プロト

All posts tagged プロト

以前からこのブログでもご紹介している「真鯛用ジグ」ですが、発売に向けて現在も調整を進めています。
少し時間がたってしまいましたが、5月の後半に静岡県御前崎の遊漁船「伊達丸」様での、プロトジグを使ったマダイジギングテスト釣行の模様をご紹介します。

常連様、船長様がタイラバで着実に釣果を出すのを横目に、ジグでの可能性を探って試行錯誤を繰り返します。
良型マダイ他、根魚、青物とプロトジグでも釣果は出ましたが、アクションの微調整、釣法の確立、効果的なシチュエーションの模索など課題が多く見つかり、とても有意義なテスト釣行となりました。

序盤は中層付近で大サバ、ソウダガツオの連続ヒット。(写真は大サバのみ)
DSC_0146のコピー

IMG_0934

カサゴ類は終日好反応。
写真の様なダブルヒットも何度かあり。
R0018008のコピー

小型ながら本命。
ジグだからと言って大型ばかりが反応するわけではないようです。
R0018031_001

終盤に上がった良型のマハタ。
フォールに反応していたらしく、着底直後にヒット。
R0018053のコピー

終盤に本命のマダイ。
DSC_0172のコピー

DSC_0174のコピー

メインタックル
LURE:真鯛用ジグプロト
スピニングタックル
ROD:YAMAGA Blanks SeaWalk Taijigging SWTJ-611ML
REEL:DAIWA CERTATE 2500R
LINE:VARIVAS AVANI Jigging 10×10 MAXPOWER1号
   SHOCK LEADER FULUORO CARBON 16LB
ベイトタックル
ROD:YAMAGA Blanks SeaWalk Tairubber SWT-61L
REEL:DAIWA RYOGA BAYJIGGING C2025PE-SHL
LINE:VARIVAS AVANI Jigging 10×10 MAXPOWER1号
 SHOCK LEADER FULUORO CARBON 16LB

今後も随時テスト釣行の模様などご紹介していきたいと思います。

伊達丸様、お世話になりました。
釣り船 伊達丸ホームページはこちら

先月、5月の前半になりますが、青森県平館港の「高栄丸」様に開発中の鯛用ジグのテストでお邪魔してきた際の写真を少しご紹介します。

東北の一部のエリアでは、メタルジグを用いて真鯛を狙う「マダイジギング」の盛んなエリアがあるのですが、青森県平館沖もそのうちの一つです。

昨年の秋にも、この海域にフィールドテストで真鯛狙いのジギングに訪れており、約半年ぶりの平館沖でのマダイジギングとなります。
今回は形状、アクション共に手応えを掴みかけている、開発中の鯛用ジグのプロトを使い、マダイジギングの盛期を迎えたフィールドで真鯛達の反応をうかがいに来ました。

当日の状況と釣果に繋がったアプローチ方法は以下の通りです。

〇水深60m位。
〇底~中層に反応あり。
〇サメ、イルカ、青物が入っていて鯛も散らばっている感じだけど、鯛が反応するレンジは狭い状況。
〇反応するレンジを把握するのが大事。
「まず、使うジグの沈下速度を把握して、キャストし、カウントダウンを繰り返して魚の反応を探る。
今回は、キャストし狙いのレンジキープしながら巻いてきて、ラインが縦になってきたら軽いジャークを入れ誘いかけて、
魚が反応するレンジでジグの動きを変化させたのが、釣果に繋がったと思います。」

同船して頂いた地元の釣具店「上州屋キャンベル青森店」のスタッフ菊地様、高栄丸の高畑船長様にも使って頂き見事に真鯛を釣り上げて頂きました。

DSC_0623

DSC_0617

DSC_0628のコピー

DSC_0602

高栄丸の高畑船長様。
DSC_0605のコピー

「上州屋キャンベル青森店」のスタッフ菊地様


DSC_0607のコピー

DSC_0595のコピー

高栄丸様、菊地様、他同船させて頂いた方々ありがとうございました。
鯛用ジグは今後も各地でテストを続けていきます。

昨年発売した渓流、源流域の為に磨き上げたヘビーウェイトミノー、buffet DORASに新色を追加します。

ゴールドレッド
ピンクヤマメ
オレンジヤマメ
マットグリーンヤマメ
マットブラックヤマメ

視認性の優れたカラーを5色追加です。
新色のマットカラー2色には3Dマットカラーを採用しています。
表面に若干凹凸がある立体的なカラーリングです。
パールやホロでは表現が難しい、昆虫類が持つような温かみのある生命感を表現しています。

2月中旬から下旬頃、出荷開始予定です。

これからシーズンを迎える渓流関係は、新作が続きます。
順次情報公開していきたいます。

お近くのお店に商品がない場合

Main page