和歌山県

All posts tagged 和歌山県

大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年9月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県 紀北エリア 地磯
情報提供者: 吉田裕彦様
釣果:ブリ、マダイ、サワラ
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>41g
フック:オーナーばり ST66#4

BB25736F-472F-49AC-8BCB-3E06ECD6487A

BD3701B3-8ABF-4CFB-8B60-1F45EF94E09F

5A694D6D-C20E-41BA-933F-07B2DA79980C

399E57BA-78FB-48D9-A6E4-CA7A853D948B

45E2F42E-BDD9-4BF6-BF74-80B389D8A4B9

787BCF06-4E96-484A-B9E0-3B7BC8D9FCBD

8DA8C993-0091-4F10-88AB-FFAC4D82D66E

「ブリ94cm、マダイ57cm筆頭に全てスチールミノー41での釣果。
フックはST66#4に変更。
11人が横並びで釣りする中、スチールミノーで圧倒的釣果!
周りの人驚いてました(笑)すぐにスチールミノー買いますって言ってました!」

吉田様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

スチールミノーキャンペーン開催中、詳細ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年8月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア 河川
情報提供者: 中瀬 直行様
釣果:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKLM90 GP サラシゴーストピンク(GoPhishカスタム)
ROLLING BAIT<ローリングベイト>RB77
ロッド:Go-Phish ST83
リール:ツインパワー C3000HG
ライン:PE 1号
リーダー:フロロ20lb

01EFB9BC-6B34-41E7-B033-21533CC83E78

FDF87F23-A6E0-4CEF-AB21-2EE75E0E2180

ECC5762F-D556-487B-B302-1F73DCAB7E3B

EF8554ED-8727-427F-8CFB-6D7FB209BAEF

7242B8F0-70B9-4AE6-BF87-17BA9337CF5E

9D70B329-6A8B-419C-AA43-85CB64A8C8A0

「台風一過、状況が落ち着いたので雨後の小規模河川に行ってきました。ナイトゲームでの河口域でのヒラ狙い。下げ潮も効いており、地形変化をメインにヨレをTKLM90で探っていくと、金属的なバイトでヒットしたのは60クラスのヒラスズキ。同行した仲間も順調に掛けており、好調なタイミングだということが伺いしれる。アップクロスにキャストし、流れに同調させると連続バイト、最大は70クラスでした。この日の最大は仲間がローリングベイト77で85cm。どの魚もコンディションが良く、楽しまさせてくれました。」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

ローリングベイトシリーズ製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

出荷を順次開始したばかりの新製品「スチールミノー57g」
間も無く全国の釣具店様に並ぶ予定です。
発売前の製品モニタリング時の釣果写真をご紹介します。

釣行エリア: 和歌山県紀北エリア 地磯
情報提供者: 吉田裕彦様
釣果:ハガツオ
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>57g
フック:オーナーばり ST66#1
ライン:PE3号
リーダー:フロロ14号

8C0D3DAB-9C1C-48A3-80E1-AAF2452F5EB0

44111FDC-F896-4361-99F4-1AAE88326234

「PE3号、リーダーはフロロ14号の青物タックルです。
良い感じで使えました!
飛ぶし、巻き抵抗も丁度いいです!」

とのことです。
吉田様、ご協力ありがとうございました!

スチールミノー製品ページこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年7月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県 熊野エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:オオモンハタ
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>31g、41g
ロッド:Go-Phish yakpac 69B
リール:ダイワ タトゥーラHD custom
ライン:サンライン キャリアハイ2号
リーダー:サンライン カットイン20lb

写真 2018-07-23 13 52 32

写真 2018-07-23 13 52 27

写真 2018-07-23 13 52 29

写真 2018-07-23 13 52 35

写真 2018-07-23 13 52 38

「熊野ボートゲームでのオオモンハタ狙いへ。ベイト絡み、ブレイクをメインにした地形変化狙い。
今回はスチールミノーをメインに使用しました。発売してからというもの、オオモンハタには効くだろうなと思ってまして。

理由としては…

①メタルジグ並みの抜群の飛距離
②沈下スピードが早く手返し抜群
③ウォブリングにより強い波動とフラッシングによる集魚力
④巻き抵抗の軽さが集中力を持続させ、長時間の釣りにも耐えられる。

スチールミノーは個体数が多くはないオオモンハタを素早くサーチでき、波動やフラッシングなどのアピールにより浮かすことが出来るのではないかと思いました。

当日は31gで5m〜15m前後のブレイクを。41gで20m以上のディープを攻めました。基本的には31gをメインとしました。

使い方としては、キャスト後、ボトムまで沈めてからのスイミングパターン。リーリングは1秒に2回転ほど。反応がなければボトムを取り直し、同じように巻き上げてきます。オオモンハタは遊泳力が強く、中層、または表層付近、足元でのバイトもあるほどなので、最後まで気を抜けません。

実釣では45クラスを頭に20クラスほどの小型まで、ワームとは遜色のないほどの釣果でした。メタルジグ、ジグヘッドにはないスチールミノーによるフッキングの高さも確認出来ました。

シーバス、回遊魚、フラットフィッシュはもちろん、オオモンハタ狙いでもメインとして使える実釣性能を確認できた釣行でした。」

中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の安定のボウズ様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア 紀中の地磯
情報提供者: 安定のボウズ様
ターゲット:青物
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN <TKR-130H Hi-Fi Lipless>
ロッド:がまかつ LUXXEチータRR110MH
リール:ツインパワー5000HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ30.5ポンド
フック:がまかつSP-MH#3

IMG_6606

「平日休みが取れたのでヒラスズキを狙いに行ったのですが、
天気予報通りのベタ凪で青物狙いに変更しました。

到着した地磯にはベイトが多かったので、朝からブリットペンシル170を投げるも無反応。

そこでK2F142に変えると青物がチェイスするもヒットせず・・・。

さらにTKR130Hに変えて5投目、フルキャストからの中速リトリーブ中に74cmのメジロがヒットしました。

シーバスタックルには十分な引きで、苦戦しながらなんとか取り込めました。

サラシがあれば他のルアーでもヒットしたのでしょうが、ベタ凪ではルアーの泳ぎ方に対する違和感に敏感だったのかと思います。

いまいち使い方の分からないルアーでしたが、これからは常に持っていこうと思います。」

とのことです。
安定のボウズ様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

まもなく発売開始「スチールミノー18g」
今回の釣果報告は31gモデルですが、18gモデルの登場でシーバスゲームの可能性が更に広がります。

↓↓
大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県 紀ノ川エリア
情報提供者: 吉田裕彦様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー31g>
Tuned K-TEN TKR130H Hi-Fi Lipless

B6572A02-E5F9-44C7-BF97-B9C29C68D0B8

1FC0EB26-D998-440F-801D-D6121E7D3776

92F770D3-A9A9-4EFE-8682-0D2150D0DC2D

66D4DADA-8020-4FFB-B5F9-76BFC2463659

4F2CFC94-374C-496F-A651-AE946E1F9062

「この季節、まとまった雨が降り河川に適度な濁りが入ればワクワクしますね!
そう、僕の大好きなスズキがデイゲームで狙いやすくなります(^。^)!
このポイントは遠浅で川の流れの筋が遠くにあるので飛距離の出るルアーが有利なことが多いです^_^!
そこで僕が選んだルアーはスチールミノー31!フルキャストしてロッドを立てて、あまり潜らせないように流れの筋を横切るようにリトリーブします。そして…
流れの筋からルアーが出たところで「ガッシーン!!」とヒット!

シャローエリアを広く探るのにスチールミノーはとても効率がいいですね!!」

とのことです。
吉田様、釣果情報ありがとうございました!

スチールミノー18gの発売は間も無くです。
ご期待ください。
アップのコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の今日もボウズ様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月上旬頃
釣行エリア: 和歌山県中紀の地磯エリア
情報提供者: 今日もボウズ様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F122
ロッド:がまかつ LUXXEチータRR110MH
リール:ツインパワー5000HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ30ポンド
フック:がまかつSP-MH#3

IMG_6433

IMG_6397

「はじめまして。ルアー釣り暦が5年になる者です。
川シーバスでルアー釣りを始め、いつの間にかヒラスズキに憧れを持つようになりました。
そこから追い求めること釣行30回以上、ようやく釣ることができました。

1日目、早めのリトリーブをしていたところミスバイトしてしまい、リベンジとばかりに翌日同じポイントに入りました。
日の出と同時に釣りを始め、1時間が経過し「今日も不発かな?」と思っていた矢先でした。強風を使って岩の裏をドリフトさせていたK2F122に「ジュバッ!」と出てくれました。エラ洗いでのバラシは過去に5回ほど経験していたのですが、今回は無事ランディングすることができました。
45cmと大きくは無いものの、一生の思い出に残る1匹となりました。

拙い文章でお恥ずかしいですが、どうしても報告したくて投稿させていただきます。」

とのことです。
今日もボウズ様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア
情報提供者: 吉田裕彦様
ターゲット:ヒラスズキ、青物
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>41g
ロッド:Go- Phish テイクバッカー106

image12

image13

「この日は北西風が強く、風に吹き寄せられたのか遡上前の稚鮎がショアラインにいっぱい居て、時折何かに追われて水面を飛び跳ねています。
青物?
稚鮎の大きさは5〜6㎝程と小さく、それに合わせてルアーのシルエットも小さくしたいのと、向かい風の中で飛距離が欲しいのでスチールミノーを選択してキャスト開始です。
足元から少し沖は浅くなっていて崩れた波でサラシが広がっています、根掛かりしないようにロッドを立てて水面直下、サラシの中をテロテロとリトリーブしていると!
「ガツン」とヒット!
まさかのヒラスズキでした(^^)!」

とのことです。
吉田様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

今月中旬より発売予定、オルガリップレス43に続く新サイズ「オルガリップレス50」
その発売前の製品モニターをお願いしている、和歌山県の中瀬様より尺メバルの釣果報告を頂きましたのでご紹介します。

前編はこちら

釣行日: 2017年11月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県南紀エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:メバル
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) オルガリップレス50(発売前プロト)
ロッド:Go-Phish yakpac 60m
リール:2506H
ライン:PE0.6
リーダー:F2号

写真 2017-11-21 22 56 07

写真 2017-11-21 22 22 57

前編からの続き↓↓
「、、、続けて次の日も釣行。

プール状になったところや、シャロー、スリットを打ち続けていくと、水深のあるプール状のたまりの足元で最初のバイト。これもまた30cmであった。

次は磯の外側と、釣れたポイントを繋ぐスリットへキャスト。左からの流れも入り、複雑な流れが発生している。そしてテンションが掛かったところで、止めて、流れから抜けたところで、バイト。スピード感のある引きに耐え、抜き上げたのは33cmであった。流れを感じやすくなったのはとてもいいことだと思う。

上々のシーズンスタートに満足し、納竿とした。

オルガリップレス50を使った感想としては、操作性が良く、ラフな状況でも扱え、飛距離もでる。フルキャストした先でも水面下を漂うように使うことが出来るので、サーフやゴロタなど遠浅のポイントでもフローティングを生かしてスローに誘えるのも強みだと思う。そして何より、サイズアップによるアピール力が増したことと、ワンサイズフックを大きくすることも出来るので、(#14か、#12か)尺メバルなどの大型狙いには欠かせないプラグとなりそうです!」

中瀬様、モニタリングありがとうございます。

「オルガリップレス50」の発売は今月12月中旬です。
ご期待ください。

名称未設定 1のコピー2

SHORESオルガリップレススイム動画、製品ページはこちら

今月中旬より発売予定、オルガリップレス43に続く新サイズ「オルガリップレス50」
その発売前の製品モニターをお願いしている、和歌山県の中瀬様より尺メバルの釣果報告を頂きましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県南紀エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:メバル
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) オルガリップレス50(発売前プロト)
ロッド:Go-Phish yakpac 60m
リール:2506H
ライン:PE0.6
リーダー:F2号

写真 2017-11-21 15 45 17

写真 2017-11-21 15 45 26

「待望のオルガリップレス50が発売されるとのことで、プロトを持って、今シーズン初めての南紀尺メバルを狙いに地磯へ。

先行の43でも発売以降、多数の尺メバルを手に出来たので、50にも期待が高まる。
7mmアップ、1gアップの恩恵はどうか?と確かめるように数投すると、サイズアップによる引き抵抗が増し、操作性がよい。
フルキャストした先でも、ルアーの存在感を感じられた。
フロントで程良く水を噛んでくれるので、多少の波気や、横風など、ラフな状況でも水中に残ってくれるのが有り難い。
色々な状況下でも使いやすいと感じた。

シーズン始まって最初の釣行だったので不安はあったが、狙いのスリットの真ん中を通すように水面下をゆっくりリトリーブするとバイトが出た。シーズン最初の1匹は30cmであった。まだ1匹だけ釣っただけではインプレもし難いので、続けて次の日も釣行。」

~後編に続きます~

中瀬様、モニタリングありがとうございます。

「オルガリップレス50」の発売は今月12月中旬です。
ご期待ください。

名称未設定 1のコピー2

SHORESオルガリップレススイム動画、製品ページはこちら

つり人社様刊行
『ザ・スローピッチジャーク2017-2018』が10月19日に発売されています。

元祖スローピッチジャークをはじめとする先進ベイトジギングの楽しみ方を完全網羅した内容となっており、
[第2特集]の
Spirit of the “Slow Style”「スロースタイルの精神を保持しつつ多角的な視点で多彩なターゲットを迎え撃つ」
では、7月末にタックルハウススタッフ小野寺、古賀、GoPhishの武田栄氏、地元アングラー角井氏による、和歌山県海南市海南港の釣り船「海竜」様でのマダイジギングの模様を掲載して頂いています。

また、[企画1]
オレのジグはこう使え!!
でも「タイジグ」「P-Boy Jig バーチカル」の2アイテムを開発スタッフが解説しております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

CS_162
↑画像はつり人社様より

『ザ・スローピッチジャーク2017-2018』は、全国の書店、釣具店で絶賛発売中です!

取材時にご協力頂いた、釣り船「海竜」様、誌面の企画、制作担当の「岳洋社」様、ありがとうございました!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら
P-Boy Jig バーチカル製品ページはこちら

大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年10月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県 紀ノ川エリア 
情報提供者: 吉田裕彦様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow <スチールミノー>31g

11写真 2017-10-22 13 40 46

写真 2018-05-22 10 31 22

「和歌山の紀ノ川です。
リバーシーバスも投げて巻くだけで釣れます。
釣れたのは足元ですが、かなり沖でもヒットは有りましたので、状況次第でヒットパターンになり得ると思います。
とりあえず一定のリトリーブでヒットしてますので、スチールミノーはスズキにも効果あると思います。」

とのことです。
吉田様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県南紀河川エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:川鱸
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKLM”9/11″
ロッド:Go-Phish ST83
リール:ツインパワーC3000HG
ライン:PE 1号
リーダー:フロロ20lb

image1のコピー

image2のコピー

image3のコピー

「秋の気配がしはじめた9月中頃にまとまった雨が降り、南紀大型河川へ。
濁りも入り良い感じ。手にとったルアーはTKLM90のマットチャートボラ。
デイゲームでアピールの強いチャートは濁りの中でもボワッと存在感があり、好んで使うカラー。
流れのヨレを中心に刻んでいくと、開始早々ショートバイト。
時間を少しあけてキャストするとヒット!
秋のシーズン開幕を告げるかのような良い魚でした。
これから落鮎のシーズン。コンディションのいい魚も増えていくと思います。記憶と記録に残る川鱸を手にするべく、これから河川を走り回る日々が始まります。」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の尾後様ファミリーより釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月上旬頃
釣行エリア: 和歌山県の紀北エリア河川
情報提供者: 尾後 昭夫様ファミリー
ターゲット:チヌ、メッキ
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ペンシルポッパー
elfin プラティSW
ロッド:Go-Phish ul-76 power seven
PEライン:東レ・モノフィラメント「アジングPE 0.4号」
リーダー:東レ・モノフィラメント「パワーゲーム® ルアーリーダー 8lb」

21769517_1447471791995720_121585064_nのコピー

21741791_1447471795329053_1434676291_nのコピー

21744551_1447471781995721_632597698_nのコピー

21754279_1447471798662386_1339302057_nのコピー

21767490_1447471785329054_2027339078_nのコピー

「和歌山県の紀北エリアの河川をメッキ&チヌ狙いでランガンしてきました。

潮止まりまであと2時間あまり、緩やかに流れのあるエリア。

大きめの着水音だと警戒してすぐに逃げたり、
反応がなかったので、小さめのルアーで狙うと、
すこし追尾してきてから
「ボコっ!」と食ってきました。

チヌのトップゲーム
バイトの瞬間が見れるのが
すごく楽しいですね!」

とのことです。
尾後様、釣果情報ありがとうございました!

SHORES ペンシルポッパー製品ページはこちら

エルフィン プラティSW製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年8月中旬頃
釣行エリア: 和歌山県南紀エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:メッキ
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ペンシルポッパー
SHORES(ショアーズ) ストリーマー
SHORES(ショアーズ) ピットスティックGP(GoPhishカスタム)
SHORES(ショアーズ) ティロミノー

image5のコピー

image4のコピー

image3のコピー

image2の5コピー

image1のコピー3

「南紀では8月中頃を過ぎると、メッキが接岸し、楽しませてくれます。
そろそろかな?と河口域へ行くと20cm弱を頭にかわいいサイズが遊んでくれました。
SHORES シリーズが活躍!
まずはメッキを広範囲に探るためにペンシルポッパーを。小粒なサイズですが、ポップ音も程よく、アピールしてくれます。
なにより水面が割れるのは魚のサイズ関係なく嬉しいもの。
水面で反応が悪くなると、活躍するのはミノーやシンキングペンシル。

アクションさせた時にフラット面がフラッシングアピールしてくれるティロミノー。
飛距離も出るので広範囲の水面下を探るには忘れてはならない信頼のミノー。
シンキングスピードも早いので様々なレンジを手返しよく探れます。

低活性で口を使わせにくいとき、なるべく波動を抑えたいので、ピットスティックの出番。
水面直下を早すぎず、遅すぎずのリトリーブスピードで引き波を立てるように使うとバイトしてくることがよくあります。

さらに活性が低かったり、魚が小さかったり、とりあえず反応を得たい時に使うのはストリーマー。
樹脂とメタルのハイブリッドで透明感があり、泳ぐさまはまさしくシラスなどのマイクロベイト。
使い方は投げて巻くだけ。他のプラグは反応しなくても、ストリーマーだけには良く反応する!という経験は何度もあり、色々な魚種も釣れるので、必ずボックスに忍ばせています。

今年もSHORES各種をボックスに詰め込んで秋冬のライトゲームを満喫したいと思います!」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

SHORES ペンシルポッパー製品ページはこちら
SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら
SHORESティロミノー製品ページはこちら
SHORESストリーマースイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年7月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県南紀河川エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:チヌ(クロダイ)
使用タックル
ルアー:Resistance クロナッツ67
ロッド:Go-Phish yakpac 58ml
リール:カルカッタBFS
ライン:PE0.8
リーダー:フロロ3号

image1のコピー

image2のコピー

「南紀エリア小規模河川へ。
南紀エリアはセレクティブな個体が多く、チヌ自体の数も少ないので、1日やっても反応すら得られないこともしばしば。
波動を抑えると反応することが多いので、クロナッツ67が近年は活躍してくれてます。
当日も反応は少なく、河川を上ったり下ったりを繰り返す。
対岸の岸沿いを回遊している、真っ黒い個体にファーストアプローチすると、振り向きざまにルアーめがけて突進。
直前で止まるも、移動距離を抑えたアクションで、綺麗に消しこんでくれたのは威風堂々の53cmでした。」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

クロナッツ スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:川鱸
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKLM”8/9.5″
ロッド:Go-Phish ST83
リール:ツインパワー3000
ライン:PE1号
リーダー:ナイロン20ポンド

!cid_BED01FA0-82CA-4FE0-857E-F509426A8CC7のコピー

!cid_B4587512-551D-4452-A4BE-6C5C2A2FD0A3のコピー

!cid_1F112CF7-08C7-4E50-9754-582E59181E97のコピー

!cid_DC7E5EE3-C681-4355-A0D5-C2F8BD85DF09のコピー

「梅雨真っ盛りの6月末。
釣行日の数日前にまとまった雨が降り、水量、濁りとともに若干落ち着いたタイミングで河川中流域へ。
干潮直前で流れも緩やか。ロッドを立ててTKLM80で表層をスローに探っていると下から突き上げるようなバイト。
頭の大きさから良いサイズ。途中で、フックが外れるような感触があり、丁寧にファイト。
無事にランディング出来たのは、今シーズン最大の88cmでした。」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

一昨日ですが、先月末にもお邪魔した、和歌山県海南市海南港の釣り船「海竜」様にて、マダイジギングのリベンジ釣行に行ってきました。

メンバーは、タックルハウススタッフ、GoPhishの武田栄氏、地元アングラー角井氏。
カサゴ、キジハタ、ホウボウ、ブリ、そして最後に79cmの大鯛で締めくくり。
タイジグで夏の近海オフショア五目釣り達成でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_0957のコピー

名称未設定 1のコピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日の模様は、後日、某雑誌でご紹介させて頂くかもしれません。

釣り船「海竜」中井船長様、ありがとうございました!

釣り船「海竜」HPはこちら

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月初旬~中旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
使用タックル
ルアー:
SHORES(ショアーズ) ストリーマー
Resistance クロナッツ67

!cid_95B5F514-6967-487A-BD94-3BEB4A508DA0のコピー

!cid_7603EC0D-91DB-453F-9F30-70010625286Eのコピー

!cid_CE2900D0-74EB-445E-B963-751E3A4CE646のコピー

!cid_6675B839-B96C-4F9D-B02C-44FF58D1B710のコピー

!cid_3D4333F3-0820-46CF-B997-70AFBD6BBE63のコピー

「ストリーマーの初夏。

6月になると一気にライトゲームのターゲットが増える季節。小型回遊魚をメインに様々な魚種が楽しませてくれます。

サイズも様々で、ワームを投げるような状況で活躍してくれるのが、ストリーマー1.8&2.8。ワームでショートバイトが多発するような状況でもフッキングがいいので、多用しています。

エサ釣りでしか出会えないような魚種も口を使ってくれることがあるので、タックルボックスにいつも忍ばせて、楽しんでいます!」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESストリーマースイム動画、製品ページはこちら
クロナッツ スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

昨日はスタッフ数名で、和歌山県海南市海南港の釣り船「海竜」様にタイジグを使ったマダイジギングでお邪魔していました。
潮が動かず、貧果に終わってしまいましたが、関西、近畿エリアのマダイ釣り事情を学ぶとても良い機会になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

GoPhishの武田さんは、まさかのコバンザメ!流石持ってますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同船して頂いた釣具店「フィッシングマックス」のスタッフ様は、状況悪い中、根魚等を釣り上げ流石の腕前でした。雨の中ご足労ありがとうございました!

悪条件の中、時間を延長してポイントを走り回って下さった中井船長様、ありがとうございました!
またリベンジにお邪魔します!

釣り船「海竜」HPはこちら
http://tsuribunekairyu.blog118.fc2.com

最近のマダイジギング遠征は、今回の関西以外にも、東北、関東エリア等まだご紹介出来てないものがありますので近日中にご紹介します!お楽しみに!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら