Archives

All posts for the month March, 2018

4月の新製品のご案内です。
魚釣り全般に使える便利グッズ
「マグネットルアーホルダー」
※PAT.P(特許出願中)

強力な磁力を持つネオジム磁石をシリコンで覆ったシンプルな構造は、色々な所に簡単に取り付けることができ、
ルアーのフックやフライ、釣り針等の鉄製のものを引っ付けることが出来ます。

ルアーなどの交換の際にマグネットにつけておけば、両手が空き、スムーズに作業を行えます。

単体では、小型のルアーや釣り針の使用に向いていますが、複数並べて使用すれば大きめのルアーなどにも使い易くなります。
ルアー交換の際、スナップもしくはルアーを口に咥える方も少なくないと思いますが(水質の悪い釣り場ではキツイですね。)、スナップやリングもマグネットに付けることが出来るので、片方にはルアーを、もう片方にはスナップを、という複数使いもおススメです。

鉄製のプライヤーや、ラインカッター、リングオープナーやフォーセップなどにも応用できます。
(あくまで作業時の仮置きとしてご使用ください。マグネットホルダーに付けたままの移動などは紛失の恐れがあります。)

事前に商品をご案内している釣具店様からは、ルアーフィッシングだけでなく、
フライフィッシング、アユ釣り、餌釣り全般、様々なシーンで活躍しそうだとの声を頂いています。

想定した使用方法以外に様々な使用方法のアイディアも頂いています。
例えば、
・移動時にはロッドに付けてフックキーパーのように使う。
・オフショアフィッシングの時、タックルボックス内に取り付けておき、使ったフックやリングだけをマグネットに付けてまとめておく。
・エリアトラウトやアジングのように、一か所で頻繁にルアーローテーションを繰り返す釣りの際、頻繁に使うスプーンやジグヘッドは常にマグネットに付けておく。
・船でのエサ釣りの際、船べりにマグネットホルダーを取り付け、エサ交換などの際の針置きに。
等々。
試してみる場合は自己責任でお願いします。

シリコンで磁石を覆っている為、完全防水。海で使ってもサビません。

※精密機械やカード類には近付けないでください。

発売は2018年4月 現在全国の小売店様でご注文受付中です。

マグネットホルダーブログ用4

代表4

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月初旬頃
釣行エリア: 鹿児島県南薩エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:ブリ(75cm)
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー135>カラー#NRピンクバック
ロッド:ゼスタ ランウェイVR96MH
リール:ステラSW4000XG
ライン:PE2号
リーダー:ナイロン50ポンド

IMG_20180304_092640

「今回は前日の大雨での濁り覚悟での鹿児島県の南薩地方へプチ遠征。
思ったよりは濁りは少ないが前日の雨での表層が水潮ぎみなのか、ボイルも無い状態だがベイトは確認。
朝マズメの高活性の個体にかけ、ポッパー選択での貴重な一匹。」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

神奈川県の釣具店 キャスティング横浜磯子店の小笠原様、奈良様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月中旬~3月中旬頃
釣行エリア: 神奈川県 三浦半島エリア
情報提供者: キャスティング横浜磯子店 スタッフ 小笠原様 ルアー担当奈良様
ターゲット:メバル
使用タックル
ルアー:ショアーズ オルガリップレス43&50
ショアーズ ピットスティック47

2824822_3

2824822_5

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2820013_5

2828973_4

2822515_1

2834004_3のコピー2

「オルガ本当に良く釣れるので今年は1番お世話になってます。
狙ったところに真っ直ぐブレずに飛ぶこと。
シャローレンジを勝手にキープしてくれること。
波風に強いこと。
あとコレは僕の好みですけど、浮力があるのでオモリ貼って色々チューニングができるのも良いところです。」

とのことです。
小笠原様、奈良様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESオルガリップレススイム動画、製品ページはこちら

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

今回は営業課よりカラーに関する小ネタが回ってきましたのでご紹介します。
↓↓

「TKLM90で一番売れているカラーは?」

2001年の発売から既に17年、現在も多くのアングラーの皆様にお使い頂いているTKLM90ですが、
初期のカラー変更以降、定番カラーのカラーチャートは変わっておりません。

こちらが定番カラーチャートです。
↓↓
TKLM9ランクのコピー

往年のレッドヘッドから始まり、ナイトシーバスで人気のパール系カラーや、安定した人気のリアルベイト系カラー、クリアベースも有ればアングラーからの視認性を優先したカラー等々、全15色。
ルアーシーバスフィッシングの教科書にそのまま書かれていそうな「THE定番」と言えるカラーで構成されていますね。

定番カラー以外にも、時代のニーズを反映したり、特定の地域に向けた「限定生産カラー」やショップ様の「オリジナルカラー」等、様々なカラーが市場に流通していますが、
常に定期生産を続けている定番カラーは、ロストしても補充が効くので安心して投げられる為、カラーローテーションの「核」に据えるにはうってつけと言えます。

そんなTKLM90の定番カラーで一番売れている色は何だと思いますか?ちょっと調べてみました。
答えは
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓

TKLM9ランク順のコピー2

小売店様への出荷ベースでの数量ですので、出荷数=釣果実績にはなりませんが、より多く使って頂けているカラーということでしょうか。
もちろん、気に入っているカラーのランキングが低くても気にすることはありません。商品は、全国各地へ出荷されていいますし、使用されるフィールドや状況も様々です。
逆に言えば、使っている人が少ないカラーはスレていないかも!?なんて発想もできますね。
パール系、特にレッドヘッドやパールチャートが上位なのは、ルアーのサイズやアクションの性質上、ナイトゲームでの使用が多いからなのかもしれません。
同じK-TENでも、ヒラスズキや青物の釣りを得意とするK2F142などでは、また違った結果になっているのではと思います。
皆様のカラーセレクトの参考になればと思います。

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

3CFP175 新色2のコピー

CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー>
CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー>
のカラーチャートについてご案内です。

フィードポッパー120、ダイビングウォブラー各サイズに採用していたNo,20.イカ
フィードポッパー175、ダイビングウォブラー175に採用していたNo.24.マリンブルーHVC
この2色をフィードポッパー、ダイビングウォブラー全サイズ共通カラー(港湾モデルのCFP70、WORKSモデルCFP100SWを除く)として設定を変更しました。

これまで<フィード・ポッパー>と<ダイビングウォブラー>はサイズごとにカラーが設定が細かく違ったため、カラーチャートが少し複雑でした。
しかし、今回の変更で主に以下のように分けられるようになりました。

フィードポッパー100、120共通カラーチャート
青物+ヒラ、マルスズキへの使用も想定したカラーラインナップです。
3TH_2017Catalogue本文80ページ分-32

フィードポッパー135、150、175&ダイビングウォブラー全サイズ共通カラーチャート
主に青物への使用を想定したカラーラインナップです。
2TH_2017Catalogue本文80ページ分-33

港湾モデルのCFP70、WORKSモデルCFP100SWは別途カラーチャートを設けています。

長らくソルトルアーの定番アイテムとして支持して頂いているフィードポッパーとダイビングウォブラー。
今後ともよろしくお願いします。

CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

出荷完了のコピー

マダイジギング専用開発「タイジグ」
一足早く先月から発売している100g,120g,150gの新色に続き、40g,60g,80gの新色も出荷が完了しました。
ご注文頂いている小売店様では、近日中に全サイズの新色が店頭でご覧いただけると思います。

出荷業務の都合上、地域によって納品時期が前後する場合がございます。
予めご了承ください。

タイジグ 実釣動画、製品ページはこちら

福岡県の敷田様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月上旬頃
釣行エリア: 沖縄県 西表島エリア
情報提供者: 敷田和哉様
ターゲット:オオクチユゴイ(ジャングルパーチ)
使用タックル
ルアー:Twinkle(ツインクル)TWS-45
ロッド:CARDIFF NX S47UL (SHIMANO)
リール:CARDIFF CI4+ C2000HGS (SHIMANO)
ライン:PE0.8号
リーダー:フロロカーボン8lb

28876368_834669880054753_1418491814_o

28927695_834669886721419_1644201459_o

「西表島にて九州とは異なる渓相の中、高速トゥイッチのステイ時にヒット!忘れられない一尾を釣ることができました。

ツインクルのウッドならではの水への馴染みと、トゥイッチのキレが気に入ってます。」

とのことです。
敷田様、釣果情報ありがとうございました!

Twinkle(ツインクル)製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)

Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

千葉県の大野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月上旬頃
釣行エリア: 千葉県房総半島エリア
情報提供者: 大野 祐様
ターゲット:ヒラマサ(76cm,81cm)
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F162 T3
ロッド:ゼナック DEFI MUTHOS Accura 100HH
リール:シマノ ステラSW14000XG 
ライン:カルティバ 撃投PEフラッシュ5号
セカンドリーダー:よつあみ 磯ハンター15号 
リーダー:よつあみ FCアブソーバー100lb
フック:カルティバ STX-58 #2/0

2256823B-37BC-462E-8787-F6D8046A494C

5BCA43CE-3394-4C2B-83BA-1A3E6D99194E

「この時期にしては小振りですが、嬉しい初マサです。
接岸しているカタクチイワシが小さいからか、ペンシルよりミノーに好反応、友人はBEZELで良型にブレイクされました。」

とのことです。
大野様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

三重県の川北様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月頃
釣行エリア: 長崎県対馬エリア
情報提供者: 川北雅之様
ターゲット:ヒラマサ、ヒラスズキ
使用タックル
ヒラマサ
ルアー:CONTACT BRITT<コンタクト・ブリット145SW>
ロッド:mcワークスレイジングブル104XF-2
リール:ツインパワーSW14000XG
スプール:オーシャンマーク 8000
ライン:ヨツアミGソウルX8の4号
リーダー:バリバス220ポンド1m

ヒラスズキ
ルアー:Resistance Morkyn<モーキン>
ロッド:リップルフィッシャートラディション96
リール:エクスセンスci4+4000XG
ライン:デュエルX4 1.2号
リーダー:クレハシーガー7号

A7BC13A7-FE8F-41CC-BA85-6EE9D147293D

D28F5412-54C2-4DBD-A34E-79CC9CB53BE0

CB33B559-0385-4578-90ED-A62944AE9593

「こんにちは。
いつもタックルハウス様のルアーを愛用させて頂いて居ります川北と申します。

ちょっとウレシイ釣果がありましたのでぜひ見て頂きたくメールさせて頂きました。

先日、対馬にショア釣行した際、ブリット145シンキングワークスでヒラマサ101センチ8キロを含む2本。

ヒラスズキ79センチ、5.4キロをMorkynでゲットできました。ヒラスズキも他のルアーで2本ととてもタックルハウス様のルアー無しではなし得なかった結果に満足しております。ありがとうございます!

今後もよろしくお願いします。

ヒラスズキ狙いで浜に降りると波のせり上がりで魚影を見つけ慌てて波打ち際まで走り、ヒラスズキタックルのままキャスト。着水と同時にヒット。シモリを2つ超え足元まで寄せました。が、自重が重すぎババ荒れのゴロタで魚を持ち上げ切れずブレイク。推定6キロ

その後、ダッシュでクルマに戻り青物タックルでチャレンジ。

ルアーは暴風に煽られないしかも、水面でアピールしてフォールで喰わせられるブリットシンキングワークスを使用。

まずはキャスト。
狙いの位置に入るが糸はやはり流され回収してからのスイープ。水面でダイペン的な使い方でツーアクション。と、ヒット。

軽々寄るのでチッコいな!と思ったら3~4キロの小マサでした。

明らかにジアイなので、撮影もせず次のキャスト。

先ほどは水面で出てしまい、元気な小型が乗ったのですが、一発目の良型のイメージが抜けず、フォールで喰わせるためのスイープでアクション後にロッドを倒しフォール。
ヌシッっと重い感じ。
さっきまでの2匹とは明らかに違う重量感なので、全力ファイト。ファイトタイム30秒以内で回収した的に確保しました。嬉しすぎてテンション上がりすぎて後々気持ち悪くなりました。101センチ約8キロちょっと(グリップ計測)

ヒラスズキに関してはこの時期対馬の魚が産卵で出払っているらしくローカルさんに聞いても、釣具店さんに聞いても、みんな諦めているとのおはなしでした。

ですが、滞在中狙ってみましたが昼間4日間でワンバイト、途中2日間は3人あとは友人と2人でこの結果でした。確かにコンディション良いポイントでも、反応無くで大苦戦。

なんとしてでも対馬のヒラスズキに逢いたかったので夜ヒラに託す感じでシモリの間の水道を釣る方法で狙いました。

流れの中を釣るヒラスズキを得意としている私ですが、選んだポイントには水道内に捕食のきっかけとなるストラクチャーがなく、やみくもに投げても喰わない状態。上潮と底の水塊の境目が水深6m辺りのディープにあるのを突き止めましたが、バイブレーションなどの活発なルアーでは喰わず、流し込む、そして上っ面のカレントより深く、水塊を引っかきながら釣る必要がありました。目いっぱいアップでキャストし流しながらレンジに到達させ潮がかなり緩んだタイミングにヒット。

状況を読み切った充足感のある一本になりました。

過去にも愛媛や五島などで、ショアラインにヒラスズキが居ないと言われたタイミングでこの手法でヒラスズキを手にしていて自信がありましたが、やはり実際釣れるとサイズ如何に関わらず、本当にウレシイものです。」

・今回使用したルアー、又は他のタックルハウス製品について不満な点、改善してほしい点があれば是非ご記入ください。
「モーキンのフロントフックのアイがガタガタになったことが3回ほどありました。幸い、すっぽ抜け等はありません。少し気になるので。それ以外はあらゆるタックルハウスさんのルアーを使わさせて居りますが、本当に信用して、大事に使っています。今後もいいルアー作りよろしくお願いします。

あと、個人的な希望なんですが、ブリットの220くらいのGTに使えるサイズがリリースされるとウレシイです。毎年、ロックショア、堤防とショアGTに出掛けておりまして、毎年、行くたびに、デカブリット欲しいなーと。F,Sどちらも興味あります。シンキングワークスはウエイト的に200グラムとかになっちゃいそうできびしいですよね?

それでは長々と失礼いたしました。また、よろしくお願いします。」

とのことです。
川北様、釣果情報、ご意見、ご要望ありがとうございました!

CONTACT BRITT製品ページはこちら

Resistance Morkyn製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

GoPhishの武田栄氏より、大阪湾の「マイクロベイトパターン」シーバスゲームが好調との報告を頂きましたのでご紹介します。

68C7C92B-42AA-40A0-93C3-9C38BC782D35

3FBF2B5C-2919-4F46-8FC8-6DECD7EF74AF

5DEC6C95-CAD2-4DF0-9A17-85A4264A4564

1EFBF566-F5C1-45BC-8999-B74D66165EA3

2A6433F9-DE31-489B-86A3-C8701BFEFA35

DB4E4EA9-8318-468D-BBC1-8B35EA804A41

620E3CB4-2E50-4B7B-BFBE-A0AE71813CA0

3FF6697B-9CFC-436E-9CBD-A06C594428C2

358F33FE-96D6-4A0C-978F-6AFAB8B96EA9

C596524C-14A4-4112-8722-70F56E4316D8

「自身MLG(ミディアムライトゲーム)と名付けたGo-Phishで言えばパワーセブンクラス(ロッド)
とPE0.5号クラス(0.4-0.6)+5-7cmクラスのプラグを使った、メバルにはちょっとオーバーサイズやけどシーバスも割とイケるという道具立て。
早春のマイクロベイトパターン、今年の僕はこんな感じです。」

武田氏によると、今のところ大阪湾奥〜泉南〜和歌山エリア辺りまでの広範囲で釣果が出ているそうで、今後、本格的にバチパターンが始まるまでの間マイクロベイトパターン(バチも混ざる)が続くのでは?ということです。

常夜灯周りをはじめとした、ハク(ボラの稚魚)等のベイトが溜まりやすいポイントが狙い目で、ルアーのカラーはクリア系をメインに、濁りの強い状況ではホログラム貼りやパール系も効果的とのことです。

オススメの実績プラグは、
ショアーズ ピットスティック65&86
ショアーズ スピノバイブ55
ローリングベイト55

C8D688EF-60C8-4553-B59C-12153DF98929

大阪湾以外でも、これからの季節「マイクロベイトパターン」の釣りが楽しめるエリアは少なくないと思います。
今年の冬は厳しい寒さが続き、長らく魚釣りをお休みしていた方も多いかと思いますが、徐々に春の気配が感じられるようになってきた今日この頃。
手軽に楽しめるライトゲームや、今日ご紹介したミディアムライトクラスのタックルを持って、久々の魚釣りに繰り出してみてはいかがでしょうか?

ローリングベイトシリーズ製品ページはこちら

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

SHORES スピノバイブ製品ページはこちら

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月下旬頃
釣行エリア: 鹿児島県北薩地区
情報提供者: 川東様
ターゲット:ブリ(103cm)
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー150>カラー#クリアイワシ
ロッド:ゼスタ レーザービーム10H
リール:ステラSW5000HG
ライン:PE2.5号
リーダー:ナイロン50ポンド

8C9A70D7-A1DE-434D-81FA-8C7A59D79DD3

「鹿児島県の北薩地方へプチ遠征。ボイルは時折発生でベイトはカタクチイワシで周りのアングラーはジグでハマチサイズを釣っており、カタクチパターンと思い、プラグでもいけると思い、あえて距離を置いて単発サイズ狙いで見事、10kg弱をキャッチ」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

神奈川県の東海林様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月中旬頃
釣行エリア: 東京湾 神奈川エリア
情報提供者: 東海林 博様
ターゲット:シーバス
使用タックル
ルアー:Rising Minnow<ライジングミノー87>
ロッド:Daiwa LABRAX AGS BS
リール:Daiwa ZILLION SV TW
ライン:PE1.5
リーダー:フロロ 20lb

78B1C422-EC55-44CB-BBF1-19908C0FB2BE

「横浜某所にてシーバスさんをナンパしに行きました。
バチの姿は見えませんでしたが、
時期的にはこれかな〜と思い数投。
キタァ〜!
その後は続きませんでした…。
ライジングミノー43だとメバルもシーバスも遊んでくれるので、両方あるといいですね!」

とのことです。
東海林様、釣果情報ありがとうございました!

ライジングミノー製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

東京都の齊藤様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月中旬頃
釣行エリア: 神奈川県 城ヶ島エリア
情報提供者: 齊藤 俊紀様
ターゲット:ヒラスズキ
使用タックル
ルアー:CONTACT NODE.(ノード)150F
ロッド:ウエダ プラッギングスペシャルCPS102
リール:フリームスLT4000D-CXH
ライン:PE2号
リーダー:フロロ30ld

19F1CCD5-CC8B-4ACB-A4D0-D3831059E6A7

2B48D0E9-25AD-4192-9A38-A848A4072812

「風、波、共に強く、波を被りながらの釣りとなりました。
サラシが出てる所を見つけてはキャスト、反応がなければ移動するランガンスタイルで攻めました。

50メートル程沖に大きなサラシを生んでる岩があったので、飛距離のでるCONTACT NODE.150Fを選択しスローにサラシを通したら1投目で来ました!
人生初のヒラスズキです。いつも最高のルアーをありがとうございます!」

とのことです。
齊藤様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT NODE.製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

愛知県の高橋様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年渓流シーズン
釣行エリア: 関東エリア
情報提供者: 高橋誠様
ターゲット:ネイティブトラウト
使用タックル
ルアー:Buffet Buffet(バフェット)<FS38>
Buffet DORAS.(ドラス)
ロッド:SOULS :TF-E 50L / TF-E 56L / TF-E 46L PROT
リール: DAIWA : T3 AIR / STEEZ LTD SV TN
ライン:VARIVAS SUPER TROUT BUSH TRAIL

写真 2017-10-10 19 04 28 (1)

写真 2017-10-10 19 04 21

写真 2017-10-10 19 05 00 (1)

写真 2017-10-10 19 04 48 (1)

「昨年も、Buffetシリーズには大変お世話になりました。
特に、新製品のBuffet-FS38は、盛期の源流域で大活躍です。
使用してみて感じたのが、他のBuffetシリーズとトラウト達の出方が違う事です。

水面直下をしっかり水流を掴んでアクションできるその姿は、テレストリアル色が強いのか、ルアーをトレースすると背鰭を出してトラウト達がアタックしてきます。

シングルフックのお陰で、バラシは皆無でした。

お陰様で、完全ネイティブな尺サイズを越える♂のヤマトイワナにも出逢えました!」

とのことです。
高橋様、釣果情報ありがとうございました!

Buffet(バフェット)シリーズ製品ページはこちら
Buffet DORAS.(ドラス)シリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

愛媛県の阿部様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2017年11月~2018年2月頃
釣行エリア: 愛媛県エリア
情報提供者: 阿部忠志様
ターゲット:磯マルスズキ
使用タックル
ルアー:K-TEN BLUEOCEAN BKF BKLM
K-TEN SECOND GENERATION K2F
Tuned K-TEN <TKR-130H Hi-Fi Lipless>等

ロッド:11ft ヒラスズキ用
リール:3000番〜3500番
ライン:PE 1.5〜2号
リーダー:フロロ35lb

27711114_364132797395742_2007893646_o

27746759_364132764062412_229611412_o

27711611_364132794062409_543217491_o

27711472_364132757395746_652345363_o

27661769_364132744062414_1539980444_n

27744464_364132767395745_958445535_o

27711208_364132814062407_1561745601_o

「愛媛県今治市の阿部です。
毎年 11月〜2月頃までは 磯マルをメインターゲットにしているのですが… 今シーズンも沢山のナイスフィッシュ! と出逢うことが出来ました。
これも偏にタックルハウス様のお陰! と感謝しております。m(_ _)m
BKF K2F BKLM TKR等 磯マルには抜群の威力を発揮してくれますね^_^
ほんの一部ではありますが(笑) 釣果写真を送らせて頂きます。」

とのことです。
阿部様、釣果情報ありがとうございました!

K-TENシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら