シーバス

All posts tagged シーバス

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア
情報提供者: 中瀬 直行様
ターゲット:川鱸
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKLM”8/9.5″
ロッド:Go-Phish ST83
リール:ツインパワー3000
ライン:PE1号
リーダー:ナイロン20ポンド

!cid_BED01FA0-82CA-4FE0-857E-F509426A8CC7のコピー

!cid_B4587512-551D-4452-A4BE-6C5C2A2FD0A3のコピー

!cid_1F112CF7-08C7-4E50-9754-582E59181E97のコピー

!cid_DC7E5EE3-C681-4355-A0D5-C2F8BD85DF09のコピー

「梅雨真っ盛りの6月末。
釣行日の数日前にまとまった雨が降り、水量、濁りとともに若干落ち着いたタイミングで河川中流域へ。
干潮直前で流れも緩やか。ロッドを立ててTKLM80で表層をスローに探っていると下から突き上げるようなバイト。
頭の大きさから良いサイズ。途中で、フックが外れるような感触があり、丁寧にファイト。
無事にランディング出来たのは、今シーズン最大の88cmでした。」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

岩手県の畠山様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日:2017年6月上旬頃
釣行エリア:秋田県男鹿半島エリア
情報提供者:畠山 忍様
ターゲット:磯鱸、真鯛
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION k2f142 T1
ロッド:FCLLABO UC11ft 2S
リール:ツインパワー4000XG
ライン:ヨツアミ G-soul x8 アップグレード1.2号
リーダー:ヨツアミガリスDSVショアリーダーナイロン30lb

19496515_2125110554382629_774452204_oのコピー

19496256_2125110851049266_1557926768_oのコピー

19495818_2125110404382644_2134403799_oのコピー

19532806_2125110457715972_598043080_oのコピー

19532727_2125110564382628_2110119268_oのコピー

19449661_2125110481049303_635720932_oのコピー

「春の磯鱸を狙って磯を駆け回りました。

ベイトの影響からか、例年よりも良い釣果に恵まれました。
オマケの70センチの真鯛にも驚きました。
信頼のおけるルアーで、しっかり釣ることが出来たことで、私は幸せな時間を過ごすことが出来ました。

スリットや、藻等のストラクチャーの上に濃いサラシが伸びるポイントに、馴染ませるようにスローに引くことで、魚にしっかりルアーを見せつつ、受ける波によって発生するRユニット特有のユラギで食わせました。」

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
「k2fシリーズが少し弱い気がします。磯で使うと特にランディング時に背中にヒビが入ってしまうので、もう少し強くても良いかと思います。

畠山 忍」

とのことです。
畠山様、釣果情報及び、ご指摘、ご要望ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

熊本県の黒田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月上旬頃
釣行エリア: 熊本県 天草エリア
情報提供者: 黒田 武様
使用タックル
ルアー:
Tuned K-TEN TKR-130H Hi-Fi Lipless
CONTACT FEED.SHALLOW<フィードシャロー128プラス>(SPMH#4装着)
ロッド:ヤマガブランクス100M
リール:3000(D社)
ライン:PE30lb
リーダー:フロロ30lb

!cid_15c82a0bd6f3baa5f312のコピー

!cid_15c82a0dc21d7644b303のコピー

!cid_15c82a3344e8c5ffc2c5のコピー

!cid_15c82a184b81f5bce2a4のコピー

「こんにちは。

熊本の黒田です。

今回初めてTKR130で魚が釣れたので嬉しくて投稿させて頂きます。

天草は梅雨入りと同時に久々の時化となり、土砂降りを覚悟してヒラスズキ釣行へと参りました。

前回はヒラフィードで良い思いができたので、今回はフィードシャロープラスに色を塗ってみて投げていました。

当日は朝から潮位が高いせいかサラシも薄く渋い状況でしたが潮が引くにつれてバイトも多くなっていきました。

やっとでフィードシャローでショートバイトを得るものの乗らす、その後続けて2投しましたが反応が無く、TKR130に変えると一撃でした。

見た目によらず荒れてても水噛みが良く、突風が吹かない限りはすぐに頭が入り水面下で良い泳ぎをしていました。

あと極端に早巻きしても飛び出さないしびっくりするぐらい安定していました。

その後も自分で塗ったフィードシャロープラスでも良型をキャッチする事が出来て、土砂降りの中でしたが満足いく釣行となりました。

全く使い方の分からないままだったTKR130が少しずつ頼りになる武器になろうとしています。

平行姿勢が効いたのかもしれませんが

Rユニットの魅力に惹かれ、次はTKWで挑戦したいと思います。」

とのことです。
黒田様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら
CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

TK限定

Tuned K-TENシリーズ、TKLM90,TKLM120,TKRP90に久々の限定カラーの登場です!

初夏のリバーシーバスや、高温期に濁りの入りやすい港湾部等で活躍するカラーを厳選しました。
小売店様への納期は7月中旬ごろの予定です。
限定生産につき、購入を希望されるユーザー様は、事前に釣具屋さんに客注(取り寄せ)依頼しておく事をお勧めします!

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら
Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

鹿児島県の上宮様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年5月下旬頃
釣行エリア 宮崎県河川上流域エリア
情報提供者 上宮則幸様
タックル
ルアー:BITSTREAM(ビットストリーム)FMD95 カラー01.オリーブブラウン
ロッド:Fishman Beams RIPROUT 78ML
リール:DAIWA ジリオンSV TW
ライン:山豊テグス FAMELL レジンシェラー2号
リーダー:山豊テグスフロロショックリーダー5号

KIMG2050のコピー

1495607626243のコピー

1495607635560のコピー

「遠征先の宮崎で、前日昼夜と初めての河川のしかも上流域を散策してみたものの、明確なバイトは一回のみ。

バイトがあったスポットは小滝状の落ち込みの辺りで、バイトゾーンは極めて狭い事がわかりました。

そして明くる朝間詰め、時間に制限がある中、もう最後の最後のポイント。

前述の小滝より更に上流の同様のポイント。

絶好の落ち込みに既に表層はルアーを流し込んでみたもののノーバイト。

ここでビットストリームFMD 95 にルアーチェンジ。

このルアーを選択した理由は、先ずはそのキャスタビリティー。

飛ぶだけでなくピンに決まる事が絶対条件。

ビットストリームには磁着タングステンを使用した重心移動が搭載されているが、飛びもアキュラシーも文句無し。

そして巻き始めの抜群の水掴み。

前述の磁着タングステン重心移動のウエイト戻りの出来は秀逸で、激流でもラインテンションを僅かに張るだけで、姿勢が安定し、スクエアリップが即座に水を掴み泳ぐ。

ストリームミノーの最高峰と確信するコイツに最後を委ねたのは、大正解でした。

落ち込みの乱流にも関わらず、ビットストリームはしっかりアクションを起動し、貴重な超上流域のシーバスとの出逢いを見事に演出してくれました。

河口から数十キロを遡上して来た逞しい野生の姿に暫し見とれました。」

とのことです。
上宮様、釣果情報ありがとうございました!

ビットストリームシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら