サワラ用キャスティングルアー5選!

サワラ

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
ソルトルアーフィッシングの世界で近年益々人気が加速する一方のターゲット【サワラ、サゴシ】
様々なルアーに好反応を示す為ルアーフィッシングのターゲットとして最適です。
また、キャッチ&イート派のアングラーが増えた近年、食味に優れている点も人気を後押ししているようです。
オカッパリ、オフショア(ボート)共に人気で、釣り方はメタルジグ(ジギング)でも狙えますが、サワラが水面を跳ねている時や、マズメ時の高活性時はミノー等をキャストして表層付近をスピーディーに探る釣り方のほうが効率よく、ルアーフィッシングの醍醐味を味わうことも出来ます。

そこで今回はタックルハウスがおススメする、
「サワラ用キャスティングルアー5選」をご紹介します。

名称未設定 1

NO.1<コンタクト・フリッツ>

今回おススメするルアーの中でも、人気、実績ともにNo.1と言える青物専用ヘビーシンキングミノー。
サワラはブリブリと泳ぐミノーの泳ぎに好反応を見せることがとても多いようです。
ウェイトがぎゅっと詰まったコンパクトボディは飛距離抜群。
リップと背中のスタビライザーフィンが確実に水を捉え、低速から高速まで対応し、タイトウォブリングアクションによるボディサイド平面部のフラッシング効果でサワラに強烈にアピールします。(ヘビーシンキングミノーで高速で泳ぐものは多いですが、低速からしっかりとアクションするものは少ないです。)
レンジキープ力にも優れ足場の高いポイントでも足元までしっかりと泳ぎます。
まず初めに投げて頂きたいルアーの一つです。
使うタックルによって各ウェイトサイズからお選びください。
全サイズレーザーカット貫通ワイヤー搭載で強度抜群。
フック付きのモデルはどれも太軸の青物対応仕様なので、フック交換の必要がなくパッケージから出してすぐに使える点も高く評価して頂いています。

店頭で見つけたら即買い!?なハイシーズン限定生産ゼブラカラーもおススメです。

また東京湾や大阪湾などが代表的なベイエリアでも近年サワラ、サゴシの釣果が目立つようになり、青物専用タックルではなく、よりライトなシーバスタックル等で狙うスタイルも増えてきました。
そこで、人間の生活圏に近く、身近なフィールド「湾奥」のサワラ、サゴシを攻略する為のカスタムルアーも展開しています。
こちらもハイシーズン限定生産なので店頭で見つけたら要チェックです。

名称未設定 22

No.2<コンタクト・ベゼル>

フリッツのような強いウォブリングアクションに反応しない時はこちら「コンタクト ベゼル」
泳ぎはナチュラルなウォブンロールでレンジは浅め。
姿勢を制御するための「ベゼルリップ」とともに、ベリー部でも効率よく水の流れを受け、フリッツ同様に高速域でも抜群の安定した泳ぎを見せます。
青物のナブラ撃ちにも定評のあるフォールアクションも魅力的。
ルアーのジャンル的にはジグミノー(ヘビーシンキングペンシルとも言えます)で、細身のボディながら36gモデルはデフォルトでST66#2フックを前後に2つ標準装備し、強気のやり取りも可能です。
アピール力の高いウォブリング系のミノーよりも釣れるサイズが大きいという声も良く聞きます。

店頭で見つけたら即買い!?なハイシーズン限定生産ゼブラカラーもおススメです。

名称未設定 31

No.3<コンタクト・int.>

先にあげた2つに比べると知名度、人気は若干落ちますが、一部地域、ショップ様では「知る人ぞ知る」的な人気を誇るルアーです。
独自のヘッド形状で、これまでのジグミノーでは不可能なほどの低速リトリーブで、なおかつ水面直下をキープすることも可能です。
また、高速リトリーブでも水面に飛び出すことなく安定したローリングアクションを発揮します。
リアのワンフック仕様は、しっかり掛かってしまえばサワラの鋭い歯によるリーダー切れを防ぐことにもなります。
カツオのシラスパターンなどでも人気のルアーです。

店頭で見つけたら即買い!?なハイシーズン限定生産ゼブラカラーもおススメです。

BKSW

No.4<K-TEN BLUE OCEAN SINKING WORKS BK115SW&BK140SW>

タックルハウスを代表するルアーの一つ、K-TEN BLUE OCEANに可能な限りウェイトを配置し、主にショア、オフショア両方の青物狙いに特化させたチューニングモデルです。
古くからのファンの方も多く、実績はお墨付きです。
青物狙いで多用される高速域での使用に特化した設定で、その引き重りの少なさも特徴です。
サワラ狙いのキャスティングゲームに多用されるヘビーシンキング系ミノーに全く反応しないような状況で是非試して頂きたいルアーです。

ベゼルバイブ3

NO.5<コンタクト・ベゼルバイブ>

2016/3月に発売された、青物専用、頑強、骨太バイブレーション「コンタクトベゼルバイブ」
空気抵抗の少ないボディ形状と十分な自重、安定した飛行姿勢で飛距離を稼ぎ、 速い沈下でスピーディーにレンジをサーチします。
サワラルアー5選の中で最も沈下速度が速く、レンジキープ力にも優れ、ジギングとミノーイング(キャスティング)の間のレンジを素早く確実に探るのに適しています。

サワラ、サゴシ狙いのキャスティングゲームで今後活躍間違いなしのアイテムが登場しているのでご紹介します。
2017年秋から展開している金属ミノー「スチールミノー」です。

名称未設定 2

CONTACT スチールミノー

発売からまだあまり時間が経過していない為、実績面では上に挙げたルアーにはまだ及びませんが、発売以来、高い反響を頂いています。
特に、大阪湾のショアキャスティングでは発売直後から多くの実績を上げているほか、関東のボートサワラゲームでも実績が出ています。
オフショアタックルでの使い勝手が更に向上する57gモデルもリリースされ、ボートサワラゲームファンの方からは高い注目を集めているようです。
サワラ狙いの場合、早巻きがベースとなります。
比較的浮き上がり易い為、水面直下の攻略に向いており、上に挙げたルアーの中では、ベゼルやINTと同等の泳層が得意レンジとなりますが、アクションは更にメリハリの強いウォブンロールアクションとなります。
比重の高い鉛ボディは、素早く沈めることも可能ですので、水面で反応が得られない場合もスピーディーに深場を探れます。

以上「サワラ」に高実績のルアー6アイテムご紹介しました。
どれもタックルハウスが自信をもっておススメできるアイテムです。

釣って楽しく食べても抜群に美味しい、「鰆 (サワラ)」。
今回ご紹介したルアーを持って、皆さんも狙いに行ってみてはいかがでしょうか?

ユーザー様からの最新サワラ情報はこちら