釣果報告 鹿児島県 シーバス。2016/11

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年11月下旬頃
釣行エリア 鹿児島県南部河川上流部エリア
情報提供者 上宮則幸様
タックル
ルアー:CONTACT FEED.SHALLOW105 HG.ゴールドレッド
ロッド:Fishman Beams RIPROUT 78ML
リール:SHIMANO カルカッタコンクエスト100
ライン:山豊テグス FAMELL レジンシェラー2.0号
リーダー:山豊テグスフロロショックリーダー7号

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿児島県の上宮様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「全国的に冷え込み、南国鹿児島も前日より8℃気温が下がりインナーには冬仕様の防寒着を着用して向かったのは小河川の上流部。
落ち鮎も終盤を迎え、流石に上流の瀬の中には居ないだろうと思い遡行したが、予想通りつい先日まで数尾の鱸の魚影を確認出来た淵にもお目当ての魚は見付からず…
この瀬を撃ってダメなら上がろうと諦め半分、期待半分、スナップに付けたのはFEED SHALLOW 105。
ガンガンに流れる瀬の肩にアップに撃ち込む。
水深は70cm程。
早い流速でもしっかり水を掴み、重めの比重で表層の流れに溶け込むように流し込むと、その激しい流れの中で小さく水飛沫があがった!
バイトのショックこそ小さかったものの、上流から一気に駆け下って来たのはこのエリアでは大型と言える個体。
猛進をなだめすかしなんとかトロ場へ誘導し、美しい魚体と対面できました。
夏の釣りと少しも変わる事の無い瀬の釣りが冬の足音が聞こえそうなこの時季に未だに展開できる、この土地が南国である事に感謝をする釣行になりました。」

とのことです。
上宮様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

Count per Day
  • 31:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする