ヒラスズキ

All posts tagged ヒラスズキ

徳島県の森本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年7月中旬頃
釣行エリア: 高知県 浦戸湾エリア
情報提供者: 森本 健太郎様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.SHALLOW<フィード・シャロー>

37258208_2144692229111546_3734121876553728_nのコピー

37204426_2144691535778282_6367876374572564480_n

「釣果報告です。
高知県 浦戸湾にて連日ヒラスズキの活性が高く、フィードシャローで川ヒラをキャッチしました。
師匠に貰ったルアーで思い入れも深く、師匠の横でキャッチ出来た事が何より嬉しかったです。」

森本様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

長崎県の道向様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月下旬頃
釣行エリア: 長崎県エリア
情報提供者: 道向 佳太様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.SINKING SLIDER<シンキングスライダー>
ロッド:gクラフト ミットストリーム
リール:イグジスト4000
ライン:よつあみ pe1.5号
リーダー:ナイロン20lb

36503303_1644297899026771_1899233073707352064_n

36547155_1644297715693456_5312679399017938944_n

「この時期になると、よく行くポイントにヒラスズキの回遊があるので、友人と釣行。

友人は下げ潮待ちの間と、下げ始めに良型のヒラスズキをキャッチし余韻に浸る中、自分は魚の反応があるレンジとルアーのスピードを上手く掴めず苦戦。

友人からアドバイスをもらい、それならシンキングスライダーが狙いやすいのでは?と思い、セット。

通い詰めた経験から魚の居場所は把握済み。
アップクロスに投げ込み、ゆっくりとドリフト。ラインテンションでレンジを調整しならがら流し込むと、カツンと明確なバイト!

良型とまではいきませんでしたが、60クラスの綺麗なヒラスズキでした!

超スローでのリトリーブでもしっかりアクションするなど、ルアーの扱い易さはもちろんですが、小型ルアーながら#4のフックなので、安心してやり取りができるのも嬉しいです!」

道向様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.SINKING SLIDERスイム動画、商品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

三重県の平本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月中旬頃
釣行エリア: 長崎県 平戸エリア 磯
情報提供者: 平本祐一様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.SINKING SLIDER<シンキングスライダー>
ヒラフィードgp(フィード・シャロー128 GoPhishカスタム)
ロッド:MC works Black & Chrome 110STX
リール:13ステラSW 4000XG
ライン:ストロング8 PE2号
リーダー:ナイロン35lb

DDD1CA44-6AD2-4F6A-B879-2287BC991AA4

22AD7793-24F2-4C4A-82F9-A5C1FC0ED6FE

「シーズン終盤ラスト釣行として長崎平戸地区にヒラスズキ ヒラマサを狙いに行ってきました。
満潮の朝9:30まではなんの反応もなく半分諦めながら下げに期待して新発売のシンキングスライダーを投入、水かみもよいけど浮き上がりも早い、しかし飛び出しにくく使い易いなんて思っていたところにカワイイヒラスズキが出てきてくれました。
その後シンキングスライダーでもう一匹追加、ヒラフィードGP(フィードシャロー)、TKMLでバイトをひろい何匹か追加しました。
最後にヒラマサのナブラに遭遇、なんとか磯際まで寄せましたがヒラスズキ タックルでは歯が立つ訳もなく撮れませんでしたがとても良い釣行になりました。」

とのことです。
平本様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.SINKING SLIDERページはこちら

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の角井様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月下旬頃
釣行エリア: 長崎県 五島列島エリア
情報提供者: 角井 良隆様
ターゲット:ヒラスズキ、マダイetc
使用タックル
ヒラスズキタックル
ルアー:TKLM120GP(Tuned K-TEN TKLM12/18 GoPhishカスタム)
ヒラフィードgp(フィード・シャロー128 GoPhishカスタム)
ロッド:Go-Phish The Spot King master plugger 13.0T
リール:カルディア 3500H
ライン:PE シマノ ピットプル 8本撚り2号
リーダー:デイーフロン船ハリス 8号
フック:がまかつ トレブルRB MH 2〜4番

オフショアタックル
ルアー:タイジグ 40〜120g
ロッド:ダイワ キャタリナbjエアーポータブル 63xhb
リール:オシアカルカッタ 300hg
ライン:PE サンラインPE ジガー ult 4本 1.5号200m
リーダー: ディーフロン船ハリス 8号
フック:アシストフック フロント ショートスナイパー ダブル 1 1/0 2/0 テールフック コアマンこだわりアシストフック L

09D675D8-190B-4235-B818-29698F576370

F510234E-C0FE-4BD6-A8DE-359E1368D191

13F6C5EB-98D9-4C99-8DF2-61D2D8431BA8

B48CED1E-B08A-4FDE-9031-D17AB255DBD5

9DEED565-40E5-4F60-A6EC-26B032B4FD72

DBF7B2C2-1F62-4809-95BC-369C3D6A706F

0FAA6E11-4B95-470F-9150-9F7755894EA5

54E4F03C-80BB-4DB3-90CF-E0417DAB4D47

62E694FA-664F-426E-84BA-9B22C83BB9DB

ABB5D48E-63E2-4B27-9E58-535BAB01AC2B

82F11D5A-8922-4983-862F-49651F5263D5

E8C6905C-A0AB-4D79-BA9C-ECCC37BD96E6

3A8AA9CD-E658-4C36-B615-48FBDE27E26E

5CA2D0AB-50E6-4306-B473-90746B72A976

「四月下旬に五島列島に16日間の長期遠征に行ってきました。
ヒラスズキ、オフショアと毎日釣り三昧。
ヒラスズキはTKLM120GPとヒラフィードGPで普段なかなか経験できない連発を味わい、オフショアではタイジグを使用しマダイ、青物、イサキ、アコウ、マトウダイ、なんとアマダイまでの多魚種の魚がヒットしました。
以前取材に同行させてもらった時のようなふわふわと優しくしゃくるのに高反応でした。
魚影が濃ゆく、自然豊かな五島列島での毎日は貴重な経験でした。

ルアーフィッシング総合情報サイト「SW」に記事を寄稿してます。
↓↓
魅惑の五島列島にチャレンジ!!【PART1・磯のヒラスズキゲーム編】

魅惑の五島列島にチャレンジ!!【PART3・ 異次元のオフショアゲーム編】

とのことです。
角井様、釣果情報ありがとうございました!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

神奈川県の野村様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月頃
釣行エリア: 神奈川県三浦半島エリア
情報提供者: 野村 一貴様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.SHALLOW<フィードシャロー155プラス>
ヒラフィードGP155
(フィードシャローGoPhishカスタム)
ロッド:ヤマガブランクス Ballistick103MH

リール:CALCUTTA CONQUEST・EXSENCE DC

ライン:ODDPORT#2〜3号
リーダー:ナイロン35〜40lb

1B0A4CDB-FBFA-4C53-ABCD-B9AF366A219C

C04FCB92-2477-48C7-BC58-82FFF3C412ED

2209BE15-1D7B-4DAC-AE82-0033391D838A

A606C262-A63F-402A-B332-D7A84A4591C3

BA253D5D-0A3E-42C4-842D-F3D2D4AEF97B

「ホームの三浦半島はシャローエリアが多く、根掛かりを気にせず、また飛距離も出るフィードシャロー155PLUS(ヒラフィードGP)の出番がついつい多くなります。
普通のルアーでは攻められないところを、このフィードシャローなら難なくカバーしてくれるので大変重宝しております。

使用方法:サラシ・流れの中をスローに漂わせるように意識しております。」

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
「改善点:他社製品と比べ各アイ部分にサビが出てしまうような気がします。」

とのことです。
野村様、釣果情報及び、ご指摘、ご要望ありがとうございました!
今後改善に努めてまいります

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

徳島県の森本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月上旬頃
釣行エリア: 徳島県南エリア
情報提供者: 森本 健太郎様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN BLUEOCEAN BKF115 HA custom
ロッド:ripple fisher avarice 106mh nano
リール:sw 4000xg
ライン:sunline pe jigger ult4 35lb
リーダー:system shock fc30lb
フック:gamakatsu spmh#3#4

30762690_2085892321658204_7520683418300973056_n

31093479_2085892478324855_4334024818056757248_n

31123927_2085892274991542_7507635449389645824_n

「BKF115で春を満喫して来ました。
魚が上ずっていると感じたので現場でリップカットしてから磯場で角度を擦り合わせ微調整しました。
大きいフックを背負わせてもブリブリ泳ぐBKFは僕にとって最強で最高のアイテムです。」

とのことです。
森本様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN BLUEOCEAN製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

長崎県の道向様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月上旬頃
釣行エリア: 長崎県 南部エリア
情報提供者: 道向 佳太様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F122
ロッド:Go-Phish the take backer
リール:ソルティガ 3500
ライン:pe 1.5号
リーダー:ナイロン 25lb

30710644_1560548924068336_112803948775079936_n

「k2f122にてヒラスズキの釣果がありましたのでご報告させて頂きます!

前日からのシケにより朝一から磯は好条件。迷わずk2f をセットし、沖へとキャスト。沖の沈み瀬に着いた魚を引っ張って手前のサラシで喰わせるイメージ。サラシに入った瞬間に豪快にバイトしてきたのは82センチ、6キロオーバーのランカーヒラスズキでした!

向い風、高波でも安定した飛行姿勢と泳ぎをキープできるk2f はヒラスズキゲームにはなくてはならない存在です!

また釣果がありましたらご報告させて頂きます!」

とのことです。
道向様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

三重県の平本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月下旬頃
釣行エリア: 長崎県 五島列島,平戸地磯エリア
情報提供者: 平本祐一様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:
K-TEN SECOND GENERATION K2F122
K-TEN SECOND GENERATION K2R112
Tuned K-TEN TKLM9/11
ヒラフードGP(フィードシャローGoPhishカスタム)etc
ロッド:MC works Black & Chrome 110STX
リール:13ステラSW 4000XG
ライン:ミッションコンプリートEX8 2号
リーダー:ナイロン35lb

30652302_568229950212915_2016790026565713920_n

30571155_568229960212914_6897246680240881664_n

30652795_568229983546245_1104796782602223616_n

30653173_568229970212913_4383502033852825600_n

30572324_568229940212916_968756541064740864_n

「春シーズンの遠征にて
やっとよい条件で五島列島へ釣行できましたのでレポートします。
九州とはいえよいタイミングでカレントに流さないとバイトが出ない条件でしたが
ランガンでバイトを拾っていき数釣りが楽しめました。
風強さ風向き、流れによってフィードシャロー(ヒラフィードGP)TKLM 12/18, TKLM9/11、K2R112, K2F122でゲームを組み立てる
私の磯ヒラスズキ釣りにはタックルハウスのフローティングミノーは
私の釣りではなくてはならないルアーです。」

とのことです。
平本様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら
K-TEN SECOND GENERATION K2R112製品ページはこちら
Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら
CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の今日もボウズ様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月上旬頃
釣行エリア: 和歌山県中紀の地磯エリア
情報提供者: 今日もボウズ様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F122
ロッド:がまかつ LUXXEチータRR110MH
リール:ツインパワー5000HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ30ポンド
フック:がまかつSP-MH#3

IMG_6433

IMG_6397

「はじめまして。ルアー釣り暦が5年になる者です。
川シーバスでルアー釣りを始め、いつの間にかヒラスズキに憧れを持つようになりました。
そこから追い求めること釣行30回以上、ようやく釣ることができました。

1日目、早めのリトリーブをしていたところミスバイトしてしまい、リベンジとばかりに翌日同じポイントに入りました。
日の出と同時に釣りを始め、1時間が経過し「今日も不発かな?」と思っていた矢先でした。強風を使って岩の裏をドリフトさせていたK2F122に「ジュバッ!」と出てくれました。エラ洗いでのバラシは過去に5回ほど経験していたのですが、今回は無事ランディングすることができました。
45cmと大きくは無いものの、一生の思い出に残る1匹となりました。

拙い文章でお恥ずかしいですが、どうしても報告したくて投稿させていただきます。」

とのことです。
今日もボウズ様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の吉田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア
情報提供者: 吉田裕彦様
ターゲット:ヒラスズキ、青物
使用タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>41g
ロッド:Go- Phish テイクバッカー106

image12

image13

「この日は北西風が強く、風に吹き寄せられたのか遡上前の稚鮎がショアラインにいっぱい居て、時折何かに追われて水面を飛び跳ねています。
青物?
稚鮎の大きさは5〜6㎝程と小さく、それに合わせてルアーのシルエットも小さくしたいのと、向かい風の中で飛距離が欲しいのでスチールミノーを選択してキャスト開始です。
足元から少し沖は浅くなっていて崩れた波でサラシが広がっています、根掛かりしないようにロッドを立てて水面直下、サラシの中をテロテロとリトリーブしていると!
「ガツン」とヒット!
まさかのヒラスズキでした(^^)!」

とのことです。
吉田様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

三重県の川北様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月頃
釣行エリア: 長崎県対馬エリア
情報提供者: 川北雅之様
ターゲット:ヒラマサ、ヒラスズキ
使用タックル
ヒラマサ
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット145SW>
ロッド:mcワークスレイジングブル104XF-2
リール:ツインパワーSW14000XG
スプール:オーシャンマーク 8000
ライン:ヨツアミGソウルX8の4号
リーダー:バリバス220ポンド1m

ヒラスズキ
ルアー:Resistance Morkyn<モーキン>
ロッド:リップルフィッシャートラディション96
リール:エクスセンスci4+4000XG
ライン:デュエルX4 1.2号
リーダー:クレハシーガー7号

A7BC13A7-FE8F-41CC-BA85-6EE9D147293D

D28F5412-54C2-4DBD-A34E-79CC9CB53BE0

CB33B559-0385-4578-90ED-A62944AE9593

「こんにちは。
いつもタックルハウス様のルアーを愛用させて頂いて居ります川北と申します。

ちょっとウレシイ釣果がありましたのでぜひ見て頂きたくメールさせて頂きました。

先日、対馬にショア釣行した際、ブリット145シンキングワークスでヒラマサ101センチ8キロを含む2本。

ヒラスズキ79センチ、5.4キロをMorkynでゲットできました。ヒラスズキも他のルアーで2本ととてもタックルハウス様のルアー無しではなし得なかった結果に満足しております。ありがとうございます!

今後もよろしくお願いします。

ヒラスズキ狙いで浜に降りると波のせり上がりで魚影を見つけ慌てて波打ち際まで走り、ヒラスズキタックルのままキャスト。着水と同時にヒット。シモリを2つ超え足元まで寄せました。が、自重が重すぎババ荒れのゴロタで魚を持ち上げ切れずブレイク。推定6キロ

その後、ダッシュでクルマに戻り青物タックルでチャレンジ。

ルアーは暴風に煽られないしかも、水面でアピールしてフォールで喰わせられるブリットシンキングワークスを使用。

まずはキャスト。
狙いの位置に入るが糸はやはり流され回収してからのスイープ。水面でダイペン的な使い方でツーアクション。と、ヒット。

軽々寄るのでチッコいな!と思ったら3~4キロの小マサでした。

明らかにジアイなので、撮影もせず次のキャスト。

先ほどは水面で出てしまい、元気な小型が乗ったのですが、一発目の良型のイメージが抜けず、フォールで喰わせるためのスイープでアクション後にロッドを倒しフォール。
ヌシッっと重い感じ。
さっきまでの2匹とは明らかに違う重量感なので、全力ファイト。ファイトタイム30秒以内で回収した的に確保しました。嬉しすぎてテンション上がりすぎて後々気持ち悪くなりました。101センチ約8キロちょっと(グリップ計測)

ヒラスズキに関してはこの時期対馬の魚が産卵で出払っているらしくローカルさんに聞いても、釣具店さんに聞いても、みんな諦めているとのおはなしでした。

ですが、滞在中狙ってみましたが昼間4日間でワンバイト、途中2日間は3人あとは友人と2人でこの結果でした。確かにコンディション良いポイントでも、反応無くで大苦戦。

なんとしてでも対馬のヒラスズキに逢いたかったので夜ヒラに託す感じでシモリの間の水道を釣る方法で狙いました。

流れの中を釣るヒラスズキを得意としている私ですが、選んだポイントには水道内に捕食のきっかけとなるストラクチャーがなく、やみくもに投げても喰わない状態。上潮と底の水塊の境目が水深6m辺りのディープにあるのを突き止めましたが、バイブレーションなどの活発なルアーでは喰わず、流し込む、そして上っ面のカレントより深く、水塊を引っかきながら釣る必要がありました。目いっぱいアップでキャストし流しながらレンジに到達させ潮がかなり緩んだタイミングにヒット。

状況を読み切った充足感のある一本になりました。

過去にも愛媛や五島などで、ショアラインにヒラスズキが居ないと言われたタイミングでこの手法でヒラスズキを手にしていて自信がありましたが、やはり実際釣れるとサイズ如何に関わらず、本当にウレシイものです。」

・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください。
「モーキンのフロントフックのアイがガタガタになったことが3回ほどありました。幸い、すっぽ抜け等はありません。少し気になるので。それ以外はあらゆるタックルハウスさんのルアーを使わさせて居りますが、本当に信用して、大事に使っています。今後もいいルアー作りよろしくお願いします。

あと、個人的な希望なんですが、ブリットの220くらいのGTに使えるサイズがリリースされるとウレシイです。毎年、ロックショア、堤防とショアGTに出掛けておりまして、毎年、行くたびに、デカブリット欲しいなーと。F,Sどちらも興味あります。シンキングワークスはウエイト的に200グラムとかになっちゃいそうできびしいですよね?

それでは長々と失礼いたしました。また、よろしくお願いします。」

とのことです。
川北様、釣果情報、ご意見、ご要望ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

Resistance Morkyn製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

東京都の齊藤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月中旬頃
釣行エリア: 神奈川県 城ヶ島エリア
情報提供者: 齊藤 俊紀様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:CONTACT NODE.(ノード)150F
ロッド:ウエダ プラッギングスペシャルCPS102
リール:フリームスLT4000D-CXH
ライン:PE2号
リーダー:フロロ30ld

19F1CCD5-CC8B-4ACB-A4D0-D3831059E6A7

2B48D0E9-25AD-4192-9A38-A848A4072812

「風、波、共に強く、波を被りながらの釣りとなりました。
サラシが出てる所を見つけてはキャスト、反応がなければ移動するランガンスタイルで攻めました。

50メートル程沖に大きなサラシを生んでる岩があったので、飛距離のでるCONTACT NODE.150Fを選択しスローにサラシを通したら1投目で来ました!
人生初のヒラスズキです。いつも最高のルアーをありがとうございます!」

とのことです。
齊藤様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT NODE.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大分県の釣具のイヴ春日店の園田様より、お客様からの釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年12月下旬頃
釣行エリア: 長崎県平戸市 沖磯エリア
情報提供者: 園田様 
釣行者:利田様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F142 T:1
ロッド:モアザンブルーバッカー107MH
リール:セルテート3012H
ライン:PE2号
リーダー:フロロカーボン32ポンド

26176222_1952309208378596_521063009_n

26179158_1952309211711929_11040934_o

「最近釣果に伸び悩んでおり、このままじゃ年が越せないので何か得意な釣りで最後を締めくくりたくヒラスズキに行ってきました!

この時期は北西風が強く吹くので、それに乗じて長崎の平戸市の沖磯にポイントを決めました!

当日は寒波の影響で風速15~19メートルという爆風で風表には立てず、風裏のサラシを丁寧に叩いていくという釣りを強いられました。

それでも開始早々、朝まずめの時間で難なくヒラスズキをキャッチ!

平戸の魚影はやはり濃いな!と思ってましたが後が続かず残念ながら1匹で終わり!

しかしアウェイのポイントで1匹出せたのはすごく嬉しく、また風が落ち着いたときに行きたい!と思いました!

でも1人で長崎まではちとキツイので次は誰かと行くとして

単独弾丸大遠征(TDD)は今回限りにしたいです!笑」

とのことです。
園田様、利田様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

徳島県の森本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年10月下旬頃
釣行エリア: 四国エリア 磯
情報提供者: 森本 健太郎様
ターゲット:ヒラスズキ、他
使用タックル
ルアー:K-TEN BLUEOCEAN EX BKF115 (リップチューン)
K-TEN SECOND GENERATION K2R112
CONTACT FEED.SHALLOW<フィード・シャロー>
ロッド:TULALA glissand90
リール:バイオマスターSW4000XG
ライン:SUNLINE PE JIGGER ULT4 35lb
リーダー:SUNLINE SYSTEM SHOCK FC 40lb
フック:ガマカツSPMH#1#3
ベスト:RBBウェーデングベスト
ギャフ:OTTER CLAFT カラビナギャフ

23030686_2000683520179085_176705706_oのコピー

23113204_2000683526845751_1771403878_oのコピー

「何度も何度もコソコソ行った磯ヒラ。

僕には、縁の無い魚だと思ってましたが…やっぱり釣りたいっ!!!

そんな気持ちだけが、空回りして波がない日も釣行を重ねて…..

遂に、初ヒラ手にしました!!!

暴れ狂うヒラに思っ切りギャフをかけた瞬間に、思わず叫んだのは言うまでもないです!笑

体高あるゴン太頂きました!!!

大好きなブルーオーシャンEXで初磯ヒラを釣れたのは、本当に嬉しいです。」

23232122_2002929576621146_244420191_nのコピー

23201607_2002929579954479_234389089_nのコピー

23232004_2002929586621145_291047185_nのコピー

23314308_2002929589954478_270055258_oのコピー

23202038_2002929583287812_738409118_nのコピー

23201759_2002929596621144_316998289_nのコピー

「最近は、フィードシャローは落ち鮎パターンに最強です。これからも、よろしくお願い申し上げます!」

とのことです。
森本様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN BLUEOCEAN製品ページはこちら
K-TEN SECOND GENERATION K2R112製品ページはこちら
CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月中旬頃
釣行エリア: 高知県エリア
情報提供者: 上杉 一臣様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKRP “9/12″
Tuned K-TEN TKLM”8/9.5″
Tuned K-TEN TKLM”9/11”
ロッド:パープルヘイズデザイン×ハヤシ カスタムロッド: ICHOS (イクオス)PHC-S830EXプロトモデル
リール:シマノ:ツインパワーXDC3000HG
ライン:モーリス:アバニ シーバスPE スーパーセンシティブLS8 1.5号
リーダー:バリバスショックリーダーVEP25LB
フック:オーナー:ST46-#4

21845407_1169060149905595_1205597734_oのコピー

21875718_1169060156572261_1377304211_oのコピー

21868280_1169060176572259_648850657_oのコピー

21845667_1169060189905591_1147537027_oのコピー

「ヒラスズキのサーフゲームのご報告です(^-^)

台風一過、幸いにも大きな被害もなく、北よりの強風が波を押さえた様子なので、雨後の河川がらみのサーフゲームに出かけました。
ターゲットは、ヒラスズキ。
増水によって押し流されたベイトを求め集まってきた、ヤル気満々の奴を期待しての釣行です。
時折吹く、強い巻き込みの風を受けながら釣りを始めてみると、期待と裏腹にアタリ少なくシビアな状況。
はじめにBKRP-115で表層をチェックするが反応無し。
簡単にはヒットしそうにないので、TKRP-90mmで攻めたところ激しく食って来ました。まずは1匹目をキャッチ!
その後アタリが遠退き、ルアーをTKLM-90mm SA customにチェンジ、レンジを下げてアプローチすると2匹目がヒット!
その後再び反応無し。
ルアーをTKLM-80mmにサイズダウンさせると勢い良くバイト!
3匹目を追加することが出来ました。
この日同行した、釣友のパープルヘイズデザインの近森氏もあの手この手でシビアなヒラスズキをヒットさせていました🎵
いつ見ても美しいヒラスズキ❗
釣れる条件が揃った時にしか出会えない魚だけに、今回の釣行は非常に楽しいものとなりました。」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

熊本県の黒田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月上旬頃
釣行エリア: 熊本県 天草エリア
情報提供者: 黒田 武様
使用タックル
ルアー:
Tuned K-TEN TKR-130H Hi-Fi Lipless
CONTACT FEED.SHALLOW<フィードシャロー128プラス>(SPMH#4装着)
ロッド:ヤマガブランクス100M
リール:3000(D社)
ライン:PE30lb
リーダー:フロロ30lb

!cid_15c82a0bd6f3baa5f312のコピー

!cid_15c82a0dc21d7644b303のコピー

!cid_15c82a3344e8c5ffc2c5のコピー

!cid_15c82a184b81f5bce2a4のコピー

「こんにちは。

熊本の黒田です。

今回初めてTKR130で魚が釣れたので嬉しくて投稿させて頂きます。

天草は梅雨入りと同時に久々の時化となり、土砂降りを覚悟してヒラスズキ釣行へと参りました。

前回はヒラフィードで良い思いができたので、今回はフィードシャロープラスに色を塗ってみて投げていました。

当日は朝から潮位が高いせいかサラシも薄く渋い状況でしたが潮が引くにつれてバイトも多くなっていきました。

やっとでフィードシャローでショートバイトを得るものの乗らす、その後続けて2投しましたが反応が無く、TKR130に変えると一撃でした。

見た目によらず荒れてても水噛みが良く、突風が吹かない限りはすぐに頭が入り水面下で良い泳ぎをしていました。

あと極端に早巻きしても飛び出さないしびっくりするぐらい安定していました。

その後も自分で塗ったフィードシャロープラスでも良型をキャッチする事が出来て、土砂降りの中でしたが満足いく釣行となりました。

全く使い方の分からないままだったTKR130が少しずつ頼りになる武器になろうとしています。

平行姿勢が効いたのかもしれませんが

Rユニットの魅力に惹かれ、次はTKWで挑戦したいと思います。」

とのことです。
黒田様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら
CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年4月中旬頃
釣行エリア 大分県佐伯市蒲江 沖磯エリア
情報提供者 大分県の釣具のイヴ春日店園田様とお客様の利田様
タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F
ロッド:モアザンブルーバッカ―107MH
リール:セルテート3012H
ライン:スーパーファイヤーライン 2号
リーダー:船ハリス 32lb(8号)

18042783_1835128250096693_503786320_o

18042800_1835128286763356_1304589600_oのコピー

18009689_1835128270096691_1745218241_nのコピー

大分県の釣具のイヴ春日店の園田様より、お客様利田様からの釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「南風に誘われ、ヒラスズキを釣りに行ってまいりました。

サラシは申し分無い感じで、粘れば出るかなという思い、ランガンすること2時間。

払い出しから顔を出してくれたブリブリのヒラスズキを釣る事が出来ました。

次はもっともっとすこぶるデカイの釣るど!

73.5cm・3.9kgの立派なメスのヒラスズキでした☆」

とのことです。
園田様、利田様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2F製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年4月中旬頃
釣行エリア 長崎県対馬市エリア
情報提供者 ネジメ様
タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F122 T:1
ロッド : ダイコーDESPERADO DS1263HS
リール : DaiwaLUVIAS3012H
ライン : DUEL HARDCORE X4 2号
リーダー : DUEL POWERLEADER 40lbs.

IMG_20170418_064606のコピー

IMG_20170418_064636のコピー

長崎県のネジメ様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「今シーズン80cmオーバーが出たら報告しようと思っていましたので、さっそく報告します。

前日の台風並みの強風が、早朝からピタっと止んだので、今シーズン、ほとんどハズレの無いポイントへ行くと、予想通り、昨夜のウネリが残って、サラシも良い状態。

いつもの所にいつもの様にキャストして、まず70cm前後がヒット。
強引に足元まで寄せたところで、フックアウト。

続けて、波のタイミングを見ながら、同じ所にキャスト。
ルアーが止まらない程度に、浮かない程度に、波に抵抗しないように、漂わせるようリトリーブしていくと、いきなりドラグが出ていく強烈なアタリ。思わず「追いアワセ」を入れて、足場の良い所に移動しながらファイト。
魚が浮いて、いよいよ取り込みという時、それまで無かったドッカン波が2連発。危うく魚を持って行かれそうになりましたが、ずぶ濡れになりながら、なんとかキャッチすることができました。

魚の撮影を済ませてリリースした頃は、日も高くなり、サラシも薄くなってきて、魚の反応はありませんでした。

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
使用ルアーは、K2F 122 T:1のピンクです。
普段は、軽く潮を咬ませながら、漂わせるような使い方をしたいので、波を捉えやすいK2F142T:2の出番が多いのですが、今日はたまに大波が来るものの、風もなく比較的ベッタリとしたサラシだったので、軽くて抵抗が少ない122T:1を選びました。
商品について、今のところ不満はありません。
強いて挙げれば、価格がやや高めなので、ババ荒れの時に使うのを躊躇してしまう事でしょうか(笑)」

とのことです。
ネジメ様、釣果情報及び、ご指摘、ご要望ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2F製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年4月中旬頃
釣行エリア  熊本 天草 西海岸エリア
情報提供者 黒田 武様
タックル
ルアー:
CONTACT FEED.SHALLOW<ヒラフィードGP>(フィード・シャロー128 GoPhishカスタム)
CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー135>
K-TEN BLUEOCEAN BKRP140
K-TEN BLUEOCEAN BKLM115
K-TEN SECOND GENERATION K2F142
ロッド:ヤマガブランクス10ftM
リール:D社3000番
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ25lb
フックは:がまかつSPMH#4

!cid_15b6749987d957ee52c6のコピー

!cid_15b6748a9c67396d01f3のコピー

!cid_15b6748f58727f97f275のコピー

!cid_15b67486febab0aa81d2のコピー

!cid_15b6748caf7f50bc1e4のコピー

熊本県の黒田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「2017/4/〇〇 熊本 天草 西海岸
満月 大潮 2日目
満潮 8:56 350cm
干潮 15:10 32cm

天候
前日深夜から雨、翌日午前10時に雨が止み、
同時に風向きが西へと変わり午後から2.5mのシケ予報。

こんにちは。
熊本の黒田です。

こちら熊本は連日の雨が続いており、
雨ニモ負ケズ今年も桜が満開を迎えようとしています。

そのような季節の熊本で今回、天草へヒラスズキ釣行へ行ってきました。
雨が止むのを待ち、やんでから風が強くなるのを待ちで午後から地磯へエントリー。
開始早々、BKRP140を激しく吹っ飛ばす良型が出ました。

今日は魚が入ってる。
と確認することが出来ましたがそれっきりBKRP140への対応はありませんでした。

もはや餌ルアーとして定番とされているヒラフィードGP。
あまりの評判で昨年一つ購入しましたが、
その評判が故になかなか投げる気にならず買ったものの一年ほど使用に至りませんでした。
そのヒラフィードGPを今回初めて投げてみようと思っていたのですが、あっさり一投目で小型ではあるもののキャッチ。

それからポイントもたいして休めることもなく三本ほど40〜50cmを連れて来てくれました。
バイトする瞬間も全て確認出来ていましたが、本当に餌だと思っているかのように思えました。

鼻先まで来て引き返したり、渋いショートバイトで帰って行ったりするものですが、ミスバイト後も何度も激しくサラシの中でルアーを捕食しようとしている姿を何度も見たのはこのルアーが初めてでした。

カラーはゴーストオレンジ、クリアなので何度も同じコースに期待してキャストできる、人間からははっきりと遠くても確認できる。
シャローランナーだがサラシの中でも水噛みが良くしっかり泳ぐ。
最高です。

試しに同サイズのミノーをいくつか試しましたが完全にヒラフィードGPの独壇場。
スレる事なくタイミングが合えばだいたい出るような状態でした。

結果としては、
7キャッチ(最高72cm4kg)
足元3バラシ(ショートバイト、一発エラ洗いバラシは含まず)

ヒラフィードGPを使用すると、頂く3本のみキープして4匹目からは写真も撮らず即リリースするような釣りになりました。

今回このような状況でヒラフィードGPを試すことが出来て、良く知ることも出来たと思います。

7キャッチ中の大半がテールフックでした。
ダミーアイがバイトマーカー的な役割になっているのでしょうか?
高活性でヤル気のあるバイトでしたが、
リトリーブが早かったのか波が荒い状態だったのか、様々な理由はあるかと思いますが
テールフックに偏ったバイトだったのが少し気になりました。

最近は1m以上潜るミノーが人気があるように感じていますが、自分も一つは入れていますが、ワンバイトで出番が終わるのが毎回です。

深くストラクチャーに潜んでいるターゲットを水面まで引き出すのが自分の釣りの一番の楽しみであります。
たしかに釣り上げることが目的に違いはありませんが、
最近ではレンジを下げてまで釣ろうとも思わなくなってきました。

下げたら釣れるという概念が無くなってきて、むしろ活性に関係なく、サーフェスが一番釣れるレンジだと思ってます。
自分が操作するルアーに、水面を割って飛び出してくるヒラスズキの姿は何日経っても忘れないぐらいの光景です。

人間対魚の境界線は水面だと思い、
釣りを魚との戦いに例えるなら水面での勝負がいちばん潔いかと思いました。

今回はBKRPやフィードポッパーで探し、見つけたら潜らせてヒラフィードで取る。
この3種類だけでもじゅうぶんゲームとして成立しました。
ヒラスズキに限っての極めて個人的な意見ではありますが。

ヒラスズキが乱舞する熊本ですが、やがて震災から一年が経とうとしています。
当時は、正直釣りを自粛するという空気感にも動揺していました。
やがて一年が経とうとしているのに熊本は相変わらず小さな余震が続いています。
この場を借りてで恐縮ですが、
震災の復興を願ってくれている全国の釣り人の皆様にはとても感謝しています。

こんなにも全国に熱い釣り人がいて、
それも会ったこともない我々のために
さまざまな支援を授かりました。

釣り好きという一つの共通点の絆を感じることが出来ました。

ヒラフィードGPのレポートから内容がズレてしまいましたが、個人的な感想ではありますが、
とにかく釣れるで有名なヒラフィードGP
カラーはゴーストオレンジ
場面としては、
ミスバイト後も何度もアタックしてくる。
スレにくく何度も投げれる。
ストラクチャーから離れていたりサラシが弱いところでもヒットする。
シャローランナーでもしっかり水を噛む。

とにかく釣れるを細分化すると自分はこのような感想です。
なかでもミスバイト後も乗るまでアタックしてくる場面は本当に他のルアーでは経験したことがありませんでした。
まるで自分はこんなに釣りが上手かったっけ?と思わせる魔法のようなルアーでした。」

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
不満な点、改善してほしい点についてです。

実釣の番組的な動画を出して欲しいです。
最近のメーカー的なカッコいいのはいらないので、アクションやシュチュエーションなど分かりやすい解説と買いたくなるような内容の動画が見たいです。

アイが小さくスナップが限定されてしまうこと。
先生なら改善出来ると信じてます。

クリア系のカラーの種類を増やして欲しいです。

なかでも動画は本当に見たいです。
人気アイドルのような有名テスターはどうでも良いのですが、詳しくて分かりやすい解説を実釣で見たいです。
社風に誤解を招く宣伝効果となる可能性もあるかと思いますが。

よろしくお願いします(^ ^)」

とのことです。
黒田様、釣果情報及び、ご指摘、ご要望ありがとうございました!

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら
CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら
K-TEN BLUEOCEAN製品ページはこちら
K-TEN K2F製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年4月初旬
釣行エリア 高知県河口部エリア
情報提供者 長野博光様
タックル
ルアー:Tuned K-TEN <TKLM”8/9.5″Lipless Minnow>

TKLMのコピー

17.4.7akanohiraのコピー

17.4.7.akanohiraのコピー

高知県の長野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「2017年4月〇日、今年はじめての雨らしい雨が降り、川は濁りが出て増水、今年に入ってから、ずっと閉塞していた小さないくつかの河川も河口が開いた。
 待ちかねておりました。
 4月〇日、小雨が降る中、波は3㍍ほどでうねりがあった。
近くの河口へ朝5時ごろ行ってやってみたのだがノーヒット。
それではと場所を変更、6時半ごろから4回ヒット、3尾をとって1バラシ。
数ヶ月ぶりに手にするヒラスズキの美しいこと。
ルアーは全てKTLM8/9.5。帰ってすぐに料理、家族に刺身を振る舞うと「美味しい」の連発でした。
ねかせると美味しいともいうが、絞めてから1時間以内の刺身はまた味が違います。
 夕方、朝釣った場所へ行ったが、波が高すぎると判断して、場所を変更。
朝はノーヒットだった場所で夕まずめ時から始めると、ばりばりとライズが始まり、ヒットの連発、1尾釣ってからすぐに仲間の内川昭二さんに連絡しました。
内川さんが到着するまでに、2尾を追加。
到着した内川さんも2尾釣り、さらに私も1尾追加しました。」

とのことです。
長野様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら