オフショア

All posts tagged オフショア

福岡県の久田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月下旬頃
釣行エリア: 長崎県的山大島沖エリア
情報提供者: 久田泰洋様
ターゲット:アマダイ
使用タックル
ルアー:タイジグ 80g
ロッド:ラグゼ オーシャン ジグドライブS62ML-RF(がまかつ)
リール:ステラ4000XG(シマノ)
ライン:ソルティメイトPEジガー 25lb(1.5号)(サンライン)
リーダ:ポケットショックリーダーFC16lb(サンライン)

A3214C3B-653D-48CD-A6C7-F7A53CF31529

F2491913-9E3D-4F76-A07D-96B21A986E4A

B9FB1F3F-BA42-40C5-A9E2-39DF918A96CC

「オフショアで甘鯛を狙って、砂地のボトム付近を「タイジグ」80gで丹念に探っていると
思惑通りにヒット!45cmの良型をキャッチできました。
僕は、フロント部にアシストフック2本針、リア部にはトレブルフックと
小型ブレードを装着しています。」

とのことです。
久田様、釣果情報ありがとうございました!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

千葉県のプロショップBIGGAME オーナーの清水様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年12月中旬頃
釣行エリア: 千葉県 大原沖エリア
情報提供者: お客様 宮崎様
ターゲット:ブリ
使用タックル
ルアー:CONTACT FLOWSLIDE<コンタクト・フロースライド>230g

o4032302414091531598

o3024403214091531734

o3024403214091531657

「大原沖にて
さいたま市の宮崎様より

釣果画像を頂きました。

当日は風が強い中の70〜90mラインを狙う。
230gのフロースライドが抜群の使い心地だったそうですよ!

秋刀魚食ってる鰤だけにロングジグへの反応もすこぶる良さそうです。

千葉の外房エリアは黒潮の影響で潮が速いです。

水深が深くなればなるほどその流れは速くなります。

ブリのポイントでは使用するメタルジグも180〜300gと重めが必要になります。

ボトム付近には10kgオーバーもゴロゴロ居ますから、丁寧に誘う事が重要になります。

ボトムから10mも上がったら残念ですが、イナダ、ワラサに…

ボトムのジグをしっかりと丁寧に動かす技術が求められます。」

とのことです。
清水様、宮崎様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FLOWSLIDE製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

関東にお住いの鈴木様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月下旬頃
釣行エリア: 茨城県日立沖エリア
情報提供者: 鈴木 智史様
ターゲット:真鯛
使用タックル
ルアー:タイジグ 40g
ロッド:天龍 オフ ショア ライト デル ソル OL632S-DFML
リール : ツインパワー4000PG

ライン:G-soul SUPER JIGMAN X8 20lb
リーダ:シーガー Grandmax FX 3号

写真 2017-11-29 16 17 23

「知り合いのプレジャーボートにて4名で出船。
朝から一日風が強く、ドテラ流しでは80g100gのタイジグではラインの出が激しく釣りづらく、パラシュートアンカーを投入。
流石にブレーキが掛かり、今度はラインがたってしまうので、ジグを40gに替えて、ちょい遠投。
着底からフワフワと巻き上げ5m辺りでショートバイト、合わせ入れるも乗らず、再度落し込み。
着底後、直ぐのリーリングでしっかりとした強いアタリ。アワセを入れると、まあまあの重量感!上がって来たのは、2キロ後半の良い鯛でした!同船のタイラバ組には、数こそ負けましたが、型では勝てたのでよしと致します。
タイジグは、まだまだ、メソッドが確立してない釣りで、色々と試しながら、楽しんでおります。
自分だけのオリジナルメソッドを見つけて、タイラバに勝ちたいと思います!」

とのことです。
鈴木様、釣果情報ありがとうございました!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大分県の釣具のイヴ春日店の園田様より、お客様からの釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月中旬頃
釣行エリア: 大分県大分市住吉泊地より出船
情報提供者: 釣具のイヴ春日店の園田様
ターゲット:シーバス、青物
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F各種
CONTACT NODE.(ノード)130FD

23585235_1932430983699752_318008670_o

23600120_1932431003699750_71160018_o

23600678_1932430987033085_1909853906_o

23600588_1932430990366418_577216020_o

「早朝ナブラ打ち出船!

開始間も無くはエソが頻発していたのですが、日が昇り始めてすぐに!!

シーバスが釣れたのを皮切りに、ナブラが頻発!

ナブラを追いかけて打ってを繰り返しました!

打てないナブラなんて無い!日が高くなるまでひたすら打ち続けました!

一番大型は93cm-6kg超えの大型!

立派な鰤を釣り上げたのは山科さん!

高見君は、シーバスのパターンを掴んだ!と叫び、ひたすらタックルハウスさんの各種ルアーでシーバスを釣っていました。
ナブラを追いかけて、賑やかな船内となりました。

土曜日と、祝前日以外はIBU丸は出船しております!
今だけのシーズンです!ご予約お待ちいたしております。」

とのことです。
園田様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

CONTACT NODE.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

こんにちは、近畿エリア、南関東エリア営業担当の古賀です。
9月の初旬ごろですが、兵庫県の沖堤防、武庫川一文字堤防(通称 ムコイチ)にスチールミノーを使用してのフィールド調査に行ってきましたのでご紹介します。

当日は、GoPhishの武田栄氏、そして、タックルハウスの製品モニターをお願いしている大阪市在住の吉田氏の2名にご同行頂きました。

ターゲットは8月中旬ごろから大阪湾各所で釣れ始めた、サゴシ(小型のサワラ)、ツバス(ブリの幼魚)、太刀魚等の回遊魚全般。

当日、予定通り1便目の出船時間の少し前に武庫川渡船様に到着するも、平日の早朝にも関わらず、既に大勢の釣り人が渡船場に詰めかけており1便目は満船。
大阪湾での青物系回遊魚の人気ぶりを感じつつ、ノンビリと2便目に乗り沖堤防へ渡りました。

まだ明るくなる前からキャスト開始。
天候は晴れで、正午にはかなり気温も上がる予報。
風は強いものの背中側からの追い風になるため釣り辛さは感じません。

暗い時間は太刀魚の可能性も高いため、リトリーブとフォールを織り交ぜて誘っていると早速ヒット。
レギュラーサイズのサゴシからスタート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サゴシはかなりの数が接岸しているらしく、その後もコンスタントに釣れ続きます。

image1のコピー

満潮の潮止まりでパタリと反応は止まりましたが、そんな中、武田氏はローリングベイトをスローに巻いて岸際の個体を。
困った時のローリングベイト!はスズキだけでなくサゴシにも!でしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

序盤連続バラシ等で苦戦していた吉田氏も、後半はサゴシ連発。
吉田氏曰く、沖の表層に狙いを絞り、スチールミノーが暴れるくらいの速度でのリトリーブを意識したところ、この日のパターンにはまったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後半は、吉田氏が探り当てた「沖の表層早巻きパターン」でサゴシを継続的に釣ることが出来ました。
青物狙いでは、スチールミノーの浮き上がり易さを生かした、表層早巻きパターンが使い方の一つの目安となりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在スチールミノー31に関しては完売で、次回出荷予定が12月となっておりますが、
この日、武庫川一文字でも使用した41gモデルは来週10月中旬頃の出荷を予定しております。
良型も意識した青物タックルであれば、40gモデルは相性が高いと思います。
「スチールミノー41」ご期待ください。

CONTACT スチールミノー製品ページはこちら

スチールミノー関連記事はこちら

アクション動画も是非ご覧ください。↓↓

高知県の上杉様より、ご友人の横山様の釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年9月上旬頃
釣行エリア: 高知県 室戸沖エリア 遊漁船 安芸 神栄丸
情報提供者: 上杉 一臣様
アングラー:横山智英様
ターゲット:キハダマグロ
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット>CBP145
ロッド:ゼナック DIFFUSER Long cast DC78-2
リール:ダイワ ソルティガ4000HG
ライン:モーリス アバニキャスティングPE MAXPOWER 3号
リーダー:バリバスショックリーダー 50ポンド

21754314_1167785443366399_666949612_nのコピー

21769460_1167785450033065_220875295_oのコピー

「先日、釣り友達が30㎏のキハダをキャッチしましたので、ご報告致します。

9月上旬、室戸沖で鳥山を発見。
接近中に鳥山の下にニタリクジラ3頭を確認しました。
カツオかキハダの群れが着いている可能性があり、私はシブキV187dpを、釣友の横山氏はブリットペンシルCBP-145をキャスト。
直後、横山氏のブリットペンシルに強烈なバイト❗
ラインがどんどん引き出されていきます。
良型のキハダと確信し、慎重にファイトします。
リーダーが細いこともあり、巻いては出されの攻防の末に、30㎏のキハダマグロをキャッチしました。
キハダ狙いで頼りになる、ブリットペンシルの性能の高さに改めて感心する釣行となりました。 」

とのことです。
上杉様、横山様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大分県の釣具のイヴ春日店の園田様より、お客様高見様からの釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年7月下旬頃
釣行エリア: 鹿児島県 種子島、西之表市エリア
情報提供者: 高見様
ターゲット:アカジョウ(スジアラ)アカハタ マルソウダガツオ
使用タックル
ルアー: Tsuno<ツノ>
スライドジグ120g
タイジグ120g等
ロッド:ソルティガ63S-3・F
リール:ソルティガZ4500

20348191_1882835215325996_588563953_oのコピー

20316774_1882834425326075_113561162_oのコピー

20273647_1882834348659416_1535574259_oのコピー

20273418_1882834958659355_1914662920_oのコピー

「年に一度の種子島遠征、今回はジギングメインで釣果がありました。
ツノ、スライドジグでの根魚はバーチカルにワンピッチジャークで、タイジグでのマルソウダはスローリトリーブでヒットしました!
特にアカジョウ(スジアラ)は良く引いてくれました!
タックルハウスさんのルアーで最高の思い出が作れました、本当にありがとうございます!」

とのことです。
園田様、高見様、釣果情報ありがとうございました!

Tsuno<ツノ>製品ページはこちら
タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

高知県の上杉様より奥様の釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年7月中旬頃
釣行エリア: 高知県土佐沖エリア
情報提供者: 上杉 一臣様
ターゲット:
使用タックル
ルアー:CONTACT BRITT CBP120
ロッド:ゼナック:FOKEETO twitch FC63-2
リール:シマノ:ツインパワーXD C5000XG
ライン:モーリス:AvaniCastingPE Maxpower 8BRAID 2号
リーダー:VARIVASshockleader40LB
フック:オーナー STX-58 #1

20182259_1129194127225531_150592240_o

20148637_1129194150558862_686861267_oのコピー

「嫁と甥っ子連れてシイラ行ってました。
今年の土佐沖はシイラの回遊が少なく、厳しいゲームを強いられる状況です。
ブリットペンシルCBP120mmで数少ないチャンスをモノにしました!
アングラー
上杉 桜」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

CONTACT フィードダイビングウォブラーに新サイズ175mmの登場です。
CF175DW 175mm/70g ¥3000 (フック別売り)
※推奨フック装着時83g
オーナーST66#3/0×2
がまかつSP-XH#4/0×2

主なターゲットは、ヒラマサをはじめとするオフショアの青物。連続したショートジャークで、水面直下を、泡をまとってウォブリングで泳ぎます。テール部分 にウェイトを集中させ、浮き姿勢はほぼ垂直。連続ジャーク後の僅かなステイでも一度しっかり水面に顔を出しテンポよい釣りが可能です。さらにR- Unit2.0Revolverを搭載して、波間に漂う時も決して水と同調する事なく、ステイ時にも生命感を追求しました。ポッパーともダイビングペンシルとも違う個性を持ったプラグです。

【R-Unit2.0 】
ボディー横断面にウェイトルームを設置。中央に軸を通しその周囲をウェイトが左右方向に移動します。ウェイト球は時に振り子のように動き、時に軸を中心に回転し、これまでのプラグとは質の異なるイレギュラーアクションを起こします。

発売は今月中旬頃。
お盆休み前後の出荷につき、入荷時期が地域によって前後する可能性が高いです。
お求めの際は、事前に釣具屋さんへの入荷確認することをお勧めします!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

CF135DWL版ふち無のコピー4

釣行日:6月下旬頃
釣行エリア:茨城県 日立沖 会瀬港(プレジャーボート)
ターゲット:マダイ
タックル
ルアー:タイジグ


ロッド:ソウルズ TAIBREAK F-S70L(タイジギングスピニングプロトロッド7ft )
リール:ダイワ セルテート3012
ライン:モーリス VARIVAS アバニジギング10×10マックスパワー 1.2号
モーリス VARIVAS アバニジギング パワーブレイド×8 1.2号
リーダー:モーリス VARIVASショックリーダー フロロカーボン 16LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
リア   オーナーばり ジガーライトマダイ早掛 9~11号 (自作アシストフック) 
② 
ロッド:ソウルズ SF-TB60LC
リール:シマノ オシアコンクエスト201HG
ライン:モーリス VARIVAS アバニジギング10×10マックスパワー 1号
    モーリス VARIVAS アバニジギングパワーブレイド×8 1号
リーダー:モーリス VARIVASショックリーダー フロロカーボン 12LB
フック:フロント がまかつショートスナイパーダブル♯1~♯2/0
    リア   オーナーばり ジガーライトマダイ早掛 9~11号 (自作アシストフック)

DSC_0239のコピー

DSC_0232のコピー

・晴れ 風あり 波1~1.5m位 潮ちょい濁り
・前日の波が残り、ゆっくりと9時頃出船
・水深20m~30mのポイント

「魚探は真赤、青物の鳥山ナブラ、シラスの漁船と何かしらの反応が続く賑やかな海況でした。
シラス付きの真鯛は、難しいと思いつつも、あっけなく中層で一枚。
青物が食い荒らしたベイト下の真鯛を狙うが不発。魚探に映るベイトの中を通して2枚追加。真鯛は時合で反応する感じでした。
パターンは、絞り込めませんでしたが、釣れた魚は、すべてタイジグ40gのゴールドレッドでした。
釣り方は、潮下にフルキャスト。水深が浅いので底を優しく誘って巻いてくるのと、底を取ってから、斜めに引いてくるただ巻きが有効でした。」

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年6月下旬頃
釣行エリア: 高知県沖エリア
情報提供者: 上杉 一臣様
ターゲット:カツオ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー120&100>
K-TEN BLUEOCEAN SINKING WORKS BK115SW
ロッド:ゼナック:Tobizo TC80-50G
FOKEETO twitch FC63-2
リール:シマノ:ステラSW5000XG
ツインパワーXD C5000XG
ライン:モーリス:アバニキャスティングPE MAXPOWER8BRAID 2号
リーダー:バリバスショックリーダー40ポンド 50ポンド(フロロ)
フック:オーナーばり:STX-58 1 1/0

19496183_1111179049027039_456907619_oのコピー

19265090_1111178829027061_110991954_nのコピー

「カツオのキャスティングゲーム堪能しました❗
シラスつきの激シブゲームでしたが、フィードポッパー、K-TENブルーオーシャン115ワークスが活躍しました❗
カツオゲームには、欠かせない1軍ルアーたちです(^-^)⤴」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら
K-TEN BLUEOCEAN製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

年々過熱していく青物等をターゲットにした、ビッグフィッシュゲーム。
その中で多くのアングラーの皆様にご愛用頂いている「コンタクトシリーズ」に、新たな可能性を期待させる、ハイアピールカラーの登場です。
リアルカラーに偏りがちなカラーセレクトに一石を投じるカラーラインナップは、青物は勿論、ツナ、シイラ、トレバリーetc海外遠征等にもお供いたします。
ブリットペンシルに2サイズ
CBP145
CBP170
フィードポッパーに3サイズ
CFP135
CFP150
CFP175
計5アイテムです。

発売は2017年7月中旬頃の予定です。
限定生産につき、購入を希望されるユーザー様は、事前に釣具屋さんに客注(取り寄せ)依頼しておく事をお勧めします!

CONTACT BRITT製品ページはこちら
CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら

名称未設定 1のコピー2

昨日はスタッフ数名で、和歌山県海南市海南港の釣り船「海竜」様にタイジグを使ったマダイジギングでお邪魔していました。
潮が動かず、貧果に終わってしまいましたが、関西、近畿エリアのマダイ釣り事情を学ぶとても良い機会になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

GoPhishの武田さんは、まさかのコバンザメ!流石持ってますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同船して頂いた釣具店「フィッシングマックス」のスタッフ様は、状況悪い中、根魚等を釣り上げ流石の腕前でした。雨の中ご足労ありがとうございました!

悪条件の中、時間を延長してポイントを走り回って下さった中井船長様、ありがとうございました!
またリベンジにお邪魔します!

釣り船「海竜」HPはこちら
http://tsuribunekairyu.blog118.fc2.com

最近のマダイジギング遠征は、今回の関西以外にも、東北、関東エリア等まだご紹介出来てないものがありますので近日中にご紹介します!お楽しみに!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

岩手県の畠山様、蝦名様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年5月中旬頃
釣行エリア 青森県陸奥湾エリア
情報提供者 畠山友之様 蝦名和加子様
タックル
ルアー:ROLLING BAIT<ローリングベイト99>
ロッド:ダイワ ラブラックス AGS 86LL-S
リール:ダイワ イグジスト2508
ライン:シーガー X8 0.8号
リーダー:シーガー グランンドMAX 2.5号

18557230_1941550219463181_1272021558980473751_nのコピー

18644325_772496942908231_154457590_nのコピー

18643698_772496956241563_1232893706_nのコピー

18581486_1941550159463187_1493940948882219439_nのコピー

18698001_1941550079463195_3639039172448219382_nのコピー

18620243_1941550202796516_968714425247224819_nのコピー

18581652_1941550049463198_3978184239940576989_nのコピー

18697905_772496962908229_1298598321_oのコピー

18620197_1941549909463212_8453911561969628671_nのコピー

「最近のマイブーム

GWから春真鯛に
タックルハウスのローリングベイト30㌘を使っています。しかも周りが釣れない時間帯に効果覿面‼
お陰で春真鯛が苦手だった私も釣れる用になりました\(^o^)/
釣り方も投げて沈めて巻くだけのい至って簡単です。鯛ラバと違い、かなり斜めの釣りなので、シーバス釣りをしているような感じで楽しいです。詳しい事は何かの機会に説明します。勿論、真鯛だけでは無く青物も釣れるし、カレイも釣れました(笑)
タックルは掛ける釣りなので、テンヤロッドよりは、ライトロックやMLクラスのシーバスロッド、自分はエギンクロッドでやっています
カラーは湾奥ベイトの用な緑金系はテッパンです。ナチュラル系なども効きそうです。とにかくベイトに付いている春真鯛に効きますので是非試してみて下さい(^-^)」

とのことです。
畠山様、蝦名様、釣果情報ありがとうございました!

ローリングベイトシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

render box CFP175 info

CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー>に新サイズ175mmの追加です。

オフショアは勿論、ショアアングラーも待望の大型ポッパーの登場です。
飛距離、アピール力もUP

スペック CFP175/175mm/74g(フック無※)/ring H#9/¥3000
※フック別売りです。推奨フック装着時87g
推奨フック
・オーナーST66#3/0×2
・がまかつSP-XH”#4/0×2

発売は今月5月中旬頃の予定です。

CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年4月初旬
釣行エリア 山形県酒田沖エリア
情報提供者 阿部様
タックル
ルアー:タイジグ

17792712_1705865893039329_178220887_nのコピー

山形県の阿部様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「タイジグでヒラマサ釣れました。
山形県酒田沖です。
写真は使ってもらえれば幸いです。
写真はとっておりませんが真鯛、根魚も釣れておりますよ。」

とのことです。
阿部様、釣果情報ありがとうございました!

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

<コンタクト・ブリット170SW(シンキングワークス)>の出荷を順次開始しました!

CBP170SWのコピー
↑画像はイメージです。

一撃必中が求められるオフショアでのナブラ撃ちや、ショアから大型の青物を追うアングラーに支持して頂いている、
ブリットペンシルのヘヴィーシンキングモデル、<コンタクト・ブリットSW(シンキングワークス)>
既存の「CBP120SW」「CBP145SW」に続き、NEWサイズ17cm/130g(推奨フック装着時)のCBP170SWの登場です。
さらなる飛距離、そしてアピール力が必要な場面でそのポテンシャルを発揮し、特に強風や高波時のタフな状況下では、切り札として活躍します。
専用の板状ウェイトは飛距離のみならず、フォール時の姿勢やリトリーブ時の動きにも拘り設計し配置。
フォール中は、やや前傾の姿勢を保った状態でユックリとロールを伴いながら沈下し、対象魚にアピール。
リトリーブでは弱ったベイトさながらに、ヨタヨタと蛇行しながら泳ぎます。
マグロ、GT、ヒラマサetc 大型魚を追い続ける全てのアングラーに「CBP170SW」。

CBP170SW /Sinking/170mm/115g Hook/別売 Ring/H#9 ¥3,300
推奨フック:オーナーST66 #3/0または、がまかつトレブルSP-XH #4/0

CONTACT BRITT製品ページはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_0541

昨日、今日と青森県北津軽郡 小泊港の遊漁船「Faddist6(ファディストシックス)」様にて、エイ出版社様より刊行されている雑誌「SALT WORLD(ソルトワールド)」のマダイジギング取材でした。
今回も、好評発売中の「タイジグ」を使っての釣行です。
詳しい内容は5月発売の「SALT WORLD(ソルトワールド)マダイ特集号」に掲載していただく予定です。
Faddist6(ファディストシックス)様、ライター様、ありがとうございました!
遊漁船Faddist6(ファディストシックス)ホームページはこちら

タイジグ製品ページはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は沖釣り専門誌「つり丸」の取材で、千葉県 外房勝浦 川津港の遊漁船「とみ丸」様にお邪魔してきました。
取材内容は、好評発売中の「タイジグ」を使ったマダイジギングです。
詳しい内容は「つり丸」4/15発売号に掲載して頂く予定です。
同船させて頂いた皆様、とみ丸様、ライター様、ありがとうございました!

遊漁船「とみ丸」ホームページはこちら

タイジグ製品ページはこちら

昨日はエイプリルフールに合わせて、架空の製品(純金製ブリット)をご紹介させて頂きました。
冗談にお付き合いいただき、ありがとうございました。
驚かせてしまった方々失礼しましたm(_ _)m

さて、昨日の架空の製品ページにも書きましたが、「タックルハウス創立35周年」と「ブリット170SW発売」は事実です。

まず、これまで35年間支えてくださいました皆様、本当にありがとうございました。
これからも、更なる品質と技術の向上、皆様に喜んで頂ける製品開発に努めて参ります。
今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

次に「ブリット170SW発売」について、

CBP170SWのコピー
↑画像はイメージです。

一撃必中が求められるオフショアでのナブラ撃ちや、ショアから大型の青物を追うアングラーに支持して頂いている、
ブリットペンシルのヘヴィーシンキングモデル、<コンタクト・ブリットSW(シンキングワークス)>
既存の「CBP120SW」「CBP145SW」に続き、NEWサイズ17cm/130g(推奨フック装着時)のCBP170SWの登場です。
さらなる飛距離、そしてアピール力が必要な場面でそのポテンシャルを発揮し、特に強風や高波時のタフな状況下では、切り札として活躍します。
専用の板状ウェイトは飛距離のみならず、フォール時の姿勢やリトリーブ時の動きにも拘り設計し配置。
フォール中は、やや前傾の姿勢を保った状態でユックリとロールを伴いながら沈下し、対象魚にアピール。
リトリーブでは弱ったベイトさながらに、ヨタヨタと蛇行しながら泳ぎます。
マグロ、GT、ヒラマサetc 大型魚を追い続ける全てのアングラーに「CBP170SW」。

発売は今月、4月中旬を予定しています。

CONTACT BRITT製品ページはこちら