キャスティング

All posts tagged キャスティング

鹿児島県の上宮様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月初旬頃
釣行エリア: 鹿児島県大隅半島東岸エリア
情報提供者: 上宮則幸様
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT CBP170
ロッド:Fishman BRIST 103 XH proto
リーフ:Abu ビッグシューターWM 60
ライン:山豊テグス FAMELL ジギングPE x8 4号
リーダー:山豊テグスフロロショックリーダー18号 25m

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「初夏を迎え海面も輝きを一層増す頃、チラホラと大型青物の釣果情報が耳に入り始めました。

情報によるとブリの泳層は40m前後とのことなので、まだ薄暗い早朝、急斜面を降りてドン深の磯にわたしもFishman社のテストロッドを手に立ちました。

期待は空しく海は凪。

アングラーも多数。

朝イチのトップも陽が登ってからのジグにも反応は無し。

昼を過ぎて、他のアングラー達がゾロゾロと磯を上がる頃、沖に飛び魚の姿が目に入り、ジグから再びトップに狙いを変え、ダイビングウォブラーCFDW 150の強烈なバブルと波動で誘うと、2度水面ルアー後方の水面がモワンと揺らぎました。

ルアーをコンタクト・ブリット CBP 170にチェンジ。

ただし、フックはメーカー推奨より1番手落とした#3/0に。

理由は、25mもの長いフロロリーダーを使用している事によるダイブ特性の変化を今日の凪の水面にアジャストするため。

激しくショートダイブさせ続けると水面が炸裂し、嬉しいヒット!

大型のブリと、久し振りに味わうカンパチの引きを堪能できました。

海面の状況と、魚の活性に柔軟に対応できるブリットの性能と、自らの粘り腰が呼び込んだ釣果に心が踊る釣行となりました。」

とのことです。
上宮様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

3月末の情報解禁から早3ヶ月。
その後も、実釣テストと細部の変更を繰り返し、
地道な作業の末、ほぼ形状が決まりましたので、全容を公開します。

実のところ、昨年から開発を進め、今年の頭頃には基本的な部分は完成していました。
ですが、これまでに無いタイプのルアーだった為、確認事項が多岐にわたり膨大な時間をトライ&エラーに費やしてしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボディの素材は全て鉛(メタル)。(※訂正 鉛とステンレスプレート)
大きな特徴は、頭部についたリップの役目を果たす突起。
ここで水を受けてアクションを創出します。

ファーストモデルのスペックは、約10cm/40gといったところです。

ただ巻き時のアクションはローリング主体のミノーライクな泳ぎです。
これまでにある、メタルジグ、メタル(テッパン)バイブ等とはまた違うジャンル、しいて言うなら、
「メタル(テッパン)ミノー」と言ったところでしょうか。
低速から中速のリトリーブでは、しっかりと上下関係を保った状態で安定したローリング主体のアクション。
高速域では時折左右へ イレギュラーなふらつきを見せるパニックアクションともいえる泳ぎでフィッシュイーターの本能に訴えかけます。

名称未設定 1のコピー

このルアーの適正フィールドとしては、他の高比重ボディーのルアーと同じく、安定的な遠投性能を備えているため、広大なフィールドを釣り歩くサーフの釣りが第一。
フィールドテストでもサーフエリアへは頻繁に出向き、そこで感じた不具合や改善点は製品にフィードバックされています。
次に、ショアジギング、青物キャスティングゲーム等とも相性は良いです。
青物が岸に近づく、その一瞬のタイミングに、狙ったポイントルアーを届けられるか否か。アクションと遠投性能を両立させた このルアーの強みが発揮されるはずです。
比較的大きめのフックを背負える設定にしたのも青物などの大型魚を見据えてのことです。
(ST46フロント#4リア#3予定。ST56にも対応)

引き重りも少ない為、長時間のキャスト→リトリーブを繰り返す必要がある場面でもストレスを感じることなく、軽快に続けられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タックルハウスのニューコンセプトルアー、発売は今秋です。
今後も順次詳細を公開していきます。

年々過熱していく青物等をターゲットにした、ビッグフィッシュゲーム。
その中で多くのアングラーの皆様にご愛用頂いている「コンタクトシリーズ」に、新たな可能性を期待させる、ハイアピールカラーの登場です。
リアルカラーに偏りがちなカラーセレクトに一石を投じるカラーラインナップは、青物は勿論、ツナ、シイラ、トレバリーetc海外遠征等にもお供いたします。
ブリットペンシルに2サイズ
CBP145
CBP170
フィードポッパーに3サイズ
CFP135
CFP150
CFP175
計5アイテムです。

発売は2017年7月中旬頃の予定です。
限定生産につき、購入を希望されるユーザー様は、事前に釣具屋さんに客注(取り寄せ)依頼しておく事をお勧めします!

CONTACT BRITT製品ページはこちら
CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら

名称未設定 1のコピー2

高知県の辻本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年5月上旬頃
釣行エリア 愛媛県エリア
情報提供者 辻本 隆様
タックル
ルアー:CONTACT BEZEL.<コンタクト・ベゼル48>
ロッド:GoPhish テイクバッカー106S
リール:シマノ バイオマスター8000
ライン:PE3号

18575523_1964037170499930_1260486241_oのコピー

18596277_1964032963833684_692753125_oのコピー

「5月〇日 地元のアカメ調査をしていると友人からの電話で愛媛でカンパチが好調との連絡!
直ぐに移動して朝マズメから地磯で投げるも気配無し。
防波堤に移動して投げるもベイトは追われる気配無し。
水深が有るのでコンタクトベゼル48をセットしてボトムを探ると数投目にヒット!
よく引くのでカンパチを確信してましたが姿を見せたのはブリでしたが93センチで自己記録を1センチ更新しました。」

とのことです。
辻本様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BEZEL.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

熊本県の山田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年5月中旬頃
釣行エリア 熊本県天草エリア
情報提供者 山田秀樹様
タックル
ルアー:Shibuki(シブキ)V186ms
    K-TEN SECOND GENERATION K2F162 T:3
ロッド:ブルースナイパー95MMH(ヤマガブランクス)
リール:4500番(D社)
ライン:ファメルPEジギング8 3号(山豊テグス)
リーダー:ファメルスーパーショックリーダー 70lb(山豊テグス)
ウェア:RBBロックショアベスト、RBBロックショアフェルトスパイクシューズ(共にリバレイ)

FullSizeRenderのコピー

FullSizeRender3のコピー

FullSizeRender2のコピー

IMG_7500のコピー

IMG_7499のコピー

「今回は、上天草市〇〇〇の地磯のショアブリです。
コノシロについたブリが連日釣れておりましたが、そのサイズの大半が10キロオーバーとサイズに恵まれておりました。
そしてこの時期に釣れるルアーはミノーだけ。
何故か?トップやジグには無反応なのです。
またみんなタックルハウスのBKF175で抜群の釣果を上げていて「生餌」とまで言われるほどでしたが、僕自身悲しいコトにBKF175を切らしていた為、K2F162T:3を代わりに使っておりましたが、自己記録のヒラメは釣るものの、本命のブリに振り向いてもらえませんでした。
(釣友はK2F162T:3でちゃんと釣っておりますが)
苦肉の策として「こうなったらアピール力重視だ!」と言うコトで本来ツナ用の飛沫186msをキャスト。
すると、、、ナント!30分もしないウチに自己記録の108cm12kgのブリをキャッチするコトが出来ました。」

とのことです。
山田様、釣果情報ありがとうございました!

Shibuki製品ページはこちら

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら