サーフ

All posts tagged サーフ

宮城県の渡辺様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年7月下旬頃
釣行エリア: 宮城県サーフエリア
情報提供者: 渡辺卓野様
ターゲット:ヒラメ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION <K2F 142 T:2>
ロッド:ヤマガブランクス アーリープラス96M
リール:13セルテート2500
ライン:pe0.8
リーダー:フロロ16

IMG_2396のコピー

IMG_2397のコピー

「そこそこ荒れ気味の中、K2F142を信じて横へ流れる潮流がないエリアを手探りで探り、
案の定シャローエリアに入ってきてました!
ドンッ!と引ったくられるバイトに何事かと思ってたらそこそこサイズのヒラメでした。
ヒラメを本格的に狙い始めて2年目、自己記録更新できました^_^
素敵な出会いに感謝です!」

とのことです。
渡辺様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

以前よりお伝えしている、今秋発売予定のメタルルアー。
名称は「スチールミノー」に決まりました。

32gと42gの2サイズを9月、10月に発売する予定です。

独特な外見にまず目が行ってしまいますが、比重の高い金属ボディのルアーでは難しかった艶めかしいウォブンロールアクションを再現。
まさに金属ボディのミノー。

アクション動画も作りましたので良ければご覧ください。

名称「スチールミノー」
ボディは鉛とステンレスプレートで構成。
比重を生かした安定した遠投性能と沈下速度。
最大の特徴は、これまでのメタル系ルアーでは成し得なかった泳ぎ。
メタルボディでミノーの泳ぎ。

広範囲を探る。
何度もキャストを繰り返す。
サーフでのフラットフィッシュゲームをはじめ、ショアからの青物キャスティング、
オープンエリアでの回遊待ち。
急深部、水深のあるフィールド。
これまでのミノーでは容易に届けることが出来なかった距離、深みをミノーイング。
ただ巻きで使えるシンプルさと、引き重りしない心地よい使用感。
ショアからのキャスティングゲームに新定番「スチールミノー」

ご期待ください。

3月末の情報解禁から早3ヶ月。
その後も、実釣テストと細部の変更を繰り返し、
地道な作業の末、ほぼ形状が決まりましたので、全容を公開します。

実のところ、昨年から開発を進め、今年の頭頃には基本的な部分は完成していました。
ですが、これまでに無いタイプのルアーだった為、確認事項が多岐にわたり膨大な時間をトライ&エラーに費やしてしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボディの素材は全て鉛(メタル)。(※訂正 鉛とステンレスプレート)
大きな特徴は、頭部についたリップの役目を果たす突起。
ここで水を受けてアクションを創出します。

ファーストモデルのスペックは、約10cm/40gといったところです。

ただ巻き時のアクションはローリング主体のミノーライクな泳ぎです。
これまでにある、メタルジグ、メタル(テッパン)バイブ等とはまた違うジャンル、しいて言うなら、
「メタル(テッパン)ミノー」と言ったところでしょうか。
低速から中速のリトリーブでは、しっかりと上下関係を保った状態で安定したローリング主体のアクション。
高速域では時折左右へ イレギュラーなふらつきを見せるパニックアクションともいえる泳ぎでフィッシュイーターの本能に訴えかけます。

名称未設定 1のコピー

このルアーの適正フィールドとしては、他の高比重ボディーのルアーと同じく、安定的な遠投性能を備えているため、広大なフィールドを釣り歩くサーフの釣りが第一。
フィールドテストでもサーフエリアへは頻繁に出向き、そこで感じた不具合や改善点は製品にフィードバックされています。
次に、ショアジギング、青物キャスティングゲーム等とも相性は良いです。
青物が岸に近づく、その一瞬のタイミングに、狙ったポイントルアーを届けられるか否か。アクションと遠投性能を両立させた このルアーの強みが発揮されるはずです。
比較的大きめのフックを背負える設定にしたのも青物などの大型魚を見据えてのことです。
(ST46フロント#4リア#3予定。ST56にも対応)

引き重りも少ない為、長時間のキャスト→リトリーブを繰り返す必要がある場面でもストレスを感じることなく、軽快に続けられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タックルハウスのニューコンセプトルアー、発売は今秋です。
今後も順次詳細を公開していきます。

2017年秋の発売を目指し、昨年からひっそりと開発を進めているアイテムの情報を解禁します。

サーフからの使用を前提に、ヒラメやマゴチ等のフラットフィッシュをメインターゲットに据え、青物やシーバスにも対応する「鉛」素材のルアーを開発中です。

サーフエリアで使うルアーとして求めたのは「飛ぶこと」そして「泳ぐこと」(勿論釣れることも)

「サーフ用アイテム」としては、ごく普通のコンセプト。
そして、「メタル○○」「テッパン○○」等の呼称でも親しまれる「鉛」素材のルアーといえば、既にソルトルアーカテゴリー内で数余多のアイテムで溢れ、近年の「サーフ用アイテム」でも同様です。

同一のコンセプト、同一素材のアイテムがひしめく中、これらの製品といかに差別化出来るか。
独自性を出せるか。
開発担当の拘りも並大抵ではありません。

特に「泳ぎ」に関しては、一目見て頂ければ、これまでの鉛素材のルアーとの違いを感じていただけるところまでたどり着きました。

サーフ メタル3

添付した画像は、昨年からこれまでに作った試作品の山(一部)。
基本性能に加えて、ただ釣る為だけの道具ではない「ルアーとしての魅力的な泳ぎ」を備えたアイテムを皆様に届けるべく、
今後も試行錯誤を続けていきます。

発売までの間、釣行記を含めた開発状況等を順次お届けしていきます。

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年12月前半頃
釣行エリア 静岡県サーフエリア
情報提供者 石川 幸弘様
タックル
ルアー:Tuned K-TEN TKW140 コノシロ
ロッド:DAIWA LATEO106M
リール:DAIWA CERTATE HD4000H
ライン:ヨツアミ G-soul X8 1.5号
リーダー:VARIVAS VEP SHOCK LEADER 30LB

dsc_5381%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

dsc06593%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

dsc06610%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

三重県の石川様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「2週間ほど前知人から静岡サーフでオオニベが釣れたとLINEが入る。
送られてきた写真にはなっなんと!118cmデカイ!宮崎に行かなくてもこのサイズが釣れるとは!
私も何とか釣りたいと早速タックルを準備、ポイントに出かける。
満潮からの下げ、NODE150Fを投げ続けるがノーバイト、気分を変えFEED.SHALLOW155Fに変更するも当たりなし・・・
下げ始めから丁度半分これ以上集中力が続かないと判断で車で仮眠をとる。
干潮のタイミングで携帯のアラーム音が鳴り再び釣行スタート。
1ラウンド目にスレで掛かったコノシロを思い出しTKW140コノシロカラーを結びキャストを繰り返す、着地と同時にスローリトリーブするとプルプルとまるで隣のアングラーのラインにクロスしたような当りが直後ドラグ音と共にラインがどんどん出されていく。
ベイトのサイズとカラーがマッチしたのだろうか?十数分の格闘の上何とか浜にずり上げる、地元のアングラーと同僚がフォローしていただき何とかキャッチに成功!
思わず夜空にガッツポーズ!!!サイズはなんと知人の118cmを超える135cm推定20kgオーバー。

ポイントを教えていただいた知人とフォローして頂いたアングラーそしていつもファーストフィッシュを釣らせていただいているタックルハウスのルアー達に感謝、ありがとう!」

とのことです。
石川様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKW140製品ページはこちら
CONTACT NODE.製品ページはこちら
CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら