プロト

All posts tagged プロト

render box CFP175 info

CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー>に新サイズ175mmの追加です。

オフショアは勿論、ショアアングラーも待望の大型ポッパーの登場です。
飛距離、アピール力もUP

スペック CFP175/175mm/74g(フック無※)/ring H#9/¥3000
※フック別売りです。推奨フック装着時87g
推奨フック
・オーナーST66#3/0×2
・がまかつSP-XH”#4/0×2

発売は今月5月中旬頃の予定です。

CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら

発売に向けて開発中の真鯛用ジグを先行でモニターして頂いている方から釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年10月末頃
釣行エリア 茨城県日立沖エリア
情報提供者 鈴木智史様
タックル
ルアー:真鯛用プロトジグ

img_0137%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

img_0138%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

img_0133%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

東京都の鈴木智史様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「朝のうち凪、午後から風の影響で釣りづらく、イワシに青物が付いて真鯛より先に青物がヒットする状況でした。
水深30mポイントで真鯛が釣れたのはボトム付近。
プロトジグをキャスト後、着底から一シャクリ目からのフォール中にヒットしました。
サイズこそ出ませんでしたが、同じ釣り方でイナワラ多数、本命3枚が釣れました。」

とのことです。
鈴木様、釣果情報ありがとうございました!

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

発売に向けて開発中の真鯛用ジグを先行でモニターして頂いている方から釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年9月
釣行エリア 佐賀県小川島沖エリア(エンジン付きゴムボにて)
情報提供者 久田 泰洋様
タックル
ルアー:真鯛用プロトジグ80g
ロッド:ラグゼ デッキステージ ファインアクター B65M-R(がまかつ)
リール:カルカッタ コンクエスト201DC(シマノ)
ライン:PEジガーHGライトスペシャル1号(サンライン) 
リーダー:ポケットショックリーダーFC20lb(サンライン)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

福岡県の久田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「先日、プロトジグを使ってまあまあのサイズの真鯛をゲットしました。
僕の場合、フロントアイにフック。 リアフックにTHブレードを装着。
あまりアクションを加えなくともブレードのフラッシングで誘えるので
使い方は、タイラバと殆ど変わりません。」

とのことです。
久田様、釣果情報ありがとうございました!

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

発売に向けて鋭意製作中の「真鯛用ジグ」。
少し日が経ってしまいましたが、静岡県清水沖でのテスト釣行の模様を公開します。

以下開発担当よりレポート
「6月の末 静岡県清水港 「光奏丸」様にマダイジギングでお世話になりました。

魚探は真赤で、シラス、イワシに、シイラ、サワラ、サメなどが付いてサバが好反応。
開発中のジグでマダイの反応を探っていると、魚種不明のナブラ。
キャスティングタックルも持ち込んでいたので、シイラかな、とブリット120をドッグウォークさせているとヒット。
シイラではなくサワラでした。(画像なし)

そこでルアーをサワラキャスティングに定評のあるフリッツ42のゼブラカラーに変更。
するとほどなくしてサワラを追加することが出来ました。

DSC_0724のコピー

水面にサワラの姿が見えなくなったところで、水面下を広く探るべく、ルアーを沈下の早いベゼルバイブに変更。
カウントダウン10秒、出だし速からず遅からずのスピードでのリトリーブからハイスピードリトリーブに切り替えたところでヒットしたのは、メーター程度の雄シイラ。
運よくフラツキが通りかかったところでのヒットだったようです。

DSC_0752のコピー

本題のマダイジギングの方はといえば、風もなく潮も動かず、朝からサバばかりで鯛を選んで釣るのは難しい状況。
その日の魚の活性に合ったレンジ、動き、リトリーブスピードを探りながら、水深約60mのポイントでプロトジグ80gをキャストし着底後リトリーブ。
ラインが縦に入ってきても反応がないので、バーチカルに落として軽いワンピッチジャークで誘いをかけて、鯛の反応を得ることができました。

R0018073のコピー

プロトモデルのテスト釣行でマダイジギングに通う中で気付いた点の一つが「アワセ」の重要性。
口周りが硬い鯛に頭を振られると自重があるジグは、外れやすいので、私の場合、即アワセと魚の重さを感じてから持ち上げるようなアワセを、活性に合わせて使い分けをし、バラシを軽減しています。
釣果的には乏しかったのですが、厳しい状況の中で見えてきたこともあり、発売に向けて一歩前進できました。」

R0018083のコピー

タックル
(マダイジギング)
ROD:SOULS SF-TB60LC。
REEL:DAIWA RYOGA BAYJIGGING C2025PE-SHL
LINE:VARIVAS AVANI Jijjing 10×10 MAXPOWER 1号
SHOCK LEADER:VARIVAS ショックリーダー [フロロカーボン] 16LB
LURE:PROTOTYPE JIG80g

(キャスティング)
ROD:SOULS OCEAN’S LEVEL Class PS-O76L2S
REEL:STELLA SW 5000XG
LINE:VARIVAS AVANI キャスティングPE2号
SHOCK LEADER:VARIVAS VEP ショックリーダー [ナイロン] 40LB
LURE:
CONTACT BRITT120
CONTACT FLITZ.42
CONTACT BEZEL.VIB45

今後も随時テスト釣行の模様などご紹介していきたいと思います。
光奏丸様、お世話になりました。
Fishing Guide 光奏丸ホームページはこちら

CONTACT BRITT製品ページはこちら
CONTACT FLITZ.製品ページはこちら
CONTACT BEZEL.VIB製品ページはこちら

以前からこのブログでもご紹介している「真鯛用ジグ」ですが、発売に向けて現在も調整を進めています。
少し時間がたってしまいましたが、5月の後半に静岡県御前崎の遊漁船「伊達丸」様での、プロトジグを使ったマダイジギングテスト釣行の模様をご紹介します。

常連様、船長様がタイラバで着実に釣果を出すのを横目に、ジグでの可能性を探って試行錯誤を繰り返します。
良型マダイ他、根魚、青物とプロトジグでも釣果は出ましたが、アクションの微調整、釣法の確立、効果的なシチュエーションの模索など課題が多く見つかり、とても有意義なテスト釣行となりました。

序盤は中層付近で大サバ、ソウダガツオの連続ヒット。(写真は大サバのみ)
DSC_0146のコピー

IMG_0934

カサゴ類は終日好反応。
写真の様なダブルヒットも何度かあり。
R0018008のコピー

小型ながら本命。
ジグだからと言って大型ばかりが反応するわけではないようです。
R0018031_001

終盤に上がった良型のマハタ。
フォールに反応していたらしく、着底直後にヒット。
R0018053のコピー

終盤に本命のマダイ。
DSC_0172のコピー

DSC_0174のコピー

メインタックル
LURE:真鯛用ジグプロト
スピニングタックル
ROD:YAMAGA Blanks SeaWalk Taijigging SWTJ-611ML
REEL:DAIWA CERTATE 2500R
LINE:VARIVAS AVANI Jigging 10×10 MAXPOWER1号
   SHOCK LEADER FULUORO CARBON 16LB
ベイトタックル
ROD:YAMAGA Blanks SeaWalk Tairubber SWT-61L
REEL:DAIWA RYOGA BAYJIGGING C2025PE-SHL
LINE:VARIVAS AVANI Jigging 10×10 MAXPOWER1号
 SHOCK LEADER FULUORO CARBON 16LB

今後も随時テスト釣行の模様などご紹介していきたいと思います。

伊達丸様、お世話になりました。
釣り船 伊達丸ホームページはこちら