釣果報告 愛媛県 ヒラスズキ。2019/1

愛媛県の稲澤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行データ

釣行日: 2019年1月上旬頃
釣行エリア: 四国、南予エリア
情報提供者: 稲澤 誠様
釣果:ヒラスズキ(90cm弱)
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F142 T1
ロッド:テイルウォーク SALTYSHAPE DASH SEABASS GAME 116MH
リール:シマノ サステインC5000XG
ライン:PEライン…ヨツアミ ガリス ウルトラキャストマン FULL DRAG WX8GP-D 2号
リーダー:ライン…ヨツアミ ガリス キャストマンアブソーバー 20lb

50497959_2241277396122843_3349415874825027584_nのコピー

50048258_889695464704771_7791773404608069632_nのコピー

50307092_478264322577812_5125450453051506688_nのコピー

コメント

「1月の上旬での釣行。
この時期のヒラスズキは産卵前の為、良型が岸からでも比較的簡単に釣る事が出来る。
とは言え、タイミングが合わなければ、なかなかヒラスズキは口を使ってくれない。
釣行当日の天気予報、タイドグラフ等を念入りにチェックし、ベストなタイミングでポイントへ到着。
海は良い感じで時化ており、今にもヒラスズキがバイトして来そうな雰囲気。
しばらく息を潜めて海の状況を把握していると、単発ではあるがヒラスズキの捕食ボイルを確認。
早速、K-TEN K2F 142 T:1 をセットしキャスト。
風速10m以上吹いてる中でのキャストは安易ではないが、K2Fは飛行姿勢も良く向かい風でもとても扱いやすいので荒れた天気の時は必ずパイロットルアーとしてK2Fを使うようにしている。
狙うポイントは漁港の街灯が波止場と海を照らしてる、波止場のシェードと海を照らしている明暗の境い目。
少し沖目へとキャストし、まず早めのリーリングでしっかりとルアーを潜らせてから波に同調させるイメージでゆっくりとルアーを泳がせ強めの波が来たタイミングでリーリングテンションを抜き、ルアーを波の流れに乗せてやります。
ヨレヨレとルアーを波に同調させたタイミングで、コツンっとヒラスズキ特有の金属的なアタリが。
すかさず強めにアワセを入れしっかりとフッキングさせます。
ここまで来ると、後はゆっくりと魚の引きを楽しみながら寄せてきます。
硬めの竿やドラグを強めに締めていると、魚が嫌がってエラ払いする事が多いので、ドラグは緩めに柔らかめなロッドでゆっくり、やり取りしてやればヒラスズキは暴れることなく寄って来ますので、まずは焦らない事が大事。
警戒心の強いヒラスズキに捕食スイッチを入れてくれるK2Fは私の頼もしい相棒。
これからもK-TENのルアーと共にルアーフィッシングを楽しんで行きたいと思います。」

稲澤様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
お寄せ頂いた釣果情報で公開可能なものは、製品レビューとしてブログやSNSでご紹介させて頂きます。
大まかな釣行エリア、使用タックル等の釣行データ、ヒット時のルアーの使い方、心がけた点、釣行時の状況等をコメントとして合わせて送ってください。
製品に対してご不満な点や改善点もあればご記入ください。

事前に以下の点をご了承ください。
※インターネット上に公開することで、釣具店様が販促用店頭ポップ,製品広告等に使用する場合もございます。
※頂いたお写真にロゴを入れる等の加工を加えさせて頂きます。
※頂いたお写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。
※業務の都合上、公開までに数日~数週間お時間をを頂く場合がございます。
※釣果情報を頂いた順に公開していますが、情報提供者様より急ぎで公開するようにご要望があった際等は順番が前後する場合もございます。
※誰もが知る一級ポイント、有名ポイント、釣り公園、瀬渡しを利用した沖磯等を除いて、ポイントを容易に特定できてしまうような特徴的な背景がお写真に含まれていた場合、当方で判断して、トリミング、もしくは掲載の自粛をさせて頂く場合もございます。(ローカルアングラーの方々になるべくご迷惑をお掛けしない為の対応です。ご理解ください。)
※●立入禁止、釣り禁止エリアにおける投稿はお受け取りできません。

ご投稿方法は、下記Eメールアドレスへのメール、又は各オフィシャルSNSページのメッセージ機能をご利用ください。
業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

釣った魚を扱う際、お写真を撮る際のご参考に。
リクエスト…続リリース方法の確立を願って
感想と返答
リリースと食べること…自選エッセイ集より【19】

Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

タックルハウス インスタグラムはこちら