釣果報告 隠岐 ヒラマサ。2018/11

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年11月中旬頃
釣行エリア: 隠岐エリア 沖
情報提供者: 上杉 一臣様
アングラー: 川島博之
釣果:ヒラマサ
使用タックル
ルアー:Shibuki(シブキ) V187dp
ロッド:YAMAGA Blanks Blue Sniper82/4
リール:15ソルティガ5000H
ライン:バリバス アバニ キャスティングPEマックスパワー5号
リーダー:バリバス キャスティングリーダーMAGURO100lb
フック:カルティバSTX-58 3/0

46443314_705971543118899_5762179921619189760_n

46348363_297231364260615_2286075649867120640_n

46293655_940894262910934_4670375157389328384_n

「隠岐の島のヒラマサ。
オフショアキャスティングゲームにて。
当日の魚の活性は低く、チェイスがあってもヒットにまで持っていけないシビアな状況。
その状況下で、船尾からキャストする川島さんからヒットの知らせ!
使用していたのは、
Shibuki v187dp
このルアーは、強風下でもしっかりと飛距離を稼ぎ、内蔵されたRユニットリボルバーの性能で、イレギュラーなアクションを発生させ、尚且つステイの状態でもターゲットへのアピールをし続ける。
対マグロ用に開発されたことから、耐久性に優れ過酷なフィールドでのビッグゲームをサポートする、信頼度の高いルアーである。
そのShibuki v187dpを巧みに操り、シビアな良型ヒラマサをヒットまで持ち込んだ!
その後も、小型のヒラマサのキャッチは数回あったが、このヒラマサが当日の最大となった。」

上杉様、川島様、釣果情報ありがとうございました!

Shibuki製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

タックルハウス インスタグラムはこちら