Archives

All posts for the day March 10th, 2018

GoPhishの武田栄氏より、大阪湾の「マイクロベイトパターン」シーバスゲームが好調との報告を頂きましたのでご紹介します。

68C7C92B-42AA-40A0-93C3-9C38BC782D35

3FBF2B5C-2919-4F46-8FC8-6DECD7EF74AF

5DEC6C95-CAD2-4DF0-9A17-85A4264A4564

1EFBF566-F5C1-45BC-8999-B74D66165EA3

2A6433F9-DE31-489B-86A3-C8701BFEFA35

DB4E4EA9-8318-468D-BBC1-8B35EA804A41

620E3CB4-2E50-4B7B-BFBE-A0AE71813CA0

3FF6697B-9CFC-436E-9CBD-A06C594428C2

358F33FE-96D6-4A0C-978F-6AFAB8B96EA9

C596524C-14A4-4112-8722-70F56E4316D8

「自身MLG(ミディアムライトゲーム)と名付けたGo-Phishで言えばパワーセブンクラス(ロッド)
とPE0.5号クラス(0.4-0.6)+5-7cmクラスのプラグを使った、メバルにはちょっとオーバーサイズやけどシーバスも割とイケるという道具立て。
早春のマイクロベイトパターン、今年の僕はこんな感じです。」

武田氏によると、今のところ大阪湾奥〜泉南〜和歌山エリア辺りまでの広範囲で釣果が出ているそうで、今後、本格的にバチパターンが始まるまでの間マイクロベイトパターン(バチも混ざる)が続くのでは?ということです。

常夜灯周りをはじめとした、ハク(ボラの稚魚)等のベイトが溜まりやすいポイントが狙い目で、ルアーのカラーはクリア系をメインに、濁りの強い状況ではホログラム貼りやパール系も効果的とのことです。

オススメの実績プラグは、
ショアーズ ピットスティック65&86
ショアーズ スピノバイブ55
ローリングベイト55

C8D688EF-60C8-4553-B59C-12153DF98929

大阪湾以外でも、これからの季節「マイクロベイトパターン」の釣りが楽しめるエリアは少なくないと思います。
今年の冬は厳しい寒さが続き、長らく魚釣りをお休みしていた方も多いかと思いますが、徐々に春の気配が感じられるようになってきた今日この頃。
手軽に楽しめるライトゲームや、今日ご紹介したミディアムライトクラスのタックルを持って、久々の魚釣りに繰り出してみてはいかがでしょうか?

ローリングベイトシリーズ製品ページはこちら

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

SHORES スピノバイブ製品ページはこちら