バチ抜け

All posts tagged バチ抜け

福岡県の小野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月上旬頃
釣行エリア: 福岡県 博多湾エリア
情報提供者: 小野裕人様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ピットスティック86
ロッド: ラテオ86ml
リール: カルディア2500
ライン: PE1号
リーダー: フロロ16lb

!cid_9C64563A-D133-4EA6-ADBE-0D610A120827

「博多湾 バチ抜けパターン。
デッドスローリトリーブでフォール中に食いました。」

とのことです。
小野様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月中旬頃
釣行エリア 静岡県西部汽水域エリア
情報提供者 八木様
タックル
ルアー:M108
ロッド:LUXXE SALTAGE REFLEX LEOZA 90ML
リール:14STELLA 3000HGM
ライン:WX8 #0.8
リーダー:morethanSHOCKLEADER16lb#4.0 TYPE-N

16602956_1236688016426384_7446476733552489566_nのコピー

16711517_1236687993093053_7251095904099855395_nのコピー

静岡県の八木様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「前回の潮回りは爆風で思い通りの展開とならず苦戦しましたが今回は4m予報。ポイント手前の風速計では2mとなっています。
これは頂きかと思いましたがいざ支度をしてポイントまで歩いているうちに爆風に。
着く頃には体感10m程の強風。後ろから波受けてまともに立ってられない様な状況。

波はばっちゃばちゃだしラインは風に食われてどっか行っちゃうしシンペンなんかまともに引けないのでTKLMに替えてみました。
が、TKLMのちょうど食われやすい様な速度域だと波と風でしっかり泳げない・・。

となると、リップ付きミノーで探りたいのですがメインベイトはバチである事に変わりなさそうなので、程よく水を咬んで、かつ暴れすぎないMをチョイス。
風にラインが食われるのでハーフキャストくらいで探っていると

なんとかポツポツ拾えました。

反応もいまいちだし立ってるのもしんどいくらいの風と波になってきたので今回も早上がり。

なかなか良いタイミングに当たりませんね。
まぁいろんな時があるから面白いです。
釣り自体はちょっと過酷な感じだったけどなかなかのタフコンディション下でなんとか叩き出した感は嬉しいですね。」

とのことです。
八木様、釣果情報ありがとうございました!

M 製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年1月下旬頃
釣行エリア 静岡県エリア
情報提供者 八木様
タックル
ルアー:Tuned K-TEN <TKLM”9/11″><TKLM “9/14″SINKING WORKS><TKLM “9/12.5″SUSPEND>
ロッド:LUXXE REFLEX LEOZA90ML
リール:Stella3000HGM

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

八木様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「先日、この時期特有のバチ絡みのウェーディングゲームをしてきました。
普段通りですとシンキングペンシル中心で組み立てるのですがこの日は風波の影響か表層は反応悪く、
一枚下をリップレス引いて何本かやっと獲れたとゆう様な状況でした。
サイズは伸びませんでしたがTKLM09/14・09/11・SPと流れに合わせて使い分ける事で良い結果を得られた様に思います。」

とのことです。
八木様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

FullSizeRenderのコピー

発売目前の青物専用バイブレーション「コンタクト ベゼルバイブ」ですが順調に製品版が上がってきています。

このまま問題がなければ、今週末頃にはご注文頂いている小売店様に並ぶ予定です。

いち早く手に入れたいという方は、行きつけのお店に入荷予定を確認しておくのが良いかもしれませんね。

話は変わって、東京湾奥エリアのシーバス状況ですが引き続き好調のようです。

寒の戻りで真冬の寒さに見舞われた先週の東京地方ですが、寒さに負けずにロッドを振れば魚は応えてくれます。

今回もショアーズ ピットスティック65で。

SONY DSC

下げ潮が止まり、帰る間際。
散々ルアーを通したコースにM128を泳がせると、、

SONY DSC

バチ以外にも、稚アユやハクらしきマイクロベイトも確認できました。
場所によってはアミも多く見られているようで春の湾奥は賑やかさを増しています。
今後も様々なアプローチで楽しめそうです。

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

M製品ページはこちら

前回のバチ抜けシーバス釣行から数日後、タックルハウススタッフで東京湾奥、京浜エリア、多摩川エリアのシーバス釣行に行った際に撮った写真をご紹介します。

この日は、目視できるバチも多く、水面での捕食も活発に行われており、釣り開始から時合が終わるまでの間、終始魚とのやり取りを楽しむことができました。

この日もメインルアーはショアーズ ピットスティックSPI86とSPI65。
使い方は単純で、アップ&クロスキャストからルアーを流れに乗せながらゆっくりゆっくりとただ巻きしてくるだけ。
(着水からのカウントダウン&リーリング中のロッドの位置で探るレンジを変えていく)

バチを捕食しているシーバス特有の弱々しい「コツコツコツ」というアタリを感じてもすぐに合わせを入れず、ある程度ロッドに重みが伝わってから、合わせるのがポイントかと思います。

名称未設定 2のコピー

この日のヒットカラーは「#28.ブラックラメ」カラー。
いくつか他のカラーも試しましたが、この日釣れたほとんどのシーバスがこのカラーででした。

↓写真のように小さいサイズのバチも多く、サイズの近いSPI65への反応も良好。

名称未設定 3のコピー

この日の最大サイズは84cm。ルアーは「ピットスティックSPI65」 #28.ブラックラメカラー。
その他もアベレージサイズが大きく存分に楽しめた。

名称未設定 5のコピー

ルアーボックスには、ピットスティックの他にライジングミノー、ローリングベイト、TKLM、M等

名称未設定6のコピー

ショアーズ ピットスティック水中動画、製品ページはこちら

 昨日ブログにも書きましたが、東京都大田区にあるプロショップ「HANEDA CRAFT」の店長、ヤステンさん(安井さん)に京浜、多摩川エリアをガイドして頂きました。

当日は冷たい北風と、小雨に時折雪が混じる悪天候の中での釣行となりましたが、ガイドを務めてくださったヤステンさんを含めた4人全員シーバスの顔を見ることができました。

 この日、最も多くのシーバスを連れてきてくれたルアーは細身のシンペン「ショアーズ ピットスティック86」「ピットスティック65」。
水面での捕食や、流されるバチは見えませんでしたが、やはりシーバスはバチを強く意識していたようで、上流に投げたピットスティックを流れに乗せながらゆっくり巻いて来たり、クロスに投げて下流側にドリフトさせたりといったアプローチに多くの反応がありました。

名称未設定 1のコピー

下写真。今年発売された新サイズのローリングベイト55。
今の時期、底バチパターンで多用されるローリングベイトですが、8gのローリングベイト55が加わったことで流れの強弱に合わせたルアーセレクトの幅が広がります。
この日は中層の攻略に役立ちました。

名称未設定 2のコピー

上写真が当日最大サイズ80cm、ヒットルアーのピットスティック65はライトゲーム寄りの設定で作られた為、フックはST-36TN#14。
使用したラインもPE0.6にリーダー16lbでしたが、産卵後で体力が低下している個体が多いこの時期のシーバスは、慎重なやり取りを心掛けることでカバーすることができます。

下写真。ピットスティック86、ブラックラメカラーは一見地味ですが、ハマると強いです。特に、満月の澄み潮の時なんかに実績が高いとの報告を受けています。

下写真。先月発売されたばかりの、TKLM80。
下げ潮が効き始める前にスタッフ2名が投げたところ連続ヒット。
この日はこれで封印しました。

名称未設定 4のコピー

開発途中のプロトのテストも。

タイミングが合えば比較的簡単に結果が出るこの時期のバチ絡みのシーバスフィッシング。
この日も夕マズメからの短い釣行で十分楽しむことができました。
ただ住宅街の近くがポイントになることも多いだけに、騒音や、駐車マナーは必ず守り、近隣の方々の迷惑にならないよう楽しみたいところです。

名称未設定 3のコピー

ショアーズ ピットスティック水中動画、製品ページはこちら

ローリングベイト55製品ページはこちら

TKLM80製品ページはこちら

バチ抜けシーバス、メバルプラッキング最盛期に向けて、
ショアーズピットスティック86&65の水中動画です。

SPI86は、主にスレたシーバス、バチを意識したシーバス攻略に威力を発揮します。
地域によっては既に好釣果も聞かれるバチ抜けパターンのシーバスですが、週明けのからの潮周りで繰り出すアングラーも
多いのではないでしょうか?
ぜひ動画を参考にSPI86も試してみてください。

ショアーズピットスティック86製品ページはこちら

SPI65は、主に中型から大型のメバル狙いに最適なスペックです。
ライトタックルでの飛距離は抜群ながら、浮き上がりも早目に設定しているので、シャローの絡む磯やゴロタ場でも使いやすいです。
ただ開発段階から小型メバルの反応も良く、手軽なポイントでファーストモデルのSPI47と合わせて、飛距離やレンジごとに使い分けて頂くのも良いと思います。
もちろんバチ抜けシーバスのサイズバリエーションとしても使って頂けます。

ショアーズピットスティック65製品ページはこちら

11392940_825445114198492_6891732257319866825_n

大阪の角井さん、滝さんから頂いていたシーバス&メバルの釣果写真をご紹介します。
ルアーはSHORES(ショアーズ) ピットスティック&プルシャッドのようです。お二人ともありがとうございます!

11146109_825445340865136_3758367133979175852_n

そしてこちら東京でも、GW明けから5月終盤まではピットスティックを使ったバチパターンで遊べてました。
ピットスティックはブラック・ラメカラー結構良いみたい!?です!

SHORESプルシャッド製品ページはこちら

SHORESピットスティック製品ページはこちら

日頃からユーザー様、モニター様より頂いている釣果写真をご紹介します。
今回は、ライトゲーム向けブランドSHORES関連をピックアップしてます。

沖縄より<ストリーマー><ペンシルポッパー>を使ってメッキ。
この2つは本当に良くメッキに効きます!
そして3月に発売されたばかりの<ピットスティック65>で南国らしい釣果。

<ピットスティック65&86>はシーバスにも活躍。「マイクロベイトパターン」や、関東では既に、関西ではこれから本番を迎える「バチパターン」の新戦力としておススメです!

以前<ピットスティック47>で釣り上げた尺メバルの写真を送って下さった南紀のテスター様、

こちらが以前の記事 「釣果報告 プラグで尺メバル」

今回は<ピットスティック65>でも尺メバルを釣り上げたそうです。おめでとうございます!

<ピットスティック47&65>はメバルのサイズに関係なくアタックしてくるようです。
飛距離、レンジによって使い分けて頂くと良さそうです。
春先は大型も期待できるメバルプラッキング、まだ使ったこと無い方は是非一度<ピットスティック>を試してみてはいかがでしょうか?

皆さん写真ありがとうございます。