ボート

All posts tagged ボート

福岡県の久田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年10月下旬頃
釣行エリア: 福岡県 博多湾エリア
情報提供者: 久田 泰洋様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー31>
ロッド:デッキステージ・斬鱸S66M-F(がまかつ)
リール:14ステラ4000XG(シマノ)
ライン:キャストアウェイPE 20lb(1.2号)(サンライン)
リーダ:ポケットショックリーダー フロロ 16lb(サンライン)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ボートシーバスでスチールミノーを使ってみた】
「九州においてボートシーバスが盛んな博多湾
人工的に浚渫された航路帯が水深約15m。それ以外はボトム形状にほとんど変化がなく
平均水深が5~6メートルと比較的浅い博多湾は、なだらかなボトム形状を成している。

東京湾や大阪湾と比べてストラクチャーが少ない博多湾ではオープンエリアで釣るのが主流。
よく使われるルアーはバイブレーション。使い方はキャストして一旦底を取り斜めに引くだけ
ベイトに付いているシーバスを狙うわけだが、簡単にヒットに持ち込める。

そんな博多湾で新発売の「スチールミノー」を使ってみる。
使い方はバイブレーションと同じように、キャストしてボトムまでフォールさせてリトリーブするだけ
比重が重い「スチールミノー」は飛距離が出るのでバイブレーションより圧倒的なアドバンテージがある。
また、着水と同時に一気にボトムに着底するから手返しがよく、ヒット率がアップ!
特に大型のシーバスはボトム付近に居ることが多いので、高比重の「スチールミノー」は効果テキメン!
この「スチールミノー」の出現は、博多湾のボートシーバスにとって革命的なルアーとなることだろう。」

とのことです。
久田様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月下旬頃
釣行エリア 東京湾内 横浜港近辺エリア
情報提供者 東海林 博様
タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ストリーマー2.8g ゴールドピンク
ロッド:XESTA Black Star S68
リール:SHIMANO STRADIC CI4+ C2000HGS
ライン:PE0.3
リーダー:ナイロン 4lb

16990825_1194366604018738_1802132367_oのコピー

神奈川県の東海林様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「今回はボートで横浜港近辺でメバルを狙いに行って来ました。
何ヶ所かポイントを回りましたが大黒近辺でアベレージ25cm以上のメバルが楽しませてくれました。
明暗を攻めるよりも、穴撃ちや岸壁から1〜2m位離れた潮目の様になっている水面下を通したり、同じ所でカウント5〜10位での釣果が良く、それ以上深い水深を狙っても喰ってくるのはルアーが浮き上がって来た足下付近でした。
リトリーブスピードは超低速で、テロテロユラユラ小刻みに動かしてワームに近い波動を演出出来ればと思いストリーマーで狙いました。
ボートでのメバル釣りでもストリーマーは大活躍でした!ありがとうストリーマー!」

とのことです。
東海林様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESストリーマースイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

先日、新製品のフィールドテストを兼ねて、開発スタッフと営業スタッフでボートでの東京湾ライトゲームに行ってきました。

新製品とは関係ないのですが、まずはシーバスをチェック。

活性が低く苦戦しながらも、まあまあサイズをなんとか全員ゲット。

ローリングベイト77。シビアな状況ではやはり頼りになります。

水平に近い姿勢でローリングもバイブレーションもこなすSHORESスピノバイブ
スパイラルフォールも逸品で、水深のあるポイントでもルアーの着水からピックアップまで常に魚にアピールし続けます。

そして12月に発売予定の新製品SHORESストリーマー2.5gのプロト(試作)写真上。
写真下は現行のSHORESストリーマー1.8gです。

このストリーマー2.5gはキャスタビリティが格段に向上。
広範囲をスピーディーに探り、ロッドティップを少し震わす程度のトゥイッチを織り交ぜた表層早巻で、20cm前後のメッキをコンスタントに釣り上げました。

現行のストリーマー1.8gでショゴ(カンパチの若魚)
この現行サイズでしか食わない時間もあり、2サイズでのサーチと食わせの使い分けで釣果を伸ばし、極小ベイト時の威力を再確認しました。

写真は無いですがソーダガツオ、イナダ、カマス等の秋らしい釣果もあり、ライトゲームを存分に楽しみました。