アイテム紹介

ブログ用のコピー3

シーバスルアーの定番アイテム「ローリングベイト」にNEWモデル「LW(ライトウェイト)」が登場します。

既存のRB77SSS、RB88SSS(スーパースローシンキングモデル)の定番生産終了(一時休止)に伴い、
近年のフィールド状況を考慮し、新たにウェイトを見直したNEWモデルです。

ノーマルモデルとのウェイト比較はこちら


RB77  15g (ノーマルモデル)
RB77LW 11g(-4g) NEW 2018年10月発売
RB77SSS 8g(-7g) 定番生産終了

RB88  24g (ノーマルモデル)
RB88LW 18g(-6g) NEW 2018年11月発売
RB88SSS 15g(-9g) 定番生産終了


RB99  30g (ノーマルモデル)
RB99LW 25g(-5g) NEW 2018年12月発売


LWは、ノーマルモデルに比べ飛距離こそ若干落ちますが、ローリングアクションのレスポンス向上、
シャローエリアでの操作性UP、河川等でのドリフトや水深のある港湾などでのフォールを活かした釣り等、戦略の幅が更に広がります。
ライトウェイトならではのテクニカルな釣りを是非ご体感ください。

ローリングベイトシリーズ製品ページはこちら

ポップ 原画のコピー

9月の新製品「CONTACT Steelminnow(スチールミノー)57g」
初回分をご注文頂いていた小売店様への納品がほとんど完了し、全国の釣具店の店頭でお買い求めいただけるようになっているようです。

「全身メタル素材で、泳ぎはミノー。それがスチールミノー。
昨シーズンのデビュー以来、その飛距離と、アクションで、サーフや堤防ゲームで活躍中。そして今シーズンは、オフショア、本格青物ゲーム完全対応の57gが登場。
この自重は、PEライン1.5号~5号を用いるタックルに対応。
全長はベイトのサイズにシビアな時にも心強い110mm。
コンパクト&ヘヴィーウェイトで、ナブラ攻略も楽々。
自然なフォール姿勢、スロー~ファストまで安定したミノーアクション、軽い引き抵抗で、多彩なレンジで活躍します。
パイロットルアーに、ローテーションのかなめに、きっと力になります。」

例年以上に長く、過酷に感じられた夏の酷暑も落ち着きを見せはじめ、全国各地で甚大な被害を及ぼした数々の台風もひとまずは去りました。
秋の釣りシーズンがいよいよ始まります。
青物アングラーの皆様、この秋、スチールミノー57gを是非一度お試しください。
きっと欠かせない存在になります。

「スチールミノーチャレンジ」本日より開催。キャンペーン詳細ページはこちら

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

SMキャンペーン (2)

釣果写真を投稿するだけでプレゼントゲットのチャンス
Instagram&Twitterでのフォトコンテストキャンペーン
「スチールミノーチャレンジ」本日より皆様のご投稿を募集します!

必須記入事項おさらい
↓↓

A賞希望(ご希望の賞を記入)
#スチールミノーチャレンジ
#スチールミノー

↑↑
必須記入事項は以上。
スチールミノーので釣果写真と共に投稿してください。

まだ新しいジャンルのルアーだけに、みんながどんな使い方をしているか気になっている人も多いはず!?
どんなシチュエーションで、どんな風に使って釣れたのかも記入して頂けると、ハッシュタッグで釣果を共有した皆さんに新しい発見があるかもしれません。

キャンペーン詳細ページはこちら

SMキャンペーン (2)

タックルハウスが提案する新機軸の金属ミノー
「スチールミノー」の発売1周年を記念して、
Instagram&Twitterでのフォトコンテストキャンペーンを開催します!
スチールミノーでの釣果写真と
#ハッシュタグ「#スチールミノーチャレンジ」「#スチールミノー」
を付けてInstagramやTwitterに投稿するだけで、
オリジナルグッズやルアーが当たる、題して

「スチールミノーチャレンジ」

現在のInstagramへの投稿はこちら

現在のTwitterへの投稿はこちら

今月で発売から1周年を迎える
「CONTACT スチールミノー」
2017年9月、フラットフィッシュや回遊魚をターゲットにしたファーストモデル31gを、翌月には41gをリリース。
2018年6月にはシーバスにも最適な18gモデル、今月は本格的な青物タックルでのパワーゲームにも対応する57gモデルを追加し、幅広い魚種に対応する全4サイズを展開中です。
スチールミノー製品一覧はこちら

57告知02

タックルハウスがイチオシする、この「スチールミノー」の魅力を、もっと沢山のアングラーの方に知ってほしい!使ってほしい!皆んなで釣果を共有したい!
そんな想いから、今回のキャンペーンを開催します!

参加方法はいたって簡単。
面倒な応募フォームの記入やメール送信も不要。
InstagramやTwitterで、ハッシュタグをつけて写真を投稿するだけ。

既にスチールミノーを使いこなしているアングラーの方は勿論、気になっているけど使う”きっかけ”を逃していた方、単純に景品が貰いたい方、新しいもの好きの方等、皆さん大歓迎!

皆んなで釣果を共有するだけで景品ゲットのチャンス!
「スチールミノーチャレンジ」
チャレンジャー大募集!


キャンペーン期間


2018年9月20日~11月末日


参加方法

Step1.
キャンペーンへの参加は、まず、InstagramやTwitterでタックルハウス公式アカウントをフォロー。
タックルハウス公式広報Instagramアカウントはこちら
タックルハウス公式広報Twitterアカウントはこちら

Step2.
スチールミノーで釣った釣果写真を撮る。
(ルアーも見えるように)(キャンペーン開始以前に撮影した釣果写真の使用もOK。)

Step3.
ご希望するプレゼントを記入(下のプレゼント内容参照)
#スチールミノーチャレンジ
#スチールミノー
この2つのハッシュタグをつけて投稿する。
※投稿の非公開設定をONにされている方は、参加対象外になりますのでご注意下さい。

Step4.
景品が当選した場合は、こちらからダイレクトメッセージでご連絡差し上げます。
※通知設定(プッシュ通知)をオンにしてください。

スチールミノーチャレンジのコピー

◯注意事項

・Instagram、Twitterでのキャンペーンです。その他のSNSではご参加できません。

・原則として1釣果=1投稿です。(各SNSに)

・同じ投稿内容をツイッター、インスタグラム、それぞれの媒体に投稿してもOK。
抽選での当選確率は上がります。
(例 1つの釣果写真をツイッターにだけ投稿した時より、ツイッターとインスタグラム、それぞれに投稿した場合、抽選での当選確率は2倍になります。)

・キャンペーン開始以前に撮影した釣果写真の使用もOK。

・過去の投稿にキャンペーンハッシュタグを追加することはNG。

・期間内にお一人様何度でもご参加頂けますが、同じ魚の使い回しや、同じ媒体に同一の内容を複数投稿することはご遠慮ください。

・投稿して頂いたお写真を、タックルハウス公式SNSやブログでご紹介させていただく場合もございます。

・ご投稿いただく写真は投稿者本人の釣果写真に限ります。

・第三者の著作権や、人物撮影による肖像権を有する者については応募者が事前に承諾を得るものとし、ご自身の責任での投稿をお願いします。


プレゼント内容

参加して頂いた方の中から

20名様に、
オリジナルグッズやルアーをプレゼント

景品のコピー

A賞 1名様
タックルハウスオリジナル防水バッグ
防水バッグについて詳しくはこちら

B賞 2名様
サブロック×タックルハウス ダブルネームプライヤーシース
プライヤーシースについて詳しくはこちら

C賞 5名様
非売品ステッカー1枚

一部対象外アイテムを除く、タックルハウス製品からご希望のルアーを1つ
〈※対象外アイテム→スチールミノー、SALTY SHAD(ソルティシャッド)、SALTY MUCK(ソルティムック)、Shinuki(シブキ)シリーズ、Saltia(ソルティア)シリーズ、Twinkle(ツインクル)シリーズ〉
※1 ※2
タックルハウス製品一覧はこちら

D賞 12名様
非売品ステッカー1枚

スチールミノー各サイズよりご希望のものを1つ
※1 ※2
スチールミノー製品一覧はこちら

※1基本的に弊社に在庫のある製品で対応させて頂きます。ご希望のルアーやカラーが欠品してしまっている場合は、他のルアーやカラーに変更して頂く場合がございます。
予めご了承ください。

※2転売目的防止の為、通常の商品と違い、台紙を除いたプレーンなパッケージに入れてお送りします。商品説明文等はWEBページでご確認ください。


プレゼント当選者の選出方法

プレゼント当選者の選出方法は2つ。


タックルハウス スタッフが選ぶGood Photo賞で3名様
珍しい魚、大きい魚、写真の綺麗さ、※3魚体を大事に扱っている事が伝わる写真 等を基準にスタッフがチョイスします。
この賞で当選の方には、投稿に記入して頂いたご希望のプレゼントを優先して割振ります。
※3 リリース前提の魚の場合大事な要素です。以下参考記事です。
リクエスト…続リリース方法の確立を願って
感想と返答
リリースと食べること…自選エッセイ集より【19】


全ての投稿から無作為に抽選で17名様
Good Photo賞の当選投稿以外の全ての投稿から無作為に抽選で選出させて頂きます。
お一人様何度でもご参加頂けますので、投稿数の多い方の当選確率が上がります。
プレゼント内容も抽選となりますので、何が当たるか当選するまでわかりません。
抽選順で、ご記入いただいた希望のプレゼントに割り振ります。
既に希望するプレゼントが定員に達している場合、無作為に他のプレゼントに割り振らせて頂きます。

※2018年9月20日 19:27 第1当選者該当に付き詳細公開※
投稿後 即当選のチャンスの裏メニュー!シークレットチャレンジ! 最大5名様

スチールミノーチャレンジを更に盛り上げるべく、秘密の賞を別枠でご用意しています。
事前にこちらが設定した特定の条件(魚種?ルアーのカラー?発表は当選まで秘密)と一致する投稿があった場合、早い者順で即当選していくシステムです。
プレゼント内容も当選まで秘密。
条件と一致する投稿がなかった場合、キャンペーン終了までに該当者なしの場合もあります。
また、シークレットチャレンジで当選した投稿にも、Good Photo賞の当選の権利、キャンペーン終了後の抽選の権利は残ります。
残り4名様にチャンス有り(9月20日時点 現在の当選1名様)

1:当選者Instagramより Kouichi.takemasa様 9月20日19:27
当選条件:勇敢な最初のチャレンジャー(投稿者)様
プレゼント内容:タックルハウス ドカットステッカー1枚

2:
当選条件:?
プレゼント内容:?

3:
当選条件:?
プレゼント内容:?

4:
当選条件:?
プレゼント内容:?

5:
当選条件:?
プレゼント内容:?

「もっと遠くに」そして「もっと良い泳ぎを」
スチールミノーは、メタルボディを採用することでインジェクションプラグを凌ぐ安定した飛距離のアドバンテージを確保。
そして、内部構造に二枚のプレートを接続した「クロスロック式貫通プレート」を用いることで、これまでのメタルボディでは再現することの難しかった、タダ巻きでの艶めかしいミノーアクションを可能に。
「もっと遠くに」「もっと良い泳ぎを」この2つの普遍的な理想をスチールミノーは高い水準で融合することが出来ました。
引き抵抗は極めて軽やかで体への負担も少なく、低速から高速域まで対応するアクション性能は、これまでのメタルルアーに対する常識を変えてくれるはずです。
2018年9月には本格青物仕様の57gモデルも追加。
使用タックル、ターゲットに合わせて全4サイズからお選びください。
キャスティングで狙うあらゆる魚種に「スチールミノー」。

57告知02

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

ブログ用2名称未設定-1のコピー

先日、ご注文を受け付けた2018年「TACKLEHOUSE」ロゴTシャツの出荷予定をお知らせします。

当初、お盆休み明け頃の出荷を予定しておりましたが、予定よりも早く商品が入荷してきた為、
WEBショップでご注文を頂いた方々への発送は、明日8/7頃から順次開始したいと思います。

また、ご注文頂いていた小売店様への発送も準備ができ次第、順次開始してきます。

今回のロゴTシャツは受注生産品の為、今回の納品限りで2018年の出荷は終了となります。

ご注文頂いた皆様、ありがとうございました。

再販のコピー

昨年の夏に発売したTuned K-TEN 3モデルの限定生産カラー、大好評につき今年も再販が決定しました。

8月の中旬頃にかけて順次出荷を開始していく予定です。
少量生産アイテムの為、購入を希望されるユーザー様は、事前に釣具屋さんに客注(取り寄せ)依頼しておく事をお勧めします!

発売後にユーザー様から釣果報告も頂いておりましたので、一部を再掲載します。
image3のコピー

21586414_1294924800635312_970641857_nのコピー

21553213_1294924780635314_818819917_nのコピー

1513256575053-768x1024

2776503_1

お買い逃がしの無いよう、よろしくお願いします。

Tuned K-TEN TKRP”9/12″製品ページはこちら

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら

連日酷暑が続く日本列島ですが、夏の風物詩のシイラやカツオにマグロ、青物諸々、各地のショア、オフショアで盛り上がりを見せているようです。

そんなターゲットを狙うのに長年高いご支持を頂いているトップウォータープラグが
CONTACT FEED.POPPER<フィード・ポッパー>
そして兄弟モデルのCONTACT FEED.DIVING-WOBBLER<フィード・ダイビングウォブラー>

ダイビングウォブラーのコピー

どちらも人気、実績共に十分のプラグですが、ボディ形状が同じということもあり「イマイチ違いが判らない」という方もいらっしゃるようですので、今更ながら特徴の違いがわかるよう、それぞれ簡単なアクション動画を作りました。
使い分けの参考にしてみてください。

ポッピング、スプラッシュ、ドッグウォークetcポッパーに求められる基本性能を「誰でも」「どんな場所でも」「簡単に」それが<フィード・ポッパー>

水面での”音”と”泡”、ポッパー特有の要素を残しながら、水面直下でのスイム(ウォブリング)能力に特化した<フィード・ダイビングウォブラー>

使い分けで攻略の幅、操作する楽しみの幅が広がるハズです。

CONTACT FEED.POPPERシリーズ製品ページはこちら

CONTACT FEED.DIVING-WOBBLER製品ページはこちら

7月も2週目の後半に差し掛かり、2018年も本格的な夏が始まりました。

夏と言えば、ここ数年幅広い年代の方から人気の「ショアジギング」
関東エリアのサーフでは例年に比べやや遅れ気味でしたが、小型から中型サイズの青物の回遊が見られるようになり、朝、夕まずめを中心にショアジギングを楽しむアングラーの姿が増えてきました。
南関東、近畿エリア営業担当のスタッフ古賀より静岡 沼津サーフエリアのレポートをご紹介します。

↓↓

釣行日 2018年7月上旬頃
場所 静岡県 沼津エリア サーフ
タックル
ルアー:CONTACT Steelminnow<スチールミノー>31g&41g
ロッドGoPhish The Take Backer 10.6S

「スタッフの古賀です。
まず、今回の西日本豪雨で被災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。
私も先週、出張で大阪、和歌山に滞在している間に、今回の豪雨を僅かながら体験し、比較的被害の少なかったエリアにもかかわらず、至る所で道に溢れる雨水を目にしたり、多くの箇所で道路の封鎖や通行止めにも遭いました。
本格的に被害の大きかった九州や四国、山陰等、今だに被害が拡大している地域の方々の事を思うと、一日でも早く平穏な日常が戻ることを祈るばかりです。

話を本題に戻します。
先日、出張中移動の合間に静岡県沼津のサーフに寄ってきました。
ここのところ青物が好調との噂を聞いていた超有名ポイントです。
昼過ぎに現場に着いた時には週末にもかかわらず釣り人の姿はまばら。
午前中まで降っていたという雨の影響でしょうか。
この日の目的からすると人は多い方がありがたいのに、と思ったのも束の間、時間の経過と共にどんどん人が増え、夕まずめが近づいた頃には広大なサーフにびっしりと人が並びました。

この日の目的というのは後で述べるとして、釣果の方は序盤に小型のワカシ(ブリの幼魚)がポツポツと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このサイズでも釣れていれば人が集まる人気のターゲットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、夕まずめに差し掛かり、潮目がルアーの射程範囲に入ったタイミングで明らかにこれまでと違う重量感のある強烈な引きが。
上がってきたのは50cm程のショゴ(カンパチ)でした。
日没までまだ時間はありましたが、この後の移動もあるのでこの魚を最後に切り上げました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒットルアーは全てスチールミノーの31gと41g。
ワカシは全て早めのタダ巻きで、レンジは水面直下だったり、ボトムを取ってからの巻き始めだったりと様々。
メタルボディの恩恵で比較的水深のあるこの釣り場でもストレスなくボトムまで探れました。
ショゴは表層で早めのタダ巻きの最中、一瞬ロッドを海側に倒し、ラインテンションを抜いてフリーフォールを入れた瞬間に食ってきました。
スチールミノーはフリーフォール時にスパイラルフォール(水平姿勢で横方向に回転しながら沈下)するよう設定しているため、タダ巻きの最中に加えると一瞬イレギュラーな動きを任意に演出できる為、タダ巻きだけで反応を得られない時トゥイッチのような感覚で織り交ぜるようにしています。

先程述べたこの日の目的はというと、都心部からも多くの人が訪れる関東の激戦区、静岡のショアジギング超メジャーポイントでのスチールミノーの青物適性を再確認すること。
関西方面では青物狙いで既に好評のスチールミノーですが、関東ではまだまだ認知度が低いと感じています。
また、殆どの人がメタルジグをシャくる中で、スチールミノーをタダ巻きメインで使った際に釣れ方に差があるのかを改めて確認したいという点でした。

半日の釣果で断言できることは何もありませんが、この日の結果だけで言えばワカシ等の小型青物はメタルジグ系と同等に反応を得られ、ショゴに関しては自分の視界の範囲ではこの日一番の良型でした。
何よりタダ巻きメインでのアプローチは体力的にも消耗が少なく、炎天下の元で行うことが多いこの釣りでは大きな利点になる事も再確認出来ました。

この日は検証的な意味もあり、スチールミノー1本で通しましたが、キラキラと跳ねる小さなメタルジグにしか反応しない魚もきっといたと思いますし、同じようにミノーアクションのスチールミノーに反応の良かった魚もいたように感じました。
ルアーの特性を把握して使い分ける事で、関東エリアでのショアジギング、青物狙いにおいてもスチールミノーは大きな武器になる事を改めて確認できた釣行でした。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズ比較のコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

ブログ用2名称未設定-1のコピー

f1107093d36c2a73dd772e74acb8e15c

【お詫び】

契約サーバー全体の障害により、6月末からタックルハウスハウスオフィシャルECサイトへのアクセスがしにくい状況が続き、特に7月6日~9日はサーバーのメンテナンスによりアクセス自体ができなくなりました。皆様にはご不便、ご迷惑おかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
なお現在は、通常通りアクセス可能となっております。<7月13日現在>

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   TACKLEHOUSE ロゴ入りオリジナルTシャツ受付締め切り間近

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

毎年お問い合わせいただくTシャツにつきまして、今年は、新たな試みとして、お申込みいただきました方には必ずご購入いただけるよう、事前申し込みでの販売とさせていただきます。
お申込み締め切りは、今週末、7月15日(日)となっております。ぜひこの機会にお申し込みください。

※商品の発送は2018年8月下旬頃(お盆休み明け頃)を予定しております。

受注生産品につき銀行振り込みの方は、ご入金から商品到着まで日数が空いてしまいますが予めご了承ください。

ご購入はこちらから

上記URLにアクセスできない場合には、e-mailでもお申込みを受け付けます。
受付メールアドレス info@tacklehouse.co.jp
件名 2018Tシャツ
サイズ S/M/L/XL 枚数
お名前 お届け先ご住所
お電話番号
お支払い方法 振込または代引きをご指定ください
以上をお送りください。

名称未設定 1のコピー

小売店様には既にご案内させて頂きましたが、今月は、K-TENブルーオーシャン 限定サスペンドモデル「BKSP115」「BKSP140」の年に一度の受注生産月です。

K-TENデザイナー二宮正樹より↓↓
 「もともとブルーオーシャンは、様々なフィールド状況に一本で対応できるように設計してあります。
その為、少々の重量増ではアクション&性能を大幅に損なうことはありません。
 サスペンドにすることで、ノーマルモデル以上に一定泳層をジックリ攻めることが可能になり、様々な魚種で新たな攻略法を見い出せることでしょう。
(淡水、汽水、海水、お好みでの微調整はフック交換等の方法があります。)」

ノーマルモデルとの外観の違いは、ルアーの胸に鰭を模したサスペンドマークがあることです。

小売店様への納期は7月中旬ごろの予定です。
限定生産につき、購入を希望されるユーザー様は、今月の前半中に釣具屋さんに客注(取り寄せ)依頼しておく事をお勧めします!

BKSP115
Length Weight hook ring sale date price
115mm 24.5g ST46#2 #4 2017/Jul.(7月) ¥2400
BKSP140
Length Weight hook ring sale date price
140mm 33g ST46#1 #1 2017/Jul.(7月) ¥2500

カラー全17色 ブルーオーシャンシリーズ共通。

K-TENブルーオーシャンシリーズ

ブログ用2名称未設定-1のコピー

f1107093d36c2a73dd772e74acb8e15c

「TACKLEHOUSE」ロゴTシャツ製作します。

「スタッフ、関係者用に少し作ろう」という流れから、「もし買いたい方がいるならその分まで」ということで、
ネイビーの1色だけですが販売致します。

サイズは、S,M,L,XL,の4サイズ。

※受注期間は7月15日までとさせて頂きます。

※商品の発送は2018年8月下旬頃(お盆休み明け頃)を予定しております。

受注生産品につき銀行振り込みの方は、ご入金から商品到着まで日数が空いてしまいますが予めご了承ください。

ご購入はこちらから

全国の釣具店様へ絶賛出荷中「スチールミノー18g」
タイムリーな釣果情報を近畿出張中のスタッフ古賀よりお届けします。

↓↓

535AE255-067C-4813-9B9F-FC83B768D831

747ECA63-E3CF-4542-A138-3F605914F559

B1D8F7DB-B46B-4126-A3A8-3A8528826704

9AC2D431-953B-4F68-A180-A70E6750CC23

「マイクロベイトやバチ抜け最中の近畿エリア港湾部&都市型河川にGoPhishの武田栄さんを誘ってチヌゲームへ。
前日にシーバスを狙っていた際、かなりの数のチヌ、キビレを確認していたのでチヌ釣りにも精通した武田さんに協力してもらい攻略パターンを見つけようと思っての釣行。
はじめに武田さんには、ボトムズル引き系や様々なタイプのルアーでチヌを狙ってもらいます。
自分は昨夜のパターンの再現性を確認する為に、スチールミノー18gをキャスト。
結果、1番反応があったのは、前日もシーバス、キビレを連れてきてくれた新作「スチールミノー18g」の表層タダ巻き。
圧倒的にバイトが集中しました。

武田さんが釣った40cm台後半の良型チヌを筆頭にスチールミノー18gで結果が出ました。
どうやらマイクロベイトを積極的に捕食しているようです。
武田さん曰く
「港湾部のチヌは春のマイクロベイトやバチ抜け時には表層、そして真夏の日中や秋の荒食い時にはベイトを強く意識したミノーが炸裂するパターンがある」とのこと。
ですが、この日は不思議と他の小型プラグへの反応は少なく、スチールミノーに反応が集中。
メタル素材ならではの小さいシルエット、安定した遠投性能、ベイトライクなミノーアクション、シャローも引けるレンジコントロール、スチールミノーの特徴が今のパターンにどハマりしたのでしょうか。
新ジャンルの鉄板ミノー「スチールミノー18g」
シーバスやチヌなどの港湾ゲームにも高いポテンシャルを秘めていると思います。」

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

この夏一押しの新製品「スチールミノー18g」

75mm/18gというスペックは、MLクラスのシーバスタックルやエギングタックルでシーバス、フラットフィッシュ、ライトショアジギングまでなんでもやってしまうという方にもピッタリ。

F48AE331-B69C-4562-B509-5D5C362BA52C

写真は今月の上旬頃、静岡県のサーフにて。
魚のサイズは小型ですが、セカンドアイを利用し、大物対策を施したフロントフックにガッツリとフッキングが決まった嬉しい一枚。

「スチールミノー18g」は全国の釣具店様へ順次出荷を開始しています。
地域によって入荷時期が前後する場合がございます。
お急ぎでご購入をご希望される方は、まずお店への入荷確認を済ませてから、店頭でお買い求め頂くことをお勧めします。

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

東京湾のボートシーバスフィッシングと言えばお馴染み「アイランドクルーズ」様にお邪魔してました。

R0018444

R0018427

アップのコピー

発売目前の「スチールミノー18g」
シーバスタックルとの相性抜群です。
魚たちの反応も勿論◎

シーバス用鉄板ルアーの新定番になるか?!

アイランドクルーズ様、いつも的確なガイドありがとうございます。
またお邪魔します。

アイランドクルーズ様ホームページはこちら

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

毎月21日発売、株式会社内外出版様より刊行されている「ルアーマガジンソルト」最新7月号内で、
特集記事「スチールミノーの実力」と題して、タックルハウスの提案する新しい形の金属ミノー
「スチールミノー」をご紹介して頂いています。
“泳ぎの質”にとことん拘った開発談や、製品版に至るまでのプロトモデルの遍歴等、これまでブログでご紹介しきれなかった内容満載です。

6月にはシーバスタックルにも最適な18gモデルの発売も決まり、
狙える魚種の幅も”グン”と広がる「スチールミノー」。
メタル製品とは思えない魅力的な泳ぎを、魚の反応を、是非沢山の方々に体感して頂きたいです。

611F9C97-0330-4230-8BA7-8F6DC864112A

8E992F3D-C7D5-49CD-8CFE-FA1A7AA4F4E8

93EB83B6-81DB-4A9F-9F84-625B1E798E51
上写真は内外出版様HPより

「ルアーマガジンソルト」最新7月号は、全国の書店、釣具店で絶賛発売中です。

ライジャケ2のコピー

プライヤーシース

長らく欠品していたSUBROC ☓ TACKLE HOUSE ”ダブルネーム”オリジナルプライヤーシースが少量再入荷しました。

次回の生産予定は未定です。

タックルハウスオフィシャルWEBショップにてお買い求めいただけます。

プライヤーシースの特徴解説ページはこちら
 
オフィシャルWEBショップ購入ページはこちら

昨年の発売からもうすぐ1年。
CONTACT初のシンキングポッパー<フィードポッパー100SW>
「水面」と「水面直下」
「アピール」と「ナチュラル」
使い手次第で自由自在。

ターゲットは、シイラ、メジ、カツオ等の中、小型青物からマル、ヒラスズキまで幅広く対応するアクション性能と、スペック。
攻略の難しい「シラスパターン」にも効果的との報告も頂いています。
もっと皆さんに知ってほしいアイテムの一つです。

<フィードポッパー100SW>
ノーマルモデル比+9gの自重で、飛距離は抜群。着水直後からのリトリーブではフローティングモデル同様にお使いいただけます。荒れた水面でも水絡みが良く、沈めた際にはシンキングペンシルのように泳ぎ、水面&水面直下でのアクションが可能です。

CONTACT FEED.POPPERシリーズ製品ページはこちら

180401_black

タックルハウスは、ついに開発に成功しました。
長年秘かに取り組んできた「見えないルアーへの挑戦」
ここに公開します。
↓↓
詳細はこちら

※4/2追記 皆様。エイプリルフール企画にお付き合いいただきありがとうございました。

#エイプリルフール
#April fool’s day

今回は営業課よりカラーに関する小ネタが回ってきましたのでご紹介します。
↓↓

「TKLM90で一番売れているカラーは?」

2001年の発売から既に17年、現在も多くのアングラーの皆様にお使い頂いているTKLM90ですが、
初期のカラー変更以降、定番カラーのカラーチャートは変わっておりません。

こちらが定番カラーチャートです。
↓↓
TKLM9ランクのコピー

往年のレッドヘッドから始まり、ナイトシーバスで人気のパール系カラーや、安定した人気のリアルベイト系カラー、クリアベースも有ればアングラーからの視認性を優先したカラー等々、全15色。
ルアーシーバスフィッシングの教科書にそのまま書かれていそうな「THE定番」と言えるカラーで構成されていますね。

定番カラー以外にも、時代のニーズを反映したり、特定の地域に向けた「限定生産カラー」やショップ様の「オリジナルカラー」等、様々なカラーが市場に流通していますが、
常に定期生産を続けている定番カラーは、ロストしても補充が効くので安心して投げられる為、カラーローテーションの「核」に据えるにはうってつけと言えます。

そんなTKLM90の定番カラーで一番売れている色は何だと思いますか?ちょっと調べてみました。
答えは
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓
↓↓

TKLM9ランク順のコピー2

小売店様への出荷ベースでの数量ですので、出荷数=釣果実績にはなりませんが、より多く使って頂けているカラーということでしょうか。
もちろん、気に入っているカラーのランキングが低くても気にすることはありません。商品は、全国各地へ出荷されていいますし、使用されるフィールドや状況も様々です。
逆に言えば、使っている人が少ないカラーはスレていないかも!?なんて発想もできますね。
パール系、特にレッドヘッドやパールチャートが上位なのは、ルアーのサイズやアクションの性質上、ナイトゲームでの使用が多いからなのかもしれません。
同じK-TENでも、ヒラスズキや青物の釣りを得意とするK2F142などでは、また違った結果になっているのではと思います。
皆様のカラーセレクトの参考になればと思います。

Tuned K-TEN TKLM製品ページはこちら