南紀

All posts tagged 南紀

今月中旬より発売予定、オルガリップレス43に続く新サイズ「オルガリップレス50」
その発売前の製品モニターをお願いしている、和歌山県の中瀬様より尺メバルの釣果報告を頂きましたのでご紹介します。

前編はこちら

釣行日: 2017年11月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県南紀エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:メバル
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) オルガリップレス50(発売前プロト)
ロッド:Go-Phish yakpac 60m
リール:2506H
ライン:PE0.6
リーダー:F2号

写真 2017-11-21 22 56 07

写真 2017-11-21 22 22 57

前編からの続き↓↓
「、、、続けて次の日も釣行。

プール状になったところや、シャロー、スリットを打ち続けていくと、水深のあるプール状のたまりの足元で最初のバイト。これもまた30cmであった。

次は磯の外側と、釣れたポイントを繋ぐスリットへキャスト。左からの流れも入り、複雑な流れが発生している。そしてテンションが掛かったところで、止めて、流れから抜けたところで、バイト。スピード感のある引きに耐え、抜き上げたのは33cmであった。流れを感じやすくなったのはとてもいいことだと思う。

上々のシーズンスタートに満足し、納竿とした。

オルガリップレス50を使った感想としては、操作性が良く、ラフな状況でも扱え、飛距離もでる。フルキャストした先でも水面下を漂うように使うことが出来るので、サーフやゴロタなど遠浅のポイントでもフローティングを生かしてスローに誘えるのも強みだと思う。そして何より、サイズアップによるアピール力が増したことと、ワンサイズフックを大きくすることも出来るので、(#14か、#12か)尺メバルなどの大型狙いには欠かせないプラグとなりそうです!」

中瀬様、モニタリングありがとうございます。

「オルガリップレス50」の発売は今月12月中旬です。
ご期待ください。

名称未設定 1のコピー2

SHORESオルガリップレススイム動画、製品ページはこちら

今月中旬より発売予定、オルガリップレス43に続く新サイズ「オルガリップレス50」
その発売前の製品モニターをお願いしている、和歌山県の中瀬様より尺メバルの釣果報告を頂きましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県南紀エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:メバル
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) オルガリップレス50(発売前プロト)
ロッド:Go-Phish yakpac 60m
リール:2506H
ライン:PE0.6
リーダー:F2号

写真 2017-11-21 15 45 17

写真 2017-11-21 15 45 26

「待望のオルガリップレス50が発売されるとのことで、プロトを持って、今シーズン初めての南紀尺メバルを狙いに地磯へ。

先行の43でも発売以降、多数の尺メバルを手に出来たので、50にも期待が高まる。
7mmアップ、1gアップの恩恵はどうか?と確かめるように数投すると、サイズアップによる引き抵抗が増し、操作性がよい。
フルキャストした先でも、ルアーの存在感を感じられた。
フロントで程良く水を噛んでくれるので、多少の波気や、横風など、ラフな状況でも水中に残ってくれるのが有り難い。
色々な状況下でも使いやすいと感じた。

シーズン始まって最初の釣行だったので不安はあったが、狙いのスリットの真ん中を通すように水面下をゆっくりリトリーブするとバイトが出た。シーズン最初の1匹は30cmであった。まだ1匹だけ釣っただけではインプレもし難いので、続けて次の日も釣行。」

~後編に続きます~

中瀬様、モニタリングありがとうございます。

「オルガリップレス50」の発売は今月12月中旬です。
ご期待ください。

名称未設定 1のコピー2

SHORESオルガリップレススイム動画、製品ページはこちら

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県南紀河川エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:川鱸
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKLM”9/11″
ロッド:Go-Phish ST83
リール:ツインパワーC3000HG
ライン:PE 1号
リーダー:フロロ20lb

image1のコピー

image2のコピー

image3のコピー

「秋の気配がしはじめた9月中頃にまとまった雨が降り、南紀大型河川へ。
濁りも入り良い感じ。手にとったルアーはTKLM90のマットチャートボラ。
デイゲームでアピールの強いチャートは濁りの中でもボワッと存在感があり、好んで使うカラー。
流れのヨレを中心に刻んでいくと、開始早々ショートバイト。
時間を少しあけてキャストするとヒット!
秋のシーズン開幕を告げるかのような良い魚でした。
これから落鮎のシーズン。コンディションのいい魚も増えていくと思います。記憶と記録に残る川鱸を手にするべく、これから河川を走り回る日々が始まります。」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年5月上旬頃
釣行エリア 和歌山県 南紀エリア
情報提供者 吉田 裕彦様
タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F142 T:1

18425922_1917187051877547_130669502_nのコピー

18426375_1917187071877545_1763564071_oのコピー

a18451941_1917187045210881_326176954_oのコピー

大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「例年、ここ南紀地方ではゴールデンウィークを中心にショアラインの青物回遊がピークを迎え産卵を控えたメジロ(ブリの4〜5㎏)をメインに時にはヒラマサのヒットもあり、春のベストシーズンを迎えています(^^)!

この日は波っ気も無く海は穏やか、先ずはトップウォータープラグで様子を伺って見ますが無反応な時間が続きます、今日はダメかな?と思った頃に控え目なチェイス!魚は居てるんやね!
それから取っ替え引っ換えシンペンからミノーから磯まで持って来てるルアーをローテーションします!
その中で唯一、魚のチェイスがあったのがK2F142イワシカラー!
「これかな?」と信じてキャストを続けますがその後反応はありません(>_>)
もう、打つ手無し(笑)かと思いましたが、ふと見るとルアーケースの奥にシーバス用のK2F142Sパールカラーが!
キャストして見ると日中、クリアな水色の中、着水から足元までずーっと白いルアーが泳いでくるのが見えています、
「これ、いくらなんでも見え過ぎやろ(笑)!」と思いましたが、次のキャスト!ルアーを見ながらリトリーブしていると、いきなり、なんの前触れもなく白いルアーの周りにメジロの大群が現れてルアーの取り合いが始まり、問答無用にヒット!!

えっ!ウソ!このカラーで!!
僕のルアーカラーの固定概念を覆すヒットでした!!
その後、自信を持ってSパールカラーを投げ続け、コンスタントにヒットが続きました(^^)!」

とのことです。
吉田様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年4月下旬頃
釣行エリア 和歌山県南紀渓流エリア
情報提供者 中瀬 直行様
タックル
ルアー:Buffet LILLY(リリイ)
ロッド:グラスベイト 4f
リール:Abu2500C
ライン:PE0.6 フロロ1.5号

!cid_4FAE4549-3F61-45F5-9870-F35E91838C80のコピー

!cid_A36799A6-DEE4-45FD-B428-406C3C994303のコピー

!cid_A4EC6DDF-E1AB-468B-8AB8-22B69B78F6F4のコピー

!cid_A0540791-8C7A-4355-9B9E-B787F01D5E58のコピー

!cid_F5772D48-2701-4BC6-92EE-A2EB745908DCのコピー

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「2017初の南紀渓流アマゴへ。雨の後ということで期待して入渓する。ルアーは昨年から手放せないバフェットリリィ。

シャッドのようなリップ形状ながらハイフロートでキビキビアクション、チャラ瀬でも活躍してくれます。プロダクティブゾーンが極めて短い近距離の渓流でも、着水しても水面から飛び出ることなく、すぐに誘えることが出来るので重宝してます。

釣行日当日も、瀬落ち、淵、チャラ瀬、トロ場、強い流れの中、と様々な状況でも反応してくれました。なので、リリィを投げる時間も自然と多くなります^^

今後もリリィは手放せない存在です。
昨年の泣き尺イワナ写真も添えておきます!」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

Buffet LILLY(バフェット リリイ)製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら