比重というスペック。ドラス

2月と3月にNewモデルの発売が決まっているバフェットドラスについてです。

もともと渓流、源流域でのシビアな状況を打破するために生まれたファーストモデル、ドラス43.
43mm/4.5gというヘビーシンキングミノーでありながら、アクションの立ち上がりの速さ、アップでもダウンでもそつなく泳ぐスウィムバランス、抜群のキャスタビリティがもたらすアドヴァンテージetc
発売から一年足らずの間に皆様から高評価をいただきました。

しかしフィールドでの実釣を重ねる中で、どうしてもドラス43でさえも攻略の難しい場面があり、今回新たに2モデルを開発、発売することになりました。

複雑に入り組んだ流れの下に潜むトラウトのため、ディープを効率よく、軽快に攻めることが出来るdrivedeep.
渓流、源流域の変わりやすいコンディションの中、急な増水、きつい流れに対してさらに強く、アピール力を増したドラス46。

ファーストモデルの運動性能、使い勝手を保持し、最低限のサイズアップで抑える為に考慮したのは「比重」

スペックを見て頂くと分かると思いますが、3モデルのウェイトの違いに対して、比重は僅かしか変えていません。

特にドラス46はウェイト6gと3割以上のウェイトアップを果たしたものの、長さはわずか3mmのプラス。理想的なウェイトから比重を考慮した上で導き出した自然な長さなのです。

今まで攻めきれなかった厳しい状況を打破する為の理想のスペックと使い勝手をアクションを犠牲にすることなく両立させた2モデル。是非お試しください。

Count per Day
  • 83:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする