兵庫県

All posts tagged 兵庫県

兵庫県のKG様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年10月中旬頃
釣行エリア: 兵庫県神戸沖堤防エリア
情報提供者: KG様
ターゲット:太刀魚、青物
使用タックル
ルアー:スチールミノー31、41

img_1316のコピー

img_1317のコピー

「神戸沖堤防での釣果です。
この日青物、サゴシは全体でもあまり釣れていなかったようで残念でしたが、明るくなってから巷で話題のスチールミノーを遠投した先で指4本クラスの太刀魚が連発しました。
周りでも太刀魚は上がっていましたが、釣れている人とそうでない人の差があるようで、
この日、近距離を探っていたワインド組は×
遠投が効いてもメタルジグでは×
広範囲を探れて、なおかつ横方向への安定したスイムアクションのルアーが良かったようです。
太刀魚のレンジに合わせて、表層付近なら自分が使ったスチールミノー。
中層付近ではテッパンバイブ系がこの日は良かったようです。
釣れる時は、なにを使っても釣れるイメージの太刀魚ですが、特に明るい時間帯はルアーセレクトで釣果が大きく変わるようです。」

とのことです。
KG様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

兵庫県のフィッシングマックス芦屋店 徳岡様より、お客様の釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月下旬頃
釣行エリア: 神戸エリア
情報提供者: 神戸市在住 福岡様
ターゲット:サゴシ、太刀魚等
使用タックル
ルアー:スチールミノー31
リール:ツインパワー4000
ライン:PE1.2号
リーダー:フロロ25lb

image33のコピー

image22のコピー

「日が昇ってから、
居残りの太刀魚狙い、
遠投して着底後、
・ウォブリングがやっと感じられるくらいのスローリトリーブ
・ウォブリングを感じない程度のスローリトリーブ5~6巻に1回軽いトゥイッチ(ギラギラッとさせるイメージ)
以上の組み合わせが太刀魚狙いで

・着水後すぐに速巻き(暴れすぎない程度)の0.3秒ストップ&ゴー
・着水後7カウント後、充分ウォブリングを感じられる普通まったり巻き&たまにトゥイッチ
・着底後すぐにトゥイッチ、スロー巻き、フォール、着底直前にまたトゥイッチ、スロー巻きでトゥイッチ中かフォール中にバイト
以上がサゴシ狙いです。

天候晴れ、北東の微風、ゆるい流れ有り、明確な潮目無し、見えるベイト無し(7カーブ)

ツインパ4000にPE1.2号、リーダーフロロ25lb

飛距離はビッグバッカーHWと同じくらい飛ぶと期待してましたが重さの分、相応といった感じです。が、ミノーと考えればかなり飛び、お得感がありました。
ライン&フックトラブル、くるくるタケコプター飛び、1度も無かったです。

磯で流れのある時に使ってみたいと思いました。」

とのことです。
徳岡様、福岡様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

兵庫県のKG様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年10月初旬頃
釣行エリア: 兵庫県神戸北公園周辺エリア
情報提供者: KG様
ターゲット:太刀魚、青物
使用タックル
ルアー:スチールミノー31

!cid_52C379F3-A369-4033-9364-4E8A1FB42BA4のコピー

!cid_E4C83026-0BAD-4E65-B767-94B84617957Eのコピー

「神戸北公園周辺での太刀魚の釣果です。
早朝から釣り場へ出向くも、本命ポイントは人が多すぎて入れず。
泣く泣く、あまり実績の高くない別ポイントで釣り開始。
この日サゴシ、ハマチは回遊に当たりませんでしたが、明るくなった時間帯に、周りのワインド組が沈黙する中、スチールミノーを遠投して太刀魚連発しました。」

とのことです。
KG様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

こんにちは、近畿エリア、南関東エリア営業担当の古賀です。
9月の初旬ごろですが、兵庫県の沖堤防、武庫川一文字堤防(通称 ムコイチ)にスチールミノーを使用してのフィールド調査に行ってきましたのでご紹介します。

当日は、GoPhishの武田栄氏、そして、タックルハウスの製品モニターをお願いしている大阪市在住の吉田氏の2名にご同行頂きました。

ターゲットは8月中旬ごろから大阪湾各所で釣れ始めた、サゴシ(小型のサワラ)、ツバス(ブリの幼魚)、太刀魚等の回遊魚全般。

当日、予定通り1便目の出船時間の少し前に武庫川渡船様に到着するも、平日の早朝にも関わらず、既に大勢の釣り人が渡船場に詰めかけており1便目は満船。
大阪湾での青物系回遊魚の人気ぶりを感じつつ、ノンビリと2便目に乗り沖堤防へ渡りました。

まだ明るくなる前からキャスト開始。
天候は晴れで、正午にはかなり気温も上がる予報。
風は強いものの背中側からの追い風になるため釣り辛さは感じません。

暗い時間は太刀魚の可能性も高いため、リトリーブとフォールを織り交ぜて誘っていると早速ヒット。
レギュラーサイズのサゴシからスタート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サゴシはかなりの数が接岸しているらしく、その後もコンスタントに釣れ続きます。

image1のコピー

満潮の潮止まりでパタリと反応は止まりましたが、そんな中、武田氏はローリングベイトをスローに巻いて岸際の個体を。
困った時のローリングベイト!はスズキだけでなくサゴシにも!でしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

序盤連続バラシ等で苦戦していた吉田氏も、後半はサゴシ連発。
吉田氏曰く、沖の表層に狙いを絞り、スチールミノーが暴れるくらいの速度でのリトリーブを意識したところ、この日のパターンにはまったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後半は、吉田氏が探り当てた「沖の表層早巻きパターン」でサゴシを継続的に釣ることが出来ました。
青物狙いでは、スチールミノーの浮き上がり易さを生かした、表層早巻きパターンが使い方の一つの目安となりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在スチールミノー31に関しては完売で、次回出荷予定が12月となっておりますが、
この日、武庫川一文字でも使用した41gモデルは来週10月中旬頃の出荷を予定しております。
良型も意識した青物タックルであれば、40gモデルは相性が高いと思います。
「スチールミノー41」ご期待ください。

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

スチールミノー関連記事はこちら

アクション動画も是非ご覧ください。↓↓

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年11月中旬頃
釣行エリア 兵庫県河口エリア
情報提供者 松井 俊明様
タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKF-130 Force

15555898_684169755076064_1878646935_n

15451297_684169748409398_198429616_n%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

15416104_684169745076065_1811155887_n%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

大阪府の松井様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「サヨリパターンで釣れていると聞いて行って来ました♪
情報通りまわりではドッカンドッカンとボイルしているのですがまったくルアーには反応してくれません(汗)
レンジを変えルアーを変え巻き速度を変えと色々試した結果やっと出てくれた一匹♪
この一匹に会わしてくれたフォースに感謝( ・`д・´)ゞ
逃げるサヨリより少し遅く巻くよう気を付けました。
ボイルの後を観察するとある程度のタイミングで同じ場所に逃げ込んでまた沖に行くコースがある事がわかったのでアプローチはこのコースを通す事を心掛けました。
まわりのボイルに興奮してこのコースに気付くのが遅すぎた事に後悔しています(^_^;)」

とのことです。
松井様、釣果情報ありがとうございました!

TKF-130 Force製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら