ブリ

All posts tagged ブリ

徳島県の勢古様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月中旬頃
釣行エリア: 四国エリア ゴロタ浜
情報提供者: 勢古昇司様
ターゲット:ブリ
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP145

23772229_1553901474738566_664573762_n

80cm鰤

「信頼しているタックルハウスのダイペンには何時もお世話になっております。

他社のダイペンの動きでは魚に見切られ口を使わせれない時でもブリットはしっかり泳ぎ激流の中でもアクションが付けれるため、魚のバイトが集中しました。

浮き上がりも良く、水絡みも良いのでシングルフックとの相性が抜群に良いです。」

とのことです。
勢古様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

徳島県の森本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年10月下旬頃
釣行エリア: 四国エリア 磯
情報提供者: 森本 健太郎様
ターゲット:ヒラスズキ、他
使用タックル
ルアー:K-TEN BLUEOCEAN EX BKF115 (リップチューン)
K-TEN SECOND GENERATION K2R112
CONTACT FEED.SHALLOW<フィード・シャロー>
ロッド:TULALA glissand90
リール:バイオマスターSW4000XG
ライン:SUNLINE PE JIGGER ULT4 35lb
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK FC 40lb
フック:ガマカツSPMH#1#3
ベスト:RBBウェーデングベスト
ギャフ:OTTER CLAFT カラビナギャフ

23030686_2000683520179085_176705706_oのコピー

23113204_2000683526845751_1771403878_oのコピー

「何度も何度もコソコソ行った磯ヒラ。

僕には、縁の無い魚だと思ってましたが…やっぱり釣りたいっ!!!

そんな気持ちだけが、空回りして波がない日も釣行を重ねて…..

遂に、初ヒラ手にしました!!!

暴れ狂うヒラに思っ切りギャフをかけた瞬間に、思わず叫んだのは言うまでもないです!笑

体高あるゴン太頂きました!!!

大好きなブルーオーシャンEXで初磯ヒラを釣れたのは、本当に嬉しいです。」

23232122_2002929576621146_244420191_nのコピー

23201607_2002929579954479_234389089_nのコピー

23232004_2002929586621145_291047185_nのコピー

23314308_2002929589954478_270055258_oのコピー

23202038_2002929583287812_738409118_nのコピー

23201759_2002929596621144_316998289_nのコピー

「最近は、フィードシャローは落ち鮎パターンに最強です。これからも、よろしくお願い申し上げます!」

とのことです。
森本様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN BLUEOCEAN製品ページはこちら
K-TEN SECOND GENERATION K2R112製品ページはこちら
CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大分県の釣具のイヴ春日店の園田様より、お客様の釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月下旬頃
釣行エリア: 大分県佐伯市鶴見 沖磯エリア 渡船:テル丸
情報提供者: 利田様
ターゲット:ヒラスズキ、青物
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F 142 T:2
ロッド:ブルーバッカ―
リール:セルテート
ライン:PE 2.0号
リーダー:32lb
フック:釣具のイヴ オリジナルs

22068730_1912437799032404_1933129072_oのコピー

「沖磯に到着して早々、まさかの先行者が別の船で自分と同じくヒラスズキ狙いで上がっており、
今日の釣果の雲行きが怪しいなと思っていたのですが、それに追い打ちをかけるように
まさかの目の前で漁船が操業し始め、目と鼻の先で大量のベイトとなるイワシ?の群れを網を入れては引き上げを繰り返して漁獲していました。
そんな状況ではヒラスズキも散っているだろうなと思い、7:30にプラグからメタルジグに付け替えてキャストを繰り返し、ボトムを取ってからのスローピッチジャークをしていると・・
HIT! 
ゴンゴン走り回って、跳ねてを繰り返してランディングできたので楽しかったです♪
8:00に上げの潮が6分程になった時に効き出したのですが、南風が強くなってきたのですが、サラシが伸びない状況でした
そんな状況でプラグに戻し、選んだルアーはタックルハウスのK2F!
因みにこのK2Fで数々の釣果を残しています。過去のヒラスズキの釣果記事を読んでいる方はご周知とは思いますが・・・
ピックアップ手前まで魚が追いかけてきて、まさかの足元で食ったので、
強烈に沖方向へ走られてドラグを出されました。
強風の影響でランディングミスを何度か繰り返し、15分のやり取りの末に上がって来て、無事にブリをランディング成功!
強風下でも負けずに飛んでくれるK2Fを愛しています!」

とのことです。
園田様、利田様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

こんにちは。
南関東エリア営業担当の古賀です。

先週のことですが、神奈川エリアの沖堤防へフィールド調査に行ってきました。

今回は地元の釣具店「キャスティング 横浜磯子店」のソルトルアー担当 奈良さんにご同行いただき、ガイドを務めて頂きました。

風景3

風景1

風景2

ルアー

当日は強い南風が吹きつけ、大きなうねりと白波が立つ中での実釣となりました。

ご同行頂いた奈良さんには、話題の新製品「スチールミノー31」をメインに使って頂きました。

まず「スチールミノー31」の特徴を簡単に説明し、釣り開始。
一通りキャストを重ねた後、使用感を聞いてみたところ、引き重りの少ない軽快な巻き心地と、見た目からは想像がつかないミノーアクションに驚かれているのが印象的でした。
また、この日は終始、強い向かい風の中でのキャストを強いられましたが、そのタフな状況が金属ボディならではのキャスタビリティの高さを感じて頂くにはうってつけでした。
「ジグの飛距離とミノーの泳ぎ。」ありふれた謳い文句ですが、実釣を通して実感して頂けたようでした。

肝心の釣果ですが、ここ最近東京湾で好調の青物の回遊に当たり「スチールミノー31」の表層巻きでイナダ(ブリ)を複数釣って頂きました。

低速から中速リトリーブが主となるサーフでのフラットフィッシュ狙いだけでなく、早巻きにも対応するアクション性能で、対青物への適応力も感じて頂けたようです。

私は、Tuned K-TEN<TKW140>のタダ巻き→トゥイッチでのスライドアクションで同サイズのイナダ(ブリ)。
この界隈の沖堤防では、ロングミノーのジャーキングでシーバスを狙うスタイルが流行しているとのことで、シーバスのシーズンにも<TKW140>で試してみたいと思いました。

!cid_A65D7097-C066-40E2-B9A9-530B5AAF36B4のコピー

!cid_C50473BF-D90D-4182-B5C5-DF7EBD0BF738のコピー

!cid_7667BAFD-8C7D-407F-8347-4386E58F4ED1のコピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて「スチールミノー31」ですが、初回出荷分は全国の釣具店様で絶賛発売中です。
そして、今月10月中旬には、さらに遠投性能が増す41gモデル「スチールミノー41」が発売されます。
タックルが合えば、31gモデル以上に広範囲を探れるため、フラットフィッシュ、回遊魚、青物との出会いのチャンスは増えるはずです。
ご期待ください。

ご同行頂いた「キャスティング 横浜磯子店」のソルトルアー担当 奈良さん、ご協力ありがとうございました。

「キャスティング 横浜磯子店」ホームページはこちら

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

スチールミノー関連記事はこちら

アクション動画も是非ご覧ください。↓↓

東京都の齊藤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月上旬頃
釣行エリア: 神奈川県 城ケ島エリア
情報提供者: 齊藤 俊紀様
ターゲット:イナダ(ブリ)
使用タックル
ルアー:P-Boy Jig VERTICAL<P-Boy Jig バーチカル35g>
CONTACT FLITZ.<コンタクト・フリッツ42>
ロッド:ウエダプラッギンスペシャルCPS102
リール:ナスキー4000XG
ライン:PE1.2号
リーダー:フロロ22ld

21741875_1088586477944513_2051595423_oのコピー

21729182_1088586077944553_1465344814_nのコピー

21729400_1088586177944543_1181025132_nのコピー

21733486_1088612621275232_62840055_oのコピー

「城ヶ島の某所にて。手前に常にサラシが、奥に岩礁が点在しているエリア。
先ずは朝方のまだ薄暗い時間帯、航空写真で確認した岩礁のすき間を狙いキャスト。P-BOY jigバーチカル35g着底直後に1尾目ヒット。
その後しばらくしたら手前のサラシに揉まれるウルメイワシの群れを確認したので、コンタクトフリッツ42gをサラシの中にキャスト!
立て続けに4尾ゲットしました!
フリッツはうねりの中でもシッカリと泳いでくれるので磯での青物ゲームには欠かせません!」

とのことです。
齊藤様、釣果情報ありがとうございました!

P-Boy Jig バーチカル製品ページはこちら
CONTACT FLITZ.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら