ジギング

All posts tagged ジギング

福岡県の久田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月下旬頃
釣行エリア: 長崎県的山大島沖エリア
情報提供者: 久田泰洋様
ターゲット:アマダイ
使用タックル
ルアー:タイジグ 80g
ロッド:ラグゼ オーシャン ジグドライブS62ML-RF(がまかつ)
リール:ステラ4000XG(シマノ)
ライン:ソルティメイトPEジガー 25lb(1.5号)(サンライン)
リーダ:ポケットショックリーダーFC16lb(サンライン)

A3214C3B-653D-48CD-A6C7-F7A53CF31529

F2491913-9E3D-4F76-A07D-96B21A986E4A

B9FB1F3F-BA42-40C5-A9E2-39DF918A96CC

「オフショアで甘鯛を狙って、砂地のボトム付近を「タイジグ」80gで丹念に探っていると
思惑通りにヒット!45cmの良型をキャッチできました。
僕は、フロント部にアシストフック2本針、リア部にはトレブルフックと
小型ブレードを装着しています。」

とのことです。
久田様、釣果情報ありがとうございました!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

出荷完了のコピー

マダイジギング専用開発「タイジグ」
一足早く先月から発売している100g,120g,150gの新色に続き、40g,60g,80gの新色も出荷が完了しました。
ご注文頂いている小売店様では、近日中に全サイズの新色が店頭でご覧いただけると思います。

出荷業務の都合上、地域によって納品時期が前後する場合がございます。
予めご了承ください。

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

千葉県のプロショップBIGGAME オーナーの清水様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年12月中旬頃
釣行エリア: 千葉県 大原沖エリア
情報提供者: お客様 宮崎様
ターゲット:ブリ
使用タックル
ルアー:CONTACT FLOWSLIDE<コンタクト・フロースライド>230g

o4032302414091531598

o3024403214091531734

o3024403214091531657

「大原沖にて
さいたま市の宮崎様より

釣果画像を頂きました。

当日は風が強い中の70〜90mラインを狙う。
230gのフロースライドが抜群の使い心地だったそうですよ!

秋刀魚食ってる鰤だけにロングジグへの反応もすこぶる良さそうです。

千葉の外房エリアは黒潮の影響で潮が速いです。

水深が深くなればなるほどその流れは速くなります。

ブリのポイントでは使用するメタルジグも180〜300gと重めが必要になります。

ボトム付近には10kgオーバーもゴロゴロ居ますから、丁寧に誘う事が重要になります。

ボトムから10mも上がったら残念ですが、イナダ、ワラサに…

ボトムのジグをしっかりと丁寧に動かす技術が求められます。」

とのことです。
清水様、宮崎様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FLOWSLIDE製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大分県の釣具のイヴ春日店の園田様より、お客様高見様からの釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年7月下旬頃
釣行エリア: 鹿児島県 種子島、西之表市エリア
情報提供者: 高見様
ターゲット:アカジョウ(スジアラ)アカハタ マルソウダガツオ
使用タックル
ルアー: Tsuno<ツノ>
スライドジグ120g
タイジグ120g等
ロッド:ソルティガ63S-3・F
リール:ソルティガZ4500

20348191_1882835215325996_588563953_oのコピー

20316774_1882834425326075_113561162_oのコピー

20273647_1882834348659416_1535574259_oのコピー

20273418_1882834958659355_1914662920_oのコピー

「年に一度の種子島遠征、今回はジギングメインで釣果がありました。
ツノ、スライドジグでの根魚はバーチカルにワンピッチジャークで、タイジグでのマルソウダはスローリトリーブでヒットしました!
特にアカジョウ(スジアラ)は良く引いてくれました!
タックルハウスさんのルアーで最高の思い出が作れました、本当にありがとうございます!」

とのことです。
園田様、高見様、釣果情報ありがとうございました!

Tsuno<ツノ>製品ページはこちら
タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

一昨日ですが、先月末にもお邪魔した、和歌山県海南市海南港の釣り船「海竜」様にて、マダイジギングのリベンジ釣行に行ってきました。

メンバーは、タックルハウススタッフ、GoPhishの武田栄氏、地元アングラー角井氏。
カサゴ、キジハタ、ホウボウ、ブリ、そして最後に79cmの大鯛で締めくくり。
タイジグで夏の近海オフショア五目釣り達成でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_0957のコピー

名称未設定 1のコピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日の模様は、後日、某雑誌でご紹介させて頂くかもしれません。

釣り船「海竜」中井船長様、ありがとうございました!

釣り船「海竜」HPはこちら

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

釣行日:6月下旬頃
釣行エリア:茨城県 日立沖 会瀬港(プレジャーボート)
ターゲット:マダイ
タックル
ルアー:タイジグ


ロッド:ソウルズ TAIBREAK F-S70L(タイジギングスピニングプロトロッド7ft )
リール:ダイワ セルテート3012
ライン:モーリス VARIVAS アバニジギング10×10マックスパワー 1.2号
モーリス VARIVAS アバニジギング パワーブレイド×8 1.2号
リーダー:モーリス VARIVASショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
リア   オーナーばり ジガーライトマダイ早掛 9~11号 (自作アシストフック) 
② 
ロッド:ソウルズ SF-TB60LC
リール:シマノ オシアコンクエスト201HG
ライン:モーリス VARIVAS アバニジギング10×10マックスパワー 1号
    モーリス VARIVAS アバニジギングパワーブレイド×8 1号
リーダー:モーリス VARIVASショックリーダー フロロカーボン 12LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   オーナーばり ジガーライトマダイ早掛 9~11号 (自作アシストフック)

DSC_0239のコピー

DSC_0232のコピー

・晴れ 風あり 波1~1.5m位 潮ちょい濁り
・前日の波が残り、ゆっくりと9時頃出船
・水深20m~30mのポイント

「魚探は真赤、青物の鳥山ナブラ、シラスの漁船と何かしらの反応が続く賑やかな海況でした。
シラス付きの真鯛は、難しいと思いつつも、あっけなく中層で一枚。
青物が食い荒らしたベイト下の真鯛を狙うが不発。魚探に映るベイトの中を通して2枚追加。真鯛は時合で反応する感じでした。
パターンは、絞り込めませんでしたが、釣れた魚は、すべてタイジグ40gのゴールドレッドでした。
釣り方は、潮下にフルキャスト。水深が浅いので底を優しく誘って巻いてくるのと、底を取ってから、斜めに引いてくるただ巻きが有効でした。」

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年4月初旬
釣行エリア 山形県酒田沖エリア
情報提供者 阿部様
タックル
ルアー:タイジグ

17792712_1705865893039329_178220887_nのコピー

山形県の阿部様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「タイジグでヒラマサ釣れました。
山形県酒田沖です。
写真は使ってもらえれば幸いです。
写真はとっておりませんが真鯛、根魚も釣れておりますよ。」

とのことです。
阿部様、釣果情報ありがとうございました!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_0541

昨日、今日と青森県北津軽郡 小泊港の遊漁船「Faddist6(ファディストシックス)」様にて、エイ出版社様より刊行されている雑誌「SALT WORLD(ソルトワールド)」のマダイジギング取材でした。
今回も、好評発売中の「タイジグ」を使っての釣行です。
詳しい内容は5月発売の「SALT WORLD(ソルトワールド)マダイ特集号」に掲載していただく予定です。
Faddist6(ファディストシックス)様、ライター様、ありがとうございました!
遊漁船Faddist6(ファディストシックス)ホームページはこちら

タイジグ製品ページはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は沖釣り専門誌「つり丸」の取材で、千葉県 外房勝浦 川津港の遊漁船「とみ丸」様にお邪魔してきました。
取材内容は、好評発売中の「タイジグ」を使ったマダイジギングです。
詳しい内容は「つり丸」4/15発売号に掲載して頂く予定です。
同船させて頂いた皆様、とみ丸様、ライター様、ありがとうございました!

遊漁船「とみ丸」ホームページはこちら

タイジグ製品ページはこちら

40.60出荷

マダイジギング専用開発「タイジグ」
先月発売された120g、100g、80gに続いて60g、40gの出荷を本日より順次開始しました。

この2サイズは、シャローエリアでキャストしてからの横、斜め方向のスイミングで特に使いやすいウェイトだと思います。

ご注文頂いている小売店様では、早いところで明後日の日曜日頃から店頭に並ぶと思います。
出荷作業の都合上、地域によって入荷日が前後する可能性もあります。
予めご了承ください。

大変ありがたいことに、全国の様々なエリアから沢山のご注文を頂いているのですが、現状、全サイズ生産が追いついておりません。
各サイズ入荷次第順次出荷してまいります。
ご注文頂いている小売店様、ユーザー様、今しばらくお待ちください。お待たせして大変申し訳ございません。

タイジグ製品ページはこちら

先日少しご紹介していた、千葉県 外房勝浦 川津港の遊漁船「とみ丸」様でのマダイジギングの模様を簡単にご紹介します。

ひとつテンヤとタイラバでマダイを狙う方々に混じって、タックルハウススタッフは発売したばかりの新製品「タイジグ」オンリーでマダイを狙ってみました。

勝浦沖でタイジグを使うのは今回が初めて。
新しいジャンルのルアーを初めての海域で使う際は、期待(と少しの不安)で胸が躍ります。

この日は午後船に乗船。
潮は中潮、正午の干潮から夕方の満潮にかけて終始上げ潮がほどよく効いていました。

水深は60~80m前後。
私たちはタイジグ80g、100g、120gをメインに使用しました。

スピニングタックルでキャストしボトム付近を横方向、斜め方向へと広範囲に探ったり、ベイトタックルで縦方向を巻き上げとフォールで丹念に探ったり、アクションもただ巻きをベースに、軽くロッドを上下に煽りながら巻いたり、時折大きめの煽りを入れたりと、この日のベストな釣り方を
探がしていきます。

前情報でワラサの活性が高いと聞いていて若干心配していたのですが、当日もその通り。
ワラサ(ブリサイズも)が連発してしまう時間帯もあり、タックルの都合上やり取りに時間がかかってしまい、他の方に少しご迷惑をかけてしまったかもしれません、スミマセン、、
三面ホログロム貼りのタイジグはマダイへのアピール力も高いのですが、キラキラと光るものが好きな青物にも同様で、青物が回ってきた際はタイラバ等より先に青物がアタックしてきたように感じます。
上手く青物だけ避ける方法が見つかれば良かったのですが、、

DSC_0235

DSC_0243のコピー

DSC_0251のコピー

DSC_0258のコピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワラサ以外では、定番外道のアヤメカサゴや、美しい模様のアカイサキ?写真は撮っていませんがサバも少し釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本命のマダイに関しては、序盤にスタッフがそれらしいのをバラシて以来沈黙。
ひとつテンヤ、タイラバの方々も船中数枚上がったかどうかという渋い状況。
ただ、夕方に短い時合いが到来し、バタバタと数枚本命が上がり、タイジグ120g(グリーンゴールド)でも叉長68cm、4.8kgの良型マダイを手にすることが出来ました。

DSC_0287のコピー

DSC_0280のコピー

本命ヒット時の誘い方は、ベイトタックル(下記参照タックル3)でバーチカル(下方向、潮が流れている分斜め)に落とし、着底後「ふわふわ」とロッドを軽く煽りながらの巻き上げでした。
下の動画を参考にしてみてください。

全国的にまだまだ未開拓な部分の大きいマダイジギングですが、今回タイジグを持って初めて訪れた勝浦沖で実績を出すことが出来、今後の可能性を感じる釣行になりました。
マダイの本格シーズンはまだまだこれからです。
今年はジグでマダイを狙ってみたいという方や、タイラバやテンヤでイマイチ反応が悪い時の 切り札として、タイジグでマダイジギングにチャレンジしてみてはいかがですか?

今回お邪魔した「とみ丸」様はホームページの記載では「ひとつテンヤ専門」ということでしたが、他の釣り方にも寛容で、タイラバでマダイを狙う乗船客の方も多いようで、私たちの「ジグをメインで使いたい」という要望も快く受け入れていただきました。
「とみ丸」様、同船させて頂いた皆様、ありがとうございました。

遊漁船「とみ丸」ホームページはこちら

使用タックル

タックル1
ロッド:ソウルズ タイジギングスピニングプロトロッド7ft
リール:ダイワ セルテート3012
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 1.2号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タックル2
ロッド:ソウルズ SF-TB60LC
リール:シマノ オシアコンクエスト201HG
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 1号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 12LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タックル3
ロッド:ヤマガブランクス SeaWalk Tairubber SWT-61L
リール:ダイワ ベイトリール103L
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 0.8号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タックル4
ロッド:TENRYU Red Flip MADAI JIGGER RF652S-L
リール:ダイワ スピニング3000番
ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー 0.8号
リーダー:バリバスショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   がまかつ岸壁ジギング♯4~♯6

タイジグ製品ページはこちら

とみ丸

昨日は千葉県 外房勝浦 川津港の遊漁船「とみ丸」様にお邪魔していました。
ひとつテンヤとタイラバでマダイを狙う方々に混じって、タックルハウススタッフは発売したばかりの新製品「タイジグ」オンリーでマダイを狙ってみました。
詳細は後日ご紹介します。
「とみ丸」様、同船させて頂いた皆様、ありがとうございました。

遊漁船「とみ丸」ホームページはこちら
タイジグ製品ページはこちら

毎月25日発売、株式会社釣り東北社様より刊行されている「釣り東北」最新3月号にて、昨年9月に秋田県能代沖「晴海丸」様で行った「タイジグ」の実釣テストの模様をご紹介して頂いています。
マダイジギングに、そして「タイジグ」に興味を持っている方々、良ければ覗いてみてください。

!cid_59C0BEC4-F3DA-495B-AB24-AD29E5DEAA90のコピー

!cid_66B23FE0-E53D-433D-8FCA-9DF93242C31Bのコピー

!cid_E1C5B8F7-AE0E-4305-B491-FCE059C52424のコピー

tt327_4910870390377t-245x300
上画像は株式会社釣り東北社様HPより

取材時にお世話になりました、「晴海丸」様、釣り東北編集部の皆様、ありがとうございました。

遊漁船 「晴海丸」ホームページはこちら

「釣り東北」最新3月号は、東北地方を中心に書店、釣具店で絶賛発売中です。

商品名 タイジグ
スペック  
120g/86mm ¥1,450
100g/80mm ¥1,350
80g/ 74mm ¥1,250
60g/ 62mm ¥1,150
40g/ 54mm ¥1,000(全て税別)
フック 無し
リング 無し
カラー 全6色
発売予定 120g,100g,80g→絶賛発売中
          60g,40g→2017年3月中旬頃

タイジグ製品ページはこちら

FB用出荷案内のコピー

長らく開発状況をお伝えしてきた、マダイジギング専用開発「タイジグ」。
80g.100g.120gの出荷を順次開始しました!
早いお店では、本日の午後には入荷しているかもしれません。
出荷作業の都合上、地域によって入荷日が前後する可能性もあります。
お店への入荷情報を確認したうえで、お買い求めください。

発売までの間、マダイジギングの盛んな東北エリアだけでなく、日本各地のユーザー様からお問い合わせや、ご期待の声を頂きました。
マダイをジグで狙うスタイルは、全国的にはまだまだ発展途上で、確立されてない部分も多い釣方です。
開拓精神旺盛な各地のアングラーの方々からの釣果情報など是非お待ちしております。

タイジグ、過去の記事、釣行記はこちら

タイジグ製品ページはこちら

商品名 タイジグ
スペック  
120g/86mm ¥1,450
100g/80mm ¥1,350
80g/ 74mm ¥1,250
60g/ 62mm ¥1,150
40g/ 54mm ¥1,000(全て税別)
フック 無し
リング 無し
カラー 全6色
発売予定 120g,100g,80g→2017年2月中旬頃
          60g,40g→2017年3月中旬頃

発売目前のマダイジギング専用開発「タイジグ」。
今回は、フックセッティングについて簡単にご説明します。

セッティング例のコピー
「ラインとジグの接続方法例」
基本的には通常のジギングと同じく「ソリッドリング+スプリットリング」で問題ありません。
開発時のフィールドテストでは「ローリングスイベル+スプリットリング」の組み合わせを使うことも多く、魚を掛けた後のやり取り中のバラシが軽減したように感じました。
あまりお勧めはしませんが、ラインとジグを直結する際は、ループノットなどが好ましいです。

「自由自在なフックセッティング。」
様々なフックセッティングに対応する特殊形状ラインアイ。
フックを直接付ければボディにフィット。スイベルに付ければ、違和感なくフックを踊らせることも可能です。
僅かな違いですが、ただ巻き時のアクションの大きさは「ボディに直付け<スイベル付け」となります。
リア用アシストフックにも対応。

フックサイズのコピー

「フック選択の目安」
フックセッティング同様、全ての海域で「これが正解」というものはありませんが、目安として、開発時のフィールドテスト中に使用頻度の高かった(相性の良いと感じた)フックサイズと選び方の目安をご紹介します。(図を参照)

既製品では、がまかつ社様の「ショートスナイパーシリーズ」等のマイクロジギング用アシストフックと好相性でした。

タイジグの特性の一つ、ただ巻き時のアクションは、大きく重たいフックを付けるほど、アクションは大人しくなっていきます。
アシストラインの長さや、フックサイズも、魚の活性や、使用状況によって一長一短あると思います。
ご自身で色々と試していただいて、ベストを見つけていただきたいと思います。

商品名 タイジグ
スペック  
150g/92mm ¥1,600
120g/86mm ¥1,450
100g/80mm ¥1,350
80g/ 74mm ¥1,250
60g/ 62mm ¥1,150
40g/ 54mm ¥1,000(全て税別)
フック 無し
リング 無し
カラー 全9色
発売予定 120g,100g,80g→2017年2月中旬頃
          60g,40g→2017年3月中旬頃

 2018年7月11日 追記

大好評発売中の「タイジグ」
フックに関して「具体的に何を付ければいいか知りたい。」という方が多数いらっしゃるようですので、
開発スタッフが使用したうえで相性が良いと感じたものをいくつか画像と共にご紹介します。
全国的に見て流通量の安定しているものを取り上げています。あくまでも一例ですので、ご参考までに。

ジグのウェイト毎にフックの番手まで指定することも出来なくはないのですが、フック選択もジギングの楽しみの一つと考えれば、あまり指定しすぎると楽しみを削いでしまう気もします。
このページの二枚目の画像「フック選択の目安」を参考に、色々と試して頂ければと思います。

おすすめ既製品フックのコピー

画像は各メーカー様HPより引用。

メーカー50音順

オーナーばり
「ショートジグアシスト」
「ショートジグアシスト」製品ページはこちら

がまかつ
「ショートスナイパー」
ダブル
シングル
「ショートスナイパー」製品ページはこちら

「真鯛スナイパー」
「真鯛スナイパー」製品ページはこちら

メジャークラフト
「Zoc(ゾック)」
タンデム
デュアル
「Zoc(ゾック)」製品ページはこちら

モーリス
「[VARIVAS]アバニ オーシャンワークス ツインアシスト パワーラウンド」
エクストラショート
ショート
ミディアムロング
「[VARIVAS]アバニ オーシャンワークス ツインアシスト パワーラウンド」製品ページはこちら

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

お土産

発売目前のマダイジギング専用開発「タイジグ」
マダイジギング専用開発とは言いつつも、マダイ以外の美味しいお土産もしっかり連れてきてくれる「タイジグ」。
製品テスト段階から、本命のマダイ以外にも根魚や青物など様々な魚種に効果がありました。
本命以外にも、食べて美味しい魚種が釣れることの多いマダイジギングは、食の楽しみも尽きません。

商品名 タイジグ
スペック  
120g/86mm ¥1,450
100g/80mm ¥1,350
80g/ 74mm ¥1,250
60g/ 62mm ¥1,150
40g/ 54mm ¥1,000(全て税別)
フック 無し
リング 無し
カラー 全6色
発売予定 120g,100g,80g→2017年2月中旬頃
       60g,40g→2017年3月中旬頃

攻め方のコピー

今月中旬の発売が迫ってきた「タイジグ」の基本的な使い方をご説明します。

「縦、横、斜め。攻め方も自由自在。」
キャスト後は底を取り、ただ巻きが基本。カウントダウンでレンジキープ。ボトムや中層を、縦、横、斜めにスイミングさせ、早巻きや、ゆっくりとしたアクションも有効です。その日の活性に合う、レンジ、リトリーブスピード、アクション、自由な演出が可能です。

商品名 タイジグ
スペック  
120g/86mm ¥1,450
100g/80mm ¥1,350
80g/ 74mm ¥1,250
60g/ 62mm ¥1,150
40g/ 54mm ¥1,000(全て税別)
フック 無し
リング 無し
カラー 全6色
発売予定 120g,100g,80g→2017年2月中旬頃
          60g,40g→2017年3月中旬頃

アクションのコピー

今月2月中旬発売マダイジギング専用開発「タイジグ」

「T断面の特殊形状でアクションも思いのまま。」

フォールは蛇行しながらヒラヒラとロール。リトリーブでは特殊な断面形状により、姿勢を保ち、ロールを伴いながらテールを振ります。シルエットは魚類にも甲殻類にも見えバイトを誘発します。
引き抵抗が軽く、潮や流れの変化、リーリングでナチュラルに動きが変化します。

商品名 タイジグ
スペック  
120g/86mm ¥1,450
100g/80mm ¥1,350
80g/ 74mm ¥1,250
60g/ 62mm ¥1,150
40g/ 54mm ¥1,000(全て税別)
フック 無し
リング 無し
カラー 全6色
発売予定 120g,100g,80g→2017年2月中旬頃
          60g,40g→2017年3月中旬頃

カラーチャートFB用のコピー2

マダイジギング専用開発「タイジグ」カラーチャート全6色、スペック、各サイズの価格です。

カラーは、定番どころの実績カラー6色を厳選。

マダイの強靭なアゴと歯による破損や、根がかりによるロストと背中合わせの釣りだけに、価格は出来る限り抑えました。
(タックルハウスの他のアイテム同様、日本国内生産です。)

発売まで約半月です。
次回は、アクション性能や、使い方についても解説したいとおもいます。

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年1月26日
釣行エリア 千葉県外房沖エリア 松鶴丸
情報提供者 千葉県のプロショップBIG GAME(ビッグゲーム)様、お客様の宮崎様
タックル
ルアー:CONTACT FLOWSLIDE<コンタクト・フロースライド230g>
ロッド:ギャラハド595s
リール:02ツインパワー8000PG
(パワーギアを選んだのは、ボトムのレンジを細かく刻みたかったからです。)
ライン:スーパージグマンx8の3号+リーダーナイロン12号

!cid_5C6EDD34-A22E-4153-8B94-FC92AFFCF912のコピー

千葉県のプロショップBIG GAME様より、お客様の宮崎様から寄せられた釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「外房、水深60m
ボトムから2シャクリ。
魚が着いた感じが
手に取る様にわかる。
追い食いを感じたので
トリックを入れてのヒット。
このパターンで
7kgクラスが連発!

プチディープに
フロースライドは必須です。」

とのことです。
BIG GAME様、宮崎様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FLOWSLIDE製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら