K2R112SPヒラメセレクションカラー

K2R112SPヒラメセレクションカラーを9月に発売します。

一部の地域の方々からの熱心なご要望にお応えする形で、数量限定生産させて頂きます。

スリットホログラム、レンズホログラムをベースに、ヒラメルアー定番のアピール系カラーを中心に全5色展開。

HS2

HS3

HS4jpg

HS6

HS7

ヒラメ狙いに効果を発揮するK2R112SPの特徴は、飛距離とトレースレンジ。

磁着タングステン球を内蔵したK-TEN SYSTEM2.0によって、サスペンド仕様ながらシンキングペンシル並みの飛距離を可能にします。
次に、トレースレンジは着水からピックアップまでシャローレンジを引いてくることが出来、スローからファストリトリーブまで対応します。

この二つの特徴を踏まえて、ヒラメに対してK2R112SPを使用する際はパイロットルアーとしての使用をお勧めします。

下の図のように、ヒラメの視界(ルアーを捕らえる行動範囲)を考察すると、シャローを引けるK2R112SPは活性の高いヒラメを拾っていくにはとても効率の良いパイロットルアーになります。
理由としては、ヒラメの視界の端から端をイメージしながら釣りをすれば、ボトムに近くなるほど、ヒラメの視界は狭まる為、投入間隔を狭くする必要があり、広範囲を探る点では非効率と言えます。(ヒラメの着き場が分かっていれば有効)
逆にシャローを引けるルアーほど一投ごとの投入間隔を広くとることが可能になります。(水深が浅ければ浅いほど、水が澄んでいるほど有効になります。またその逆になればなるほど効力は弱まります。)

K2Rイラストのコピー

K2R112SPはヒラメに対して決してオールマイティなルアーではありませんが、他のルアーとの状況に応じた使い分けで、釣果アップに繋がるはずです。
発売は9月中旬頃です。
K2R HS

Count per Day
  • 84:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする