Archives

All posts for the month May, 2018

愛媛県の阿部様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月上旬頃
釣行エリア: 愛媛県今治市エリア
情報提供者: 阿部忠志様
使用タックル
ルアー:SHORES(ショアーズ) ピットスティック65
ロッド:ティクト インバイト71TB
リール:ダイワ カルディア2004
ライン :PE 0.4号
リーダー :フロロ1.5号

934AEC82-17E4-436F-B859-D4C964BA0022

958113A1-E449-4753-B0BB-B716CA05000D

AAC51A20-CA77-4E89-9BB3-B0988EAC8329

6F4A66FE-3BB7-4A03-9DF9-79BF07EB4AC9

9E25FD28-6536-42AB-9504-484F7D927FE3

「こんにちは! 愛媛県今治市の阿部です。

釣果報告をさせていただきます!

今年はメバリングにハマってまして…^ ^ ちょくちょく通っているのですが メインベイトと思われるイカナゴの成長と共に 最近 威力を発揮してくれているのが ピットスティック65!
潮に乗せて フィーディングスポットであろう所へ流し込むイメージで探っていると… ガツンと喰って来てくれます!

正に マッチザベイトなのでしょうね〜♬ この時期 ピット65! 強しッ!!
ですね(`_´)ゞ」

とのことです。
阿部様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

兵庫県の川向様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月下旬から5月頃
釣行エリア: 兵庫県武庫川河口尻エリア
情報提供者: 川向 正弘様
ターゲット:シーバス、チヌ(クロダイ)
使用タックル
ルアー:Rising Minnow<ライジングミノー87、87ST>
ロッド:SBFC-862LT-LA-KR<アブソルティーステージ>
リール:SHIMANO ALDEBARAN
ライン:PE1.5
リーダー:ナイロン 25lb

E60C9F04-C76B-422C-AB7F-12ACFC4008F4

585A6ADE-99C2-402E-BE09-9DCF8400AE51

「はじめまして。釣果報告です。

4月からバチシーバス狙いで武庫川に通っています。
ライジングミノーがあまりにも釣れるので感謝の意味を込めて
報告です。
ターゲットはシーバスですが、4月前半はキビレチヌも多く混じ
ってまずまずの釣果でしたが、最近の2週間はシーバスが爆釣です。

カラーはコノシロ、イナッコ、パールオレンジベリー、イワシレッドベリー

イワシレッドベリーはラインブレイクでロストしてしまいました。

他のルアーも試してますが、ライジングミノーが最強ですね。
ボラもめっちゃバイトしてきます。

今後もライジングミノーに期待しています。」

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓

「ルアー:Rising Minnow<ライジングミノー87、87ST>

 カラーはコノシロ、イナッコ、パールオレンジベリー、イワシレッドベリー、
 どのカラーもよく釣れます。

 ライジングミノーはあまり店頭で見かけませんがその点が残念ですね。
 バチパターンはもちろんですが、マイクロベイトパターンとしてもドハマリの秀逸なルアーだと思います。
 武庫川では、シーバス、キビレチヌ、ボラとすべての魚が好反応を示します。結果、すばらしいマッチングなのかと思います。
 武庫川のマッチザベイトはライジングミノーなんですね。」

とのことです。
川向様、釣果情報ありがとうございました!

<ライジングミノー>製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

長年タックルハウスのツイッターを覗いている方はご存知
「旅するタックルボックス」
タックルハウスの往年のルアーから最新ルアー、プロトモデルまで詰め込んだタックルボックスが全国の釣り人から釣り人へと旅をするという企画。

内外出版社様より発行されている、関西発の新しい釣り雑誌 “釣りどき関西” に関西出張版として連載して頂いております。

4月28日発売の“釣りどき関西Vol.4では、大阪の書店で店長を務める片桐明さんにご協力頂きました。

一般アングラー参加型企画「旅するタックルボックス」
詳しい内容は4/28に発売された「釣りどき関西 Vol.4」をご覧ください!

ご協力いただいた、片桐明さん、内外出版編集部の皆様ありがとうございました!

9C3EA3C3-E9BE-42CB-AD70-4421DF04B3B6

8F95877D-4163-4D99-AE93-03FE4B4AA304

CE804B50-AF08-4848-A3EF-7F82F1B610B2

E02A64E1-B9F7-43F4-8C8B-EB1A475AFF89

BE05982B-7669-45BF-AB55-7E33703B28C8
↑画像は内外出版様HPより

毎月21日発売、株式会社内外出版様より刊行されている「ルアーマガジンソルト」最新7月号内で、
特集記事「スチールミノーの実力」と題して、タックルハウスの提案する新しい形の金属ミノー
「スチールミノー」をご紹介して頂いています。
“泳ぎの質”にとことん拘った開発談や、製品版に至るまでのプロトモデルの遍歴等、これまでブログでご紹介しきれなかった内容満載です。

6月にはシーバスタックルにも最適な18gモデルの発売も決まり、
狙える魚種の幅も”グン”と広がる「スチールミノー」。
メタル製品とは思えない魅力的な泳ぎを、魚の反応を、是非沢山の方々に体感して頂きたいです。

611F9C97-0330-4230-8BA7-8F6DC864112A

8E992F3D-C7D5-49CD-8CFE-FA1A7AA4F4E8

93EB83B6-81DB-4A9F-9F84-625B1E798E51
上写真は内外出版様HPより

「ルアーマガジンソルト」最新7月号は、全国の書店、釣具店で絶賛発売中です。

神奈川県の野村様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年4月頃
釣行エリア: 神奈川県三浦半島エリア
情報提供者: 野村 一貴様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.SHALLOW<フィードシャロー155プラス>
ヒラフィードGP155
(フィードシャローGoPhishカスタム)
ロッド:ヤマガブランクス Ballistick103MH

リール:CALCUTTA CONQUEST・EXSENCE DC

ライン:ODDPORT#2〜3号
リーダー:ナイロン35〜40lb

1B0A4CDB-FBFA-4C53-ABCD-B9AF366A219C

C04FCB92-2477-48C7-BC58-82FFF3C412ED

2209BE15-1D7B-4DAC-AE82-0033391D838A

A606C262-A63F-402A-B332-D7A84A4591C3

BA253D5D-0A3E-42C4-842D-F3D2D4AEF97B

「ホームの三浦半島はシャローエリアが多く、根掛かりを気にせず、また飛距離も出るフィードシャロー155PLUS(ヒラフィードGP)の出番がついつい多くなります。
普通のルアーでは攻められないところを、このフィードシャローなら難なくカバーしてくれるので大変重宝しております。

使用方法:サラシ・流れの中をスローに漂わせるように意識しております。」

(タックルハウスより質問)・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください↓↓
「改善点:他社製品と比べ各アイ部分にサビが出てしまうような気がします。」

とのことです。
野村様、釣果情報及び、ご指摘、ご要望ありがとうございました!
今後改善に努めてまいります

CONTACT FEED SHALLOW.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら