釣果報告 高知県 カツオ。2016/10

釣果情報を頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日 2016年10月
釣行エリア 高知 安芸エリア神栄丸
情報提供者 上杉一臣様
タックル
ルアー:
K-TEN SECOND GENERATION K2R112suspend セグロカタクチ
CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー120>ナローリフレクトカラー セグロカタクチ
ロッド:ZENAQ FOKEETO twitch FC63-2
リール:DAIWA CERTATE HD4000SH
ライン:MORRIS VARIVAS AvaniCastingPE MAXpower BRAID×8 MAX33LB
リーダー:VARIVAS shockleader 40LB

14522258_917766521701627_1485142157_o

14569210_917766495034963_1647825798_n

14585747_917766481701631_408914026_o%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

「高知県東部沿岸にイワシの大規模な群れが接岸した。
そのイワシの群れに大きな鳥山が発生し、カツオやキメジの群れがやって来た。
連日エビングで好釣果が上がっているところへ、キャスティングゲームの可能性を求め沖へと繰り出した!

ポイントへ着き、周囲を観察していると、水面へイワシを追い上げカツオがライズするところが確認出来た。
フィードポッパーとK2R112suspendを主体にゲームを組み立てる。

フィードポッパーが水飛沫をあげる様は、カツオがベイトを水面で補食した時に似ている。

あたかも、カツオに襲われ弱ったベイトに見える様にルアーをアクションさせバイトを誘発させるパターンだ。

これが効果的で、多数のバイトがあった。

しかしながら、トップウォーターだけにフッキングに至らないケースが多発しやすいことも・・・。

魚がスレないように、K2R112suspendでレンジをさげてフォローする。

カツオがメインベイトとするイワシのサイズに近い小ぶりなルアーで、なおかつ、浮力を持つ軽量なルアーがしっかりと飛距離を出し、魚が出るアクションを発動させるルアー性能がこのゲームの要となる。

この日、キャスティングゲームでカツオ、キメジを13本キャッチすることが出来た。

パワフル&スピード感溢れる大海原のスプリンターとのファイトに加え、イワシを食い上げるニタリクジラの雄大な姿にも遭遇し、土佐の大海のエネルギーを肌で感じた良き釣行となりました。」

とのことです。
上杉様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら
K2R112製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら