釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月中旬頃
釣行エリア 紀伊半島、中紀エリア 磯
情報提供者 平本祐一様
タックル
ルアー:
ヒラフィードGP オレンジマウスシルバー (フィードシャロー128GoPhishカスタム)
TKLM-120GP(GoPhishカスタム)
ロッド:Gクラフト Moss MS1102-TR
リール:13ステラSW 4000XG
ライン:ストロング8 PE2号
リーダー:ナイロン35lb

17121495_388520358183876_153441073_oのコピー

17078189_387249058311006_1124327573_nのコピー

17036885_387249181644327_2017460281_oのコピー

17015258_387249264977652_203670104_oのコピー

三重県の平本様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「9時 紀伊半島ヒラスズキ釣行
朝マズメからのエントリー
北西風7-8mサラシは薄め9時までノーバイトであきらめかけたところ
ヒラフィードGPに元気な68cm 3kgのヒラスズキが水面を割って出てきました。
記念すべき紀伊半島初のヒラスズキですので投稿させて頂きました。」

とのことです。
平本様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら
Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

スローのコピー

渓流用トラウトミノー「Buffetシリーズ」の新作「FS38」
アップストリーム専用シャローミノーとして開発された今作。
コアコンセプトに「スローフィッシング」を掲げ、様々な場面で、渓流のトラウトフィッシングをユックリと、快適に楽しめるルアーとなっています。

初めに「FS38」の大きな特徴を書き出してみると

・アップストリーム専用設計
・潜行深度 約30cmのフローティングシャローミノー
・瞬時に泳ぎだし、デッドスローリトリーブを可能にする直立リップ
・スローフローティングで水絡み抜群
・ソフトプレゼンテーションを可能にする、38mm/2.8gの小型軽量ボディ
・当然ダウンクロスも大丈夫

まず「FS38」は、渓流ミノーイングの中で一番多い場面「アップストリームの瀬釣り」を簡単に、快適に行うことが可能です。
アップストリームを攻める場合、流れよりも早くリールを巻く必要があり、それを補うように小刻みなロッドワークでミノーをヒラ打ちさせることも多く、昨今渓流ミノーイングの主流となっているヘヴィーシンキング系ではその傾向が顕著です。
その為、攻め方自体が少し雑になり、初心者の方の中には上手く泳がすことが出来ていない場合も多いようです。

浮き姿勢2

アップストリームでの使いやすさを突き詰めて設定した、スローフローティングの絶妙な浮力と、水噛みの良い特徴的なリップ、そして泳ぎだしに寄与する前傾姿勢のウェイトバランスのFS38は、誰にでも扱いやすく、一日を通して忙しいアップストリームの釣りから解放してくれます。
※基本性能としてダウンクロスでも飛び出さない泳ぎを兼ね備えています。

そして「FS38」には、フローティングミノーならではのトラウトフィッシングの楽しみ方を”もう一度”見直して頂きたいという思いも込められています。
まずは視覚で楽しむこと。
「活性の高いトラウトを水面に誘い出す興奮。」
その為に、できるだけ警戒心を与えないソフトプレゼンテーションが必要であり、軽量、極小ボディの「FS38」はそれを可能にします。
さらに、中層以下のトラウトへのプレッシャーを最小限に留めるため、その先にある、フローティングディープ、シンキング、ヘヴィーシンキング等へのルアーローテーションへの可能性を残し、自分自身(又は後行者)へのチャンスを残します。
効率を求めすぎると単調になりがちな渓流ミノーイングですが、ルアーセレクトの幅を広げることで、先を急がずとも、一つ一つのポイントをじっくりと深く味わい、渓流のトラウトフィッシングをユックリと楽しむことが可能です。

ヤマトのコピー

2017/3月中旬頃発売予定
スペック
【FS38】
Floating
38mm
2.4g 
潜行深度 約30cm
フック/SBL-55M #8
リング/#1
¥1400

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月中旬頃
釣行エリア 和歌山県南紀エリア
情報提供者 中瀬 直行様
タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ピットスティック47

image1

image2のコピー3

image3のコピー

image4のコピー

和歌山県の中瀬様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「2月も半ばになると産卵を終えて、回復する為にシャローにベイトを求めてきている個体がチラホラと。
先日、シャロー絡みの地磯をピットスティックのみでランガン。
ピットスティックはスローリトリーブで水面直下から水面下50cm以内をキープでき、美味しいレンジを泳いでくれます。
その特性を生かし、スリットやシャローを探っていると、絡みつくような鈍いアタリ。
強い引きに耐えてランディングしたのは34cmの文句のない尺メバルでした。
強過ぎず、弱過ぎない絶妙な波動で、手にした尺メバルは数知れず。

色々な状況で信じて投げることが出来る信頼できるプラグです。」

とのことです。
中瀬様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2017年2月中旬頃
釣行エリア 愛媛県 武者泊エリア
情報提供者 上杉 一臣様
タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2R112
ロッド:ゼナック:デフィーバーンブラックフィン126
リール:ダイワ:セルテート4000SH
ライン:モーリス:アバニキャスティングPEMAXpower2号
リーダー:バリバスショックリーダー30ポンド(フロロ)

16731597_1013198135491798_104453047_o

16736453_1013198008825144_591593220_nのコピー

16731773_1013197985491813_1611333922_oのコピー

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「昨日、愛媛県の武者泊へ行ってきました。
朝イチ、サラシが弱くベストな状況ではありませんでしたが、武者泊のポテンシャルは高く見事なヒラスズキをキャッチすることが出来ました!
ヒラスズキを誘惑する絶妙なレンジをトレースできるK2R122は、私の一軍ルアーです(^-^)」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN K2R112製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら