Archives

All posts for the month March, 2018

4月の新製品のご案内です。
魚釣り全般に使える便利グッズ
「マグネットルアーホルダー」
※PAT.P(特許出願中)

強力な磁力を持つネオジム磁石をシリコンで覆ったシンプルな構造は、色々な所に簡単に取り付けることができ、
ルアーのフックやフライ、釣り針等の鉄製のものを引っ付けることが出来ます。

ルアーなどの交換の際にマグネットにつけておけば、両手が空き、スムーズに作業を行えます。

単体では、小型のルアーや釣り針の使用に向いていますが、複数並べて使用すれば大きめのルアーなどにも使い易くなります。
ルアー交換の際、スナップもしくはルアーを口に咥える方も少なくないと思いますが(水質の悪い釣り場ではキツイですね。)、スナップやリングもマグネットに付けることが出来るので、片方にはルアーを、もう片方にはスナップを、という複数使いもおススメです。

鉄製のプライヤーや、ラインカッター、リングオープナーやフォーセップなどにも応用できます。
(あくまで作業時の仮置きとしてご使用ください。マグネットホルダーに付けたままの移動などは紛失の恐れがあります。)

事前に商品をご案内している釣具店様からは、ルアーフィッシングだけでなく、
フライフィッシング、アユ釣り、餌釣り全般、様々なシーンで活躍しそうだとの声を頂いています。

想定した使用方法以外に様々な使用方法のアイディアも頂いています。
例えば、
・移動時にはロッドに付けてフックキーパーのように使う。
・オフショアフィッシングの時、タックルボックス内に取り付けておき、使ったフックやリングだけをマグネットに付けてまとめておく。
・エリアトラウトやアジングのように、一か所で頻繁にルアーローテーションを繰り返す釣りの際、頻繁に使うスプーンやジグヘッドは常にマグネットに付けておく。
・船でのエサ釣りの際、船べりにマグネットホルダーを取り付け、エサ交換などの際の針置きに。
等々。
試してみる場合は自己責任でお願いします。

シリコンで磁石を覆っている為、完全防水。海で使ってもサビません。

※精密機械やカード類には近付けないでください。

発売は2018年4月 現在全国の小売店様でご注文受付中です。

マグネットホルダーブログ用4

代表4

鹿児島県の川東様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年3月初旬頃
釣行エリア: 鹿児島県南薩エリア
情報提供者: 川東様
ターゲット:ブリ(75cm)
使用タックル
ルアー:CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー135>カラー#NRピンクバック
ロッド:ゼスタ ランウェイVR96MH
リール:ステラSW4000XG
ライン:PE2号
リーダー:ナイロン50ポンド

IMG_20180304_092640

「今回は前日の大雨での濁り覚悟での鹿児島県の南薩地方へプチ遠征。
思ったよりは濁りは少ないが前日の雨での表層が水潮ぎみなのか、ボイルも無い状態だがベイトは確認。
朝マズメの高活性の個体にかけ、ポッパー選択での貴重な一匹。」

とのことです。
川東様、釣果情報ありがとうございました!

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

神奈川県の釣具店 キャスティング横浜磯子店の小笠原様、奈良様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年2月中旬~3月中旬頃
釣行エリア: 神奈川県 三浦半島エリア
情報提供者: キャスティング横浜磯子店 スタッフ 小笠原様 ルアー担当奈良様
ターゲット:メバル
使用タックル
ルアー:ショアーズ オルガリップレス43&50
ショアーズ ピットスティック47

2824822_3

2824822_5

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2820013_5

2828973_4

2822515_1

2834004_3のコピー2

「オルガ本当に良く釣れるので今年は1番お世話になってます。
狙ったところに真っ直ぐブレずに飛ぶこと。
シャローレンジを勝手にキープしてくれること。
波風に強いこと。
あとコレは僕の好みですけど、浮力があるのでオモリ貼って色々チューニングができるのも良いところです。」

とのことです。
小笠原様、奈良様、釣果情報ありがとうございました!

SHORESオルガリップレススイム動画、製品ページはこちら

SHORESピットスティックスイム動画、製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

今回は営業課よりカラーに関する小ネタが回ってきましたのでご紹介します。
↓↓

「TKLM90で一番売れているカラーは?」

2001年の発売から既に17年、現在も多くのアングラーの皆様にお使い頂いているTKLM90ですが、
初期のカラー変更以降、定番カラーのカラーチャートは変わっておりません。

こちらが定番カラーチャートです。
↓↓
TKLM9ランクのコピー

往年のレッドヘッドから始まり、ナイトシーバスで人気のパール系カラーや、安定した人気のリアルベイト系カラー、クリアベースも有ればアングラーからの視認性を優先したカラー等々、全15色。
ルアーシーバスフィッシングの教科書にそのまま書かれていそうな「THE定番」と言えるカラーで構成されていますね。

定番カラー以外にも、時代のニーズを反映したり、特定の地域に向けた「限定生産カラー」やショップ様の「オリジナルカラー」等、様々なカラーが市場に流通していますが、
常に定期生産を続けている定番カラーは、ロストしても補充が効くので安心して投げられる為、カラーローテーションの「核」に据えるにはうってつけと言えます。

そんなTKLM90の定番カラーで一番売れている色は何だと思いますか?ちょっと調べてみました。
答えは
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓

TKLM9ランク順のコピー2

小売店様への出荷ベースでの数量ですので、出荷数=釣果実績にはなりませんが、より多く使って頂けているカラーということでしょうか。
もちろん、気に入っているカラーのランキングが低くても気にすることはありません。商品は、全国各地へ出荷されていいますし、使用されるフィールドや状況も様々です。
逆に言えば、使っている人が少ないカラーはスレていないかも!?なんて発想もできますね。
パール系、特にレッドヘッドやパールチャートが上位なのは、ルアーのサイズやアクションの性質上、ナイトゲームでの使用が多いからなのかもしれません。
同じK-TENでも、ヒラスズキや青物の釣りを得意とするK2F142などでは、また違った結果になっているのではと思います。
皆様のカラーセレクトの参考になればと思います。

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

3CFP175 新色2のコピー

CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー>
CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<コンタクト・フィード・ダイビングウォブラー>
のカラーチャートについてご案内です。

フィードポッパー120、ダイビングウォブラー各サイズに採用していたNo,20.イカ
フィードポッパー175、ダイビングウォブラー175に採用していたNo.24.マリンブルーHVC
この2色をフィードポッパー、ダイビングウォブラー全サイズ共通カラー(港湾モデルのCFP70、WORKSモデルCFP100SWを除く)として設定を変更しました。

これまで<フィード・ポッパー>と<ダイビングウォブラー>はサイズごとにカラーが設定が細かく違ったため、カラーチャートが少し複雑でした。
しかし、今回の変更で主に以下のように分けられるようになりました。

フィードポッパー100、120共通カラーチャート
青物+ヒラ、マルスズキへの使用も想定したカラーラインナップです。
3TH_2017Catalogue本文80ページ分-32

フィードポッパー135、150、175&ダイビングウォブラー全サイズ共通カラーチャート
主に青物への使用を想定したカラーラインナップです。
2TH_2017Catalogue本文80ページ分-33

港湾モデルのCFP70、WORKSモデルCFP100SWは別途カラーチャートを設けています。

長らくソルトルアーの定番アイテムとして支持して頂いているフィードポッパーとダイビングウォブラー。
今後ともよろしくお願いします。

CONTACT FEED.POPPER製品ページはこちら

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら