青物

All posts tagged 青物

鹿児島県の上宮様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月初旬頃
釣行エリア: 鹿児島県大隅半島東岸エリア
情報提供者: 上宮則幸様
ターゲット:ブリ、カンパチ。
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP170 カラー#07・イワシ
ロッド:Fishman BRIST 103 XH proto
リール:Abu ビッグシューターWM 60
ライン:山豊テグス FAMELL ジギングPE x8 4号
リーダー:山豊テグスフロロショックリーダー18号 25m

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「初夏を迎え海面も輝きを一層増す頃、チラホラと大型青物の釣果情報が耳に入り始めました。

情報によるとブリの泳層は40m前後とのことなので、まだ薄暗い早朝、急斜面を降りてドン深の磯にわたしもFishman社のテストロッドを手に立ちました。

期待は空しく海は凪。

アングラーも多数。

朝イチのトップも陽が登ってからのジグにも反応は無し。

昼を過ぎて、他のアングラー達がゾロゾロと磯を上がる頃、沖に飛び魚の姿が目に入り、ジグから再びトップに狙いを変え、ダイビングウォブラーCFDW 150の強烈なバブルと波動で誘うと、2度水面ルアー後方の水面がモワンと揺らぎました。

ルアーをコンタクト・ブリット CBP 170にチェンジ。

ただし、フックはメーカー推奨より1番手落とした#3/0に。

理由は、25mもの長いフロロリーダーを使用している事によるダイブ特性の変化を今日の凪の水面にアジャストするため。

激しくショートダイブさせ続けると水面が炸裂し、嬉しいヒット!

大型のブリと、久し振りに味わうカンパチの引きを堪能できました。

海面の状況と、魚の活性に柔軟に対応できるブリットの性能と、自らの粘り腰が呼び込んだ釣果に心が踊る釣行となりました。」

とのことです。
上宮様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

以前よりお伝えしている、今秋発売予定のメタルルアー。
名称は「スチールミノー」に決まりました。

32gと42gの2サイズを9月、10月に発売する予定です。

独特な外見にまず目が行ってしまいますが、比重の高い金属ボディのルアーでは難しかった艶めかしいウォブンロールアクションを再現。
まさに金属ボディのミノー。

アクション動画も作りましたので良ければご覧ください。

名称「スチールミノー」
ボディは鉛とステンレスプレートで構成。
比重を生かした安定した遠投性能と沈下速度。
最大の特徴は、これまでのメタル系ルアーでは成し得なかった泳ぎ。
メタルボディでミノーの泳ぎ。

広範囲を探る。
何度もキャストを繰り返す。
サーフでのフラットフィッシュゲームをはじめ、ショアからの青物キャスティング、
オープンエリアでの回遊待ち。
急深部、水深のあるフィールド。
これまでのミノーでは容易に届けることが出来なかった距離、深みをミノーイング。
ただ巻きで使えるシンプルさと、引き重りしない心地よい使用感。
ショアからのキャスティングゲームに新定番「スチールミノー」

ご期待ください。

CONTACT フィードダイビングウォブラーに新サイズ175mmの登場です。
CF175DW 175mm/70g ¥3000 (フック別売り)
※推奨フック装着時83g
オーナーST66#3/0×2
がまかつSP-XH#4/0×2

主なターゲットは、ヒラマサをはじめとするオフショアの青物。連続したショートジャークで、水面直下を、泡をまとってウォブリングで泳ぎます。テール部分 にウェイトを集中させ、浮き姿勢はほぼ垂直。連続ジャーク後の僅かなステイでも一度しっかり水面に顔を出しテンポよい釣りが可能です。さらにR- Unit2.0Revolverを搭載して、波間に漂う時も決して水と同調する事なく、ステイ時にも生命感を追求しました。ポッパーともダイビングペンシルとも違う個性を持ったプラグです。

【R-Unit2.0 】
ボディー横断面にウェイトルームを設置。中央に軸を通しその周囲をウェイトが左右方向に移動します。ウェイト球は時に振り子のように動き、時に軸を中心に回転し、これまでのプラグとは質の異なるイレギュラーアクションを起こします。

発売は今月中旬頃。
お盆休み前後の出荷につき、入荷時期が地域によって前後する可能性が高いです。
お求めの際は、事前に釣具屋さんへの入荷確認することをお勧めします!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

CF135DWL版ふち無のコピー4

一昨日ですが、先月末にもお邪魔した、和歌山県海南市海南港の釣り船「海竜」様にて、マダイジギングのリベンジ釣行に行ってきました。

メンバーは、タックルハウススタッフ、GoPhishの武田栄氏、地元アングラー角井氏。
カサゴ、キジハタ、ホウボウ、ブリ、そして最後に79cmの大鯛で締めくくり。
タイジグで夏の近海オフショア五目釣り達成でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_0957のコピー

名称未設定 1のコピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日の模様は、後日、某雑誌でご紹介させて頂くかもしれません。

釣り船「海竜」中井船長様、ありがとうございました!

釣り船「海竜」HPはこちら

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

鹿児島県の上宮様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月初旬頃
釣行エリア: 鹿児島県大隅半島東岸エリア
情報提供者: 上宮則幸様
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT CBP170
ロッド:Fishman BRIST 103 XH proto
リーフ:Abu ビッグシューターWM 60
ライン:山豊テグス FAMELL ジギングPE x8 4号
リーダー:山豊テグスフロロショックリーダー18号 25m

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「最近好調の青物狙いでホームの磯に釣行しました。

日の出前から磯に降り、あの手この手尽くしますが、全くバイトは無し。

ただ、先日からの好調と回遊を信じて休憩を挟みながらノンビリと続けました。

状況が変わり始めたのは16:00頃から。

にわかに沖からの風が強まり、海面に波気が出てきました。

すると、沖の潮目付近にドビウオが何かに追われる姿が!

潮目が近付くのを祈っていると、強まる風に押されるように潮目が岸に接近。

ベイトタックルユーザーの私は、飛距離に優れるジグミノーを投げ続けていましたが、反応は無し。

ならば同じく飛距離に優れるダイビングペンシルで…と言う事でわたしがセレクトしたのはコンタクト・ブリットCBP 170 03・ピンクバック。

フックは凪ぎ時のアピール仕様で装着していた#3/0から、#4/0にチェンジして、波気のある海面でのダイビングのエラーを防ぎます。

ベイトタックルでのフロロの#60ld 25mと言うロングリーダー仕様のタックルであっても、ブリットは飛距離と飛行姿勢に優れ、徐々に近付くとは言え、まだ70m程沖の潮目を確実に超えてくれます。

潮目に差し掛かるまではロングで、潮目に到達してから10m程をショートでダイブさせていると、ちょうどショートに移行直後に遂にヒット!

首振りの大きさから間違いなくブリサイズと確信。

右手の根を交わすためにドラグは全く出さずにショートポンプで寄せ続けると、痛恨のフックアウト…

思わず情けない悲鳴が漏れてしまいましたが、浮上してきたルアーの後方にギラリと魚影が反転!

即ルアーを回収して、キャストをするとまたもやショートダイブにヒット!

バイトの水飛沫がド派手で、今回も相当な大物!

先程の悔しいバラシはありましたが、今回もドラグは1㍉も出さずにショートポンプでガシガシ寄せます。

最後の瀬際に強烈な突っ込みもありましたが、強引に竿を繰り頭の向きをコントロールしてランディングポイントの潮溜まりまでズリ上げ。

サイズは116cm 13kg と、立派なブリ!

粘った末の、自身久し振りの10kg upに喜びもひとしおでした!」

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
「CBPとCFDWの中間的バブル量で多少スリムなペンシルが欲しいです。」

とのことです。
上宮様、釣果情報及び、ご要望ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら