使い方

All posts tagged 使い方

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年3月初旬
釣行エリア 福岡エリア
情報提供者 遠藤 詢介様
タックル
ルアー:CRUISE VIBRATION<クルーズ・バイブレーション85>
ロッド:Gクラフト モンスターストリーム MSS-892-PE
リール:シマノ 14ステラ4000
ライン:PE 30lb

IMG_7626のコピー

IMG_7622 (編集済み)のコピー

福岡県の遠藤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「以前も釣果情報を送らせていただきました、遠藤です。

久しぶりに投稿させていただきます。

この日はアフターシーバスが釣れているという河川へ釣行しました。

事前情報ではビッグミノーの実績が高いという話だったので、フィードシャロー155やTKW140をヨレや明暗にドリフトさせましたが反応なし。

まだベイトのイナッコが沖のヨレや明暗に溜まるほど潮位が下がっていなかったため、シーバスのレンジは下と判断してたまたまボックスに入れていたクルーズバイブレーションをチョイスしました。

本流筋までフルキャストして着底させ、移動距離を抑えながら小さめにリフト&フォールさせるとセイゴが連発し、その後その日一番の良い流れになったところで80ジャストのランカーシーバスが出てくれました。

クルーズバイブレーションは自分の釣りではあまり出番がありませんでしたが、新たな使い方を発見でき、これから活躍してくれそうです。
ありがとうございました。」

とのことです。
遠藤様、釣果情報ありがとうございました!

クルーズ・バイブレーション製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月下旬頃
釣行エリア 東京湾内 横浜港近辺エリア
情報提供者 東海林 博様
タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ストリーマー2.8g ゴールドピンク
ロッド:XESTA Black Star S68
リール:SHIMANO STRADIC CI4+ C2000HGS
ライン:PE0.3
リーダー:ナイロン 4lb

16990825_1194366604018738_1802132367_oのコピー

神奈川県の東海林様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「今回はボートで横浜港近辺でメバルを狙いに行って来ました。
何ヶ所かポイントを回りましたが大黒近辺でアベレージ25cm以上のメバルが楽しませてくれました。
明暗を攻めるよりも、穴撃ちや岸壁から1〜2m位離れた潮目の様になっている水面下を通したり、同じ所でカウント5〜10位での釣果が良く、それ以上深い水深を狙っても喰ってくるのはルアーが浮き上がって来た足下付近でした。
リトリーブスピードは超低速で、テロテロユラユラ小刻みに動かしてワームに近い波動を演出出来ればと思いストリーマーで狙いました。
ボートでのメバル釣りでもストリーマーは大活躍でした!ありがとうストリーマー!」

とのことです。
東海林様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESストリーマースイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年3月初旬頃
釣行エリア 新潟県下越地方 渓流エリア
情報提供者 奈良 幸明様
タックル
ルアー:
Buffet LILLY(リリイ)
Buffet DORAS.(ドラス)
ロッド:カーディフ
リール:レアニウムC2000
ライン:PE0.3号

1488352615276 (2)のコピー

DSC_0878のコピー

新潟県の奈良様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「今シーズンから本格的にルアーでの渓流を始めようと思い、早速解禁日に行ってきました。

小規模の渓流にエントリーしたのですが、バフェットとドラスが活躍してくれました。
特にバフェットはスローに攻めることができるため、じっくりとルアーを見せることができ今日のポイントでは重宝しました。

おかげさまで楽しい解禁日を過ごすことができ、またルアー初の尺上もキャッチできました!
今後もどんどん使って行きたいと思います!

(タックルハウススタッフより質問)・ヒットルアーの使用方法、心掛けた点、アプローチの仕方etc教えてください。
↓↓
当日はまだ水温が低く、活性が低そうでしたので、比較的スローな釣りをすることを心がけました。
リリィはほとんどタダ巻きでの使用、時折ほんとに軽トゥィッチを入れる程度でした。写真の魚はサイトでかけたのですが、 チェイス中に一瞬ポーズ(ほんの気持ちくらい)入れた瞬間に食ってきました。

ドラスは、飛距離が必要な場面やピンスポットでのキャストを決めたいときに使用しました。コンパクトなボディでウエイトがあるため、十分な飛距離が出て狙いを定めやすかったと思います。

(タックルハウススタッフより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
リリィについて
もう少し飛距離が出ると助かるかもしれません(自分のキャストが下手なだけかも)。ただやはりウェイトを重くするとスローでのアクションが悪くなると思うので、そこが難しいところです。
個人的にもう少しだけ下のレンジを責められるリリィがほしいと感じました。サスペンドタイプがあると非常にうれしいです。
個人的にすごく好きなルアーなのでぜひよろしくお願いします!」

とのことです。
奈良様、釣果情報ありがとうございました!

Buffet LILLY(バフェット リリイ)製品ページはこちら
Buffet DORAS.(ドラス)シリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月中旬頃
釣行エリア 和歌山県南紀エリア
情報提供者 中瀬 直行様
タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ピットスティック47

image1

image2のコピー3

image3のコピー

image4のコピー

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「2月も半ばになると産卵を終えて、回復する為にシャローにベイトを求めてきている個体がチラホラと。
先日、シャロー絡みの地磯をピットスティックのみでランガン。
ピットスティックはスローリトリーブで水面直下から水面下50cm以内をキープでき、美味しいレンジを泳いでくれます。
その特性を生かし、スリットやシャローを探っていると、絡みつくような鈍いアタリ。
強い引きに耐えてランディングしたのは34cmの文句のない尺メバルでした。
強過ぎず、弱過ぎない絶妙な波動で、手にした尺メバルは数知れず。

色々な状況で信じて投げることが出来る信頼できるプラグです。」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

先日少しご紹介していた、千葉県 外房勝浦 川津港の遊漁船「とみ丸」様でのマダイジギングの模様を簡単にご紹介します。

ひとつテンヤとタイラバでマダイを狙う方々に混じって、タックルハウススタッフは発売したばかりの新製品「タイジグ」オンリーでマダイを狙ってみました。

勝浦沖でタイジグを使うのは今回が初めて。
新しいジャンルのルアーを初めての海域で使う際は、期待(と少しの不安)で胸が躍ります。

この日は午後船に乗船。
潮は中潮、正午の干潮から夕方の満潮にかけて終始上げ潮がほどよく効いていました。

水深は60~80m前後。
私たちはタイジグ80g、100g、120gをメインに使用しました。

スピニングタックルでキャストしボトム付近を横方向、斜め方向へと広範囲に探ったり、ベイトタックルで縦方向を巻き上げとフォールで丹念に探ったり、アクションもただ巻きをベースに、軽くロッドを上下に煽りながら巻いたり、時折大きめの煽りを入れたりと、この日のベストな釣り方を
探がしていきます。

前情報でワラサの活性が高いと聞いていて若干心配していたのですが、当日もその通り。
ワラサ(ブリサイズも)が連発してしまう時間帯もあり、タックルの都合上やり取りに時間がかかってしまい、他の方に少しご迷惑をかけてしまったかもしれません、スミマセン、、
三面ホログロム貼りのタイジグはマダイへのアピール力も高いのですが、キラキラと光るものが好きな青物にも同様で、青物が回ってきた際はタイラバ等より先に青物がアタックしてきたように感じます。
上手く青物だけ避ける方法が見つかれば良かったのですが、、

DSC_0235

DSC_0243のコピー

DSC_0251のコピー

DSC_0258のコピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワラサ以外では、定番外道のアヤメカサゴや、美しい模様のアカイサキ?写真は撮っていませんがサバも少し釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本命のマダイに関しては、序盤にスタッフがそれらしいのをバラシて以来沈黙。
ひとつテンヤ、タイラバの方々も船中数枚上がったかどうかという渋い状況。
ただ、夕方に短い時合いが到来し、バタバタと数枚本命が上がり、タイジグ120g(グリーンゴールド)でも叉長68cm、4.8kgの良型マダイを手にすることが出来ました。

DSC_0287のコピー

DSC_0280のコピー

本命ヒット時の誘い方は、ベイトタックル(下記参照タックル3)でバーチカル(下方向、潮が流れている分斜め)に落とし、着底後「ふわふわ」とロッドを軽く煽りながらの巻き上げでした。
下の動画を参考にしてみてください。

全国的にまだまだ未開拓な部分の大きいマダイジギングですが、今回タイジグを持って初めて訪れた勝浦沖で実績を出すことが出来、今後の可能性を感じる釣行になりました。
マダイの本格シーズンはまだまだこれからです。
今年はジグでマダイを狙ってみたいという方や、タイラバやテンヤでイマイチ反応が悪い時の 切り札として、タイジグでマダイジギングにチャレンジしてみてはいかがですか?

今回お邪魔した「とみ丸」様はホームページの記載では「ひとつテンヤ専門」ということでしたが、他の釣り方にも寛容で、タイラバでマダイを狙う乗船客の方も多いようで、私たちの「ジグをメインで使いたい」という要望も快く受け入れていただきました。
「とみ丸」様、同船させて頂いた皆様、ありがとうございました。

遊漁船「とみ丸」ホームページはこちら

使用タックル

タックル1
ロッド:ソウルズ タイジギングスピニングプロトロッド7ft
リール:ダイワ セルテート3012
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 1.2号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タックル2
ロッド:ソウルズ SF-TB60LC
リール:シマノ オシアコンクエスト201HG
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 1号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 12LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タックル3
ロッド:ヤマガブランクス SeaWalk Tairubber SWT-61L
リール:ダイワ ベイトリール103L
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 0.8号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タックル4
ロッド:TENRYU Red Flip MADAI JIGGER RF652S-L
リール:ダイワ スピニング3000番
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 0.8号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タイジグ製品ページはこちら