マイクロベイト

All posts tagged マイクロベイト

全国の釣具店様へ絶賛出荷中「スチールミノー18g」
タイムリーな釣果情報を近畿出張中のスタッフ古賀よりお届けします。

↓↓

535AE255-067C-4813-9B9F-FC83B768D831

747ECA63-E3CF-4542-A138-3F605914F559

B1D8F7DB-B46B-4126-A3A8-3A8528826704

9AC2D431-953B-4F68-A180-A70E6750CC23

「マイクロベイトやバチ抜け最中の近畿エリア港湾部&都市型河川にGoPhishの武田栄さんを誘ってチヌゲームへ。
前日にシーバスを狙っていた際、かなりの数のチヌ、キビレを確認していたのでチヌ釣りにも精通した武田さんに協力してもらい攻略パターンを見つけようと思っての釣行。
はじめに武田さんには、ボトムズル引き系や様々なタイプのルアーでチヌを狙ってもらいます。
自分は昨夜のパターンの再現性を確認する為に、スチールミノー18gをキャスト。
結果、1番反応があったのは、前日もシーバス、キビレを連れてきてくれた新作「スチールミノー18g」の表層タダ巻き。
圧倒的にバイトが集中しました。

武田さんが釣った40cm台後半の良型チヌを筆頭にスチールミノー18gで結果が出ました。
どうやらマイクロベイトを積極的に捕食しているようです。
武田さん曰く
「港湾部のチヌは春のマイクロベイトやバチ抜け時には表層、そして真夏の日中や秋の荒食い時にはベイトを強く意識したミノーが炸裂するパターンがある」とのこと。
ですが、この日は不思議と他の小型プラグへの反応は少なく、スチールミノーに反応が集中。
メタル素材ならではの小さいシルエット、安定した遠投性能、ベイトライクなミノーアクション、シャローも引けるレンジコントロール、スチールミノーの特徴が今のパターンにどハマりしたのでしょうか。
新ジャンルの鉄板ミノー「スチールミノー18g」
シーバスやチヌなどの港湾ゲームにも高いポテンシャルを秘めていると思います。」

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

三重県の川北様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月初旬頃
釣行エリア: 三重県南部の港湾エリア
情報提供者: 川北雅之様
ターゲット:メバル、アジ、シーバスetc
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) オルガリップレス50
ロッド:ベイライナーCF66
リール:レアニウム2500

IMG_20180503_224908

名称未設定 1

名称未設定 2

「このたび、オルガリップレス50で31センチのメバル、その他、アジ33センチ、ガシラ、スズキの釣果が出ましたので、是非見て頂けると幸いです。

釣行時、バチヌケとハクの群れというマイクロベイトに狂うアジがボイルをしておりました。

ストラクチャーをタイトに攻めると良型メバル。
ボイルが出てすかさずキャストすると十中八九アジがヒットしてきました。

超高速リトリーブ、トゥイッチ、ジャーク、ステイを織り交ぜながら多彩なアクションで攻められるオルガリップレス50手放せません。
そして、全くストレスの無いキャストフィール。マイクロミノーの認識が変わりました。攻撃的ミノーイングが展開できるようになりました。」

とのことです。
川北様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESオルガリップレススイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

スタッフより。
 昨日の仕事終わり後の夕マズメ、東京湾奥、京浜、多摩川エリアでの写真を少しご紹介します。
(スマホカメラの為画質悪いです。スミマセン。)

実は数日前に、このエリアにある小売店のルアー担当者様から
「常連のお客さんがマイクロベイト(稚アユ、ハク)付きのシーバスをローリングベイトの48と55で良く釣ってるらしいよ。」
との情報を聞いていたので行ってみたのですが、ローリングベイト55で掛けた魚は全てバラしてしまい、写真の通りカメラに収められた魚のヒットルアーは他のルアーとなりました。

M(エム)。このルアーは本当に様々なシチュエーションで活躍してくれます。
良型も掛けたのですが、残念ながらバラし。↓は小型のセイゴでした。 
IMG_1276のコピー

スピノバイブ(下2枚は同一魚)
IMG_0412のコピー

IMG_7463のコピー

IMG_8896のコピー

掛けた魚はもう少し多かったのですが、バラしも多かったのが残念でした。
たくさんのハク(ボラの稚魚)が岸際に溜まった状況。
シーバスは、その付近の障害物、もしくは水深が深くなるブレイクラインに潜み捕食をしているようでした。
実績のあるローリングベイトへの反応は予想通りでしたが、スピノバイブ55に対しても好反応でした。
性質の近いこの二つのルアーの使い分けは、マイクロベイトパターンでも武器になりそうです。

ローリングベイトとスピノバイブの性質の簡単な比較
〇スイム姿勢(重要)
どちらも背についたリップ(ヒレ)で水を受けるため、通常のバイブレーションプラグ、鉄板バイブ等よりも水平に近く、実際のベイトに近い。

〇アクション
ローリングベイト:全速域でローリング。
スピノバイブ:可変アクション。低速⇒ローリング、中速~高速⇒ウォブリング+バイブレーション。

〇スイムレンジ:
ローリングベイト:比較的浮き上がり易い。
スピノバイブ:ローリングベイトより浮き上がりにくい。

↑良ければ使い分ける際の参考にどうぞ。

タックル
ルアー:ショアーズ スピノバイブ55
   :M(エム)88 
ロッド:ヤマガブランクス EARLY Plus 89L Shallow Master
リール:セルテート3000
ライン:
VARIVAS アバニ シーバスPE マックスパワー #1
VARIVASシーバス ショックリーダー [フロロカーボン]16lb

SHORES スピノバイブ製品ページはこちら

M(エム)製品ページはこちら

ローリングベイト55製品ページはこちら