スチールミノー18gより採用「セカンドアイ」

前回のブログで告知させて頂いた6月のニューアイテム「スチールミノー18g」
今回は、18gモデルより採用した新しい構造「セカンドアイ」の解説です。

セカンドアイのコピー

前回ご紹介したこの画像。
フロントフックアイの後ろにある、もう一つのアイ。
これが「セカンドアイ」です。


従来のスチールミノーは、弊社指定より大きいサイズのフックを装着することができません。
ボディ部分の体高の低さゆえ、大型フックは背中に引っ掛かってしまうからです。

タックルに合わせたルアーの小型化と言えど、想定するメインの対象魚は時にメーターを超えるサイズに成長する鱸類。
また、近年温暖化の影響からか、全国の様々な地域で盛り上がりを見せるショアからの青物キャスティングゲーム等に使う方も視野に入れると、
フック選択にバリエーションが持たせられないのは、スチールミノーを小型化する上での大きな課題でした。

その課題を解決するのが、今回のCSM18より採用した「セカンドアイ」

通常のフックセッティングに加え、セカンドアイとフックをスプリットリングで接続することによりフックの振り幅を抑制し最適化。
より大型のフックもボディに背負うことなくご使用いただけます。

魚に警戒心を与えにくい細身のボディでありながら、大型のフックを前後に2つ付けることが可能になりました。

スチールミノー全サイズに共通することとして、フックを大型化した際の泳ぎへの影響が少ないのもこのルアーの特徴です。
デフォルトの設定からフック、リングを大きくするほど泳ぎは徐々に大人しくなっていきますが、極端に大型のものを付けなければ、アクションが破綻することは殆どありません。

名称未設定 1

名称未設定 2

公式にアナウンスさせて頂くのは、以上のフック、リングの組み合わせとさせて頂きますが、
フックの種類、リングサイズよって他にも様々なセッティングがあると思います。
フックセッティングによる泳ぎの変化も含めて、ご自身でベストなセッティングを見つけて頂くのも楽しみの一つになるかもしれません。

スチールミノー18gの発売は来月6月中旬頃の予定です。
ご期待ください。

サイズ比較のコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする