青物

All posts tagged 青物

ポップ 原画のコピー

9月の新製品「CONTACT Steelminnow(スチールミノー)57g」
初回分をご注文頂いていた小売店様への納品がほとんど完了し、全国の釣具店の店頭でお買い求めいただけるようになっているようです。

「全身メタル素材で、泳ぎはミノー。それがスチールミノー。
昨シーズンのデビュー以来、その飛距離と、アクションで、サーフや堤防ゲームで活躍中。そして今シーズンは、オフショア、本格青物ゲーム完全対応の57gが登場。
この自重は、PEライン1.5号~5号を用いるタックルに対応。
全長はベイトのサイズにシビアな時にも心強い110mm。
コンパクト&ヘヴィーウェイトで、ナブラ攻略も楽々。
自然なフォール姿勢、スロー~ファストまで安定したミノーアクション、軽い引き抵抗で、多彩なレンジで活躍します。
パイロットルアーに、ローテーションのかなめに、きっと力になります。」

例年以上に長く、過酷に感じられた夏の酷暑も落ち着きを見せはじめ、全国各地で甚大な被害を及ぼした数々の台風もひとまずは去りました。
秋の釣りシーズンがいよいよ始まります。
青物アングラーの皆様、この秋、スチールミノー57gを是非一度お試しください。
きっと欠かせない存在になります。

「スチールミノーチャレンジ」本日より開催。キャンペーン詳細ページはこちら

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

出荷を順次開始したばかりの新製品「スチールミノー57g」
間も無く全国の釣具店様に並ぶ予定です。
発売前の製品モニタリング時の釣果写真をご紹介します。

釣行エリア: 和歌山県紀北エリア 地磯
情報提供者: 吉田裕彦様
釣果:ハガツオ
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>57g
フック:オーナーばり ST66#1
ライン:PE3号
リーダー:フロロ14号

8C0D3DAB-9C1C-48A3-80E1-AAF2452F5EB0

44111FDC-F896-4361-99F4-1AAE88326234

「PE3号、リーダーはフロロ14号の青物タックルです。
良い感じで使えました!
飛ぶし、巻き抵抗も丁度いいです!」

とのことです。
吉田様、ご協力ありがとうございました!

スチールミノー製品ページこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

2018年9月発売
本格青物仕様「スチールミノー57g」
タックルハウスの既存の青物向けアイテムとのサイズ、スペックの比較画像です。
比較ルアーの選定は、青物向けアイテムの中でも同系統に分類されるヘヴィーシンキング系ルアー。
その中でも、今回のスチールミノー57gと同等の50g前後のアイテムです。

50g 比較2のコピー2

比重の高いメタルボディを採用したスチールミノーは、10g程軽い40g代のプラグと同等のシルエットに抑えられています。
その恩恵として、ターゲットにプレッシャーを与えにくいと共に、ひとたびロッドを振り抜けば、鉛のボディは瞬く間にラインを引き出し、プラグでは届けられないその先へと、メタルジグ並みの射程で広範囲を素早くサーチすることが可能です。

着水後、すぐにリトリーブを開始すれば、表層を。反応が得られなければ、ジグ並みの沈下速度で素早くボトムをタッチ。リトリーブ開始後はベイトライクなウォブンロールアクションで極めてナチュラルに捕食を促し、テンションフォール時、フリーフォール時も常に生命感を失うことなく、ピックアップまでターゲットにアピールし続けます。
勿論ハイギアリールでの高速リトリーブにも対応。
青物狙いで定番とされているトッププラグ、ミノー、シンキングペンシル、メタルジグ、etcこれらのどれとも違う個性を備え、これまでカバーできなかった距離、泳層、シチュエーションで新たなアプローチを可能にします。

P.S
前回のスチールミノー57g発売告知時にリップ部の強度に関する質問をお受けしていました。
下の画像は31gモデル発売時に使った解説画像ですが、全サイズ同様の内部構造で、青物仕様の57gモデルは1.5mm厚の肉厚ステンレスプレートを使用しています。
リップとメインプレートは鉛の内部で接続されており、魚とのファイト時、キャスト時等にすっぽ抜けてしまうようなことはまずありません。(キャストミス等による岩などへの衝突での曲がり、変形はあり得ます)

IMG_1121

IMG_1122

スチールミノーの内部構造について更に詳しく見る

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

代表のコピー3

秋の新製品予告です。

タックルハウスが提案する新ジャンルの金属ミノー
「スチールミノー」に本格青物仕様の57gモデルを発売します。

ボディの骨格には1.5mm厚のステンレスプレートを採用。
推奨フックは太軸のST66#1。(別売り予定)
青物との強引な引っ張り合いを想定し、ボディ、フック共に十分な強度を確保しています。

PEライン1.5~5号程度のタックルでの使用を想定し開発、テストを行いました。

昨年のファーストモデルから4サイズ目となりますが、
このルアーについて詳しく知らない青物アングラーの方に特徴を説明しますと、
簡単に言えば「メタルジグとミノーの良いとこどり。」

具体的にいくつかスチールミノーの特徴を並べます。
【メタル素材の特徴】
・強風、向かい風にも強い、安定したキャスタビリティ。
・素早い沈下で表層からボトムまでスピーディーにサーチ可能。
・比重が高い為、シルエットを小さく抑えられる。

【アクションの特徴】
・ただ巻きでもメタルボディとは思えない艶めかしいミノーライクな泳ぎ。
・スロー~ファストリトリーブまで対応。
・軽やかな巻き心地で疲労が少ない。
・フォール中も魅力的なアクション。
etc

これらの特徴は青物のキャスティングゲームにおいて、ショア、オフショア共に、アングラーにとってとても大きな武器となるはずです。

下の動画は41gモデルのアクションですが、基本的に57gモデルを含めた全サイズ共通のアクションです。ご参考までに。

発売は2018年9月予定。
追加情報は順次更新していきます。

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月中旬頃
釣行エリア: 鹿児島県錦江湾エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:鰤 93cm
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー135> カラー NRピンクバック
ロッド:MCワークス ストレンジブル973R
リール:ツインパワーSW5000XG
ライン:PE 2.5号
リーダー:ナイロン40ポンド

90878735-4BD5-4B30-B301-1FF4B8F8E899

「この日は周りのアングラーにミスバイトがあり、ルアーとは多少ズレたバイトでルアーにも当たらないとの事で大きいアクションは避けて、小さいショートピッチであまりウォブリングさせないイメージで食わせた一匹!」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

7月も2週目の後半に差し掛かり、2018年も本格的な夏が始まりました。

夏と言えば、ここ数年幅広い年代の方から人気の「ショアジギング」
関東エリアのサーフでは例年に比べやや遅れ気味でしたが、小型から中型サイズの青物の回遊が見られるようになり、朝、夕まずめを中心にショアジギングを楽しむアングラーの姿が増えてきました。
南関東、近畿エリア営業担当のスタッフ古賀より静岡 沼津サーフエリアのレポートをご紹介します。

↓↓

釣行日 2018年7月上旬頃
場所 静岡県 沼津エリア サーフ
タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>31g&41g
ロッドGoPhish The Take Backer 10.6S

「スタッフの古賀です。
まず、今回の西日本豪雨で被災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。
私も先週、出張で大阪、和歌山に滞在している間に、今回の豪雨を僅かながら体験し、比較的被害の少なかったエリアにもかかわらず、至る所で道に溢れる雨水を目にしたり、多くの箇所で道路の封鎖や通行止めにも遭いました。
本格的に被害の大きかった九州や四国、山陰等、今だに被害が拡大している地域の方々の事を思うと、一日でも早く平穏な日常が戻ることを祈るばかりです。

話を本題に戻します。
先日、出張中移動の合間に静岡県沼津のサーフに寄ってきました。
ここのところ青物が好調との噂を聞いていた超有名ポイントです。
昼過ぎに現場に着いた時には週末にもかかわらず釣り人の姿はまばら。
午前中まで降っていたという雨の影響でしょうか。
この日の目的からすると人は多い方がありがたいのに、と思ったのも束の間、時間の経過と共にどんどん人が増え、夕まずめが近づいた頃には広大なサーフにびっしりと人が並びました。

この日の目的というのは後で述べるとして、釣果の方は序盤に小型のワカシ(ブリの幼魚)がポツポツと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このサイズでも釣れていれば人が集まる人気のターゲットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、夕まずめに差し掛かり、潮目がルアーの射程範囲に入ったタイミングで明らかにこれまでと違う重量感のある強烈な引きが。
上がってきたのは50cm程のショゴ(カンパチ)でした。
日没までまだ時間はありましたが、この後の移動もあるのでこの魚を最後に切り上げました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒットルアーは全てスチールミノーの31gと41g。
ワカシは全て早めのタダ巻きで、レンジは水面直下だったり、ボトムを取ってからの巻き始めだったりと様々。
メタルボディの恩恵で比較的水深のあるこの釣り場でもストレスなくボトムまで探れました。
ショゴは表層で早めのタダ巻きの最中、一瞬ロッドを海側に倒し、ラインテンションを抜いてフリーフォールを入れた瞬間に食ってきました。
スチールミノーはフリーフォール時にスパイラルフォール(水平姿勢で横方向に回転しながら沈下)するよう設定しているため、タダ巻きの最中に加えると一瞬イレギュラーな動きを任意に演出できる為、タダ巻きだけで反応を得られない時トゥイッチのような感覚で織り交ぜるようにしています。

先程述べたこの日の目的はというと、都心部からも多くの人が訪れる関東の激戦区、静岡のショアジギング超メジャーポイントでのスチールミノーの青物適性を再確認すること。
関西方面では青物狙いで既に好評のスチールミノーですが、関東ではまだまだ認知度が低いと感じています。
また、殆どの人がメタルジグをシャくる中で、スチールミノーをタダ巻きメインで使った際に釣れ方に差があるのかを改めて確認したいという点でした。

半日の釣果で断言できることは何もありませんが、この日の結果だけで言えばワカシ等の小型青物はメタルジグ系と同等に反応を得られ、ショゴに関しては自分の視界の範囲ではこの日一番の良型でした。
何よりタダ巻きメインでのアプローチは体力的にも消耗が少なく、炎天下の元で行うことが多いこの釣りでは大きな利点になる事も再確認出来ました。

この日は検証的な意味もあり、スチールミノー1本で通しましたが、キラキラと跳ねる小さなメタルジグにしか反応しない魚もきっといたと思いますし、同じようにミノーアクションのスチールミノーに反応の良かった魚もいたように感じました。
ルアーの特性を把握して使い分ける事で、関東エリアでのショアジギング、青物狙いにおいてもスチールミノーは大きな武器になる事を改めて確認できた釣行でした。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズ比較のコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月中旬頃
釣行エリア: 鹿児島県錦江湾エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:鰤 90cm
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー135> カラー NRピンクバック
ロッド:MCワークス ストレンジブル973R
リール:ツインパワーSW5000XG
ライン:PE 2.5号
リーダー:ナイロン40ポンド

20180613060537_p

「今年は錦江湾、鰤が多く大潮のタイミングでまた接岸して夏鰤にしてはコンディションも良くパワーも強い。
日によって個体差もパターンも違いそれを探すのが楽しみです。」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の角井様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月下旬頃
釣行エリア: 長崎県 五島列島エリア
情報提供者: 角井 良隆様
ターゲット:ヒラスズキ、マダイetc
使用タックル
ヒラスズキタックル
ルアー:TKLM120GP(Tuned K-TEN TKLM12/18 GoPhishカスタム)
ヒラフィードgp(フィード・シャロー128 GoPhishカスタム)
ロッド:Go-Phish The Spot King master plugger 13.0T
リール:カルディア 3500H
ライン:PE シマノ ピットプル 8本撚り2号
リーダー:デイーフロン船ハリス 8号
フック:がまかつ トレブルRB MH 2〜4番

オフショアタックル
ルアー:タイジグ 40〜120g
ロッド:ダイワ キャタリナbjエアーポータブル 63xhb
リール:オシアカルカッタ 300hg
ライン:PE サンラインPE ジガー ult 4本 1.5号200m
リーダー: ディーフロン船ハリス 8号
フック:アシストフック フロント ショートスナイパー ダブル 1 1/0 2/0 テールフック コアマンこだわりアシストフック L

09D675D8-190B-4235-B818-29698F576370

F510234E-C0FE-4BD6-A8DE-359E1368D191

13F6C5EB-98D9-4C99-8DF2-61D2D8431BA8

B48CED1E-B08A-4FDE-9031-D17AB255DBD5

9DEED565-40E5-4F60-A6EC-26B032B4FD72

DBF7B2C2-1F62-4809-95BC-369C3D6A706F

0FAA6E11-4B95-470F-9150-9F7755894EA5

54E4F03C-80BB-4DB3-90CF-E0417DAB4D47

62E694FA-664F-426E-84BA-9B22C83BB9DB

ABB5D48E-63E2-4B27-9E58-535BAB01AC2B

82F11D5A-8922-4983-862F-49651F5263D5

E8C6905C-A0AB-4D79-BA9C-ECCC37BD96E6

3A8AA9CD-E658-4C36-B615-48FBDE27E26E

5CA2D0AB-50E6-4306-B473-90746B72A976

「四月下旬に五島列島に16日間の長期遠征に行ってきました。
ヒラスズキ、オフショアと毎日釣り三昧。
ヒラスズキはTKLM120GPとヒラフィードGPで普段なかなか経験できない連発を味わい、オフショアではタイジグを使用しマダイ、青物、イサキ、アコウ、マトウダイ、なんとアマダイまでの多魚種の魚がヒットしました。
以前取材に同行させてもらった時のようなふわふわと優しくしゃくるのに高反応でした。
魚影が濃ゆく、自然豊かな五島列島での毎日は貴重な経験でした。

ルアーフィッシング総合情報サイト「SW」に記事を寄稿してます。
↓↓
魅惑の五島列島にチャレンジ!!【PART1・磯のヒラスズキゲーム編】

魅惑の五島列島にチャレンジ!!【PART3・ 異次元のオフショアゲーム編】

とのことです。
角井様、釣果情報ありがとうございました!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の安定のボウズ様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア 紀中の地磯
情報提供者: 安定のボウズ様
ターゲット:青物
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN <TKR-130H Hi-Fi Lipless>
ロッド:がまかつ LUXXEチータRR110MH
リール:ツインパワー5000HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ30.5ポンド
フック:がまかつSP-MH#3

IMG_6606

「平日休みが取れたのでヒラスズキを狙いに行ったのですが、
天気予報通りのベタ凪で青物狙いに変更しました。

到着した地磯にはベイトが多かったので、朝からブリットペンシル170を投げるも無反応。

そこでK2F142に変えると青物がチェイスするもヒットせず・・・。

さらにTKR130Hに変えて5投目、フルキャストからの中速リトリーブ中に74cmのメジロがヒットしました。

シーバスタックルには十分な引きで、苦戦しながらなんとか取り込めました。

サラシがあれば他のルアーでもヒットしたのでしょうが、ベタ凪ではルアーの泳ぎ方に対する違和感に敏感だったのかと思います。

いまいち使い方の分からないルアーでしたが、これからは常に持っていこうと思います。」

とのことです。
安定のボウズ様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

千葉県の大野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月中旬頃
釣行エリア: 千葉県 外房エリア
情報提供者: 大野 祐様
ターゲット:ヒラマサ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F162 T3
ロッド:ゼナック DEFI MUTHOS Accura 100HH
リール:シマノ ツインパワーSW8000HG (14000スプール)
ライン:カルティバ 撃投PEフラッシュ5号
セカンドリーダー:よつあみ 磯ハンター15号 
リーダー:よつあみ FCアブソーバー100lb
フック カルティバSTX-58#1/0

34019883_1735047953237420_2971307999424937984_n

34038500_1735046249904257_3213279056652926976_n

34189772_1735046269904255_8228979463065436160_n

34034804_1735046256570923_7489263469082968064_n

34051801_1735046686570880_825045006900264960_n

「5月中旬ですが、、久しぶりにいい魚が釣れました
二宮さんから念を頂いたK2Fで嬉しさ倍増でした
109cm11kg」

「5月中旬の外房
朝マズメに入った磯は波も流れもなく無反応
大きく移動した2R目のポイントは風も吹き出し程よく波気立ち、点在するシモリにサラシが広がり流れも効いていました

一発目にもっと大型がヒットしましたが、何度もシモリにスタックした末に無念のフックアウト
その数投後にこの魚がヒットしました
アドレナリン全開だったからか速攻でランディングしましたが、意外に大きくて驚きと嬉しさと、先にバラした魚のサイズを想像してしまい何とも言えない心境でした
ラフな海面と流れがあればミノーが間違いないです」

とのことです。
大野様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

山口県の太田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月上旬頃
釣行エリア: 長崎県五島列島沖エリア
情報提供者: 太田和也様
ターゲット:ヒラマサ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー175>
ロッド:リップルフィッシャー アクイラ85H +モンスター
リール:シマノ ツインパワー14000XG
ライン:PE6号
リーダー:150lb

image1

「御社のフィードポッパー175で玄界灘キャスティングゲームにおいて24キロのヒラマサが釣れました。
その他今シーズン10キロ前後が12本釣れ愛用しています。
夏から冬にかけてビックベイト対応の22〜23cm くらいで100g前後のポッパーは出ないんでしょうか?
間違いなく需要あります。

この時期は小型のカタクチイワシがベイトの為いつも玄界灘で使用する200mm以上のビックプラグではなくペンシルより移動距離の少ない小型のポッパーを使用しました。

この日はペンシルを使っていましたが強烈な二枚潮で魚がチェイスしても捕食スイッチになかなか至らなかったためルアーをフィードポッパーに変えショートにちょこちょこ引いて誘いました。

風潮が同調し綺麗に動いているときは移動距離があるペンシルの方が圧倒的に強いですが潮が緩い時や風潮逆の時などはポッパーの集魚効果&食わせを考えた短い移動距離が最強の武器になります。

今年春の時期ではフィードポッパーで十数匹以上のヒラマサを釣り上げているため文句もありませんがこれから夏から秋にかけてベイトがシイラ・ダツ・サンマになるため22mm前後のサイズが必需品となります。
加えてアゲインストでも投げるため100g前後の重量がある方がいいと思います。」

とのことです。
太田様、釣果情報及び、ご意見、ご要望ありがとうございました!

CONTACT FEED.POPPERシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月下旬頃
釣行エリア: 高知県エリア
情報提供者: 上杉 一臣様
ターゲット:メジロ(ブリ)
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKP135TT
ロッド:ICHOS《イクオス》PHC-S830EX
リール:ツインパワーXD C5000XG
ライン:アバニ キャスティングPE MAXPOWER 8BRAID 2号
リーダー:バリバスショックリーダーVEP40LB
フック:カルティバSTX-58#1

29547216_1293395630805379_1980751844_n

29345447_1293395884138687_367033493_n

「サーフから良型の青物をキャッチしました。
始めはK2F-142で様子を伺いましたが反応は得られず、TKP-135TTにチェンジ。
間もなく水面が盛り上がり激しくバイトして来ました!
障害物は何もないので、青物特有のトルクフルな引きを楽しみながらファイトしました。
その時居合わせた快いアングラーにランディングをサポート頂き、素晴らしい魚と出会うことができました。」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

TKP135TT スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月中旬頃
釣行エリア: 鹿児島県南薩エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:ブリ 88cm
使用タックル
ルアー:CONTACT BEZEL.<コンタクト・ベゼル>
ロッド:ゼスタ ランウェイVR96MH
リール:ステラSW4000XG
ライン:PE1.5号
リーダー:ナイロン30ポンド

IMG_20180318_070628

「サーフでも青物情報が入り挑戦してきました。
日の出から入り、ベイトを探索うわづいてる感じも無く波打ち際に1cmほどのベイトがおりチャート系からクリア系にチェンジ。
スローぎみでヒット!」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BEZEL.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

熊本県の齊藤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月中旬頃
釣行エリア: 熊本県 天草エリア
情報提供者: 齊藤太志郎様
ターゲット:青物、ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION <K2RP122>
ロッド:ヤマガブランクスバリスティックヒラTZnano11MH
リール:バイオマスター4000番
ライン:PE2号
リーダー:フロロカーボン8号

29511670_743905679147487_8944711912990441472_n

29497685_743905845814137_7221104372753629184_o

29432591_743905842480804_2934856530379407360_n

「K2RP122で嬉しい釣果がありましたので、初めてメッセージ送ります。
釣歴1年半の素人です。
K2RP122はいかにも釣れそうなルアーで一目惚れして購入しました。
使い方がよく分かりませんでしたが、ただ巻き&時折ポッピングで引いてくると、水面爆発。
初めての青物でした!」

とのことです。
齊藤様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2RP122製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月初旬頃
釣行エリア: 鹿児島県南薩エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:ブリ(75cm)
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー135>カラー#NRピンクバック
ロッド:ゼスタ ランウェイVR96MH
リール:ステラSW4000XG
ライン:PE2号
リーダー:ナイロン50ポンド

IMG_20180304_092640

「今回は前日の大雨での濁り覚悟での鹿児島県の南薩地方へプチ遠征。
思ったよりは濁りは少ないが前日の雨での表層が水潮ぎみなのか、ボイルも無い状態だがベイトは確認。
朝マズメの高活性の個体にかけ、ポッパー選択での貴重な一匹。」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

千葉県の大野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月上旬頃
釣行エリア: 千葉県房総半島エリア
情報提供者: 大野 祐様
ターゲット:ヒラマサ(76cm,81cm)
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F162 T3
ロッド:ゼナック DEFI MUTHOS Accura 100HH
リール:シマノ ステラSW14000XG 
ライン:カルティバ 撃投PEフラッシュ5号
セカンドリーダー:よつあみ 磯ハンター15号 
リーダー:よつあみ FCアブソーバー100lb
フック:カルティバ STX-58 #2/0

2256823B-37BC-462E-8787-F6D8046A494C

5BCA43CE-3394-4C2B-83BA-1A3E6D99194E

「この時期にしては小振りですが、嬉しい初マサです。
接岸しているカタクチイワシが小さいからか、ペンシルよりミノーに好反応、友人はBEZELで良型にブレイクされました。」

とのことです。
大野様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

三重県の川北様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月頃
釣行エリア: 長崎県対馬エリア
情報提供者: 川北雅之様
ターゲット:ヒラマサ、ヒラスズキ
使用タックル
ヒラマサ
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット145SW>
ロッド:mcワークスレイジングブル104XF-2
リール:ツインパワーSW14000XG
スプール:オーシャンマーク 8000
ライン:ヨツアミGソウルX8の4号
リーダー:バリバス220ポンド1m

ヒラスズキ
ルアー:Resistance Morkyn<モーキン>
ロッド:リップルフィッシャートラディション96
リール:エクスセンスci4+4000XG
ライン:デュエルX4 1.2号
リーダー:クレハシーガー7号

A7BC13A7-FE8F-41CC-BA85-6EE9D147293D

D28F5412-54C2-4DBD-A34E-79CC9CB53BE0

CB33B559-0385-4578-90ED-A62944AE9593

「こんにちは。
いつもタックルハウス様のルアーを愛用させて頂いて居ります川北と申します。

ちょっとウレシイ釣果がありましたのでぜひ見て頂きたくメールさせて頂きました。

先日、対馬にショア釣行した際、ブリット145シンキングワークスでヒラマサ101センチ8キロを含む2本。

ヒラスズキ79センチ、5.4キロをMorkynでゲットできました。ヒラスズキも他のルアーで2本ととてもタックルハウス様のルアー無しではなし得なかった結果に満足しております。ありがとうございます!

今後もよろしくお願いします。

ヒラスズキ狙いで浜に降りると波のせり上がりで魚影を見つけ慌てて波打ち際まで走り、ヒラスズキタックルのままキャスト。着水と同時にヒット。シモリを2つ超え足元まで寄せました。が、自重が重すぎババ荒れのゴロタで魚を持ち上げ切れずブレイク。推定6キロ

その後、ダッシュでクルマに戻り青物タックルでチャレンジ。

ルアーは暴風に煽られないしかも、水面でアピールしてフォールで喰わせられるブリットシンキングワークスを使用。

まずはキャスト。
狙いの位置に入るが糸はやはり流され回収してからのスイープ。水面でダイペン的な使い方でツーアクション。と、ヒット。

軽々寄るのでチッコいな!と思ったら3~4キロの小マサでした。

明らかにジアイなので、撮影もせず次のキャスト。

先ほどは水面で出てしまい、元気な小型が乗ったのですが、一発目の良型のイメージが抜けず、フォールで喰わせるためのスイープでアクション後にロッドを倒しフォール。
ヌシッっと重い感じ。
さっきまでの2匹とは明らかに違う重量感なので、全力ファイト。ファイトタイム30秒以内で回収した的に確保しました。嬉しすぎてテンション上がりすぎて後々気持ち悪くなりました。101センチ約8キロちょっと(グリップ計測)

ヒラスズキに関してはこの時期対馬の魚が産卵で出払っているらしくローカルさんに聞いても、釣具店さんに聞いても、みんな諦めているとのおはなしでした。

ですが、滞在中狙ってみましたが昼間4日間でワンバイト、途中2日間は3人あとは友人と2人でこの結果でした。確かにコンディション良いポイントでも、反応無くで大苦戦。

なんとしてでも対馬のヒラスズキに逢いたかったので夜ヒラに託す感じでシモリの間の水道を釣る方法で狙いました。

流れの中を釣るヒラスズキを得意としている私ですが、選んだポイントには水道内に捕食のきっかけとなるストラクチャーがなく、やみくもに投げても喰わない状態。上潮と底の水塊の境目が水深6m辺りのディープにあるのを突き止めましたが、バイブレーションなどの活発なルアーでは喰わず、流し込む、そして上っ面のカレントより深く、水塊を引っかきながら釣る必要がありました。目いっぱいアップでキャストし流しながらレンジに到達させ潮がかなり緩んだタイミングにヒット。

状況を読み切った充足感のある一本になりました。

過去にも愛媛や五島などで、ショアラインにヒラスズキが居ないと言われたタイミングでこの手法でヒラスズキを手にしていて自信がありましたが、やはり実際釣れるとサイズ如何に関わらず、本当にウレシイものです。」

・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください。
「モーキンのフロントフックのアイがガタガタになったことが3回ほどありました。幸い、すっぽ抜け等はありません。少し気になるので。それ以外はあらゆるタックルハウスさんのルアーを使わさせて居りますが、本当に信用して、大事に使っています。今後もいいルアー作りよろしくお願いします。

あと、個人的な希望なんですが、ブリットの220くらいのGTに使えるサイズがリリースされるとウレシイです。毎年、ロックショア、堤防とショアGTに出掛けておりまして、毎年、行くたびに、デカブリット欲しいなーと。F,Sどちらも興味あります。シンキングワークスはウエイト的に200グラムとかになっちゃいそうできびしいですよね?

それでは長々と失礼いたしました。また、よろしくお願いします。」

とのことです。
川北様、釣果情報、ご意見、ご要望ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

Resistance Morkyn製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月下旬頃
釣行エリア: 鹿児島県北薩地区
情報提供者: 川東様
ターゲット:ブリ(103cm)
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー150>カラー#クリアイワシ
ロッド:ゼスタ レーザービーム10H
リール:ステラSW5000HG
ライン:PE2.5号
リーダー:ナイロン50ポンド

8C9A70D7-A1DE-434D-81FA-8C7A59D79DD3

「鹿児島県の北薩地方へプチ遠征。ボイルは時折発生でベイトはカタクチイワシで周りのアングラーはジグでハマチサイズを釣っており、カタクチパターンと思い、プラグでもいけると思い、あえて距離を置いて単発サイズ狙いで見事、10kg弱をキャッチ」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年1月下旬頃
釣行エリア: 鹿児島県鹿児島市錦江湾エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:ブリ(100cm)
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F162 T:3 カラー:Sパールレインボー
ロッド:ゼスタ ランウェイVR96MH
リール:バイオマスターSW4000XG
ライン:PE2号
リーダー:ナイロン50ポンド

IMG_20180126_175012

「錦江湾の堤防からの釣行で、イワシパターンですが、夕マズメ狙いで、パール系を選択。食いが渋くデットスローでの釣果。」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年1月下旬頃
釣行エリア: 鹿児島県日置市吹上エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:ブリ(85cm)
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F162 T:3 カラー:Sパールレインボー
ロッド:ゼスタ ランウェイVR96MH
リール:バイオマスターSW4000XG
ライン:PE2号
リーダー:ナイロン50ポンド

IMG_20180123_133933

「地磯釣行で、鳥山発生だが向かい風での厳しい状況の中向かい風でもK2Fは飛距離がだせるのと、
多少濁りでのパールをチョイス。
鳥山から外す感じのキャストからのスローリトリーブでの釣果。」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら