鉄板ミノー

All posts tagged 鉄板ミノー

GoPhishの武田栄氏より、「山陰・日本海のデイシーバス大会」のレポートを頂きましたのでご紹介します。
全国の釣具店様の店頭に並び始めた「スチールミノー18g」も大活躍だったようです。

↓↓

山陰・日本海のデイシーバス大会レポート    
(Go-Phish主催/TACKLE HOUSEテスター 武田栄)

去る6/17(日)鳥取県にて開催されたデイゲームシーバス大会にお邪魔してきました。

地元では恒例となっています岡山県在住のベテランアングラー富岡さんが主催する実にアットホームな大会です。(協賛は岡山県津山市のいわもと釣具様)。

僕は今回も大会のゲストとしてお呼びいただきましたが3度目の参加ともあって参加者の皆さんともすっかり顔なじみ。
開始前から楽しい雰囲気でいっぱいです。

㏂7:30 大会集合場所に集まった20名弱のアングラー、主に岡山の津山を中心に県北、そして県南からの参加者もいらっしゃいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡山と聞いて「海」のイメージがどれほどあるのかご存知ない方も多くいらっしゃると思いますが、地元の皆さんは少年期からバスやライギョ、渓流トラウトに始まり今日の厳選されたタックルを見てもすぐにわかりますが皆さん凄腕の釣り人揃い。

広大な岡山県は県南・県北とに大きくエリアが分かれますが、瀬戸内沿岸部や各河川でのシーバスはもちろん、北は山陰(鳥取・島根エリア)でのシーバスはもちろん、ライトゲームからオフショアに至るまで釣りものは多く、また今では少し車を走らせれば高知県のアカメ狙いにも通えるという抜群の立地にあります。

今回釣り場となったのは日本海に注ぐ汽水湖周辺での釣り。
ロケーションは実に美しく、今回の集合時間は朝7:30ですが、日中でも十分に狙える時期だそうです。

慣れた様子で富岡さんから大会内容を説明、そしてその後は僕から皆さんへ。
今回はタイミングよく待望の「スチールミノー18g」のリリースが重なったので、プロモーションの一環としまして(全員とは行きませんが)参加の皆さんに手渡しでサンプリングさせていただきました。

アップのコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

メインポイントは水深1m~3mと浅く、藻場の回避+遠投が必要との事なのでこのスチールミノー18gを使っていただくには最適な場所。

富岡さんの合図とともに各自車に乗り込んで大会スタート。
エリアは広大でオカッパリもしやすい場所なので、僕は今回大阪から参加してくれた井原望さん(のぞみちゃん)とともに富岡さんの車に便乗して釣り開始です。

晴天・微風、満潮時間は㏂8:00頃。
潮位差の少ない日本海エリアですが、基本的な沿岸部の潮流や風の影響、そして汽水湖との水路からなる干満差で潮(ベイト)は動きます。

車で通りすがるとさっそく参加者の一人がシーバスを釣り上げています。
近寄ると50cmほどのシーバス(ルアーはSHORESスピノバイブ70)、とても美しくコンディションは抜群です。
SHORES スピノバイブ製品ページはこちら

「狙い目は水面をモジるベイト(ミニベイトやイナっ子など)の溜まり場所と沖の潮目じゃけん」
っと富岡さん。
僕たちも釣り開始です。もちろん僕達のルアーはスチールミノー18g。
ライトシーバスタックルでもストレスなく使える飛距離とレンジが安心です。
僕は少し張り出した小さな堤防から沖へキャストすると少し巻いたところで豪快なバイト!
「来たよー!」っと声をかけるもランディング時にバラシ(同じく50cmクラス)。

こんなドピーカンの凪のポイントで普通に食ってくるシーバス釣りも楽しいものです。
「ここで粘ってみよう!」
っと富岡さん。
そして潮目が近づいた瞬間、のぞみちゃんのスチールミノーにバイト!
フッキング後は水面炸裂です!…60cm弱クラスを無事ランディング!

IMG_2975

IMG_2974

写真を撮り今度は富岡さんにもバイト!
こちらはセイゴクラスでしたが無事ランディング。潮目に沿って回遊する中~小型の群れの様です。

しばらくするとまたのぞみちゃんにもバイト!
その後潮は緩みひと息。
美しい海を見ていると幸いなことに「タケダさんですか?」っと周囲で釣りをされていた地元アングラーさんから声をかけていただきました。
「今日は朝マズメの上げこみで大きな時合いがありましたよー!」との事。
とは言え時合を逃してもこれだけの釣果が出るこのポテンシャルに驚きです。

大会は午前中いっぱい。僕たちは早めに会場に戻り集計の準備。終了時間に近づくと参加メンバーも続々と会場へ戻ってきました。

集計を見ているとほぼ全員安打!凄いです。
結果この日の一位は県南から参加のアカメハンターでベイトマンの田中さんの71cm、
続いて60cmクラスと50cm後半クラスが多数。もちろんスチールミノーの釣果も出ています。

IMG_2968

IMG_2978

IMG_2971

見事1位となった田中さんのコメント

「今日選んだポイントはベイトが溜まる広大なシャローのワンドでボトムは藻が密集、水深は1m前後。魚の気配はあったので、
さっそくスチールミノー18gをキャストするとショートバイト。
フォロー用にと小型バイブを投げてみても反応はなく、またスチールミノー18gに戻すとバイトが増えだし最大この71cmが出ました!!」

写真 2018-06-18 13 46 45

今回はベイト付きと沖を回遊する2パターンのシーバスを狙う釣りとなりましたが、そのどちらにもスチールミノー18gがハマってくれました。

このエリアのデイゲームではハイシーズンとなる夏から秋にかけてはトップゲーム、遠投の必要性やレンジが沈めばこちらでも人気の定番アイテム「ローリングベイト」や小型バイブレーションなどの釣りが基本との事ですが今回のスチールミノー18gの登場で見事に飛距離を落とさず、さらにシビアなレンジ攻略が可能となりました。

多くの実績と多彩なアクションのサーフェイスプラグ各種、サイズも多様で中層からボトムまでの各レンジを攻略する港湾系ルアーも充実したタックルハウスの各種シーバスルアー、そして今回のスチールミノー18gのリリースで攻略の幅が大きく広がりました。
抜群の飛距離とミノーライクなアクション、実績はまだまだこれからですがこの独特なアクションは波動やフラッシングなどに加えて
「魚を寄せる何か?」を強く感じます。

スチールミノー18g、皆さんのエリアでも是非一度使ってみてください!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_2980

タックルデータ

ロッド:Go-Phish ST-83&96(シーバスロッド)

リール:2500~3000番クラス

ライン:PE1号クラス

リーダー:フロロカーボン16~20lb

ヒットルアー:TACKLE HOUSE スチールミノー18g、SHORESスピノバイブ70、クルーズバイブレーションCRV70など。

クルーズ・バイブレーション製品ページはこちら
SHORES スピノバイブ製品ページはこちら
CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

全国の釣具店様の店頭に並び始めた「スチールミノー18g」
発売前の製品モニタリングにご協力頂いていたユーザー様より頂いた釣果情報です。
↓↓

愛媛県の阿部様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月中旬頃
釣行エリア: 愛媛県今治市エリア
情報提供者: 阿部忠志様
ターゲット: シーバス
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー18g>
ロッド:ダイコー ランスマン100M
リール:ダイワ 10セルテート2500R
ライン:PE 1号
リーダー:フロロ 16lb

EE35AEDF-2CEE-4C7F-B141-39E77064B835

0B603E67-72AB-4D0D-BF01-76225A43AEB9

5135B83A-6FFE-4910-A4AD-0C3547598ACE

「こんにちは。 愛媛県今治市の阿部です。

今回は新製品 スチールミノー 18g での釣果報告です。

仕事終わりにシーバスを狙っての釣行でした。 翌日に所用があるため ガッツリ 釣りを楽しむことが出来ないけど… 何とか一本獲れれば! と思い 上げ七部くらいの潮位で とある漁港へ!

なんと! スチールミノー18g 1個だけしか持って行かないという 男前なスタイル!(自分で言っては何ですが…(笑))

ちょうど常夜灯の明かりが 良い感じにシェードを作り出してくれていて そこにシーバスが潜んでいるのでは⁈ と思い軽めのキャスト!

水面直下をただ巻きしてみると 案の定 居ました! 等間隔で追尾して来るシーバス! しかし 見切られてしまい… 作戦変更 少し間を空けて 同じ感じにキャスト後 さっきと同じように ただ巻き するとまた追尾して来る… そこですかさずショートピッチジャークを入れ そのままロッドワークでフリーフォール風にッ! イレギュラーな動きに思わず口を使ってしまったのか⁇ (笑) バッチリ フッキング! 思いの外サイズが良く 中々のファイトで楽しませてくれる! やっぱりシーバス釣りは楽しいですね〜(笑)

さすがに抜き上げるには勇気がいるので 近くで釣りをされていたおじさんに玉で救って(笑)もらいました!

スチールミノーって 圧倒的な飛距離が魅力の一つだと思いますが わずか十数メートルの攻防! ほぼ サイトフィッシング! そんな釣り方も楽しめますね^ ^」

とのことです。
阿部様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

全国の釣具店様の店頭に並び始めた「スチールミノー18g」
発売前の製品モニタリングにご協力頂いていたユーザー様より頂いた釣果情報です。
↓↓

東京都の齊藤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月中旬頃
釣行エリア: 東京、神奈川地区 多摩川下流羽田エリア
情報提供者: 齊藤 俊紀様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー18g>
ロッド:ダイワ ラテオ90L
リール:ダイワ EMMS30 12H
ライン:PE1号
リーダー:フロロ20lb

E6E8A193-912B-4A7E-83F0-D835046B2C79

B6D8CE3B-04CD-470E-BF1B-03041CA5D5EE

277790D2-B2D3-410A-BBB3-FDC2EDD861F8

「干潮の潮止まりの時間でとても渋い状況でしたが、多摩川本流と支流の川の合流部分は流れがぶつかり普段よりもヨレが強くでてました。
そこにイナッコが溜まってると思い、スチールミノー18gを投げたら予想通りヒットしました。

スチールミノー18gはメタルジグ並の飛距離が出せるので、多摩川最下流域の泥砂の干潟を超えて水深のあるエリアまで投げられるので東京湾のぬかるむ干潟のシーバスゲームには欠かせないルアーになりそうです。」

とのことです。
齊藤様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

全国の釣具店様へ絶賛出荷中「スチールミノー18g」
タイムリーな釣果情報を近畿出張中のスタッフ古賀よりお届けします。

↓↓

535AE255-067C-4813-9B9F-FC83B768D831

747ECA63-E3CF-4542-A138-3F605914F559

B1D8F7DB-B46B-4126-A3A8-3A8528826704

9AC2D431-953B-4F68-A180-A70E6750CC23

「マイクロベイトやバチ抜け最中の近畿エリア港湾部&都市型河川にGoPhishの武田栄さんを誘ってチヌゲームへ。
前日にシーバスを狙っていた際、かなりの数のチヌ、キビレを確認していたのでチヌ釣りにも精通した武田さんに協力してもらい攻略パターンを見つけようと思っての釣行。
はじめに武田さんには、ボトムズル引き系や様々なタイプのルアーでチヌを狙ってもらいます。
自分は昨夜のパターンの再現性を確認する為に、スチールミノー18gをキャスト。
結果、1番反応があったのは、前日もシーバス、キビレを連れてきてくれた新作「スチールミノー18g」の表層タダ巻き。
圧倒的にバイトが集中しました。

武田さんが釣った40cm台後半の良型チヌを筆頭にスチールミノー18gで結果が出ました。
どうやらマイクロベイトを積極的に捕食しているようです。
武田さん曰く
「港湾部のチヌは春のマイクロベイトやバチ抜け時には表層、そして真夏の日中や秋の荒食い時にはベイトを強く意識したミノーが炸裂するパターンがある」とのこと。
ですが、この日は不思議と他の小型プラグへの反応は少なく、スチールミノーに反応が集中。
メタル素材ならではの小さいシルエット、安定した遠投性能、ベイトライクなミノーアクション、シャローも引けるレンジコントロール、スチールミノーの特徴が今のパターンにどハマりしたのでしょうか。
新ジャンルの鉄板ミノー「スチールミノー18g」
シーバスやチヌなどの港湾ゲームにも高いポテンシャルを秘めていると思います。」

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

まもなく発売開始「スチールミノー18g」
今回は近畿エリアへ出張中のスタッフ古賀の釣果写真をご紹介します。
スローでも泳いで、シャローも引ける「スチールミノー18g」はナイトシーバスゲームにも。

↓↓

A6790CD0-494D-4DA2-B5E0-E0944EEF6C55

AC38F684-EC91-467D-B066-6DB9A67F16E0

C7EEFC12-5B7B-47EF-A2A7-21F910BD2889

アップのコピー

昨晩、仕事終わりに兵庫県の某有名河川にフィールド調査へ。
日没と下げ潮が重なるタイミングでポイントに入る。
最近の雨の影響か程よく水は濁り、岸際にはマイクロベイトがびっしり。
ベイトサイズに合わせて小型のプラグをチョイスするも、この日は強い横風が吹いていて小型プラグの軽いウェイトでは上手くキャストが決まりません。
そこで次に選んだのは、間も無く発売のスチールミノー18g。
フラットフィッシュや青物狙いで活躍中の31g,41gモデルに続く、シーバスタックルにもベストなスペック。
スチールミノーは誰にでも扱いやすい金属ボディでありながら、様々な魚に効果的な「ミノーの泳ぎ」を融合させた新しいタイプのルアーで、一言で表すと「鉄板ミノー」と言ったところ。
金属ボディならではの自重で強風の中でも扱いやすく、小型で細身のシルエットはこの日のベイトサイズとの違和感も少ないのでは?と考えキャストを開始。
スローリトリーブと時折テンションフォールも交えながら表層付近から、ボトムまで幅広く探ります。
しばらくすると下げ潮が効き始め、流れが強まった頃から立て続けにバイトが頻発。
小型ながらシーバス、キビレの釣果に恵まれました。
スチールミノーは金属ボディながらスローリトリーブでもしっかり泳ぎ、比較的シャローを引くことも出来るのでナイトシーバスゲームやリバーシーバス狙いでも問題なく使えます。
勿論早巻きにも対応しているので、青物狙いやシーバスのデイゲームでも活躍必死です。

「スチールミノー18g」今週中にデリバリー出来る地域も多いと思います。
ご期待ください。

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

まもなく発売開始「スチールミノー18g」
今回の釣果報告は31gモデルですが、18gモデルの登場でシーバスゲームの可能性が更に広がります。

↓↓
大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県 紀ノ川エリア
情報提供者: 吉田裕彦様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー31g>
Tuned K-TEN TKR130H Hi-Fi Lipless

B6572A02-E5F9-44C7-BF97-B9C29C68D0B8

1FC0EB26-D998-440F-801D-D6121E7D3776

92F770D3-A9A9-4EFE-8682-0D2150D0DC2D

66D4DADA-8020-4FFB-B5F9-76BFC2463659

4F2CFC94-374C-496F-A651-AE946E1F9062

「この季節、まとまった雨が降り河川に適度な濁りが入ればワクワクしますね!
そう、僕の大好きなスズキがデイゲームで狙いやすくなります(^。^)!
このポイントは遠浅で川の流れの筋が遠くにあるので飛距離の出るルアーが有利なことが多いです^_^!
そこで僕が選んだルアーはスチールミノー31!フルキャストしてロッドを立てて、あまり潜らせないように流れの筋を横切るようにリトリーブします。そして…
流れの筋からルアーが出たところで「ガッシーン!!」とヒット!

シャローエリアを広く探るのにスチールミノーはとても効率がいいですね!!」

とのことです。
吉田様、釣果情報ありがとうございました!

スチールミノー18gの発売は間も無くです。
ご期待ください。
アップのコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

まもなく発売開始「スチールミノー18g」
発売前の製品モニタリングにご協力頂いているユーザー様より頂いた釣果情報です。
↓↓

長崎県の道向様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月上旬頃
釣行エリア: 長崎県 北部エリア
情報提供者: 道向 佳太様
ターゲット:マダイ
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー18g>
ロッド:gクラフト ミッドストリーム
リール:イグジスト 4000
ライン:よつあみ PE1.5号
リーダー:ナイロン20lb

1E683115-9293-40AF-AF1A-C1C29EE23EEA

003FFD4E-1F11-43C7-8238-C8008C237BBB

「上げ潮での実績が高いシャローエリアのポイントへ深夜からの釣行。
当初はシンキングスライダーで釣りを組み立てる予定でしたが、予想よりも潮位が高く、流れも速かった為、足場の高い場所からエントリー。急遽先発ルアーをスチールミノーに変更。
アップクロスにキャストし、中層付近のレンジをキープしながら引いてくると、足元まで追いかけてきて強烈にバイト!
3キロほどでしたが、シャローでしたので大暴れして楽しませてくれました!
スチールミノーは金属製のルアーでありながら安定してレンジをキープすることができ、また流れに対してアップクロスでトレースしても、しっかりと水を噛んで強烈にアピールしてくれます!
足場の高い場所や、シャローでありながら飛距離が必要なポイントなどではこのスチールミノー18gが大活躍してくれると思います!」

とのことです。
道向様、釣果情報ありがとうございました!

スチールミノー18gの発売は間も無くです。
ご期待ください。

アップのコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

東京湾のボートシーバスフィッシングと言えばお馴染み「アイランドクルーズ」様にお邪魔してました。

R0018444

R0018427

アップのコピー

発売目前の「スチールミノー18g」
シーバスタックルとの相性抜群です。
魚たちの反応も勿論◎

シーバス用鉄板ルアーの新定番になるか?!

アイランドクルーズ様、いつも的確なガイドありがとうございます。
またお邪魔します。

アイランドクルーズ様ホームページはこちら

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

毎月21日発売、株式会社内外出版様より刊行されている「ルアーマガジンソルト」最新7月号内で、
特集記事「スチールミノーの実力」と題して、タックルハウスの提案する新しい形の金属ミノー
「スチールミノー」をご紹介して頂いています。
“泳ぎの質”にとことん拘った開発談や、製品版に至るまでのプロトモデルの遍歴等、これまでブログでご紹介しきれなかった内容満載です。

6月にはシーバスタックルにも最適な18gモデルの発売も決まり、
狙える魚種の幅も”グン”と広がる「スチールミノー」。
メタル製品とは思えない魅力的な泳ぎを、魚の反応を、是非沢山の方々に体感して頂きたいです。

611F9C97-0330-4230-8BA7-8F6DC864112A

8E992F3D-C7D5-49CD-8CFE-FA1A7AA4F4E8

93EB83B6-81DB-4A9F-9F84-625B1E798E51
上写真は内外出版様HPより

「ルアーマガジンソルト」最新7月号は、全国の書店、釣具店で絶賛発売中です。

前回のブログで告知させて頂いた6月のニューアイテム「スチールミノー18g」
今回は、18gモデルより採用した新しい構造「セカンドアイ」の解説です。

セカンドアイのコピー

前回ご紹介したこの画像。
フロントフックアイの後ろにある、もう一つのアイ。
これが「セカンドアイ」です。


従来のスチールミノーは、弊社指定より大きいサイズのフックを装着することができません。
ボディ部分の体高の低さゆえ、大型フックは背中に引っ掛かってしまうからです。

タックルに合わせたルアーの小型化と言えど、想定するメインの対象魚は時にメーターを超えるサイズに成長する鱸類。
また、近年温暖化の影響からか、全国の様々な地域で盛り上がりを見せるショアからの青物キャスティングゲーム等に使う方も視野に入れると、
フック選択にバリエーションが持たせられないのは、スチールミノーを小型化する上での大きな課題でした。

その課題を解決するのが、今回のCSM18より採用した「セカンドアイ」

通常のフックセッティングに加え、セカンドアイとフックをスプリットリングで接続することによりフックの振り幅を抑制し最適化。
より大型のフックもボディに背負うことなくご使用いただけます。

魚に警戒心を与えにくい細身のボディでありながら、大型のフックを前後に2つ付けることが可能になりました。

スチールミノー全サイズに共通することとして、フックを大型化した際の泳ぎへの影響が少ないのもこのルアーの特徴です。
デフォルトの設定からフック、リングを大きくするほど泳ぎは徐々に大人しくなっていきますが、極端に大型のものを付けなければ、アクションが破綻することは殆どありません。

名称未設定 1

名称未設定 2

公式にアナウンスさせて頂くのは、以上のフック、リングの組み合わせとさせて頂きますが、
フックの種類、リングサイズよって他にも様々なセッティングがあると思います。
フックセッティングによる泳ぎの変化も含めて、ご自身でベストなセッティングを見つけて頂くのも楽しみの一つになるかもしれません。

スチールミノー18gの発売は来月6月中旬頃の予定です。
ご期待ください。

サイズ比較のコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

「メタルボディでミノーの泳ぎ」タックルハウスが提案するニューコンセプト”メタル”ルアー
「スチールミノー」に18gモデルが6月に登場します。

サイズ比較のコピー

アップのコピー

現行サイズの41gと31gは、主にヒラメやマゴチ、青物等の回遊魚狙いで釣果実績を重ねていますが、
インジェクションプラグ顔負けのミノーライクな艶めかしい泳ぎは、対シーバスにも効果を発揮し、ヒラスズキ、リバーシーバス、ボートシーバス等での釣果報告を各地から頂いています。
頂いている釣果報告の一部はこちらでご覧いただけます

また、開発スタッフによる現行モデルのフィールドテスト時も好反応を得ており、当初からシーバス向けにダウンサイズモデルの構想はありました。
1R0018298

ウォブリングとローリングを織り交ぜた艶めかしいミノーの泳ぎがシーバスに効果的なのは周知の通り。
スチールミノーはその泳ぎに加えて、鉄板系の持つ優れたキャスタビリティ、深場をスピーディーに探れる沈下速度、早巻き時の安定した泳ぎやフラッシング、それらを兼ね備えています。

長年シーバスフィッシングでは、主にメタルバイブレーションで構成される「鉄板系」アイテムがデイゲームを中心に大きな人気を獲得しています。
このスチールミノーは、まさに「鉄板系」の新しい形「鉄板ミノー」「メタルミノー」としてシーバスフィッシングに新たな風を起こします。

最初の画像で気付いた方は少ないと思いますが、新サイズ18gモデルから新たに採用する機構があります。
フロントフックアイの後ろにもう一つ同じようなものが?

セカンドアイ2のコピー

セカンドアイのコピー

体高の低いルアー、素材の比重が高く細身にならざるを得ないルアーの”ある弱点”を解消する為の新機構です。
詳細はまた次回ご紹介します。

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

広告

CONTACT Steelminnow<スチールミノー>31gモデルの出荷を順次開始しました!
ありがたいことに大変多くのご注文を頂いているのですが、生産の都合上、初回出荷は少量となってしまいました。
商品が上がり次第、随時釣具店様へ出荷してまいります。
ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

「メタルボディでウォブリング。

サーフからの大遠投や堤防からのナブラ打ち、ミノーを使っていて、もっと、もっと飛距離が欲しい時には、迷わずスチールミノー。独特なフォルムは、高比重素材を泳がせるためのもの。リトリーブでは若干頭あがりのウォブリングで引き抵抗は極めて軽やか。見た目から想像する以上にミノーです。」

リップの付いた金属ミノーという、これまでに無かったニューコンセプトルアー「スチールミノー」
安定した飛距離、軽やかな巻き心地、艶めかしいアクション、タックルハウスが提案する新しい形のミノー。
是非、体感してみてください。

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

スチールミノー関連記事はこちら

アクション動画も是非ご覧ください。↓↓