オフショア

All posts tagged オフショア

こんにちは、近畿エリア、南関東エリア営業担当の古賀です。
9月の初旬ごろですが、兵庫県の沖堤防、武庫川一文字堤防(通称 ムコイチ)にスチールミノーを使用してのフィールド調査に行ってきましたのでご紹介します。

当日は、GoPhishの武田栄氏、そして、タックルハウスの製品モニターをお願いしている大阪市在住の吉田氏の2名にご同行頂きました。

ターゲットは8月中旬ごろから大阪湾各所で釣れ始めた、サゴシ(小型のサワラ)、ツバス(ブリの幼魚)、太刀魚等の回遊魚全般。

当日、予定通り1便目の出船時間の少し前に武庫川渡船様に到着するも、平日の早朝にも関わらず、既に大勢の釣り人が渡船場に詰めかけており1便目は満船。
大阪湾での青物系回遊魚の人気ぶりを感じつつ、ノンビリと2便目に乗り沖堤防へ渡りました。

まだ明るくなる前からキャスト開始。
天候は晴れで、正午にはかなり気温も上がる予報。
風は強いものの背中側からの追い風になるため釣り辛さは感じません。

暗い時間は太刀魚の可能性も高いため、リトリーブとフォールを織り交ぜて誘っていると早速ヒット。
レギュラーサイズのサゴシからスタート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サゴシはかなりの数が接岸しているらしく、その後もコンスタントに釣れ続きます。

image1のコピー

満潮の潮止まりでパタリと反応は止まりましたが、そんな中、武田氏はローリングベイトをスローに巻いて岸際の個体を。
困った時のローリングベイト!はスズキだけでなくサゴシにも!でしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

序盤連続バラシ等で苦戦していた吉田氏も、後半はサゴシ連発。
吉田氏曰く、沖の表層に狙いを絞り、スチールミノーが暴れるくらいの速度でのリトリーブを意識したところ、この日のパターンにはまったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後半は、吉田氏が探り当てた「沖の表層早巻きパターン」でサゴシを継続的に釣ることが出来ました。
青物狙いでは、スチールミノーの浮き上がり易さを生かした、表層早巻きパターンが使い方の一つの目安となりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在スチールミノー31に関しては完売で、次回出荷予定が12月となっておりますが、
この日、武庫川一文字でも使用した41gモデルは来週10月中旬頃の出荷を予定しております。
良型も意識した青物タックルであれば、40gモデルは相性が高いと思います。
「スチールミノー41」ご期待ください。

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

スチールミノー関連記事はこちら

アクション動画も是非ご覧ください。↓↓

高知県の上杉様より、ご友人の横山様の釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月上旬頃
釣行エリア: 高知県 室戸沖エリア 遊漁船 安芸 神栄丸
情報提供者: 上杉 一臣様
アングラー:横山智英様
ターゲット:キハダマグロ
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP145
ロッド:ゼナック DIFFUSER Long cast DC78-2
リール:ダイワ ソルティガ4000HG
ライン:モーリス アバニキャスティングPE MAXPOWER 3号
リーダー:バリバスショックリーダー 50ポンド

21754314_1167785443366399_666949612_nのコピー

21769460_1167785450033065_220875295_oのコピー

「先日、釣り友達が30㎏のキハダをキャッチしましたので、ご報告致します。

9月上旬、室戸沖で鳥山を発見。
接近中に鳥山の下にニタリクジラ3頭を確認しました。
カツオかキハダの群れが着いている可能性があり、私はシブキV187dpを、釣友の横山氏はブリットペンシルCBP-145をキャスト。
直後、横山氏のブリットペンシルに強烈なバイト❗
ラインがどんどん引き出されていきます。
良型のキハダと確信し、慎重にファイトします。
リーダーが細いこともあり、巻いては出されの攻防の末に、30㎏のキハダマグロをキャッチしました。
キハダ狙いで頼りになる、ブリットペンシルの性能の高さに改めて感心する釣行となりました。 」

とのことです。
上杉様、横山様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大分県の釣具のイヴ春日店の園田様より、お客様高見様からの釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年7月下旬頃
釣行エリア: 鹿児島県 種子島、西之表市エリア
情報提供者: 高見様
ターゲット:アカジョウ(スジアラ)アカハタ マルソウダガツオ
使用タックル
ルアー: Tsuno<ツノ>
スライドジグ120g
タイジグ120g等
ロッド:ソルティガ63S-3・F
リール:ソルティガZ4500

20348191_1882835215325996_588563953_oのコピー

20316774_1882834425326075_113561162_oのコピー

20273647_1882834348659416_1535574259_oのコピー

20273418_1882834958659355_1914662920_oのコピー

「年に一度の種子島遠征、今回はジギングメインで釣果がありました。
ツノ、スライドジグでの根魚はバーチカルにワンピッチジャークで、タイジグでのマルソウダはスローリトリーブでヒットしました!
特にアカジョウ(スジアラ)は良く引いてくれました!
タックルハウスさんのルアーで最高の思い出が作れました、本当にありがとうございます!」

とのことです。
園田様、高見様、釣果情報ありがとうございました!

Tsuno<ツノ>製品ページはこちら
タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

高知県の上杉様より奥様の釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年7月中旬頃
釣行エリア: 高知県土佐沖エリア
情報提供者: 上杉 一臣様
ターゲット:
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT CBP120
ロッド:ゼナック:FOKEETO twitch FC63-2
リール:シマノ:ツインパワーXD C5000XG
ライン:モーリス:AvaniCastingPE Maxpower 8BRAID 2号
リーダー:VARIVASshockleader40LB
フック:オーナー STX-58 #1

20182259_1129194127225531_150592240_o

20148637_1129194150558862_686861267_oのコピー

「嫁と甥っ子連れてシイラ行ってました。
今年の土佐沖はシイラの回遊が少なく、厳しいゲームを強いられる状況です。
ブリットペンシルCBP120mmで数少ないチャンスをモノにしました!
アングラー
上杉 桜」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

CONTACT フィードダイビングウォブラーに新サイズ175mmの登場です。
CF175DW 175mm/70g ¥3000 (フック別売り)
※推奨フック装着時83g
オーナーST66#3/0×2
がまかつSP-XH#4/0×2

主なターゲットは、ヒラマサをはじめとするオフショアの青物。連続したショートジャークで、水面直下を、泡をまとってウォブリングで泳ぎます。テール部分 にウェイトを集中させ、浮き姿勢はほぼ垂直。連続ジャーク後の僅かなステイでも一度しっかり水面に顔を出しテンポよい釣りが可能です。さらにR- Unit2.0Revolverを搭載して、波間に漂う時も決して水と同調する事なく、ステイ時にも生命感を追求しました。ポッパーともダイビングペンシルとも違う個性を持ったプラグです。

【R-Unit2.0 】
ボディー横断面にウェイトルームを設置。中央に軸を通しその周囲をウェイトが左右方向に移動します。ウェイト球は時に振り子のように動き、時に軸を中心に回転し、これまでのプラグとは質の異なるイレギュラーアクションを起こします。

発売は今月中旬頃。
お盆休み前後の出荷につき、入荷時期が地域によって前後する可能性が高いです。
お求めの際は、事前に釣具屋さんへの入荷確認することをお勧めします!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

CF135DWL版ふち無のコピー4