衝突での曲がり、変形はあり得ます)

IMG_1121

IMG_1122

スチールミノーの内部構造について更に詳しく見る

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

代表のコピー3

秋の新製品予告です。

タックルハウスが提案する新ジャンルの金属ミノー
「スチールミノー」に本格青物仕様の57gモデルを発売します。

ボディの骨格には1.5mm厚のステンレスプレートを採用。
推奨フックは太軸のST66#1。(別売り予定)
青物との強引な引っ張り合いを想定し、ボディ、フック共に十分な強度を確保しています。

PEライン1.5~5号程度のタックルでの使用を想定し開発、テストを行いました。

昨年のファーストモデルから4サイズ目となりますが、
このルアーについて詳しく知らない青物アングラーの方に特徴を説明しますと、
簡単に言えば「メタルジグとミノーの良いとこどり。」

具体的にいくつかスチールミノーの特徴を並べます。
【メタル素材の特徴】
・強風、向かい風にも強い、安定したキャスタビリティ。
・素早い沈下で表層からボトムまでスピーディーにサーチ可能。
・比重が高い為、シルエットを小さく抑えられる。

【アクションの特徴】
・ただ巻きでもメタルボディとは思えない艶めかしいミノーライクな泳ぎ。
・スロー~ファストリトリーブまで対応。
・軽やかな巻き心地で疲労が少ない。
・フォール中も魅力的なアクション。
etc

これらの特徴は青物のキャスティングゲームにおいて、ショア、オフショア共に、アングラーにとってとても大きな武器となるはずです。

下の動画は41gモデルのアクションですが、基本的に57gモデルを含めた全サイズ共通のアクションです。ご参考までに。

発売は2018年9月予定。
追加情報は順次更新していきます。

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月中旬頃
釣行エリア: 鹿児島県錦江湾エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:鰤 93cm
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー135> カラー NRピンクバック
ロッド:MCワークス ストレンジブル973R
リール:ツインパワーSW5000XG
ライン:PE 2.5号
リーダー:ナイロン40ポンド

90878735-4BD5-4B30-B301-1FF4B8F8E899

「この日は周りのアングラーにミスバイトがあり、ルアーとは多少ズレたバイトでルアーにも当たらないとの事で大きいアクションは避けて、小さいショートピッチであまりウォブリングさせないイメージで食わせた一匹!」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

7月も2週目の後半に差し掛かり、2018年も本格的な夏が始まりました。

夏と言えば、ここ数年幅広い年代の方から人気の「ショアジギング」
関東エリアのサーフでは例年に比べやや遅れ気味でしたが、小型から中型サイズの青物の回遊が見られるようになり、朝、夕まずめを中心にショアジギングを楽しむアングラーの姿が増えてきました。
南関東、近畿エリア営業担当のスタッフ古賀より静岡 沼津サーフエリアのレポートをご紹介します。

↓↓

釣行日 2018年7月上旬頃
場所 静岡県 沼津エリア サーフ
タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>31g&41g
ロッドGoPhish The Take Backer 10.6S

「スタッフの古賀です。
まず、今回の西日本豪雨で被災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。
私も先週、出張で大阪、和歌山に滞在している間に、今回の豪雨を僅かながら体験し、比較的被害の少なかったエリアにもかかわらず、至る所で道に溢れる雨水を目にしたり、多くの箇所で道路の封鎖や通行止めにも遭いました。
本格的に被害の大きかった九州や四国、山陰等、今だに被害が拡大している地域の方々の事を思うと、一日でも早く平穏な日常が戻ることを祈るばかりです。

話を本題に戻します。
先日、出張中移動の合間に静岡県沼津のサーフに寄ってきました。
ここのところ青物が好調との噂を聞いていた超有名ポイントです。
昼過ぎに現場に着いた時には週末にもかかわらず釣り人の姿はまばら。
午前中まで降っていたという雨の影響でしょうか。
この日の目的からすると人は多い方がありがたいのに、と思ったのも束の間、時間の経過と共にどんどん人が増え、夕まずめが近づいた頃には広大なサーフにびっしりと人が並びました。

この日の目的というのは後で述べるとして、釣果の方は序盤に小型のワカシ(ブリの幼魚)がポツポツと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このサイズでも釣れていれば人が集まる人気のターゲットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、夕まずめに差し掛かり、潮目がルアーの射程範囲に入ったタイミングで明らかにこれまでと違う重量感のある強烈な引きが。
上がってきたのは50cm程のショゴ(カンパチ)でした。
日没までまだ時間はありましたが、この後の移動もあるのでこの魚を最後に切り上げました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒットルアーは全てスチールミノーの31gと41g。
ワカシは全て早めのタダ巻きで、レンジは水面直下だったり、ボトムを取ってからの巻き始めだったりと様々。
メタルボディの恩恵で比較的水深のあるこの釣り場でもストレスなくボトムまで探れました。
ショゴは表層で早めのタダ巻きの最中、一瞬ロッドを海側に倒し、ラインテンションを抜いてフリーフォールを入れた瞬間に食ってきました。
スチールミノーはフリーフォール時にスパイラルフォール(水平姿勢で横方向に回転しながら沈下)するよう設定しているため、タダ巻きの最中に加えると一瞬イレギュラーな動きを任意に演出できる為、タダ巻きだけで反応を得られない時トゥイッチのような感覚で織り交ぜるようにしています。

先程述べたこの日の目的はというと、都心部からも多くの人が訪れる関東の激戦区、静岡のショアジギング超メジャーポイントでのスチールミノーの青物適性を再確認すること。
関西方面では青物狙いで既に好評のスチールミノーですが、関東ではまだまだ認知度が低いと感じています。
また、殆どの人がメタルジグをシャくる中で、スチールミノーをタダ巻きメインで使った際に釣れ方に差があるのかを改めて確認したいという点でした。

半日の釣果で断言できることは何もありませんが、この日の結果だけで言えばワカシ等の小型青物はメタルジグ系と同等に反応を得られ、ショゴに関しては自分の視界の範囲ではこの日一番の良型でした。
何よりタダ巻きメインでのアプローチは体力的にも消耗が少なく、炎天下の元で行うことが多いこの釣りでは大きな利点になる事も再確認出来ました。

この日は検証的な意味もあり、スチールミノー1本で通しましたが、キラキラと跳ねる小さなメタルジグにしか反応しない魚もきっといたと思いますし、同じようにミノーアクションのスチールミノーに反応の良かった魚もいたように感じました。
ルアーの特性を把握して使い分ける事で、関東エリアでのショアジギング、青物狙いにおいてもスチールミノーは大きな武器になる事を改めて確認できた釣行でした。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズ比較のコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月中旬頃
釣行エリア: 鹿児島県錦江湾エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:鰤 90cm
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー135> カラー NRピンクバック
ロッド:MCワークス ストレンジブル973R
リール:ツインパワーSW5000XG
ライン:PE 2.5号
リーダー:ナイロン40ポンド

20180613060537_p

「今年は錦江湾、鰤が多く大潮のタイミングでまた接岸して夏鰤にしてはコンディションも良くパワーも強い。
日によって個体差もパターンも違いそれを探すのが楽しみです。」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら