レビュー

All posts tagged レビュー

前回のブログで告知させて頂いた6月のニューアイテム「スチールミノー18g」
今回は、18gモデルより採用した新しい構造「セカンドアイ」の解説です。

セカンドアイのコピー

前回ご紹介したこの画像。
フロントフックアイの後ろにある、もう一つのアイ。
これが「セカンドアイ」です。

従来のスチールミノーは、弊社指定より大きいサイズのフックを装着することができません。
ボディ部分の体高の低さゆえ、大型フックは背中に引っ掛かってしまうからです。

タックルに合わせたルアーの小型化と言えど、想定するメインの対象魚は時にメーターを超えるサイズに成長する鱸類。
また、近年温暖化の影響からか、全国の様々な地域で盛り上がりを見せるショアからの青物キャスティングゲーム等に使う方も視野に入れると、
フック選択にバリエーションが持たせられないのは、スチールミノーを小型化する上での大きな課題でした。

その課題を解決するのが、今回のCSM18より採用した「セカンドアイ」

通常のフックセッティングに加え、セカンドアイとフックをスプリットリングで接続することによりフックの振り幅を抑制し最適化。
より大型のフックもボディに背負うことなくご使用いただけます。

魚に警戒心を与えにくい細身のボディでありながら、大型のフックを前後に2つ付けることが可能になりました。

スチールミノー全サイズに共通することとして、フックを大型化した際の泳ぎへの影響が少ないのもこのルアーの特徴です。
デフォルトの設定からフック、リングを大きくするほど泳ぎは徐々に大人しくなっていきますが、極端に大型のものを付けなければ、アクションが破綻することは殆どありません。

名称未設定 1

名称未設定 2

公式にアナウンスさせて頂くのは、以上のフック、リングの組み合わせとさせて頂きますが、
フックの種類、リングサイズよって他にも様々なセッティングがあると思います。
フックセッティングによる泳ぎの変化も含めて、ご自身でベストなセッティングを見つけて頂くのも楽しみの一つになるかもしれません。

スチールミノー18gの発売は来月6月中旬頃の予定です。
ご期待ください。

サイズ比較のコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

大分県の釣具のイヴ戸次店 スタッフ藤森様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月下旬頃
釣行エリア: 大分県大分市内河川エリア
情報提供者: スタッフ:藤森様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.SHALLOW<フィード・シャロー105>
ロッド:AIMS BlackArrow89MMU RapidSideUltimate
リール:シマノ4000番ハイギア
ライン:サンラインキャリアーハイ1.2号
リーダー:バリバスVEPナイロン22LB

32227193_2018728525069997_8431712497941086208_n

32156194_2018728531736663_5235838929399185408_n

「ホーム河川での91㎝7㎏オーバー。

当日はたまたま時間が出来、潮汐も良かったので
この時期に実績のある場所へ行ってみる事に。

人気ポイントなのですが先行者は無くゆっくりと準備し
河へ入ります。予想の通り川面を覆いつくすハクの群れ。

TKRPの引き波、K2Rのリアクションで誘うも上げ時合は1バイトに終わり。
ポイントを休ませるために現場美化と読書で時間をつぶします。

日が暮れ、下げ時合に入ったので再び河へ。

風が流れと逆方向でラインスラックのコントロールに苦しみながらも
弱まる瞬間を見計らってフィード105を流し込みます。

流れ・風・地形変化・ベイトの動向…、信じて送り込めるルアー。

全ての要素が重なった時に、豊後の国の豊かな自然がご褒美をくれました。

フィードシャローシリーズは1年を通してボックスから外せない
ホーム河川実績ルアーです。特に105はコンパクトながらフックの番手も大きく
今回も余裕を持ってゲームを展開する事が出来ました。」

とのことです。
藤森様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

福岡県のhidebo様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月上旬頃
釣行エリア: 大分県筑後川水系エリア 渓流
情報提供者: hidebo様
ターゲット:ヤマメ、アマゴ
使用タックル
ルアー:Buffet DORAS.(ドラス)
Buffet LILLY(リリイ)
Buffet(バフェット)SD43 etc

yamame1

「大分県 筑後川水系 渓流にて
以前よりフライ、テンカラでトラウトフィッシングを楽しんでいましたが、
今季よりルアーも導入し、川へ通うもフラれること数回。
この日は、雨が続いた後で川は程よく濁り、僅かに増水気味。
軽いルアーでは早い流速に対応できそうになく、選んだのはヘビーシンキングタイプのバフェット ドラス。
上流にキャストし、少し沈めたのちアクション開始、するとラインを通して手元に伝わる違和感、、
もしやと思いロッドを煽ると、暴れる魚の確かな手応えが。
そこからは夢中でやりとりを交わし、ネットがある事など忘れ、
岸にずり上げたのは立派な体高と鮮やかな尾鰭、厳つい顔つきが特徴的なヤマメでした。
ルアーでの念願の一尾となりました。」

とのことです。
hidebo様、釣果情報ありがとうございました!

Buffet DORAS.(ドラス)シリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)

福岡県の小野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月上旬頃
釣行エリア: 福岡県 博多湾エリア
情報提供者: 小野裕人様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ピットスティック86
ロッド: ラテオ86ml
リール: カルディア2500
ライン: PE1号
リーダー: フロロ16lb

!cid_9C64563A-D133-4EA6-ADBE-0D610A120827

「博多湾 バチ抜けパターン。
デッドスローリトリーブでフォール中に食いました。」

とのことです。
小野様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

徳島県の森本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月上旬頃
釣行エリア: 徳島県南エリア
情報提供者: 森本 健太郎様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN BLUEOCEAN BKF115 HA custom
ロッド:ripple fisher avarice 106mh nano
リール:sw 4000xg
ライン:sunline pe jigger ult4 35lb
リーダー:system shock fc30lb
フック:gamakatsu spmh#3#4

30762690_2085892321658204_7520683418300973056_n

31093479_2085892478324855_4334024818056757248_n

31123927_2085892274991542_7507635449389645824_n

「BKF115で春を満喫して来ました。
魚が上ずっていると感じたので現場でリップカットしてから磯場で角度を擦り合わせ微調整しました。
大きいフックを背負わせてもブリブリ泳ぐBKFは僕にとって最強で最高のアイテムです。」

とのことです。
森本様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN BLUEOCEAN製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら