Archives

All posts for the day August 3rd, 2018

高知県の上杉様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年7月下旬頃
釣行エリア: 高知県 土佐沖エリア
情報提供者: 上杉一巨様
ターゲット:キハダマグロ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー175>
ロッド:ゼナック:Tobizo TC86-110G
リール:シマノ:ステラSW8000HG 夢屋14000スプール
ライン:モーリス:アバニキャスティングPEマックスパワープラスGT 6号
リーダー:マグロショックリーダー140ポンド
フック:オーナーばり:STX-68#3/0

37930250_1404634933014781_9014763366459113472_n

37861304_1404634953014779_400855757366493184_n

37889011_1404634903014784_4598166247358595072_n

37928926_1404634909681450_8051665629490446336_n

「昨日、キハダをキャッチしました。
土佐沖でのキハダマグロのキャスティングゲームを模索し始めて5年が過ぎ、徐々にパターンが見えて来はじめました。
鳥山を発見し、その下で飛沫を上げるキハダマグロを確認、コンタクトフィード ダイビングウォブラー175をキャスト。
間もなくキハダがバイトし、マグロ特有のトルク、スピードのある走りを堪能しました。
飛距離、スプラッシュを交えたダイビングアクション。キハダゲームでは欠かすことが出来ないルアーですね。

アプローチ方法は、派手なポッピングで水飛沫を上げ、ベイトが襲われている感じを出します。
誘いの強いポッピングの後に、ダイビング、軽めのショートポッピングで食わせのアクションを交えてキハダにアピールします。
ポッピング時に勢いが過ぎると、フロントフックがリーダーを絡めてしまいます。
波の上昇、下降を見極め、軽めの入力で大きな飛沫を上げるのがコツです。
視覚にアピールする水飛沫、側線器官にアピールするダイビングによる波動、ステイ時に標的の位置を知らせるRユニット。
驚くほど、キハダマグロを誘い出せる高い性能を備えたルアーだと実感出来た釣行となりました。」

上杉様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLERアクション動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら