バチ抜け

All posts tagged バチ抜け

福岡県の小野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月上旬頃
釣行エリア: 福岡県 博多湾エリア
情報提供者: 小野裕人様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ピットスティック86
ロッド: ラテオ86ml
リール: カルディア2500
ライン: PE1号
リーダー: フロロ16lb

!cid_9C64563A-D133-4EA6-ADBE-0D610A120827

「博多湾 バチ抜けパターン。
デッドスローリトリーブでフォール中に食いました。」

とのことです。
小野様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月中旬頃
釣行エリア 静岡県西部汽水域エリア
情報提供者 八木様
タックル
ルアー:M108
ロッド:LUXXE SALTAGE REFLEX LEOZA 90ML
リール:14STELLA 3000HGM
ライン:WX8 #0.8
リーダー:morethanSHOCKLEADER16lb#4.0 TYPE-N

16602956_1236688016426384_7446476733552489566_nのコピー

16711517_1236687993093053_7251095904099855395_nのコピー

静岡県の八木様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「前回の潮回りは爆風で思い通りの展開とならず苦戦しましたが今回は4m予報。ポイント手前の風速計では2mとなっています。
これは頂きかと思いましたがいざ支度をしてポイントまで歩いているうちに爆風に。
着く頃には体感10m程の強風。後ろから波受けてまともに立ってられない様な状況。

波はばっちゃばちゃだしラインは風に食われてどっか行っちゃうしシンペンなんかまともに引けないのでTKLMに替えてみました。
が、TKLMのちょうど食われやすい様な速度域だと波と風でしっかり泳げない・・。

となると、リップ付きミノーで探りたいのですがメインベイトはバチである事に変わりなさそうなので、程よく水を咬んで、かつ暴れすぎないMをチョイス。
風にラインが食われるのでハーフキャストくらいで探っていると

なんとかポツポツ拾えました。

反応もいまいちだし立ってるのもしんどいくらいの風と波になってきたので今回も早上がり。

なかなか良いタイミングに当たりませんね。
まぁいろんな時があるから面白いです。
釣り自体はちょっと過酷な感じだったけどなかなかのタフコンディション下でなんとか叩き出した感は嬉しいですね。」

とのことです。
八木様、釣果情報ありがとうございました!

M 製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年1月下旬頃
釣行エリア 静岡県エリア
情報提供者 八木様
タックル
ルアー:Tuned K-TEN <TKLM”9/11″><TKLM “9/14″SINKING WORKS><TKLM “9/12.5″SUSPEND>
ロッド:LUXXE REFLEX LEOZA90ML
リール:Stella3000HGM

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

八木様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「先日、この時期特有のバチ絡みのウェーディングゲームをしてきました。
普段通りですとシンキングペンシル中心で組み立てるのですがこの日は風波の影響か表層は反応悪く、
一枚下をリップレス引いて何本かやっと獲れたとゆう様な状況でした。
サイズは伸びませんでしたがTKLM09/14・09/11・SPと流れに合わせて使い分ける事で良い結果を得られた様に思います。」

とのことです。
八木様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

FullSizeRenderのコピー

発売目前の青物専用バイブレーション「コンタクト ベゼルバイブ」ですが順調に製品版が上がってきています。

このまま問題がなければ、今週末頃にはご注文頂いている小売店様に並ぶ予定です。

いち早く手に入れたいという方は、行きつけのお店に入荷予定を確認しておくのが良いかもしれませんね。

話は変わって、東京湾奥エリアのシーバス状況ですが引き続き好調のようです。

寒の戻りで真冬の寒さに見舞われた先週の東京地方ですが、寒さに負けずにロッドを振れば魚は応えてくれます。

今回もショアーズ ピットスティック65で。

SONY DSC

下げ潮が止まり、帰る間際。
散々ルアーを通したコースにM128を泳がせると、、

SONY DSC

バチ以外にも、稚アユやハクらしきマイクロベイトも確認できました。
場所によってはアミも多く見られているようで春の湾奥は賑やかさを増しています。
今後も様々なアプローチで楽しめそうです。

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

M製品ページはこちら

前回のバチ抜けシーバス釣行から数日後、タックルハウススタッフで東京湾奥、京浜エリア、多摩川エリアのシーバス釣行に行った際に撮った写真をご紹介します。

この日は、目視できるバチも多く、水面での捕食も活発に行われており、釣り開始から時合が終わるまでの間、終始魚とのやり取りを楽しむことができました。

この日もメインルアーはショアーズ ピットスティックSPI86とSPI65。
使い方は単純で、アップ&クロスキャストからルアーを流れに乗せながらゆっくりゆっくりとただ巻きしてくるだけ。
(着水からのカウントダウン&リーリング中のロッドの位置で探るレンジを変えていく)

バチを捕食しているシーバス特有の弱々しい「コツコツコツ」というアタリを感じてもすぐに合わせを入れず、ある程度ロッドに重みが伝わってから、合わせるのがポイントかと思います。

名称未設定 2のコピー

この日のヒットカラーは「#28.ブラックラメ」カラー。
いくつか他のカラーも試しましたが、この日釣れたほとんどのシーバスがこのカラーででした。

↓写真のように小さいサイズのバチも多く、サイズの近いSPI65への反応も良好。

名称未設定 3のコピー

この日の最大サイズは84cm。ルアーは「ピットスティックSPI65」 #28.ブラックラメカラー。
その他もアベレージサイズが大きく存分に楽しめた。

名称未設定 5のコピー

ルアーボックスには、ピットスティックの他にライジングミノー、ローリングベイト、TKLM、M等

名称未設定6のコピー

ショアーズ ピットスティック水中動画、製品ページはこちら