千葉県

All posts tagged 千葉県

東京都の齊藤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月下旬頃
釣行エリア: 千葉県館山市エリア 野島崎灯台付近
情報提供者: 齊藤 俊紀様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKLM”8/9.5″
ロッド:ダイワ ラテオ90L・Q
リール:ダイワ EMMS3012H
ライン:PE1号
リーダー:フロロ20lb

23781984_1125422504260910_175905028_n

23768904_1125422520927575_729754789_o

23758310_1125422584260902_1551351807_n

「今日の午前2時頃、千葉県館山市の野島崎灯台付近でシーバスを釣ったので報告させていただきます!
小さな漁港内、イワシが入り込んでいました。ボイルも時々確認出来たのですが中々ルアーに食いつかず…
ルアーをローテーションし、レンジを変えを繰り返しました。
TKLM”8/9.5″にチェンジしスローリトリーブしたところようやくヒットしました。66㎝でした。」

とのことです。
齊藤様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

千葉県の内野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年5月初旬頃
釣行エリア 千葉県内房エリア
情報提供者 内野様
タックル
ルアー:CONTACT BEZEL.<コンタクト・ベゼル36>
ロッド:8.6ft
リール:4000番
ライン:1.2号
リーダー:8号

image2のコピー

image2のコピー2

「今回はベゼル36gでの釣果を報告させて頂きます。
シーバスのボイルは単発で見られるものの、ルアーには反応しない。
日没間近、残り時間あとわずかというところでルアーをフィードポッパーからベゼル36gに変更。
その一投目、表層をスローリトリーブしていると突然ガツンっと!!バイト。
上がってきたのは60cm程度の美しいシーバスでした。

翌日も同じ場所へ
昨日ほどボイルはないものの、シーバスの気配はある。
またしてもベゼル36gをチョイス。
小移動して2投目、今度はコツンとミスバイトの後にゴゴッ!というバイト。
上がってきたのはサバでした。

ベゼルの武器は普通のミノーでは届かないエリアにキャストできる遠投性能。
これからも愛用していきたいとおもいます。

写真が悪くて申し訳ございません。」

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
「使用した製品:イーノ30g、フィードポッパー、ベゼル36g
イーノについてはベリーフックを付けるとフックが本体に絡んでしまうので、浮きゴムを噛ませて対応しております。
ベリーフックを付ける場合は絡み防止処置の必要性があると説明してあれば良いと思いました。」

(タックルハウスより回答)
ご指摘、ご要望ありがとうございます。
<コンタクト・イーノ>のベリーアイに付けるフックに関しては、ご指摘の通りカタログ等にも特に注意事項や推奨フックサイズ等を明記しておりません。
想定した魚種で使用し、トラブルの少ないフック、リングサイズは、オーナーST-46#3 リング#3(又はタックルハウス特注リング#2.5)です。
今回、ご指摘を受けて改めて実験したところ絡み等のトラブルはほとんどありませんでした。
是非お試しください。
また、青物等の大型魚狙いでアシストフックを装着する場合は、ラインアイへの装着をお勧めします。
ベリーアイにフックを付ける際の注意事項や推奨フックサイズを製品ページに明記するかどうか、今後社内で検討させて頂きます。

内野様、釣果情報及び、ご指摘、ご要望ありがとうございました!

CONTACT BEZEL.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

本日2017/4/15発売 、毎月1日と 15 日に(株)マガジン・マガジン社様より刊行されている沖釣り専門誌
「つり丸-2017/5/1号」にて、先日お邪魔した、千葉県 外房勝浦 川津港の遊漁船「とみ丸」様でのマダイジギングの模様を掲載して頂いてます。

マダイ専用開発「タイジグ」の特徴や使い方を詳しく記事にして頂いてます。

これまでのマダイ釣りの趣向とは一味違う、ゲームフィッシングとしてのマダイゲームを可能にする「タイジグ」
興味のある方は是非記事をご覧になってみてください。

沖釣り専門誌「つり丸-2017/5/1号」は全国の書店、釣具店で絶賛販売中です。

取材時にお世話になりました、「とみ丸」様、つり丸編集部の皆様、ライター様、ありがとうございました。

IMG_0546

IMG_0550

IMG_0545

IMG_0551
↑画像は、つり丸様HPより

遊漁船「とみ丸」ホームページはこちら

タイジグ製品ページはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は沖釣り専門誌「つり丸」の取材で、千葉県 外房勝浦 川津港の遊漁船「とみ丸」様にお邪魔してきました。
取材内容は、好評発売中の「タイジグ」を使ったマダイジギングです。
詳しい内容は「つり丸」4/15発売号に掲載して頂く予定です。
同船させて頂いた皆様、とみ丸様、ライター様、ありがとうございました!

遊漁船「とみ丸」ホームページはこちら

タイジグ製品ページはこちら

先日少しご紹介していた、千葉県 外房勝浦 川津港の遊漁船「とみ丸」様でのマダイジギングの模様を簡単にご紹介します。

ひとつテンヤとタイラバでマダイを狙う方々に混じって、タックルハウススタッフは発売したばかりの新製品「タイジグ」オンリーでマダイを狙ってみました。

勝浦沖でタイジグを使うのは今回が初めて。
新しいジャンルのルアーを初めての海域で使う際は、期待(と少しの不安)で胸が躍ります。

この日は午後船に乗船。
潮は中潮、正午の干潮から夕方の満潮にかけて終始上げ潮がほどよく効いていました。

水深は60~80m前後。
私たちはタイジグ80g、100g、120gをメインに使用しました。

スピニングタックルでキャストしボトム付近を横方向、斜め方向へと広範囲に探ったり、ベイトタックルで縦方向を巻き上げとフォールで丹念に探ったり、アクションもただ巻きをベースに、軽くロッドを上下に煽りながら巻いたり、時折大きめの煽りを入れたりと、この日のベストな釣り方を
探がしていきます。

前情報でワラサの活性が高いと聞いていて若干心配していたのですが、当日もその通り。
ワラサ(ブリサイズも)が連発してしまう時間帯もあり、タックルの都合上やり取りに時間がかかってしまい、他の方に少しご迷惑をかけてしまったかもしれません、スミマセン、、
三面ホログロム貼りのタイジグはマダイへのアピール力も高いのですが、キラキラと光るものが好きな青物にも同様で、青物が回ってきた際はタイラバ等より先に青物がアタックしてきたように感じます。
上手く青物だけ避ける方法が見つかれば良かったのですが、、

DSC_0235

DSC_0243のコピー

DSC_0251のコピー

DSC_0258のコピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワラサ以外では、定番外道のアヤメカサゴや、美しい模様のアカイサキ?写真は撮っていませんがサバも少し釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本命のマダイに関しては、序盤にスタッフがそれらしいのをバラシて以来沈黙。
ひとつテンヤ、タイラバの方々も船中数枚上がったかどうかという渋い状況。
ただ、夕方に短い時合いが到来し、バタバタと数枚本命が上がり、タイジグ120g(グリーンゴールド)でも叉長68cm、4.8kgの良型マダイを手にすることが出来ました。

DSC_0287のコピー

DSC_0280のコピー

本命ヒット時の誘い方は、ベイトタックル(下記参照タックル3)でバーチカル(下方向、潮が流れている分斜め)に落とし、着底後「ふわふわ」とロッドを軽く煽りながらの巻き上げでした。
下の動画を参考にしてみてください。

全国的にまだまだ未開拓な部分の大きいマダイジギングですが、今回タイジグを持って初めて訪れた勝浦沖で実績を出すことが出来、今後の可能性を感じる釣行になりました。
マダイの本格シーズンはまだまだこれからです。
今年はジグでマダイを狙ってみたいという方や、タイラバやテンヤでイマイチ反応が悪い時の 切り札として、タイジグでマダイジギングにチャレンジしてみてはいかがですか?

今回お邪魔した「とみ丸」様はホームページの記載では「ひとつテンヤ専門」ということでしたが、他の釣り方にも寛容で、タイラバでマダイを狙う乗船客の方も多いようで、私たちの「ジグをメインで使いたい」という要望も快く受け入れていただきました。
「とみ丸」様、同船させて頂いた皆様、ありがとうございました。

遊漁船「とみ丸」ホームページはこちら

使用タックル

タックル1
ロッド:ソウルズ タイジギングスピニングプロトロッド7ft
リール:ダイワ セルテート3012
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 1.2号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タックル2
ロッド:ソウルズ SF-TB60LC
リール:シマノ オシアコンクエスト201HG
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 1号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 12LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タックル3
ロッド:ヤマガブランクス SeaWalk Tairubber SWT-61L
リール:ダイワ ベイトリール103L
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 0.8号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タックル4
ロッド:TENRYU Red Flip MADAI JIGGER RF652S-L
リール:ダイワ スピニング3000番
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 0.8号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タイジグ製品ページはこちら